鬼和尚 2020/08/10(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

917:避難民のマジレスさん[sage]:2020/08/10(月) 00:55:05 ID:ILkFUj.Y0
>>915
ありがとうございましたm(_ _)m

918:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 03:05:31 ID:WMlbyn5g0 [10/10]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。テレビで悟った人と紹介されていたのですが、悟っていなかったのですね。

919:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 09:23:30 ID:wOjqeYCU0 [1/2]
数息観で不動心が身に付く原理は何なのでしょうか。
一点に心を集中している時は他の現象を無視します。
現象を無視している。というのは、その現象に囚われていない。あるいは自分のものではない現象として理解している。
ということだと思います。
であれば厭離が生まれているということなんでしょうか。

920:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 11:06:46 ID:isBgqH420 [3/3]
>>915
ありがとうございました。

922:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/10(月) 22:43:53 ID:1d4drIFg0 [230/231]
>>917 どういたしまして、またおいでなさい。

>>918 そうじゃ、悟っていなかったのじゃ。
 悟っていたら筆も捨てたじゃろう。
 意味が無いからのう。

>>919 習慣によるものじゃ。
 まだ厭離は生まれていないのじゃ。
 厭離すれば観念から観念は起こらなくなるのじゃ。
 集中では観念から観念が起こるが囚われないだけなのじゃ。

>>920 どういたしまして、またおいでなさい。

921:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 20:27:52 ID:wOjqeYCU0 [2/2]
919です。
厭離が進むにつれて、禅定に入るのが楽になっていくと思います。
理由は囚われが少なくなってきたので、呼吸への一点集中が容易くなるからだと思います。

言い返せば、囚われがあるところが錯覚(無知)といえると思います。

一点集中を基本に添えて、囚われの厭離を狙った方がやはり効果的なのでしょうか?

理由は一点集中を阻害する働きを容易に特定できるのと、集中の働きが厭離の助けになることと、長い時間座る助けになることですかね。
ですから、なんか集中と観察を分けるっていうのにあんまピンと来ません。
アーナパーナサティ経を見てもそんなような気がします。

923:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/08/10(月) 22:53:57 ID:1d4drIFg0 [231/231]
>>921 それがおぬしに合っているならばそうするとよいのじゃ。
 自分のやり易い方法で実践してよいのじゃ。
 日々実践し続けることが大事なのであるからのう。
 実践し続けることでいろいろとわかってくるのじゃ。
 自分のやり方で実践あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

946:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/08/10(月) 16:45:11.34 ID:nbksmsVT
鬼和尚、ダンマパダには「悪い事をすれば悪い所に行く」と書いてありますが、
それは輪廻転生したとき、悪い環境の元に生まれるという事ですか?

947:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/08/10(月) 18:26:02.66 ID:QXy5EUN2 [1/2]
毎日毎日の自作自演・自問自答・自画自賛…

飽きませんか?

948:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/08/10(月) 22:59:36.65 ID:uxbYAVIk
>>946 そうじゃ、悪い環境に生まれると言っているのじゃ。
 悪い事をすれば地獄とか虫とか獣のような悪い環境に生まれるのじゃ。
 善い事をすれば゜天とか金持ちの人とかの善い環境に生まれるのじゃ。
 善事を積むとよいのじゃ。

>>947 明日から早起きしてバイトの面接に行くのじゃ。
 働いて働いて不細工な嫁を養うのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

561:マジレスさん (ササクッテロ Spff-tIVu [126.35.206.160 [上級国民]])[]:2020/08/09(日) 22:38:02.83 ID:26uWo/gfp
そうかそうか、精神病院に行きましょうねーw

562:マジレスさん (スップ Sdc2-qLWI [49.97.105.75])[sage]:2020/08/10(月) 04:14:10.52 ID:Yo1dwJfxd
ラプソディーの8月になりました。
年末の新情報来ましたか?

地震津波テロ噴火ミサイル隕石サージ怪獣ギャング宇宙人クジラ
場所時間人数動植物昆虫魚船ビル飛行機
何か手掛かりになるものは視えませんか?

564:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ a267-2X+j [219.192.74.62])[sage]:2020/08/10(月) 22:56:54.57 ID:gNev/Q0x0
>>561 速やかにバイトの面接にでも行って働くのじゃ。
 働いて働いて手を見るのじゃ。
 不細工な女子を嫁にすれば性悪老婆に騙されなくなるのじゃ。

>>562 まだわからんのじゃ。
 テロか軍事かもしれん。
 かなり血がながれるようじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

894:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 20:34:07 ID:2/995q.60 [1/2]
アンチ洞山、欽山
146
賛欽山禪師  1/4     を賛す
佳名勦絶利貪稠    そう絶利貪しげし
茶店美人誰好仇  さ店の美人誰かかうきゅう
爭識洞山下尊宿  いかでかしらんとうざん下の尊宿
慈明狭路好風流  慈明の狭路好風流

くま訳
欽山禪師(曹洞宗)の評価
名声を根絶され、名利を貪る禅になってしまったのである。
遊里の美人の様な僧のことを誰が好い仲間といえようか。
洞山良价禅師の法嗣に、高徳の僧がいることをわしは知らんのだ。
慈明禅師(臨済宗)の法系は、峻厳で道狭く、又風流なのである。

*欽山文邃(ぶんすい):岩頭、雪峰と三人連れだって行脚し逸話を残している。曹洞宗の高祖である洞山
 良价禅師の法を嗣いだ。一鏃破三関 (いちぞくさんかんをやぶる)公案が有名。
 岩頭全豁(ぜんかつ)828-887 と 雪峰義存(ぎぞん)822- 908 は徳山宣鑑(せんかん)禅師の法嗣。
*慈明禅師:石霜楚円(986-1039)臨済下七世、
*勦絶(そうぜつ)滅ぼしつくすこと。根絶やしにすること。皆殺しにすること。 
*佳名:名声、いい評判
*貪利(ドンリ たんり):欲深く利益を求めること
*稠(チュウ・ チョウ おおい・ しげる・ こい)
*好仇(こうきゅう):良い相手。良い仲間。好匹
*尊宿:老年で徳の高い僧侶

五味の禅を挙揚していた欽山は、趙州和尚にも、小知見であると見限られていた(趙州録開莚普説)ようで
あります。当て馬のように評価されているようでありますが、それはそれで、必要であることには、違い
ないでありましょう。
一休さんは、アンチ曹洞宗、欽山和尚みたいでありますが、欽山和尚は悟ってなかったのではありましょう
か?(´・(ェ)・`)つ

895:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 20:59:42 ID:2/995q.60 [2/2]
おまけ:碧眼録 第五十六則 欽山、一鏃もて三關を破る(禅と悟り HPの現代語訳のみ)

垂示
ブッダ始め諸仏はこの世に出世していないし、また人に与える一法もない。
祖師達磨はインドから来て直指人心見性成仏の道を伝えたというが、
彼によって始めて「心」が伝えられたわけでもない。
「心」は諸仏の出世や祖師達磨の西来などの歴史に関係なく、
昔からあり、人々が全て具足している。
この表現は「本来の面目」は諸仏の出世や達磨の西来などの歴史的事実に関係なく、
昔から人々が皆具有しているという真理を強調するための禅特有の表現である。
世間の人々はその道理を理解しないで、外に向って追い求めるがそれは間違いだ。
殊に自己本来の面目(自己脚跟下の一段の大事因縁)は
どんな尊い聖人でも自分に代わって見性してくれる訳にはいかない。
自分で体験するほかないのだ。
本来の面目は見ようとしても見えず、聞こうとしても聞こえず、説こうとしても説けず、
知ろうとしても知ることができない。
一体どこから得たら良いのだろうか。
すべての存在が真実の相であるならば、得ようもないではないか。
もし未だそこが分からなければ、次の実例を参究してみよう。

*自己脚跟下の一段の大事因縁:自己の「本来の面目」を明らかにするという禅の根本問題。
*一鏃破三関:一本の矢(鏃)で三つの関所を打ち抜く。「一超直入如来地」の頓悟のこと。

本則:
巨良禅師が欽山に問うた、「私は一本の矢で三関を打ち抜いてしまいました。どうでしょうか?」。
欽山は云った、「そうか、それなら関中の主人公(本来の面目)を射止めたはずだ。それをここに出してみ
よ」。
巨良は云った、いや、関中の主人公(本来の面目)は射損じました。もう一度やり直します」。
欽山は云った、「待つことはできん。今すぐやれ」。
巨良は「いい矢を放ったのに、それが何処を射たか分からんような人には、何と言っても無駄ですな」。こ
う憎まれ口を叩いて巨良は出て行った。
欽山は云った、「おい、待たんか」。
 巨良は何事だろうと振り返った。
欽山は、巨良の胸倉を掴んで言った、「一鏃破三関など出来もせんホラは吹かず、まあ一矢射てみろ」。
巨良はここで行きづまってしまった。欽山は彼を手にした竹箆で七、八回打って言った、「まあ今日はこれ
位で勘弁してやろう。お前さん、このぶんでは、一鏃破三関に至るには三十年くらい修行せんとだめじゃ
な」。

頌:
さあ諸君(修行者)のため関中の主(本来の面目)を出して見せよう。
矢を射る人はおおざっぱではだめだ。関中の主を射損じないよう真剣に射なければならない。
関中の主(本来の面目)は懸命に見ようと眼に集中すれば耳は聞こえなくなる。
耳に捉われるのがいけないといって耳を忘れようと耳に集中すれば
今度は目が見えなくなる(それが関中の主の性質だ)。
一鏃で一挙に三関を突破して関中の主(本来の面目)に会えた時箭の通った路は明らかに見える。
これについて玄沙師備禅師は言った、
「関中の主(本来の面目)に見(まみ)えた大丈夫は 天より先に心の祖(おや)になる」と
(´・(ェ)・`)つ

896:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/10(月) 23:24:26 ID:1d4drIFg0 [345/345]
>>894 悟っていたのじゃ。
 弟子に主体を問うていたのじゃ。
 それだけが大事なのじゃ。
 言葉にも誤魔化されなかったのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

176:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 22:47:30 ID:2/995q.60 [1/2]
最初と最後の自由  第一部

  第十四章 関係と孤立 3

  孤立(化)の過程は力への探求の過程です-個人的に力を求めていようと、人種的、国家[・民族]的集団のため [に力を求めて] であろうと、孤立(化)があるにちがいありません。なぜならまさに力、地位への欲望こそが分離主義であるからです。結局それが、各自が欲しいものなのではないでしょうか。 [人は、そこで] 自分が支配できる強力な地位が欲しいのです―家庭でも、事務所・職場でも、官僚制度[体制・機構]でも。各自が力を求めています。そして力を求めるなかで、彼は、軍事的、産業的、経済的などの力に基づいた社会を確立するでしょう-それもまた明白です。力への欲望は、まさにその本性そのものにおいて、孤立しつつあるのではないでしょうか。これを理解することがとても重要であると、私は思います。なぜなら、平和な世界 [が欲しい] 、戦争のない、ぞっとするような破壊のない、測り知れない規模の壊滅的な悲惨のない世界が欲しいと思う人は、この根本的問題・疑問を理解しなければならないから、ではないでしょうか。愛情のある、親切な人は力の感覚・意識を持っていません。ゆえにそういう人はどんな国籍・国家[民族]、どんな旗にも縛られていません。彼は旗を持ちません。
 孤立 [の状態] において生きているようなものはありません―どんな国も、どんな人も、どんな個人も孤立 [の状態]において 生きられません。けれどもあなたはあまりに多くの違った仕方で力を求めているから、孤立を生み育てるのです。国家[・民族]主義者は災い・呪われた者です。なぜなら、彼はまさに自分の国家[・民族]主義的 [精神] 、愛国精神そのものをとおして、孤立の壁を造り出しているからです。彼は他の国に対して壁を築くほど、あまりに祖国と同一化しているのです。あなたが何かに対して壁を築くとき、何が起きるでしょうか。その何かが常にあなたの壁を叩いているのです。あなたが何かに抵抗するとき、その抵抗こそが、あなたが他のものと抗争 [状態] にあるということを、表示しています。ですから国家[・民族]主義は孤立の過程であり、力への探求から出てきたものですが、 [それは] 世界に平和をもたらせません。国家[・民族]主義者であって同胞愛について話をする人は、嘘をついているのです。彼は矛盾の状態に生きているのです。
力への、地位への、権威への欲望をもたずに、世界 [・世間] で生きられるでしょうか。明白にできます。自分自身を何かもっと偉大なものと同一化しないとき、そうします。何かもっと偉大なもの―党派、国、人種、宗教、神―とのこの同一化が、力への探求です。あなた自身が空っぽで鈍くて弱いから、あなたは自分自身を何かもっと偉大なものと同一化したいのです。自分自身を何かもっと偉大なものと同一化したいというその欲望が、力への欲望です。
  関係は自己を露呈する過程です。そして自分自身を、自分自身の精神と心の道筋を知ることなく、たんに外側の秩序、体制、ずるがしこい定式を確立するだけでは、ほとんど意味がありません。重要であることは、他のものとの関係において自分自身を理解することです。そのとき関係は孤立(化)の過程 [になるの] ではなく、あなたが自分自身の動機、思考、追求を発見する動きになるのです。そしてまさにその発見こそが、解放の始まり、変容の始まりです。
(´・(ェ)・`)つ

177:避難民のマジレスさん[]:2020/08/10(月) 22:48:55 ID:2/995q.60 [2/2]
くまめも14-3
孤立(化)の過程は力への探求の過程。なぜならまさに力、地位への欲望こそが分離主義であるから。人は、そこで自分が支配できる強力な地位が欲しい-家庭、事務所・職場、官僚制度体制・機構。各自が力を求めている。そして力を求めるなかで、彼は、軍事的、産業的、経済的などの力に基づいた社会を確立する-それもまた明白。力への欲望は、まさにその本性そのものにおいて、孤立しつつある。これを理解することがとても重要。なぜなら、平和な世界が欲しいと思う人は、この根本的問題・疑問を理解しなければならないから。愛情のある、親切な人は力の感覚・意識を持っていない。ゆえにそういう人はどんな旗にも縛られていない。
孤立の状態において生きているようなものはない。孤立の状態において 生きられない、けれどもあなたはあまりに多くの違った仕方で力を求めているから、孤立を生み育てる。あなたが何かに対して壁を築くとき、何が起きるか。その何かが常にあなたの壁を叩いている。あなたが何かに抵抗するとき、その抵抗こそが、あなたが他のものと抗争状態にあるということを、表示している。
力への、地位への、権威への欲望をもたずに、世界・世間で生きられるか。明白にできる。自分自身を何かもっと偉大なものと同一化しないとき、そうする。何かもっと偉大なものとのこの同一化が、力への探求。あなた自身が空っぽで鈍くて弱いから、あなたは自分自身を何かもっと偉大なものと同一化したい。それが力への欲望。
  関係は自己を露呈する過程。そして自分自身を、自分自身の精神と心の道筋を知ることなく、たんに外側の秩序、体制、ずるがしこい定式を確立するだけでは、ほとんど意味がない。重要であることは、他のものとの関係において自分自身を理解すること。そのとき関係は孤立(化)の過程ではなく、あなたが自分自身の動機、思考、追求を発見する動きになる。そしてまさにその発見こそが、解放の始まり、変容の始まり。
(´・(ェ)・`)

178:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/08/11(火) 00:26:14 ID:1d4drIFg0 [51/51]
個我であるという観念は他のものとの競争や闘争に拠って強化されるのじゃ。
それがまた孤独を強めるのじゃ。
自らを追求することでそれも滅することが出来るのじゃ。
それが解放であり、変容なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました