鬼和尚 2020/10/02(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

214:避難民のマジレスさん[]:2020/10/02(金) 09:53:04 ID:kxYasXsw0
観察はしていますが全然分かりません。
自分はダメとか感じると辛くなります。

215:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/02(金) 15:48:35 ID:aCiCIcJU0
昨日は悲しみでしたが今日は一転して怒りになっています。
ひとつ分かったのが、
他人に、自己イメージを高めてくれる言動を期待していて、
その為に自分が言動している部分があるため、
相手の反応が期待していたものと反対(自己イメージを悪くする)だと、
怒りを感じるし、「良い反応を期待してとった自分の行動」も恥に思えます。

自己イメージを良くしたり、自分には価値があると思ったりするのは、
理由も不要で自分でそう決めて思えば良いだけの話なのでしょうか?
それを理解出来た者がそう出来ていて、人からは自信がある人間のように見えたりするのですか?

216:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/02(金) 22:13:01 ID:1d4drIFg0 [55/55]
>>214 自分は駄目と感じていると観察するのじゃ。
 何故駄目と感じるのか、その原因を心の中に追究すのじゃ。
 親が駄目な奴とか言ったから駄目と感じるとか。
 友や仲間が駄目といったからそう思うとかなのじゃ。
 その原因から自分を駄目と感じて、原因がなかったときには駄目と感じなかったことを何度も何度も観察するのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>215 観察できているのじゃ。
 それを何度も何度も観察するのじゃ。
 そうすれば気づきが起きて消えるのじゃ。

 そうじゃ、決めて善いのじゃ。
 朝晩の寝起きに自分は誰が何と言っても偉いと呟くだけでも善いのじゃ。
 アフアメーションなのじゃ。
 毎日続ければ本当によくなるじゃろう。
 
 それも言えるじゃろう。
 老病死を免れぬ人間が本当に何かを知り尽くして自信が出るということはないものじゃ。
 皆、特に根拠も無く習慣によって自信を身に付けているのじゃ。
 おぬしもそうするとよいのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

419:マジレスさん[sage]:2020/10/02(金) 14:01:34.68 ID:Bn8ydIzM
鬼和尚、無量浄天とはどのようなところですか?

420:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/10/02(金) 21:48:22.00 ID:nXesQKh5
>>419 色界八番目の天じゃな。
 無量の安楽を享受しているのじゃ。
 量り知ることもできない安楽なのじゃ。
 そうであるから無量浄天なのじゃ。
 寿命も長いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

19:避難民のマジレスさん[]:2020/10/02(金) 20:21:51 ID:82F.1L.20
190    4/9
清淨本然現大千 清淨本然大千をげんず
現前境界是黄泉 現前境界これくわう泉
慣戦作家赤心露 戦いに慣うさくけ赤心あらはる
眉間掛剣血澆天 眉間に剣を掛けてち天にそそぐ

くま訳
人は生まれながらにして仏心を持っているのである。
今この現状が死後の国と同じなのなのである。
論争に慣れてしまい、師家が本心をさらけ出しているのである。
眉間に剣を打ち掛けて、天に血が噴出しているのである。

*本然清:人は生まれながらにして仏心(清らかな心)を持っているという意味
*赤心:嘘いつわりのない、ありのままの心。丹心。まごころ。
(´・(ェ)・`)つ

20:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/02(金) 21:38:43 ID:1d4drIFg0 [10/10]
一休の悟りの境地なのじゃ。
悟りを得れば大千世界も己になるというのじゃ。
そこではもはやこの世とあの世の区別も無いのじゃ。
赤心を以って弟子を教え、知恵を尽くして天に還るのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

297:避難民のマジレスさん[]:2020/10/02(金) 20:16:40 ID:9TP4pFcY0
最初と最後の自由 第二部質疑応対
九 関係について 2

 二人の人の間に本当の関係があるなら―それは彼らの間に親しい交わりがあるという意味です―そのとき含まれる意味は漠大です。そのとき孤立はありません。愛があるし、責任や義務はありません。義務と責任について話をするのは、自分たちの壁の裏で孤立している人たちです。愛している人は責任について話をしません―彼は愛しています。ゆえに彼は自分の喜び、悲しみ、お金を、他の人と分かち合います。あなたの家族はそんなふうでしょうか。自分の妻と、子供たちと直接の親しい交わりがあるでしょうか。明白にないのです。ゆえに家族はたんにあなたの名前や伝統を存続させるため[ の口実]、あなたが性的に、または心理的に欲しいものを与えてくれるための口実です。ですから家族は自己永続化 [の手段] 、自分の名前を続けていく・維持する手段になるのです。それは一種の不死、一種の永久性です。家族はまた喜び[満足」の手段としても使われます。私は事業の世界で、外側の政治的、社会的世界で、他の人たちを非情に[無慈悲に]搾取・利用します。そして家庭では親切で気前よくしようとします。なんと不合理でしょう!あるいは世間は私にはひどすぎる[耐えられない・きつすぎる]ので、私は平和が欲しいと思い、家に帰ります。私は世間で苦しんでいるので、家に帰って慰めを見つけようとします。それで私は関係を満足の手段として使うのです―それは、自分の関係によって動揺させられたくないという意味です。
こうして関係は、相互の満足、喜びがあるところに求められるのです。あなたはその満足を見つけないとき、関係を変えるのです。「つまり]離婚するか、一緒にとどまるかしますが、どこか他で喜びを求めます。そうでないとあなたは、求めるもの―すなわち満足、喜び、自己保護と慰めの感覚―を見つけるまで、一つの関係からもう一つへ動きます。結局それが世間での私たちの関係です。それは事実[において]そうなのです。安全がありうるところ、個人としてあなたが安全の状態で、喜びの状態で、無知の状態で生きられるところに、関係は求められるのです―そのすべてはいつも葛藤・抗争を造り出すのではないでしょうか。あなたが私を満足させてくれないで、私が満足を求めているなら、当然葛藤・抗争があるにちがいありません。なぜなら私たちは共に互いのなかに安全を求めているからです。その安全が不確実になるとき、あなたは嫉妬深くなります。暴力的になります。所有欲が深くなる、などです。ですから関係は必ず所有、非難 [という結果に] 、安全に対する、慰めに対する、満足に対する自己主張的要求という結果になるのです。そこには当然愛はありません。
(´・(ェ)・`)つ

298:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/10/02(金) 21:40:52 ID:1d4drIFg0 [97/97]
本当の関係には愛があり、孤立や責任や義務は無いというのじゃ。
全てを分かち合うというのじゃ。
そうでなければ関係は欲求を満たす手段になるというのじゃ。
満たされなければ別れるばかりなのじゃ。
そこに愛は無いのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました