鬼和尚 2020/09/02(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

32:避難民のマジレスさん[sage]:2020/09/01(火) 23:10:35 ID:dR3x6yPI0
善勇猛般若経の一節に

知恵による洞察
善勇猛よ、そのばあい、知恵は洞察(通達)するものなのであるが、そのような知恵はいったい何を洞察するのか。
そこには洞察されるべきものは何も存在しない。
もし洞察されるべきものが何か存在するならば、”これが知恵であり、それが洞察する”と、概念的に設定することも可能であろう。
けれども、(知恵においては)何かによって見通され、見破られることもないし、何ものかにすぐれた特殊性があって、それが洞察されるであろうということも認められない。
(すなわち)”洞察する”というとき、そこでは何ものかが見通したり、見破ったりするのでもなく、また何ものかが見通されたり、見破られたりするのでもない。それゆえに、”洞察する”といわれる。
そこではまた、だれかが究極にまでであろうと、その中途までであろうと、(見破って)到達するのではない。それゆえに、”洞察する”といわれる。
また、洞察する知恵が洞察するといわれるが、その洞察にさいして(知恵が)どこかに至る、達する、浸透するということはない。それゆえに、”洞察する”といわれる。

とありますが、これは金剛経と同じように論理外の論理(洞察とは何々ではないから洞察である)でしょうか。

33:避難民のマジレスさん[sage]:2020/09/01(火) 23:46:55 ID:h5P9mv0k0
鬼和尚。
普通に死を迎えるのと、輪廻をしない状態になる死とでは何がどう違うんですか?
再び生命に生まれ変わるより、完全に消滅してしまうことの方が怖いのですが間違ってますか?
何度も苦しんで死を迎えるのも善い生き方ではないのかもしれませんが、肉体を持たない状態になるのが恐ろしいです。
これは生命に執着しているから、そう言う恐怖心が生まれるのでしょうか?
解脱=消滅ですか?

34:避難民のマジレスさん[]:2020/09/02(水) 07:22:37 ID:q7S5OYpI0
>>30
ありがとうございました。

37:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/02(水) 22:42:49 ID:1d4drIFg0 [9/10]
>>32 そうじゃ、そのようにして観念を滅するための論理なのじゃ。
 洞察と知恵に囚われた者のための教えなのじゃ。
 自らに合うと思うならば実践すると善いのじゃ。
 実践あるのみなのじや。

>>33 もはや生まれかわらないのじゃ。
 消滅ではないのじゃ。
 全てであることを自覚するのじゃ。
 例えば頭がおかしくなって今まで爪が自分と思っていた者が、体全体が自分と再認識するようなものじゃ。
 天地と一つになると古人は言うのじゃ。

 肉体とか心の働きが自分であると認識していれば、そのような恐れも起こるのじゃ。
 そのようなものは自分ではないのじゃ。
 全てであると自覚して、全てに還るのじゃ。

>>34 どういたしまして、またおいでなさい。

35:避難民のマジレスさん[]:2020/09/02(水) 13:47:46 ID:tKAk9nHE0
鬼和尚さま

2才半になる子どもを育てているのですが、食べむらや偏食があり、栄養が心配なのでアドバイスお願いします。

具体的には、小食で、バナナや甘い物ばかり食べたがり、野菜は、カレーやミートソースなど、みじん切りかペースト状のものしか食べません。
お好み焼き、麺類はほとんど食べません。
ご飯は食べず、バナナ牛乳だけ飲むなんてことも多いです。
カレーやミートソースも頻繁だと飽きて食べなくなります。
野菜類がうまく食事でとれない時は、野菜ジュースを飲んで貰うようにしてます。
野菜ジュースは、スーパーで200円代で売ってる果物入りの物です。
西式健康法の本を読んだことがあるので、野菜は野菜ジュースでとれればいいかと思っていたのですが、果物入りで甘く、鮮度も良くないでしょうし、体に良いのか心配になりました。
もし、市販品で良いものがあれば教えていただけないでしょうか。

また、ナッツ系にアレルギーがあります。
甘い物の食べすぎでアレルギーになってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

36:崇蓮[sage]:2020/09/02(水) 18:47:30 ID:ck5w8PBg0 [3/3]
>>31
 はい、ありがとうございます。
 鬼和尚さまに助言と優しい励ましの言葉をいただけただけでまた頑張れます。

 もしかしたらこの苦は、原因が一つだけではないのかもしれないですし、そもそも原因も完璧に観れていないのかもしれないですもんね。
 しかも今まで散々逃避してきたのですから、そんなに簡単にはいかないですね。

 この苦について、そして義父母に対する執着や自己嫌悪してしまう原因も、もっともっとよく観てみます。
 今、これを打ち込んでて、気づいた事があります。
 もしかしたら私は、家とか部屋に何か思い入れがあるのかもしれません。
 小学生の頃、妹と同じ部屋だったのですが、妹が私の物をちょっとでも触ると怒っていた記憶と、部屋の間取りが載ってるチラシを見るのがとても好きだった事が浮かんできました。部屋の模様替えも好きだった事を思い出しました。

 今まで以上に精進します。

38:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/09/02(水) 23:02:45 ID:1d4drIFg0 [10/10]
>>35 アレルギーのようじゃ。
 アレルギーは腸に異変があるからなるのじゃ。
 腸が免疫を司っているから異変があると、通常の食べ物にもアレルギーが出るのじゃ。

 一日か半日の断食をすると善いのじゃ。
 生水を飲ませて便通をよくするのじゃ。
 神社の名水とか霊水を検索して汲んで来て飲ませると善いのじゃ。
 治るまで週に一回はすると善いのじゃ。
 腹を出して下腹にのの字を書くようにマッサージすると善いのじゃ。
 腸が治ればアレルギーも治り、自然にいろいろ食べるようになるのじゃ。
 実践してみるのじゃ。

>>36 そうじゃ、日々の精進に拠ってたまねぎの皮を剥ぐように、一つ一つ観察して気付くことで進歩していくのじゃ。
 気がつけば安楽に成っているものじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

113:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/09/02(水) 21:22:28.41 ID:24wMNlIp
鬼和尚さん、日本という平和な国に生まれたことは、前世と関係ありますか?

115:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/09/02(水) 22:33:34.00 ID:QSeUfK6a
>>113 そうじゃ、前世で善い事をしたのじゃろう。
 善い事をしたから善いところに生まれたのじゃ。
 平和を好み、人々を平和にしたのじゃろう。
 更に善事を積むと善いのじや。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

284:マジレスさん[sage]:2020/09/01(火) 22:51:38.37 ID:446KPRNa
>>281
どーとでもxn

285:マジレスさん[]:2020/09/02(水) 04:03:17.03 ID:tbEFu+Fu [1/2]
>>258
福楽って言うのはぐたいてきにどういうものy

286:マジレスさん[sage]:2020/09/02(水) 04:04:42.67 ID:tbEFu+Fu [2/2]
>>258
すみません
福楽というのは具体的にどういうものや状態の事なのですか?

287:マジレスさん[sage]:2020/09/02(水) 19:54:41.54 ID:GS7CqFIm [1/2]
>>283
私の観察によると日付を辿れば月~金の日が黒く、土曜の日は青、日曜が赤でした。
愛が足りないかやり方が悪い様です。
どの様にやれば良いですか?

288:マジレスさん[sage]:2020/09/02(水) 19:59:41.69 ID:GS7CqFIm [2/2]
>>284
イミフ。
百済奴語は解らない。日本語でOK

289:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/09/02(水) 23:37:46.93 ID:X3cauchM
>>286 金とか欲しい物なのじゃ。
 環境もその一つなのじゃ。
 おぬしが金や物が欲しいと思ったら直ぐに来ることじゃ。

>>287 それでよいのじゃ。
 感じるままに認め、何が起こるのか観察するのじゃ。
 それが直感になるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

952:避難民のマジレスさん[]:2020/09/01(火) 22:57:32 ID:BDVNOiQA0
うむ。で、ありますね。
すっかり、とりこのくまであります。
(´・(ェ)・`)b

955:避難民のマジレスさん[]:2020/09/02(水) 20:37:07 ID:giq2kMYI0
164    
前年辱賜大燈國師頂相 2/2 
狂雲大徳下波旬 狂雲大徳下のはじゅん
會裡修羅勝負嗔 えりの修羅勝負いかる
古則話頭何用處 古則話頭何の用じょぞ
幾多辛苦數他珍 幾多の辛苦他の珍を数ふ

くま訳
狂雲は大徳寺の悪魔のような奴らと、
一休会下の醜い争いに怒っているのである。
古人が残した手本や公案を用いるような場合ではないのだ。
幾多の辛苦を経ることにより、他の者が滑稽な誤りを犯していることに気づけるようになるのだ。

*波旬:サンスクリット語のパーピーヤス、パーリ語のパーピマントの音写で、悪意(パーパ)ある者の意。
仏や仏弟子を悩ます悪魔、魔王として登場し、しばしば魔波旬(マーラ・パーピマント)とよばれる。魔
(マーラ)は殺す者の意。個人心理的には安定(悟り)に対する不安定(煩悩(ぼんのう))の、集団心理的
には新勢力(仏教)に対する旧勢力(バラモン教)の象徴と考えられる。
*修羅:阿修羅(あしゅら、梵, 巴)六道の一つであり、戦闘をこととする鬼類。
(´・(ェ)・`)つ

956:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/09/03(木) 00:25:02 ID:1d4drIFg0 [370/370]
わしは悪魔じゃとかいうのじゃ。
修行は阿修羅が怒りて勝負する如しなのじゃ。
いにしえの手本など通用しないのじゃ。
さんざん苦労して修行してこそ真に尊いものを知ることが出来るのじゃというのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

241:避難民のマジレスさん[]:2020/09/02(水) 20:10:25 ID:giq2kMYI0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部
第二一章 力と悟り(実現) 4

 創造の可能性があるのは、精神が空っぽであるときだけです。しかし私がいうのは、私たちのほとんどが持っているこの表面的な空っぽ、という意味ではありません。私たちのほとんどは表面的に空っぽです。それは、散漫への願望をとおして正体を現すのです。私たちは楽しみたいのです。それで書物、ラジオに向かうのです。講義、権威へ駆けつけるのです。精神は永続的にそれ自体を充たしているのです。私は無思慮である空っぽさについて話していません。反対に、精神が、幻影を造り出すそれ自身の力がわかって越えてゆくとき、とてつもない思慮深さをとおして訪れる空っぽについて、私は話しているのです。
 経験を集めるために、自分自身を強めるために、待ち、見張り、観察している思考者がいるかぎり、創造的空っぽは可能ではありません。精神は、すべての象徴、すべての言葉とともにそれらの感動から空っぽになって、そのため蓄積している経験者がいないことは、いったいありうるでしょうか。精神は、推理・推論、経験、賦課、権威すべてを完全に脇に置いて、そのため空っぽの状態にあることは、可能でしょうか。あなたは当然この疑問に答えることができないでしょう。それは、あなたが答えるには不可能な疑問です。なぜなら、あなたは知らないからです。あなたは今まで試してみたことがないのです。しかし私が提案してよければ、それを聴いてください。あなたに疑問を出させましょう。種を蒔かせましょう。すると、あなたがほんとうにそれを聴くなら、それに抵抗しないなら、それは実を結ぶでしょう。  
 変容させられるのは、古いものではなく、新しいものだけです。あなたが古いものの様式を追求するなら、どんな変化も、古いものの修正された連続・継続です。それには何も新しいものがありません。何も創造的なものがありません。精神自体が新しいときだけ、創造的なものが生じうるのです。そして精神は、表面的な水準でだけではなく心の底で、それ自身の活動すべてがわかる能力があるときだけ、新たになれる・新しく生まれることができるのです。精神がそれ自身の活動がわかる [とき] 、それ自身の欲望、要求、衝動、追求、それ自身の権威の [創造] 、恐れの創造に気づくとき、修練により、制御により造り出された抵抗 [がわかり] 、信念、理想を投影する希望がそれ自体においてわかるとき-精神はこの過程全体を見通し・見抜き、気づくとき-これらのものごとすべてを脇に置いて、新しく、創造的に空っぽでありうるでしょうか。あなたはそれについて意見を持たず、その創造的状態を経験したいと思わずに実験してみてこそ、それができるかできないかを、見出すでしょう。あなたはそれを経験したいと思うなら、するでしょう。しかしあなたが経験するものは、創造的空っぽではありません。それはただ願望の投影であるだけす。あなたは新しいものを経験したいと願望するなら、たんに幻影に耽っているだけです。しかし、あなた自身の活動を、日毎に、瞬間瞬間観察し、気づきはじめて、鏡のなかのようにあなた自身の過程全体を見守るなら、そのとき、あなたはますます深く入るにつれて、それにおいてのみ新しいものがありうる [ところの] この空っぽという究極の疑問に、至るでしょう。
 真理、神-何であれ-は、何か経験されるものではありません。というのは、経験者は時間の結果、記憶の、過去の結果であるからです。経験者がいるかぎり、真実はありえません。精神が、分析者から、経験者と経験されるものから完全に自由であるときだけ、真実があるのです。そのときあなたは答えを見つけるでしょう。そのときあなたは、あなたが求めることなく変化が訪れること、創造的空っぽの状態は育成されるものではないことが、わかるでしょう-それはあるのです。それはどんな招待もなくかすかに・ぼんやりと訪れるのです。その状態においてだけ、新生、新しさ、革命の可能性があるのです。
(´・(ェ)・`)つ

242:避難民のマジレスさん[]:2020/09/02(水) 20:15:06 ID:giq2kMYI0 [2/2]
くまめも21-4
私たちは表面的に空っぽ。それは、散漫への願望をとおして正体を現す。私たちは楽しみたい。それで書物、ラジオに向かい、講義、権威へ駆けつける。精神は永続的にそれ自体を充たしている。それは無思慮である空っぽ。反対に、精神が、幻影を造り出すそれ自身の力がわかって越えてゆくとき、とてつもない思慮深さをとおして訪れる空っぽがある。
経験を集めるために、自分自身を強めるために、思考者がいるかぎり、創造的空っぽは不可能。精神は、すべての象徴、言葉とともにそれらの感動から空っぽになって、そのため蓄積している経験者がいないことは、ありうるか。精神は、推理・推論、経験、賦課、権威すべてを完全に脇に置いて、そのため空っぽの状態にあることは、可能か。
精神自体が新しいときだけ、創造的なものが生じうる。そして精神は、心の底で、それ自身の活動すべてがわかる能力があるときだけ、新たになれる。精神がそれ自身の欲望、要求、衝動、追求、権威の創造、恐れの創造に気づくとき、修練、制御により造り出された抵抗がわかり、信念、理想を投影する希望がそれ自体においてわかるとき、これらのものごとすべてを脇に置いて、新しく、創造的に空っぽでありうる。創造的状態について意見を持たず、経験したいと思わずに実験してみてこそ、それができるかできないかを、見出す。新しいものを経験したいと願望するなら、たんに幻影に耽っているだけ。しかし、自身の活動を、日毎に、瞬間瞬間観察し、気づきはじめて、鏡のなかのように自身の過程全体を見守るなら、そのとき、ますます深く入るにつれて、それにおいてのみ新しいものがありうるところのこの空っぽという究極の疑問に、至る。
真理は、経験されるものでは無い。というのは、経験者は時間の結果、記憶、過去の結果であるから。経験者がいるかぎり、真実はありえない。精神が、分析者、経験者と経験されるものから完全に自由であるときだけ、真実がある。そのとき答えを見つける.そのとき求めることなく変化が訪れること、創造的空っぽの状態は育成されるものではないことが、わかる。それはどんな招待もなくかすかに・ぼんやりと訪れる。その状態においてだけ、新生、新しさ、革命の可能性がある。
(´・(ェ)・`)

243:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/09/03(木) 00:01:49 ID:1d4drIFg0 [72/72]
創造的な状態だけが新しい変容をもたらすものというのじゃ。
しかしそれは何もせず訪れるものというのじゃ。
悟道を待つ事と同じなのじゃ。
観察に拠って気づきがあり、それによってまた観察が可能になるというのじゃ。
なかなか難しいことじゃ。
仏陀だけができることなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました