鬼和尚 2020/08/18(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

959:避難民のマジレスさん[sage]:2020/08/17(月) 23:01:06 ID:js3do6is0
>>957
ありがとうございましたm(._.)m

960:避難民のマジレスさん[]:2020/08/17(月) 23:33:37 ID:WMlbyn5g0 [16/16]
鬼和尚様

今日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。

寝ながらそのように観察してみます。
プンジャジはマハリシに真我の直接体験を受けたそうですがプンジャジはそんなに悟りたかったんですね。

961:避難民のマジレスさん[]:2020/08/18(火) 00:11:48 ID:s5Zw5GGs0
井上義衍
人といわれる道具(六根六境の働き)そのものは、一切のものを否応なしに、どうしても、見れば見る、聞けば聞く、いちいちそうしか動きようのないようになっている。他の活動のしようはないんです。
どこへ行っても、どんな縁に触れても、必ずそういうふうにコロッコロッとゆくようにできておる。そこなんです。
眼は見るといわんのです。鼻は嗅ぐといわんのです。機能の自活動です。人は自分の鼻で匂いを嗅ぎ、自分の眼でものを見る。そういうところに執着というものが残っておるんです。

これは認識を滅した境地を語っているのでしょうか?

963:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/18(火) 22:33:07 ID:1d4drIFg0 [242/243]
>>959 どういたしまして、またおいでなさい。

>>960 そうじゃ、強く求める者に悟りも訪れるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>961 それはもとからある感覚の機能を語っているのじゃ。
 悟っていなくともそのように目鼻は機能するのじゃ。
 しかし、自分の鼻で嗅ぐ、自分の目で見るというように自我の観念があれば執着も起こるというのじゃ。
 わかり難いがのう。

962:崇蓮[sage]:2020/08/18(火) 19:03:06 ID:ck5w8PBg0 [36/36]
>>957
 私は叔母を信頼していて好きだった…。
 その記憶以前の事などは殆ど覚えていないので、とても信じられない言葉ですが、先入観を持たず集中してありのままに観察していきます。

 鬼和尚さま、今日、いつも怒りを感じていてまともに目も合わせられなかった義父母とやっと笑って話が出来ました。

 ありがとうございます。

964:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/18(火) 22:33:52 ID:1d4drIFg0 [243/243]
>>962 そうじゃ、観察してみるのじゃ。

 善いことなのじゃ。
 更に怒りを離れると善いのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

32:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/08/18(火) 01:21:36.22 ID:RITZDHyn
>>30
誰だって兵になりたい
よわものだからこんな処で相談してるんジャマイカコーヒー

あと、鬼和尚ブログにはナンパの仕方が載ってません。どうやるのですか?
誕生日パーティーしてWi-Fi探すのですか?
喋るの苦手なんですけど。

33:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/08/18(火) 19:07:41.40 ID:s3gGj8jz
鬼和尚様、「前世ー今世ー(死後)-来世」のことは頭では分かっているつもりです。
・悪い事をすれば悪い所へ行く。善い事をすれば良い所に行く。(お釈迦様)
・類は友を呼ぶ(コトワザ)
・トンビがタカを産まない(遺伝学)
・サティにより死後の世界を垣間見た(私の体験)

これは合っていますか?

34:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/08/18(火) 21:45:52.03 ID:8pJz8CkW [1/2]
はいはい、精神病院に行きましょうねーw.

ーーーーーーー閉鎖ーーーーーーーー

35:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/08/18(火) 22:40:23.69 ID:zKVflK3G
>>32 イケメンになると善いのじゃ。
 女子が向こうから寄ってくるじゃろう。
 化粧とかエステとか美容整形わしてもよいのじゃ。
 それもまた自分を磨くことになるのじゃ。

 SNSで書くとよいのじゃ。
 話すのが苦手とか書いておくのじゃ。

>>33 それでよいのじゃ。
 後は実践あるのみなのじゃ。
 実践が全てなのじゃ。

>>34 家を出て働くのじゃ。
 そろそろ人間になるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

616:マジレスさん (ワッチョイ cb67-VLiW [60.112.200.22 [上級国民]])[]:2020/08/17(月) 23:29:05.13 ID:Za/PFQ8J0 [3/3]
>>615
はいはい、精神病院に行きましょうねーw.

ーーーーーーー閉鎖ーーーーーーーー

617:太上天君 (ワッチョイ ab67-XQXO [126.3.48.73])[]:2020/08/18(火) 06:57:03.86 ID:azOhzmmj0
鬼和尚よ、「ある」または「ない」で答えてないぞ。

いいからぬしゃの住居に手紙や配達物が来たことがあるかないかだけ答えろw
「ある」または「ない」で答えよ。
「ある」または「ない」で答えよ。
「ある」または「ない」で答えよ。

620:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ 9f67-s47K [219.192.74.62])[sage]:2020/08/18(火) 22:36:42.51 ID:IFPR4nWW0
>>616 ウーバーイーツで百円でも稼いで見るのじゃ。
 ゴミのような座禅会よりよほど涙どばどば体験が出来るじゃろう。

>>617 あるまたはない、という答えを言えというのじゃな。
 それではあるまたはないと、いうしかいなのじゃ。
 更に工夫してみるのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

916:避難民のマジレスさん[]:2020/08/18(火) 21:27:14 ID:7OJSsgOo0
一休さん、たとえば話で世情分析(富子の陰謀説)
154
因亂      乱に因って
韓信昔年雲夢殃       のわざはひ
人心眞僞自然彰   真偽じねんにあらはる
安危不定箇時節   定まらずこの時節
人畜難分?垣棘墻   分かち難しけいきょくのしゃう

*韓信(かん しん):秦末から前漢初期にかけての武将。劉邦の元で数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を 
 決定付けた三傑の一人。
*荊棘墻(けいきょくのしょう):いばらの垣根。
(´・(ェ)・`)つ
武田 鏡村先生訳・解説抜粋
漢の武将の韓信は信じていた高祖(劉邦)に、雲夢の地に旅をするといってダマされて捕らわれた。
人の心のウソか真かは自然にハッキリするものだ。
安全か危険かハッキリしない今日この頃では、
いくら棘の垣根で分けておいたとしても、人と畜生とは見分けがつきにくいものだ。

一休は韓信を応仁の乱に登場した人物の誰に比定したかはわからないが、韓信が高祖の夫人である呂后の 
陰謀によって殺害されていたことを考え合わせると、応仁の乱の背後に女性の存在があることを早くも感
じとっていたようである。その女性とは、今参局を死に追いやり、日野重子亡きあと、将軍義政を思いの
ままに操ろうとする人物、すなわち日野富子であったことは、以下の数多くの一休の詩からうかがうこと
ができる。・・・(79の詩 前スレhttps://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/  >>831
「美色傾城」参)・・一休は、これら国を傾けた中国の女性たちを詩に詠みながら、じつは乱を引きおこし
国を亡ぼしても、その栄華を貪欲に求めて飽くことを知らない日野富子の姿を読み込んでいる。・・らしい。

くま訳
韓信、昔年、雲夢禍の故事にあるように、
人の心の真偽は自ずと明らかになるが、
安全か危険か定まらない昨今では、
いばらの垣根でも、人畜分け難いのである。

917:避難民のマジレスさん[]:2020/08/18(火) 22:33:17 ID:C90TsP.U0
狂雲集、上下巻の詩、偈頌、法語を数えてみたら
560首であった。
その内、ネットで訳が見つかるのがI~2割である。
狂雲集、全現代語訳、ネット版を目指すのである。

最初は、漢詩にチャレンジする予定ではなかったのであるが、ハマってしまったのである。
(´・(ェ)・`)b

918:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/18(火) 22:54:32 ID:1d4drIFg0 [354/354]
誰か偉い人が死んだようじゃのう。
真偽は自然に現われるというのじゃ。
時節が不安定で人も畜生も見分けがつかないというのじゃ。
もはや乱世なのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

199:避難民のマジレスさん[]:2020/08/18(火) 20:19:02 ID:cj1chvzQ0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部

第十七章 精神の機能(作用・役割) 3

 あなたはどのようにして思考の終わりに至るのでしょうか。というよりむしろ、思考-すなわち孤立して、断片的で、部分的であるもの-は、どのようにして終わるのでしょうか。あなたはどのようにしてそれに取りかかるのでしょうか。あなたのいわゆる修練はそれを破壊するでしょうか。明白に、あなたはこれらすべての長い年月、成功してこなかったのです。そうでないと、あなたはここにいないでしょう。どうか修練する過程を検討してください-それはひとえに思考過程です。そこには昇華、抑圧、制御、支配があります-すべてが無意識へ影響を及ぼしています。それ [無意識] は、あなたが年を取るにつれて、後でそれ自体を主張するのです。あなたはそんなに長い間試してみても成果・効果がないとき、修練が明白に自己を破壊する過程ではないことを、見つけたにちがいありません。自己は修練をとおして破壊できません。なぜなら、修練は自己を強める過程であるからです。けれどもあなたたちの宗教すべてはそれを支持します。あなたたちの瞑想、あなたたちの主張すべては、これに基づいているのです。知識は自己を破壊するでしょうか。信念はそれを破壊するでしょうか。言い換えれば、私たちが何か現在していること、自己の根に達する [根源をきわめる] ために現在携わっている活動のうちどれか、そのうちのどれかが成功するでしょうか。このすべては、孤立(化)、反応の過程である思考過程の根本的浪費・ムダではないでしょうか。あなたは、思考はそれ自体を終わらせられないことを、根本的にまたは深く悟るとき、どうするのでしょうか。何が起きるでしょうか。あなた自身を見守ってください。あなたがこの事実に充分に気づくとき、何が起きるでしょうか。あなたは、どんな反応も条件づけられていること、条件づけをとおして、初めにも終わりにも自由はありえないことを理解します-自由はいつも初めにあって終わりにはないのです。
 あなたは、どんな反応も一つの形の条件づけであるし、ゆえに違った仕方で自己に継続性を与えることを悟るとき、現実に何が起きるでしょうか。あなたはこの事においてとても明晰でなければなりません。信念、知識、修練、経験、結果や目的を達成する過程全体、野心、この生(世)や来生(来世)で何(もの)かになること-これらすべてが孤立の過程、破壊、悲惨、戦争をもたらす過程です-そこからの逃避は、集団的行動をとおしては、ないのです-たとえどんなにあなたが強制収容所とその他すべてをもって脅されるとしても、です。あなたはその事実に気づいているでしょうか。「そのとおりです」、「それは私の問題です」、「それがまさしく私のいるところです」、「私は、知識と修練にできること、野心がすることがわかります」と言う精神の状態は何でしょうか。確かに、あなたはそのすべてがわかるなら、すでに違った過程が働いているのです。
 私たちは知性の道はわかりますが、愛の道はわからないのです。愛の道は知性をとおして見つけられるべきものではありません。知性とともにそのすべての分岐・枝分かれ、そのすべての欲望、野心、追求は、愛が生まれる・存在するためには終わらなければなりません。あなたは愛しているとき、協力する [ということ]、自分自身について考えていないということを、知らないでしょうか。それが最高の形の智恵です-あなたが優位の・上位の実体として愛しているときや、良い・有利な地位にいるときではありません-それは恐れ以外の何ものでもありません。あなたの既得権・特権があるとき、愛はありえません。恐れから生まれた搾取・利用の過程だけがあるのです。それで愛は、精神がないときだけ生じうるのです。ゆえに、あなたは精神の過程全体を、精神の機能を理解しなければなりません。
 協力がありうるのは、智恵ある機能、どんな問題についても一緒に集まることがありうるのは、私たちが互いにどう愛し合うのかを知るときだけです。そのときだけ、神が何であるか、真理が何であるかを見出すことが可能なのです。いま私たちは知性をとおし、模倣をとおして真理を見つけようとしています-それは偶像崇拝です。あなたが理解をとおして、自己の構造全体を完全に切り捨てるときだけ、永遠で、時間のない、測ることのできないものが生じうるのです。あなたはそこへ行けません。それはあなたに来るの(訪れる)です。
(´・(ェ)・`)つ

200:避難民のマジレスさん[]:2020/08/18(火) 20:22:29 ID:cj1chvzQ0 [2/2]
最初と最後の自由  第一部

第十七章 精神の機能(作用・役割) 3

 あなたはどのようにして思考の終わりに至るのでしょうか。というよりむしろ、思考-すなわち孤立して、断片的で、部分的であるもの-は、どのようにして終わるのでしょうか。あなたはどのようにしてそれに取りかかるのでしょうか。あなたのいわゆる修練はそれを破壊するでしょうか。明白に、あなたはこれらすべての長い年月、成功してこなかったのです。そうでないと、あなたはここにいないでしょう。どうか修練する過程を検討してください-それはひとえに思考過程です。そこには昇華、抑圧、制御、支配があります-すべてが無意識へ影響を及ぼしています。それ [無意識] は、あなたが年を取るにつれて、後でそれ自体を主張するのです。あなたはそんなに長い間試してみても成果・効果がないとき、修練が明白に自己を破壊する過程ではないことを、見つけたにちがいありません。自己は修練をとおして破壊できません。なぜなら、修練は自己を強める過程であるからです。けれどもあなたたちの宗教すべてはそれを支持します。あなたたちの瞑想、あなたたちの主張すべては、これに基づいているのです。知識は自己を破壊するでしょうか。信念はそれを破壊するでしょうか。言い換えれば、私たちが何か現在していること、自己の根に達する [根源をきわめる] ために現在携わっている活動のうちどれか、そのうちのどれかが成功するでしょうか。このすべては、孤立(化)、反応の過程である思考過程の根本的浪費・ムダではないでしょうか。あなたは、思考はそれ自体を終わらせられないことを、根本的にまたは深く悟るとき、どうするのでしょうか。何が起きるでしょうか。あなた自身を見守ってください。あなたがこの事実に充分に気づくとき、何が起きるでしょうか。あなたは、どんな反応も条件づけられていること、条件づけをとおして、初めにも終わりにも自由はありえないことを理解します-自由はいつも初めにあって終わりにはないのです。
 あなたは、どんな反応も一つの形の条件づけであるし、ゆえに違った仕方で自己に継続性を与えることを悟るとき、現実に何が起きるでしょうか。あなたはこの事においてとても明晰でなければなりません。信念、知識、修練、経験、結果や目的を達成する過程全体、野心、この生(世)や来生(来世)で何(もの)かになること-これらすべてが孤立の過程、破壊、悲惨、戦争をもたらす過程です-そこからの逃避は、集団的行動をとおしては、ないのです-たとえどんなにあなたが強制収容所とその他すべてをもって脅されるとしても、です。あなたはその事実に気づいているでしょうか。「そのとおりです」、「それは私の問題です」、「それがまさしく私のいるところです」、「私は、知識と修練にできること、野心がすることがわかります」と言う精神の状態は何でしょうか。確かに、あなたはそのすべてがわかるなら、すでに違った過程が働いているのです。
 私たちは知性の道はわかりますが、愛の道はわからないのです。愛の道は知性をとおして見つけられるべきものではありません。知性とともにそのすべての分岐・枝分かれ、そのすべての欲望、野心、追求は、愛が生まれる・存在するためには終わらなければなりません。あなたは愛しているとき、協力する [ということ]、自分自身について考えていないということを、知らないでしょうか。それが最高の形の智恵です-あなたが優位の・上位の実体として愛しているときや、良い・有利な地位にいるときではありません-それは恐れ以外の何ものでもありません。あなたの既得権・特権があるとき、愛はありえません。恐れから生まれた搾取・利用の過程だけがあるのです。それで愛は、精神がないときだけ生じうるのです。ゆえに、あなたは精神の過程全体を、精神の機能を理解しなければなりません。
 協力がありうるのは、智恵ある機能、どんな問題についても一緒に集まることがありうるのは、私たちが互いにどう愛し合うのかを知るときだけです。そのときだけ、神が何であるか、真理が何であるかを見出すことが可能なのです。いま私たちは知性をとおし、模倣をとおして真理を見つけようとしています-それは偶像崇拝です。あなたが理解をとおして、自己の構造全体を完全に切り捨てるときだけ、永遠で、時間のない、測ることのできないものが生じうるのです。あなたはそこへ行けません。それはあなたに来るの(訪れる)です。
(´・(ェ)・`)

201:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/18(火) 22:51:37 ID:1d4drIFg0 [58/58]
思考の終わりを目指すには修練ではいかんというのじゃ。
それは更なる自己強化に繋がるからなのじゃ。
思考の過程自体を理解できれば思考は終わるというのじゃ。
それは自分が行くのではなく、訪れるものというのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました