鬼和尚 2020/09/24(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

178:避難民のマジレスさん[]:2020/09/24(木) 11:13:36 ID:qt48iEqo0 [1/2]
>>79
>>88
>>137
>>138

いつもありがとうございます。

私の中で外の環境がどんなに静かで穏やかなところでもいつでも自分の心はついてくる。外の環境は静かでも心はうるさい。思考でいっぱいでどこか満たされない気がする。という印象があります。
とはいえ、静かな環境にいることで心が落ち着きやすくなると思います。

似たように、どんなに人(友人、彼氏、家族など)や物(例、必要以上に食べたり、買い物をする。)で出来るだけ自分を満たし、日常の不満を忘れる。それは見た目では満たされているように見えますが自分の心は結局うるさく、不満足感を解消できないように思いました。

最近、外の環境と自分の心というように分別できないような静かさを一時的に感じました。少し頭が楽になりましたが、偶然だと思います。

鬼和尚さんが自分を大切にすることとは自分を知ることだということを教えてくれました。最近はそれしかやることはないじゃないかと思います。
とはいえ、なぜ自分が幸せになってはいけないのかについては、大きくは自分の中では孤独がテーマになっていそうな気がします。まだ詳しく観察できていません。

観察についての理解状況を伝えるために言語化してみます。
感覚に対して良い悪いの判断を無意識的にして思考につながる。
(鬼和尚さんからアドバイスを頂いたように私は仮にその判断をしたことをなるべく許すようにしています。ですが、まだ癖で判断はするので、許すということを努めている状態です。)
途中で思考に飛んだ時また感覚に戻ってみるとありありと感覚がある。
そのループの中に置かれているだけで、感覚を受け取るしかできないんだと、どうにかしようと操作できる自分や対象はいないんじゃないかと思いました。

鬼和尚さんのブログの観察の項目を読んでみたり、2chで自分の気になるキーワードを検索して読んでみたり、集中して観察してみたり、まだまだ勉強途中です。精進します。

179:避難民のマジレスさん[]:2020/09/24(木) 11:17:40 ID:qt48iEqo0 [2/2]
>>178

私の中で外の環境がどんなに静かで穏やかなところでもいつでも自分の心はついてくる。外の環境は静かでも心はうるさい。思考でいっぱいでどこか満たされない気がする。という印象があります。
とはいえ、静かな環境にいることで心が落ち着きやすくなると思います。

と言いました。補足ですが、ちなみに今は比較的静かな場所にいて、上記は自分が感じたことです。イメージではありません。

180:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/24(木) 21:28:19 ID:1d4drIFg0 [46/46]
>>178>>179 だんだんよくなっているのじゃ。
 そうじゃ、自分を知ることが娑婆世界の衆生の勤めなのじゃ。
 更に精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

206:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/09/24(木) 04:14:55.02 ID:YqUQFV7+
悟って自我から解放されると肉体にも少しは影響ありますか?
老ける、病気になる、になりにくいとか
鬼和尚さんは年相応に老けたり死ぬと思いますか?

208:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/09/24(木) 21:29:46.55 ID:yMDeNSbL
>>206 悟ったことだけでは影響はないのじゃ。
 動かなかったりすると体に悪いのじゃ。
 いろいろ健康法をしているからふけたりすることも無いのじゃ。
 おぬしも実践あるのみなのじや。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

364:マジレスさん[sage]:2020/09/24(木) 21:10:01.39 ID:wz9EP6mq
鬼和尚、梵衆天とはどのようなところですか?

365:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/09/24(木) 21:49:27.95 ID:4MwVn89U
>>364 色界の一番目じゃな。
 欲はもうそんなにないのじゃ。
 梵天の召使のようなものじゃな。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

7:避難民のマジレスさん[]:2020/09/24(木) 21:02:19 ID:ur8PhUy20
くま訳改
日月は心の中にあるのだ。
無限の宇宙は紺碧の空だ
仏に捧げる水が、大宇宙をつつむ海なのだ。
畜生も、本来無始終の仏なのだ。

184
除夜
金吾除夜死山名 金吾除夜に山名を殺す
従此黄泉幾路程 此れよりこうせん幾路程
太平天子東西穩 太平の天子東西おん
九五青雲無客星 九五青雲客星無し

やまんなか先生訳
年末に、金吾山名宗全が死んだ。
黄泉の国への道程はかなりといことであろう。
東西の戦も止み、天子の世は穏やかになったが、
人物はいなくなった。

くま訳
西軍総大将・天子の護衛職として、戦乱末期に山名宗全が殺された。
黄泉(よみ)へ行く道は遠いことであろう。
天子の世は太平になり、東西戦乱はやんだ。
天子の世は晴れ渡ったが、新星の如く現れた人物はもはや無い。

*金吾(きんご):官職名《漢代に宮門の警備や天子の護衛に当たった武官「執金吾」の略》衛門府の唐名
。 山名宗全(そうぜん)(応仁の乱の西軍総大将全)の官職名
*黄泉・黄泉路(よみじ):黄泉よみへ行く道。冥途めいどへの道。また、黄泉。
*九五:易で、九を陽とし、五を君主の位に配するところから天子の位
*客星:ふだんの定まった星座の中に突然に現れた星をいう。多くは彗星(すいせい)で、尾があって星座
 の間を動き回るので分かるが、時として急に明るさを増す新星という場合もある▲歌人・藤(ふじ)原
 (わらの)定家(さだいえ)の「明月記」には「後冷泉院(ごれいぜいいん)の天喜二年」に「天関(て
 んかん)星」――おうし座方向に客星が現れたとある。これは中国やアラビアでも目撃された1054年 
 のかに星雲の超新星爆発とみられる。(毎日新聞2020年2月11日)

西軍の山名宗全と対した東軍大将の細川勝元の後継者は、聖徳太子の化身と言われた細川政元。一休さんの
友達である蓮如とその外護者である政元との親密であった。僧でありながら蓮如は政元を魚食で接待したと
いう程。蓮如・教団と政元の接近がその後の戦国時代での悲劇を生む一因であったのかも知れない。(やま
んなか先生解説より抜粋)

うむ。蓮如は、一休さんより世渡り上手っぽいが、やってることは、榮玄の徒のようである。
(´・(ェ)・`)つ

8:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/24(木) 21:26:10 ID:1d4drIFg0 [4/4]
応仁の乱の頭首が死んで一応乱は収まったと書いたのじゃ。
しかし、それは戦国時代の始まりに過ぎなかったのじゃ。
むしろ長く生きたほうが少しは増しだったかもしれん。
まとめる人が居なくなれば大衆はそれぞれ徒党を組むからのう。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

285:避難民のマジレスさん[]:2020/09/24(木) 21:07:05 ID:ur8PhUy20
最初と最後の自由 第二部質疑応答
七 苦しみについて 3

苦しみはたんに言葉でしょうか、それとも現実でしょうか。それが現実であって、ただの言葉でないなら、そのとき言葉は今や意味がありません。それでたんに強烈な苦痛の感情だけがあるのです。何に関して[の苦痛]でしょうか。イメ-ジに、経験に、何かあなたが持っていたり持っていなかったりするものに関して [の苦痛]です 。あなたはそれを持っているなら、楽しみと呼びます。持っていないなら、それは苦痛です。ゆえに苦痛、悲しみは、何かとの関係においてあるのです。その何かは、たんに言語作用・言語表現でしょうか、それとも現実でしょうか。すなわち悲しみが存在しているとき、それは、何かとの関係においてだけ、存在しているのです。それはそれ自体では存在できません-ちょうど恐れがそれ自体では [存在でき]なくて 、何かとの関係においてだけ存在できるように-個人との、出来事との、感情との[関係において]。今やあなたは苦しみに充分に気づいています。その苦しみは、あなたから離れているでしょうか。ゆえにあなたは、たんに苦しみを知覚する観察者でしょうか、それともその苦しみがあなたでしょうか。わわ
苦しんでいる観察者がいないとき、苦しみはあなたと異なっているのでしょうか。あなたが苦しみである、のではないでしょうか。あなたは苦痛から離れていません―あなたが苦痛です。何が起きるでしょうか。レッテル貼りはありません。それに名前を付けること [はありません] 、よって払いのける・はねのけることはありません―あなたはたんにその苦痛、その感情、その苦悶の感覚です。あなたがそれであるとき、何が起きるでしょうか。あなたがそれを名づけないとき、それに関して恐れがないとき、中心はそれと関係しているでしょうか。中心がそれと関係しているなら、そのとき、それ [中心] はそれ[苦しみ]を恐れています。そのとき、それは行動して、それ[苦しみ]について何かをしなければなりません。しかし、中心がそれ[苦しみ]であるなら、そのときあなたはどうするでしょうか。なすべきことは何もないのではないでしょうか。あなたがそれであって、それを受け入れず、それにレッテルを貼らず、脇へのけていないなら-あなたがそのものであるなら、何が起きるでしょうか。そのとき、あなたは苦しい・苦しんでいると言うでしょうか。確かに、根本的変容が起きたのです。そのときもはや「私は苦しい・苦しんでいる」 [ということ] はありません。なぜなら苦しむ中心がないからです。そして中心が苦しむのです。なぜなら私たちは、中心が何であるかを決して検討したことがないからです。私たちはただ言葉から言葉へ、反応から反応へと生きる・生きていくだけです。「苦しむそのもの[苦しんでいるそのもの]が何であるのか見てみよう」とは、私たちは決して言いません。強制により、修練によっては、見ることはできません。興味を持って、自発的な了解を持って見なければなりません。そのとき苦しみ、苦痛と呼ばれるもの、私たちが避けるもの、修練、すべてが消えてしまったことが、わかるでしょう。私が自分の外側としてのものごとと関係を持たないかぎり、問題はないのです。私が自分の外側のそれと関係を確立した瞬間、問題があるのです。私が苦しみを何か外側のものとして扱う限り―私は兄弟を亡くしたから、お金がないから、あれこれのために、苦しむのです―それとの関係を確立します。その関係は虚構[架空]です。しかし私がそのものであるなら、事実を見るなら、そのとき、ものごと全体が変容するのです。そのすべてが違った意味を持ちます。そのとき充分な注意、統合された注意があります。そして完全に見られるものは理解され、解消します。そのため恐れはないし、ゆえに「悲しみ」という言葉は存在していないのです。
(´・(ェ)・`)

286:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/09/24(木) 21:23:40 ID:1d4drIFg0 [91/91]
苦しみは言葉ではないというのじゃ。
苦しみは自分そのものであるというのじゃ。
自己同一化しているのじゃ。
それが見られたならば苦しみは即座に停止するのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました