鬼和尚 2020/09/08(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

78:避難民のマジレスさん[]:2020/09/07(月) 22:49:57 ID:BH7xVmZU0 [1/2]
自分を大切にするとは具体的にどういうことですか?

79:避難民のマジレスさん[]:2020/09/08(火) 08:32:53 ID:BH7xVmZU0 [2/2]
自分を大切にするとは具体的にどういうことですか?と聞いた者です。

自分が幸せになっては行けない気がしています。でも他の人は幸せになってほしいと思います。
その気持ちが最近は増している気がして、自分の心と体が貧しくなってる気がします。
誰かから分けてもらった美味しいものを食べたり、何か物を買うために自分で少しお金を多めに使ったりすると罪悪感が生まれます。

ですが、上記でも伝えたように他人には幸せになってもらいたいので、相手が依頼してきた仕事や手伝いには戒にそぐわないものでなければどんどんします。一方で最近では報酬をもらうことにも抵抗感を覚えるようになってきました。

今のところ、自分を大切にするということが欲で満たしてあげることではないような気がしています。
こういう風に聞いているのは、何か自分が理解できることにすがらないと心が落ち着かないから、ということかもしれません。

80:避難民のマジレスさん[]:2020/09/08(火) 14:44:08 ID:WMlbyn5g0 [13/14]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。似てたり違ったりするんですね。
体質から来るところ…?もなんですね。
悟ったら体質も変わったりしますか?

81:避難民のマジレスさん[]:2020/09/08(火) 15:07:40 ID:tKAk9nHE0 [4/4]
>>56

ありがとうございました。
寒天作ってみます。

84:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/08(火) 22:10:05 ID:1d4drIFg0 [20/21]
>>79 お釈迦様は他人のために自分の勤めをなおざりにしてはならないというのじゃ。
 自分の勤めとは自らを知ることなのじゃ。
 それを怠っていては自分を大切にしていないのじゃ。
 自分を知ることが自分を大切にすることなのじゃ。

 例えば車が好きで大切だと思うものは大事な車について全て知ろうと勤めるじゃろう。
 猫が大切な者は猫について全て知るじゃろう。
 家族が大切ならば家族について知ろうとするじゃろう。

 なぜ自分が幸せになってはいけない気がするのか、その原因を心の中に探すのじゃ。
 それを完全に観察して理解するのじゃ。
 自分で自分を理解するのじゃ。
 少しでも自分を知ったならば安楽が訪れるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>80 変らないのじゃ。
 習慣が変ることで体質は変るのじゃ。
 善い習慣を身に付けるとよいのじゃ。

>>81 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

82:避難民のマジレスさん[sage]:2020/09/08(火) 21:06:25 ID:aYloVtWs0
鬼和尚さん

最近、無意識に自分だと思っているもののイメージがわかりました。
それは、愛を求めていて、寂しくて共感されたり愛されたりしたいと思っているものです。
他から分離しているイメージです。
鬼和尚さんが前に書いていた「他から離れた個体である自分」です。
どうしても、それが自分だと思っています。

寂しいから愛されたいとか、愛されて自分が生きている意味を得たい、という感情があるせいですごくリアルです。
執着がなくなって愛を求めなくてもよくなる状態を苦滅できて幸せだ、とは思えずに、すごくつらいはずだと想像してしまいます。
どうしたら、他から離れた個体が自分ではないとわかるのでしょうか?

85:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/08(火) 22:13:27 ID:1d4drIFg0 [21/21]
>>82 それを更によく観察する事で気付くのじゃ。
 観察できるものは自分ではないと気付くからのう。

 肉体は呼吸や他のいろいろな物質で他と繋がっているのじゃ。
 呼吸等から物理的に離れたら直ぐに死んでしまうのじゃ。
 物理的に繋がっているものを他から離れた個体と思うのは、ありのままの真実を観ていないからなのじゃ。
 その観念を観察できたならばそれが自己ではないと気付くじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

970:避難民のマジレスさん[]:2020/09/08(火) 19:23:49 ID:1NnBepF.0
>>969
鬼和尚、いつもありがとうであります。
くま訳改
六境無き心の燈籠柱を露にする
珠玉と土塊を分別するのは人なのだ
一夜五十年前を吟じる
青塚に残月巫山に雨が降っていたのである

覚者の心境 その2
169    2/2
兩片皮復一具骨 両片ぴまた一具骨
島虫馬牛更魔佛 島虫馬牛更に魔佛
混沌未分暗昏昏 混沌未分暗昏昏
雲月知爲誰風物 雲月は知らぬ誰が為の風物ぞ

石井恭二先生訳
人には二つの耳たぶと、一そろいの骨が具わっている、
鳥虫馬牛、また魔仏と、さまざまだ。
天地が開けるまでは、すべては暗闇に包まれて混沌としていた、
雲や月は、誰かのための風物ではないことを知っている

くま訳
上下の唇、人体の骨
鳥虫馬牛更には仏魔
なにもかも混沌として、見分けがつかなくなる日暮れ時
雲月は誰かの為にあるわけではないのだ。
(´・(ェ)・`)つ

971:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/09/08(火) 22:53:58 ID:1d4drIFg0 [376/376]
両耳と頭蓋骨のある頭は一切衆生がもっているものじゃ。
鳥や虫や馬や牛や魔も仏さえも同じなのじゃ。
一切は混沌として分別できぬ同じものなのじゃ。
雲や月が風物とするのも人の分別なのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

250:避難民のマジレスさん[]:2020/09/07(月) 21:02:48 ID:RoJ3t8Ms0 [3/4]
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二 国家[・民族]主義について1

質問
 国家 [・民族]主義が去るとき、 [次に]来るのは何でしょうか。

  明白に智恵です。しかし、残念ながら、それが質問に含まれている意味ではないように、私は思います。含まれている意味は、何が国家 [・民族]主義の代用でありうるのか、です。どんな代用も、智恵をもたらさない行為です。私が一つの宗教を去って、もう一つに加わるなら、または一つの政党を去って、後に何か他のものに加わるなら、この常なる代用は、 [そこに]智恵のない状態を表示しています。
 国家 [・民族]主義はどのようにして去るのでしょうか。その充分な含意を、私たちが理解することにより、それを検討することにより、外側と内側の行動 [・作用]におけるその意義に気づくことによってだけ [去るの]です 。外側で、それは人々の間の分割、分類、戦争、破壊をもたらします-それは、誰でもよく観察している人にとって明白です。内側で、心理的に、もっと偉大なものとの、国との、観念とのこの同一化は、明白に一つの形の自己拡大です。小さな村や大きな町や何であろうと [そこに] 住んでいると、私は誰でもないのです。しかし私が自分自身をもっと大きなものと、国と、同一化するなら、自分自身をヒンドウ-教徒と呼ぶなら、それは私の虚栄心をくすぐるのです。それは私に満足・喜び、威信、幸福感を与えてくれるのです。そしてもっと大きなものとのその同一化-それは、自己拡大が本質的 [・不可欠]であると感じる人たちにとって心理的な必要物・必需品です-はまた、人々の間に抗争、闘争をも造り出すのです。こうして国家 [・民族]主義は、外側の抗争 [を造り出す]だけではなくて、内側の挫折をも造り出すのです。国家 [・民族]主義を、国家 [・民族]主義の過程全体を理解するとき、それは消えてしまうのです。国家 [・民族]主義の理解は、国家 [・民族]主義、愛国心の過程全体を気をつけて観察することにより、中を探ることにより、智恵をとおして来るのです。その検討から智恵が訪れます。そのとき国家 [・民族]主義のかわりの何か他のものの代用はないのです。あなたが国家 [・民族]主義のかわりに宗教を代用するなら、宗教は自己拡大のもう一つの手段、心理的心配・懸念のもう一つの源、信念をとおして自分自身を養う手段になるのです。ゆえに、どんな形の代用も-どんなに高尚でも-一つの形の無知です。それは、人が喫煙のかわりにチュ-イングガムやビンロウジや何であれ、代用するのと似ています。ところが、喫煙、習慣、感動、心理的要求、その他すべての問題全体を、ほんとうに理解するなら、そのとき喫煙は、いつのまにかなくなるのです。智恵の発達があるとき、智恵が機能しているときだけ、あなたは理解できるのです。そして智恵は、代用があるとき、機能していません。代用は、あなたにこれをしないよう、あれをするように誘惑する、たんに一つの形の自己賄賂です。国家 [・民族]主義とともにその毒、その悲惨と世界の闘争は、智恵があるときだけ、消え去ることができるのです。そして智恵は、たんに試験に通ることと書物を研究することによっては、来ないのです。智恵は、私たちが問題を生じるままに理解するとき、生じるのです。異なった水準で問題の [理解があるとき] -外側の部分だけではなく、その内側の心理的な含意の理解があるとき、そのとき、その過程において、智恵が生じるのです。ですから、智恵があるとき、代用はありません。そして智恵があるとき、そのとき国家 [・民族]主義、愛国心は-それは一つの形の愚かさです-消え去るのです。
(´・(ェ)・`)つ

251:避難民のマジレスさん[]:2020/09/07(月) 21:03:57 ID:RoJ3t8Ms0 [4/4]
くまめも2-2-1
国家主義はどのようにして去るのか。その充分な含意を、理解、検討し、外側と内側の行動におけるその意義に気づくことによってだけ去る。外側で、それは人々の間の分割、分類、戦争、破壊をもたらした。内側で、心理的に、偉大なもの、国、観念との同一化は、一つの形の自己拡大。自分自身を国と、同一化するなら、それは虚栄心をくすぐる。それは満足・喜び、威信、幸福感を与えてくれる。そして大きなものとのその同一化はまた、人々の間に抗争、闘争をも造り出す。こうして国家主義は、外側の抗争だけではなくて、内側の挫折をも造り出す。国家主義の過程全体を理解するとき、それは消えてしまう。その理解は、その過程全体を気をつけて観察することにより、中を探ることにより、智恵をとおして来る。その検討から智恵が訪れる。かわりに宗教を代用するなら、宗教は自己拡大のもう一つの手段、心理的心配・懸念のもう一つの源、信念をとおして自分自身を養う手段になる。ゆえに、どんな形の代用も一つの形の無知。智恵の発達があるとき、智恵が機能しているときだけ、あなたは理解できる。そして智恵は、代用があるとき、機能していない。代用は、あなたにこれをしないよう、あれをするように誘惑する、たんに一つの形の自己賄賂。その毒、その悲惨と世界の闘争は、智恵があるときだけ、消え去ることができる。智恵は、問題を生じるままに理解するとき、生じる。問題の外側の部分だけではなく、内側の心理的な含意の理解があるとき、その過程において、智恵が生じる。だから、智恵があるとき、代用はない。智恵があるとき、そのとき国家主義、愛国心は消え去る。
(´・(ェ)・`)

252:避難民のマジレスさん[]:2020/09/08(火) 20:21:28 ID:1NnBepF.0
最初と最後の自由 第二部質疑応答三 なぜ霊的教師なのか 1

質問
 (導師)たちは不必要であると、あなたは言われます。しかし、(導師)だけが与えられる賢明な助けと導きなしに、どうして私は真理を見つけられるのでしょうか。

 質問は、(導師)は必要であるのか、ないのか、です。真理は、他の一人をとおして見つけられるでしょうか。或る者は、それはできると言い、或る者は、できないと言います。他の一人の意見に対比しての私の意見ではなく、私たちはこれの真理が知りたいのです。私はこの件において意見を持っていません。それはそうであるか、そうでないか、どちらかです。あなたが(導師)を持つべきか、持つべきでないかということが、本質的 [・不可欠]であるかどうかは、意見の問題ではありません。事柄の真理は、意見に依存しません-たとえどんなに奥深くて、学識があり、一般的で・評判がよくて、普遍的でも、です。事柄の真理は、事実において見出されるべきです。
 まず最初に、なぜ私たちは(導師)が欲しいのでしょうか。私たちは導師が必要です。なぜなら私たちは混乱しているし、導師 は助けになるからです、と私たちは言います。彼は真理が何であるかを指摘してくれるだろう。彼は、私たちが理解するのを助けてくれるだろう。彼は私たちよりも生についてはるかに多く知っている。彼は私たちに生を教える父として、教師としての役割を果たすだろう。彼は膨大な経験を持ち、私たちはわずかしか持っていない。彼は、より大きな・偉大な彼の経験をとおして、私たちを助けてくれるだろう、などなどです。すなわち、基本的にあなたは混乱しているから、教師のところへ行くのです。もしも明晰であったなら、あなたは導師 に近づかないでしょう。明白に、もしもあなたがとても深く幸せであったなら、もしも問題がなかったなら、もしもあなたが生を完全に理解したなら、あなたはどんな導師 のところへも行かないでしょう。あなたにこれの意義をわかって欲しいと、私は思います。あなたは混乱しているから、教師を捜し出すのです。あなたは生き方を与えてもらうため、自分自身の混乱を明らかにする・晴らすため、真理を見つけるために、彼のところへ行くのです。あなたは混乱しているし、自分が求めるものを彼が与えてくれるだろうと願うから、自分の導師 を選択するのです。すなわち、あなたは自分の要求を満足させてくれるであろう導師 を、選択するのです。彼があなたに与えてくれるであろう満足・喜びに応じて、あなたは選択するのです。それであなたの選択は、あなたの満足・喜びに依存しているのです。あなたは、「あなた自身に依存しなさい」と言う導師 を選択しません。あなたは自分の先入観に応じて彼を選択するのです。それであなたは、彼が自分に与えてくれる満足・喜びに応じて導師 を選択するから、あなたは真理を [求めているの]ではなくて、混乱からの抜け出し方を求めているのです。そして混乱からの抜け出し方が、誤って真理と呼ばれるのです。
(´・(ェ)・`)つ

253:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/09/08(火) 22:56:06 ID:1d4drIFg0 [75/75]
本当に国家や民族という観念が無ければ智慧があるのじゃ。
しかし、人はそんなことは聞きたくないじゃろう。
神とか信仰があるとか聞きたいのじゃろう。
それもまた観念による統制に過ぎないのじゃ。
本当の解放は知恵に拠ってのみあるものじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました