鬼和尚 2020/08/30(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

13:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 00:25:29 ID:w6Zrdubw0 [1/2]
原因と思われることを観察しても心が動かなければそれは原因ではないのでしょうか(°_°)

14:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 00:32:43 ID:w6Zrdubw0 [2/2]
>>13
厭離したけど習慣でやってしまうことはありますかね(^_^)a

15:避難民のマジレスさん[sage]:2020/08/30(日) 02:37:43 ID:lNr.cEX20 [1/2]
数息観をしていて行が深まってくるといくつも意識を感じられるらしいですが質問です。
意識というものが何かを感じとるものだとすれば鼻の頭に意識を置いている状態で手や足に感覚があればそれは意識なんでしょうか?
ただの感覚でしょうか?

16:避難民のマジレスさん[sage]:2020/08/30(日) 03:14:48 ID:lNr.cEX20 [2/2]
ちょっと勘違いしてました。感覚は感覚でしょうね。失礼しました。

17:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 16:31:16 ID:WMlbyn5g0 [2/5]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。

19:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/30(日) 21:43:33 ID:1d4drIFg0 [4/5]
>>13 そうじゃ、正しい原因ではないのじゃ。
 正しい原因ならば苦が起こるのじゃ。
 起こらなければ正しい原因ではないとわかるのじゃ。
 更に心の中に正しい原因を追究するのじゃ。

>>14 そのようなことはないじゃろう。
 厭離とはそもそも習慣的な心の働きを打破するものであるからのう。
 習慣が残っているならば、まだ厭離はできていないのじゃ。
 正しい原因を探して観察するのじゃ。
 そうすれば厭離もできるのじゃ。

>>15>>16 そうじゃ、感覚なのじゃ。

>>17 どういたしまして、またおいでなさい。

18:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 17:51:54 ID:WMlbyn5g0 [3/5]
鬼和尚様

鬼和尚様オススメのダンマパダに

若い時に、財を獲ることなく、清らかな行ないをまもらないならば、壊れた弓のようによこたわる。__ 昔のことばかり思い出し、今在る境遇を嘆きながら。

とありますがこれは若いときは稼げということでしょうか

20:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/30(日) 21:45:00 ID:1d4drIFg0 [5/5]
>>18 それも言えるじゃろう。
 財を守るのには稼がなくては出来ないからのう。
 稼いだ財を守るのが賢い者のやり方なのじゃ。
 どんどん稼いで守ると善いのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

100:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/08/30(日) 06:40:02.14 ID:czs7ovAZ [1/2]
>>98
ありがとうございました。昨日も猛暑日だったようです。
今年の夏は異常です。

102:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/08/30(日) 19:24:40.61 ID:czs7ovAZ [2/2]
鬼和尚さん、「気」の流れの良い場所では、植物も早く大きくなり長生きします。
私の家の北側には、私が生まれる前から、仏壇に供えるシキミや神様に供えるサカキ、
ユズの木・珍しいニワザクラが生えています。

ニワザクラは小さくて数年で枯れるのですが、場所を少しづつ変えて一番気の流れの
良い場所に移動して生えています。
そこには昔から瓦で囲った祠があります。
祖先もそこが一番「気」の流れの良い場所だと分かっていたようです。

以上、報告です。

107:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/08/30(日) 21:47:11.81 ID:0pA3wl/A
>>100 どういたしまして、またおいでなさい。
 おぬしも気をつけるのじや。

>>102 風水でもそのようにいうのう。
 福地では草木も元気になるというのじゃ。
 今で言うパワースポットじゃな。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

272:マジレスさん[sage]:2020/08/30(日) 17:42:32.96 ID:1YcGTJLy
質問
1 このスレッドの皆さんは独身ですか?
2 食事はどうされていますか?
3 性欲の処理はどうされていますか?
4 ストレス解消法は何ですか?
5 就寝時間、起床時間は?
6 ものすごく嫌な出来事があった場合の究極の対処法

以上宜しく願います!

273:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/08/30(日) 22:03:33.40 ID:vlKoieEg
↑独身なのじゃ。
 食べているのじゃ。
 もはやないのじゃ。
 ストレスも無いのじゃ。
 十二時に寝て八時半に起きるのじゃ。
 自分の心を観察するのじゃ。
 心の中の原因から観察できれば消えるのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

946:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 13:10:00 ID:GUs4LvF60
手紙の書き方講座(近況・お礼・用件・励まして、締め)
161
示山中典座   山中典座に示す
皈宗一味日興餘 きすの一味にっきょうの余
典座山中功不虚 典座山中功虚しからず
休覓浄名香積飯 浄名のこうしゃくのはんをもとむるをやめよ
何時?蓁有美雙魚 何れの時か膳に美双魚あらん

くま訳
如意庵の典座に示す
わしは、帰宗の一味禅のように、余計な事に囚われずに、本来の修行生活に戻り、日々興じているよ。
典座の如意庵における功績は、大であった。
ただ、在家の富豪の信者に豪華な食事の提供を求めるのはやめなさい。
そのうち、良い便りがあるさ。

*典座(てんぞ)禅宗用語。禅林において座具,炊飯,料理を司る僧侶の役職名。重要な役なので高潔の僧 
 が選ばれる。
*歸宗:帰宗智常・馬祖の弟子
*浄名:維摩詰(ゆいまきつ)」。漢訳して「浄名」「無垢称」〕 古代インドの毘舎離(びしやり)城の
 富豪で、釈迦の弟子となり在家のまま大乗仏教の奥義に達したと伝えられる人物
*香積飯(こうしゃくはん):「維摩経‐下・香積品」香積如来の食べるご飯。転じて、僧の食べる物を
 敬っていう。
 香積如来:この世界の上方にある、すべてが香気を放つという衆香世界の仏。
*双魚・:遠来の客が置いていった2匹の鯉(こい)の腹中に手紙があったという「古楽府(こがふ)」  
 の故事から、手紙のこと。
(´・(ェ)・`)つ

947:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/30(日) 22:05:26 ID:1d4drIFg0 [367/367]
出家でも名声や美食を求める者が居たのじゃな。
そのようなものを求めるのは止めよというのじゃ。
全ての世を捨てるのが出家であるからのう。
真の喜びは自らの心の中にのみあるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

232:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 19:00:04 ID:WWTIEegY0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部
第二一章 力と悟り(実現) 1

 私たちは、社会に、私たち自身に、私たちの個人的、集団的関係に根元的変化が必要であることが、わかります。それはどのようにしてもたらされるべきでしょうか。変化が、精神により投影された様式への順応をとおし、道理にかなったよく研究された計画をとおしてであるなら、そのとき、それはやはり精神の領域の中にあるのです。ゆえに精神が計算することは何でも目的、幻想になるのです-その [目的、幻想の] ために私たちは進んで私たち自身と他の人たち・他のものたちを犠牲にしようとしているのです。あなたがそれを支持するなら、そのとき、人間としての私たちはたんに精神の創造(物)であるということになります-それは、順応、強制、残忍さ、独裁(専制)制(政権)、強制収容所-やっかいなものごと全体-という意味を含んでいます。私たちが精神を崇拝するとき、そのすべてが含まれているのではないでしょうか。私はこれを悟るなら、修練、制御の無効性がわかるなら、様々な形の抑圧が「私」と「私の」を強めるだけであることがわかるなら、そのとき私は何をするべきでしょうか。
 この問題を充分に考慮するには、私たちは意識とは何かという疑問に入らなければなりません。あなたは自分自身でそれについて考えたことがあるのか、それとも諸権威が意識について言ってきたことを、たんに引用しただけなのかどうか、と私は思います。この意識が-日常の活動と追求の意識だけでなくて、隠れた、もっと深い、もっと豊かな、はるかにもっとわかりにくい意識が-どんな意味を含んでいるのかを、あなたは、あなた自身の経験から、自分自身についてのあなた自身の研究から、どのように理解したのかは、私は知りません。私たちは、私たち自身の[根本的変化] とゆえに世界の根本的変化というこの問題を議論する [べきであるなら] 、そしてこの変化において、一定の幻想、熱狂、熱中、信仰、希望、確実性-すなわち行動のために必要な勢い・はずみを私たちに与えてくれるであろうもの-に目覚めるべきであるなら、私たちがそれを理解すべきであるなら、この意識の問題に入ることが必要ではないでしょうか。
 私たちのいう精神の表面的な水準での意識とはどういう意味なのかは、私たちはわかります。明白にそれは考える過程、思考です。思考は記憶の結果、言語化です。それは疎通 [・伝達] することができるように、名づけること、記録すること、一定の経験を蓄えておくことです。この水準には、また様々な抑制、制御、拘束・認可・制裁、修練もあります。このすべてに、私たちは全く慣れ親しんでいます。私たちがもう少し深く入るとき、人種の蓄積、隠れた動機、集団的と個人的な野心、先入観すべてがあります-それは、知覚、接触、欲望の結果です。この総合的意識、開かれたものとともに隠れたものが、「私」という観念、自己を中心に集まっています。
 どのようにして変化をもたらすべきか [について] 議論するとき、私たちが一般的にいうのは、表面的な水準での変化、という意味なのではないでしょうか。決定・決意、結論、信念、制御、抑制をとおして、私たちは欲しいと思う [目的] 、渇望する表面的な目的に手を伸ばそうと格闘します。私たちは無意識の[助け] 、精神のもっと深い層の助けを借りて、そこに到り着きたいと願うのです。ゆえに私たちは自分自身の深みの覆いを取る・顕わにすることが必要であると、考えるのです。しかし、表面的な水準といわゆるもっと深い水準の間には、永続的な葛藤があるのです-すべての心理学者たち、自己認識を追求してきたすべての人たちは、それに充分に気づいています。
 この内的な葛藤は変化をもたらすでしょうか。それが、私たちの日常の生において最も根本的で重要な疑問ではないでしょうか-どのようにして私たち自身に根元的変化をもたらすべきか、がです。表面的な水準でのたんなる変更は、それをもたらすでしょうか。意識の、「私」の異なった層を理解すること、過去 [の覆いを取る] 、子どもの頃から今に至るまでの様々な私的な・個人的な経験の覆いを取ること、私の父、母、祖先、人種の集団的・集合的経験を [を検討し] 、 [そこに] 私が生きている特定の社会の条件づけを私自身において検討すること-そのすべての分析は、たんなる適応・調節ではない変化をもたらすでしょうか。
(´・(ェ)・`)つ

233:避難民のマジレスさん[]:2020/08/30(日) 19:15:17 ID:WWTIEegY0 [2/2]
くまめも21-1
社会に、私たち自身に、個人的、集団的関係に根元的変化が必要。変化が、精神により投影された様式への順応をとおしてであるなら、それはやはり精神の領域の中にある。人間はたんに精神の創造(物)か。それは順応、強制、残忍さ、独裁制、強制収容所という意味を含む。これを悟るなら、修練、制御の無効性がわかるなら、様々な形の抑圧が「私」と「私の」を強めるだけであることがわかるなら、そのとき何をするべきか。
自身と世界の根本的変化という問題を理解すべきであるなら、意識の問題に入るべき。
精神の表面的な水準での意識とは、考える過程、思考。思考は記憶の結果、言語化。それは疎通・伝達することができるように、名づけること、記録すること、一定の経験を蓄えておくこと。様々な抑制、制御、拘束・認可・制裁、修練もある。隠れた動機、集団的と個人的な野心、先入観すべてがある-それは、知覚、接触、欲望の結果。この総合的意識が、「私」という観念、自己を中心に集まっている。
決定・決意、結論、信念、制御、抑制をとおして、欲しいと思う、渇望する表面的な水準と、もっと深い水準の間には、永続的な葛藤がある。
この内的な葛藤、表面的な水準でのたんなる変更は、変化をもたらすか。意識の、「私」の異なった層を理解すること、過去の、私的な経験の覆いを取ること、集団的・集合的経験を、特定の社会の条件づけを検討・分析は、たんなる適応・調節ではない変化をもたらすか。
(´・(ェ)・`)

234:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/30(日) 22:01:44 ID:1d4drIFg0 [69/69]
苦があればそれを変えたいと思うのが人であるが、実は自分を変えたいとは思わないものじゃ。
出来れば自分は変る事無く苦がなくなればよいと思うのじゃ。
しかし、実際には自分が変らなければ苦はなくならないのじゃ。
自我が苦の根本原因であるからのう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました