鬼和尚 2020/10/16(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

316:314[]:2020/10/16(金) 17:21:34 ID:SmF5dzOo0
>>315
ありがとうございます。働きのすべてを見ることだったのですか。

先日、食事中に突然「私は記憶を体に投影している」と気づきました。
しかしリンゴを見ていようと体を見ていようと「私が見ている」なら誤認識なのですね。

鬼和尚さま、私は怖いです。
上記の気付き後、体をしばしば人形のように感じるようになりました。
あるいは行為する有機生命体をただ見ているような感じです。
知識ではそうだと知っていましたが、本当に世間外の実感で、これからどうなるんだろうと怯えと逃避の心があります。
これ以上逃げられないとも感じていますが、でも怖くて自分を失えません。死ねません。今回のお答えで、私はわざとすべてを観ることを避けているのではないかとも思いました。

何かお言葉を頂戴できないでしょうか。
またどうか勇気を出せる法話をお願いいたします。

317:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/16(金) 20:08:51 ID:h5P9mv0k0 [12/12]
脈で健康状態を探る脈診の先生の話を聞いたのですが、結局あれを食べろこれはダメ!とか食の乱れを改善しなさいと言う話でした。
要するに中医学・東洋医学の陰と陽ですかね。
身体を冷やさない温め過ぎない、と。

ところで脈を診るだけで体質や病気が本当にわかるのでしょうか?なんだかボヤッとした占いのような話に思えたので。

318:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/16(金) 20:45:22 ID:T5KQJhBA0 [1/2]
鬼和尚は健康にも精通しておられますがどのように学ばれているのでしょうか?
私は体や精神の事を調べて学ぶのはとても楽しいのですが、役に立つ正しい知識に出会う事自体が難しいように感じています。

西式健康法については西勝造さんの著書を読むと良いでしょうか?

320:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/16(金) 23:23:45 ID:1d4drIFg0 [81/82]
>>316 自我を失う恐れは修行の途中にはよくあることじゃ。
 それが本当の自分という謬見を持っていると恐れも起こるのじゃ。
 その謬見が正されたとしても何も失うものは無いのじゃ。
 肉体もいきなり失うことも無いのじゃ。
 ただ個我であり、一部であるという謬見が消えて全体としての自覚が戻るだけなのじゃ。
 間違った認識が正されて正しく全てを観るだけなのじゃ。

 例えば木の葉が一枚だけが自分であり、自分の全てであると思えばそれが散ることを恐れるのじゃ。
 本来の樹としての自覚を持つことも恐れるのじゃ。
 葉である自分を失うと思うからなのじゃ。
 それが葉が散ることと同等と思ってしまうからなのじゃ。

 しかし、本来正しいのは樹としての自覚なのじゃ。
 樹としての自覚を持つことは何かを失うことではなく、ただ謬見を捨てただけなのじゃ。
 それによって葉を失うことも無いのじゃ。
 そのように人も肉体や精神が自分であるという謬見を無くすことを恐れるが、実際には何も失うものは無いのじゃ。
 謬見を捨てて全てである正しい見方を取り戻すだけなのじゃ。
 そのように正しく認識して恐れを乗り越えるのじゃ。

>>317 本当の中国医学の名医ならばわかるというのじゃ。
 伝説の名医はわかったというのじゃ。

 実際には薮医者が多いじゃろう。
 中国医学の書にも脈だけでなく顔色とか舌とか全身の症状で診察することが正しいと書いて在るのじゃ。
 見栄を張って名医の振りをしている者も多いから気をつけるのじゃ。

>>318 たくさんの本を読んで自分で試してみるのじゃ。
 効果のあったものが正しいとわかるのじゃ。
 学んで自分で試すのが確実な方法なのじゃ。

 そうじゃ、西勝造の本をよむとよいのじゃ。
 無料で読める本も在るのじゃ。
 探すと善いのじゃ。

319:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/16(金) 20:58:16 ID:T5KQJhBA0 [2/2]
先日苦の原因を見れたのは、鬼和尚が他の方へ期待があるのかもしれんという事を返答しており、自分にも当て嵌まるかもしれないと思ったので、期待と怒りで検索すると、期待があるから怒りが起こるというページを見付けて、それを読み始めたくらいに、
自分が他人に、自己イメージを良く描いてもらう為にコントロールしようとしていたこと、
子供が親に自分の好きなキャラクターを上手に描いてと我儘を言っているようなものだ、
判断しているのは結局自分なのに他人に描かせる事は遠回りで更に他人をコントロールはできないのでかなり難しい事、
最初は与えられたものかもしれないけど今では自分で描けるものだ、それに気付いていなかった、
ということが、
言葉としてではなくパッとイメージとして浮かんで理解しました。
それまでは他人に自己イメージを作って貰わねばならないと思い込んでいたことは自覚も出来ていなかったですし、もし言葉でそれを説明して貰ったとしても、ピンと来なかったのだと思います。

そこで理解したのは、言葉としての観念を持っている訳でも具体的な記憶から成っている訳でもなく、学習した自動的な反応なのだなということでした。
概念化?もされていないような反応なので、だからこそ気付くのが難しいのだと思いました。

例えば目の前に食べ物があって空腹でも、幼い頃に食べようとして叩かれていたとしたら、目の前の食べ物を食べようともしなくなり食べれる物だということも知らないままかもしれなく、他の人は何故空腹じゃないのか、空腹を無くするにはどうしたら良いか、、などと変な方向に悩んでいるようなもので、目の前の食べ物を食べれば解決する話なのだけどそれに気付けない、そんなような感じのものだったのだと思います。

純粋に観察しようとして観察出来たのとは違い、思考や調べ物という行為を行ってからの気付きでした。

観察しようとしている時はひたすら感情や思考や感覚ばかりを観てしまいます。
(それしか観れるものがない感じです。)
観ようと努力している時には見えづらいものなのでしょうか?
最初は手探り状態で暗中模索している感じですが、観察しようとする決意や努力が観察を起こしたりもするのですか?

321:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/16(金) 23:32:15 ID:1d4drIFg0 [82/82]
>>319 そのようなこともあるのじゃ。
 集中し過ぎると周りが見えなくなるようにのう。
 
 結局は決意や努力によるとも言えるじゃろう。
 日々続ければ以前には気付かなかったことも気付くようになるのじゃ。
 更に精進あるのみなのじや。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

301:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/10/16(金) 20:09:42.57 ID:EyaLKvWO
良き人・良き集団とは一体どこで出会えるのでしょうか?
奇妙なスピリチュアルの団体や怪しいビジネスの勧誘などによく遭遇します。
自分ではそういう界隈は避けてるつもりなんですが、なぜかそういう方々と出会う確率が高いです。

その中でも手伝いなどをして善事はできると思います。ただ、そう言う界隈にいていいものかどうか判断しかねるところがあります。
結局話の合わない人が多いので、集団にいても友達作ろうとかそう言う気持ちになれません。
なにかアドバイス頂けますか?

302:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/10/16(金) 22:55:57.55 ID:C+0xGDj8
>>301 それはおぬしの心が本当に良くなったら出会えるのじゃ。
 良き者の周りには良き人が集まり、良き集団にもなるのじゃ。
 今のおぬしが良き者でなければそのような人や集団があっても、見過ごしてしまうのじゃ。

 今のおぬしはまだ特殊な能力で得をしたいとか、儲けたいとか思っているのかもしれん。
 そのような者の周りには同じ考えの者が集まってくるのじゃ。
 心底から人に尽くすものに成れば良き者も集団も寄ってくるのじゃ。
 心を磨いて善事をつむと善いのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

756:マジレスさん (ワッチョイ d793-jdTF [14.10.59.64])[sage]:2020/10/16(金) 20:10:04.36 ID:rSUXpfFv0
メディアや役所の中枢に帰化した在日朝鮮人がたくさん入り込んでると聞きます。
朝鮮や中国の都合のいいような報道をしたり法律を作っているとも言います。

慰安婦像も大声で喚き散らして撤去を認めないし、彼らは命や人生をかけて動いているように見えます。

このままでは日本は乗っ取られてしまうのでは?

757:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ 9f67-tt7j [219.192.74.62])[sage]:2020/10/16(金) 22:50:12.36 ID:mTmKFsB80
>>756 そんなにいないのじゃ。
 嘘はいずれ暴かれていくものじゃ。
 そして報いを受けるのじゃ。
 他人のしたことをみずに、自分が正しいことをしていくのじゃ。
 そうすれば悪事をしていた者が苦しんでいくのを、笑いながら観ることができるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

505:マジレスさん[]:2020/10/16(金) 16:48:09.37 ID:0mq0wC6s [1/2]
>>503
身体を持たない世界にいる者には、死はどのように起こるのでしょうか?

506:マジレスさん[]:2020/10/16(金) 16:49:06.06 ID:0mq0wC6s [2/2]
鬼和尚、無所有処とはどのようなところですか?

507:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/10/16(金) 23:44:48.63 ID:mTmKFsB8
>>505 身体が無いだけでほかの衆生と同じなのじゃ。
 想念が止まって全ての能力と記憶を失うのじゃ。
 そして生まれかわるのじゃ。
 
>>506 無色界三番目の天じゃな。
 空間と時間が無く、物もないから所有することもないのじゃ。
 故に無所有処というのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

40:避難民のマジレスさん[]:2020/10/15(木) 23:11:31 ID:TR9.sBGI0
198    2/2
千尺絲綸豈得収 千尺のしりんあに収るを得ん
一天風月一江舟 一天の風月一江の舟
舟飜人去名猶在 舟飜り人去って名猶ほ在り
洙水何因不逆流 しゅ水何に因ってか逆流せざる

くま訳 (伊井暇幻先生の解説を参考にした)
千尺(約300m)の釣り糸をどうして簡単に巻き上げられるか。(30年間待ち続けた弟子の決着をつけるのは容易ではない)
永遠の時の流れの中の、束の間の人生
(來山を悟りに導いた)船子は海に飛び込んで死に、(船子に海に突落され死にかけた)來山は開悟して名利を得た。
孔子の学問を考え続けても、時の流れを逆流させることはできない。

*綸(リン):1 絹糸をより合わせたひも。「綸綬(りじゅ)」2 釣り糸。「垂綸」3 おさめ整える。「経綸」4 天子の言葉
*洙水(しゅすい):泗水(しすい)の支流。流域で孔子が弟子たちに道を講じた。洙泗:孔子の学問

一休さんの悟った人比較1位・子陵厳 光、2位・船子徳誠、3位・ 夹山善会。生没年が分かったのは、3位の
來山のみ。名僧は、何処からともなく来て、歴史の彼方へ消えてゆくのでありましょう。一休さんはきっと
例外でありましょう。
(´・(ェ)・`)つ

41:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/16(金) 22:25:51 ID:1d4drIFg0 [20/20]
そのようなかんじなのじゃ。
時は巡って戻らないというような意味じゃな。
名とか教えを残すことができるだけなのじゃ。
儒教などではできないことなのじや。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

316:避難民のマジレスさん[]:2020/10/15(木) 21:56:28 ID:m3k0meg20
最初と最後の自由 第二部質疑応答十三 憎しみについて 1

質問
 私は完全に・完璧に正直であるなら、ほとんどあらゆる人を恨み、ときには憎んでいることを認めなければなりません。それは私の人生をとても不幸せに、苦痛にしています。私は、自分がこの恨み、この憎しみであることを、知的には理解しています。しかし、それに対処(抵抗)できません。私に対処法を示してもらえませんか。
K
 私たちのいう「知的に」とは、どういう意味でしょうか。私たちは何かを知的に理解しているというとき、それはどういう意味でしょうか。知的理解というようなものがあるのでしょうか。それともそれは、精神がたんに言葉を理解するだけということでしょうか。なぜなら、それが、私たちが互いに疎通し合う唯一の道であるからです。私たちはいったいどうやって・どんなふうに何かを、たんに言葉の上で、精神的に、本当に理解できるのでしょうか。それが、明らかでなければならない最初のことです-いわゆる知的理解は、理解にとって妨害でないのかどうか [ということが、] です。確かに理解とは統合的であって分割されず部分的ではないでしょう。私は何かを理解するかしないか、どちらかです。「私は何かを知的に理解している」と自分自身に言うことは、確かに理解にとって障壁です。それは部分的過程ですし、ゆえにそもそも・全く理解ではありません。
 そこで疑問はこうです-「恨み、憎んでいる私は、どのようにしてその問題から自由であるべきか、 [それに] 対処すべきか」です。私たちは問題にどのように対処するのでしょうか。問題とは何でしょうか。確かに、問題とは、何か動揺させるものです。
 私は恨んでいます、憎んでいます。私は人々を憎んでいるし、それが苦痛の原因になります。それに気づいています。私はどうすべきでしょうか。それは私の人生においてとても動揺させる要因です。私はどうすべきでしょうか。どのようにして本当にそれから自由になるべきでしょうか-ただちょっとの間(瞬間的に)それを脱ぎ捨てる(脱却する)のではなく、根本的にそれから自由になるのです。私はそれをどうすべきでしょうか。
 それが私にとっての問題です。なぜなら、それは私を動揺させるからです。もしもそれが私を動揺させるものでなかったなら、私にとって問題ではないのではないでしょうか。それが苦痛、動揺、心配の原因になるから、それは醜いと思うから、私はそれを取り除きたいのです。ゆえに私が嫌っているものは、動揺なのではないでしょうか。私は違ったとき、違った気分で、違った名前を、それに付けます。ある日、私はそれをこれだと呼び、他の日、何か他のものだと呼びますが、願望は、基本的に動揺させられないことです。そうではないでしょうか。楽しみは動揺させないから、私はそれを受け入れます。私は楽しみから自由になりたくないのです。なぜなら動揺がないからです-少なくとも今のところは(さしあたりは)。しかし憎しみ、恨みは、私の生においてとても動揺させる要因ですし、それらを取り除きたいのです。
(´・(ェ)・`)つ

317:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/10/16(金) 22:29:44 ID:1d4drIFg0 [106/106]
理解が言葉や観念だけでは本当の理解ではないというのじゃ。
むしろそれは本当の理解の妨害になるとまでいうのじや。
部分的にしか理解していないからなのじゃ。
全体として理解しなければいかんのじや。

コメント

タイトルとURLをコピーしました