鬼和尚 2020/07/27(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

833:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/26(日) 22:22:29 ID:.X9S1FO.0 [1/2]
ブラックホールや五次元の正体は何ですか?

834:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/27(月) 01:53:39 ID:aWIo0ZsY0 [2/2]
>>832
ありがとうございます。
夏は綿Tシャツ+綿トランスの男おいどんコスチュームなのですがこれは如何でしょうか?
冬は、それ+フリースにトレーナーですがアウトでしょうね。
寝具は綿のタオルケットです。

835:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 08:49:01 ID:qnj6jJ7A0 [1/2]
ここは鬼和尚というパロディ覚者を弄って遊ぶスレなんだよw

あらしに感謝しろ。

836:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 08:50:37 ID:qnj6jJ7A0 [2/2]
>>832
あ?

阿頼耶識は現量な。

837:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 11:50:16 ID:s99CdGwQ0 [1/2]
和尚様、以前道端でミミズが二つに裂けており、二つとも動いておりました。
頭がある方がミミズで、頭がない方がミミズなのでしょうか?
痛みを感じる方がミミズで、痛みを感じない方がミミズなのでしょうか?

838:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 11:53:58 ID:s99CdGwQ0 [2/2]
すいません、日本語間違えました。

和尚様、以前道端でミミズが二つに裂けており、二つとも動いておりました。
頭がある方がミミズなのでしょうか?
それとも痛みを感じる方がミミズなのでしょうか?
ミミズたる条件は何でしょうか?

843:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/07/27(月) 22:24:54 ID:1d4drIFg0 [208/209]
>>833 それもまた観念なのじゃ。
 観念があればそれもあると思うのじゃ。

 実際は全てが意識の表れなのじゃ。
 変化しながら変らない本質を持つものなのじゃ。
 それは気がつけばおぬしにもあるとわかるのじゃ。
 観察に拠ってその気付きも訪れるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>834 それでよいのじゃ。
 自分が快適で病にならなければそれでよいのじゃ。
 無理をして風邪を引くことも無いのじゃ。

>>837>>838 両方ミミズなのじゃ。
 もしくは両方共みみずではないものじゃ。
 おぬしがミミズと思うほうがミミズなのじゃ。
 ミミズと思わなければミミズではないのじや。
 おぬし次第なのじゃ。

839:偽和尚★[]:2020/07/27(月) 18:14:18 ID:???0
下記番号の書き込みを削除しました。
681, 693, 733, 742, 745, 747, 754, 759, 762, 763, 772, 773, 777, 778, 781, 807,
808, 812, 813, 821, 822, 824, 826, 827, 828, 835, 836

下記ホストからの書き込みを規制しました。
pw126152227014.10.panda-world.ne.jp
softbank060112200022.bbtec.net

詳細はこちら。
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1415399543/33-39

840:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 20:35:59 ID:WMlbyn5g0 [7/7]
偽和尚さん

荒らしへの対処ありがとうございます。

841:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/27(月) 21:19:25 ID:.X9S1FO.0 [2/2]
論争の部外者ですが、唯識論が仏教ではないというところを敷衍して説明お願いします。

842:崇蓮[sage]:2020/07/27(月) 21:41:08 ID:ck5w8PBg0 [23/23]
>>839
偽和尚さん、ありがとうございます。

844:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/07/27(月) 22:28:27 ID:1d4drIFg0 [209/209]
>>839 ご苦労さんなのじゃ。
 正に菩薩の行ないじゃ。

>>841 唯識論は仏教の悟りを解釈した論なのじゃ。
 それ自体は仏教ではないのじゃ。
 仏教とは人を悟りに導く方法を教えるものであるからのう。

 映画の評論が映画そのものではないようなものじゃ。
 野球の解説が野球そのものではないようなものじゃ。
 そのように違いがあると知ると善いのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

865:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/26(日) 21:58:21.01 ID:YWiDRL/C [2/2]
>>863
法相宗が主流なんて言ってないけど?
どこにそんな事書いた?
証拠を出してくれ。

で、阿頼耶識は現量だろ。

結論が出たからいいだろ。

866:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/27(月) 03:16:26.07 ID:6TWAcz5T
過去を受け入れれば解放されるとか言いますが、人格を形成する前の子ども時代等に受けたいじめや親からの抑圧など、無駄で苦しい我慢は、何かのきっかけで思い出すとその嫌な感情が甦り、受け入れるということは出来ません
同じことを今絶対我慢したくないように、そのときも絶対我慢したくなかったしする必要のないものだったからです
今はそんなに思い出したり縛られてはいないとは言え、その体験を昇華出来たり、完全に同化しないでいられるとも言えません
過去の受け入れがたい体験の記憶についてどう捉えればいいですか?

867:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/07/27(月) 06:07:04.75 ID:u3q5JbW/
>>864

鬼和尚さま。
お返事をありがとうございました。
「夢の中に同じ人が何回も出てくるが
何かできることは有るのか」と
質問させていただいた者です。

やるべきことがわかり、安心しました。
仰るとおり、あとは囚われずに進んでまいります。
ありがとうございました。

874:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/27(月) 22:39:44.14 ID:7IZqGag7 [1/2]
>>865 おぬしはそれが仏教の常識とか嘯いていたはずであるがのう。
 非主流派の論が仏教の常識のはずは無いのじゃ。
 仏教ではなく常識でもない異端の仮設なのじゃ。
 瞬殺二段重ねじゃな。

>>866 受け入れなくてよいのじゃ。
 ただ単にその記憶から今起こる反応を観察すれば善いのじゃ。
 そうすれば苦悩することも無くなるのじゃ。
 記憶は残るが感情は起こらなくなるのじゃ。

 その過去の記憶を原因として、今思い出すと嫌な感情が起こると観察するのじゃ。
 原因が無ければ嫌な感情もないと観察するのじゃ。
 そうすれば反応が起こることもなくなるのじゃ。

>>867 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

869:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/07/27(月) 13:42:08.93 ID:eh5cXOWu
最近、仕事が忙しい上に
寝つきがあまり良くありません
お香でも炊いてリラックスして寝ようかと思うのですが
鬼和尚オススメの香とかありませんですか? 

875:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/27(月) 22:49:40.77 ID:7IZqGag7 [2/2]
>>869 それにはあまりにおいの強くない香がよいじゃろう。
 強いにおいで刺激がありすぎると気になって眠れないからのう。
 後は自ら探して自分に合う香を見つけると善いのじゃ。
 好みは人によって違うからのう。
 いろいろ試して見るのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

491:マジレスさん (ササクッテロル Sp0f-TJFs [126.233.221.165 [上級国民]])[sage]:2020/07/26(日) 21:53:26.01 ID:jQRDBM8Dp [1/2]
>>490
www

つーか、文字化けしてるんだけど?

>>490
> ① 学者や学僧が何らかの根拠を以って主張した。
> ② ジャンキー大山がそう思っただけ。
> のどちらなのかはっきり書くのじゃ。

492:マジレスさん (ササクッテロル Sp0f-TJFs [126.233.221.165 [上級国民]])[sage]:2020/07/26(日) 21:55:18.88 ID:jQRDBM8Dp [2/2]
ともあれ、阿頼耶識は現量。

結論が出たからいいだろ?

494:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ 0267-8Xcr [219.192.74.62])[sage]:2020/07/27(月) 22:32:19.16 ID:LUa3zgvr0
>>492 それは非主流派の学者や僧がのたまっているだけなのじゃ。
 仏教ではなく仏教の常識でもないものじゃ。

 麻原彰晃の語ることが仏教とか、仏教の常識ではないのと同じなのじゃ。
 本になった論が全て正しいならばオウムの本も正しいことになるのじゃ。
 瞬殺かさね打ちじゃな。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

849:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 13:49:56 ID:b/R.LjPg0 [16/16]
>>848
で、僧侶じゃないのになんで僧侶って嘘つくの?

851:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/28(火) 00:05:10 ID:1d4drIFg0 [328/330]
おぬしが僧侶じゃないのに僧侶とうそつくのは金のためじゃろう。
何でもお見通しなのじゃ。

852:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/28(火) 00:05:49 ID:1d4drIFg0 [329/330]
>>849 おぬしが僧侶じゃないのに僧侶とうそつくのは金のためじゃろう。
何でもお見通しなのじゃ。

850:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 20:17:51 ID:hdQ2/nGg0
136
漁父
學道参禪失本心     は本心を失す
漁歌一曲價千金   の一曲
湘江暮雨楚雲月 しゃかうのぼう楚山の月
無限風流夜夜吟  限り無き風流夜々の吟

くま訳
仏道修行、参禅は、本心を失わせる。
漁歌(漁夫の辞)は価千金である。
(屈原が入水自殺をした)湘江の夕暮れの雨、楚山の月を思うと
限り無く風流で夜々詩情が湧く

*おまけ:漁父辞 屈原
屈原曰挙世皆濁我独清     屈原曰はく、世を挙げて皆濁れるに、我独り清(す)めり。
衆人皆酔我独醒是以見放。   衆人皆酔へるに、我独り醒めたり。是を以て放たる。と。  
漁父曰    漁父曰はく、
聖人不凝滞於物、而能与世推移 聖人は物に凝滞せずして、よく世と推移す。  
世人皆濁、何不?盃其泥、而揚其波。世人皆濁らば、何ぞ其の泥をにごして、其の波を揚げざる。
衆人皆酔、何不餔其糟、而?祷其?碣。衆人皆酔はば、何ぞ其のかすをくらひて、其のしるをすすらざる。
何故深思高挙、自令放為。 何の故に深く思ひ高く挙がり、自ら放たしむるを為すや。と。
屈原曰、吾聞之 屈原曰はく、吾之を聞けり。
新沐者必弾冠、新浴者必振衣 新たに沐する者は必ず冠を弾き、新たに浴する者は必ず衣を振るふ。と。
安能以身之察察、受物?薙?薙者乎。 いづくんぞ能く身の察察たるを以て、物のもんもんたる者を受けんや。
寧赴湘流、葬於江魚之腹中、 むしろしやう流に赴きて、江魚の腹中に葬らるとも、
安能以皓皓之白、        いづくんぞ能くかうかうの白きを以てして、
而蒙世俗之塵埃乎。       世俗のぢんあいを蒙らん。と。
漁父莞爾而笑、鼓?探而去。    漁父くわんじとして笑ひ、えいを鼓して去る。
乃歌曰、            乃ち歌ひて曰はく、

滄浪之水清兮 可以濯吾纓    さうらうの水清まば 以て吾がえいをあらふべし
滄浪之水濁兮 可以濯吾足    滄浪の水濁らば 以て吾が足を濯ふべし  

遂去不復与言。 遂に去りてまたともに言はず。

マナペディアHP訳
屈原は言いました。
世の中の人々すべて(の心)が濁っている中で、私一人だけが清らかです。そして人々がみな酔っている中
で、私一人だけが醒めています。だから追放されたのです。と。
漁師は言いました。
聖人というものは、物事にこだわらずに世の中と一緒に移り変わります。世の中の人々(の心)が濁ってい
るならば、どうして一緒にその泥をかき混ぜて、波を立てないのですか。人々が酔っているならば、どうし
てその酒かすを口にして、その薄い酒を飲もうとしないのですか。どういった理由で深く考え、お高くと
まって、自分から追放されるようなことをしたのですか。」と。
屈原は言いました。
私はこういうことを聞いたことがあります。『髪を洗ったばかりの者は必ず(冠についた)よごれを払い、
入浴したばかりの者は、必ず衣服のほこりをふるってはらう』と。どうして清廉潔白なこの身に、(世俗
の)汚れたものを受け入れることができましょうか、いやできません。むしろ湘江に行って魚のエサになろ
うとも、どうして清廉潔白なこの身を世俗の埃の中にまみれされることができましょうか、いやできませ
ん。」と。
漁師はにっこりと笑って、(出航するために)船の縁を叩いて行ってしまった。そしてそのとき、次のよう
な歌を詠んだ。
滄浪の水が澄んでいるのなら、私の冠の紐を洗おう。
滄浪の水が濁っているのなら、私の足を洗おう。

とうとうそのまま去ってしまい、2人はもう2度と語り合うことがありませんでした。
(´・(ェ)・`)つ

853:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/28(火) 00:08:40 ID:1d4drIFg0 [330/330]
道を学び、参禅するのは却って本心を失うというのじゃ。
屈原に漁夫が説いたとおりなのじゃ。
一休は詩情に任せて吟ずることこそ自らの本心というのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

133:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 10:27:58 ID:s99CdGwQ0
和尚様
井上義衍の縁者の松本自證老師は悟られているのでしょうか?
認識に問題があることを分かっている気がします。

「悟後の修行はないのが本当」と「井上系統」 : 座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京
悟後の修行なんて無いですよ。それは、悟りそこねたんです。井上老師系統の教え?どこかに井上系統とか書いてあるのを読んだことがありましたけれど、井上系統とかあるんですかね。お釈迦さんは「井上」ではないですよね、(会場笑)道元さんもたしか「井上」ではなかったと思

136:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/27(月) 23:08:57 ID:1d4drIFg0 [37/38]
>>133 悟っていないのじゃ。
 ハッキリしただけじゃな。
 それは悟りではないのじゃ。

134:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 21:34:00 ID:hdQ2/nGg0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部
   第十章 恐怖(恐れ) 3

恐れは様々な逃避を見つけます。普通の種類は同一化なのではないでしょうか-国との、社会との、観念との同一化です。あなたは軍隊の行進や宗教的行列など、行進[・行列]を見るとき、または祖国が侵略される危機にあるとき、自分がどのように反応するかに気づいたことはないでしょうか。あなたはそのとき祖国と、或る存在[神・人]と、イデオロギーと自分自身を同一化します。あなたは自分の子供、自分の妻、特定の形の行動や無行動と自分自身を同一化する他の時があります。同一化は[忘我の・]自分を忘れる過程です。私は、「私」を意識しているかぎり、苦痛があり、格闘があり、常なる恐れがあることを知っています。しかし何かもっと偉大なもの、何か価値のあるもの、美、生命、真理、信念、知識と自分自分を同一化できるなら、少なくとも一時的に「私」からの逃避があるのではないでしょうか。私は「祖国」について話をするなら、一時的に自分自身を忘れるのではないでしょうか。私は神について何かを言えるなら、自分自身を忘れるのです。私が自分の家族、集団、特定の党派、一定のイデオロギーと自分自身を同一化できるなら、そのとき一時的な逃避があるのです。
 ゆえに 同一化は、一つの形の自己からの逃避です―まさに美徳が一つの形の自己からの逃避であるように、です。美徳を追求する人は、自己から逃避しているのです。彼は狭い精神を持っているのです。それは美徳のある精神ではありません。というのは美徳は、何か追求できないものであるからです。あなたは美徳を持とうとすればするほど、ますます自己に、「私」に強さを与えるのです。恐れは、私たちのほとんどにとって、形は違っても共通していますが、いつも代用物を見つけるにちがいないし、ゆえに私たちの格闘を増加させるにちがいないのです。あなたは代用物と同一化されればされるほど、ますますそれにすがり付く強さが大きくなるのです―あなたはそのために進んで格闘し、死ぬ準備ができているのです。なぜならその裏には恐れがあるからです。
私たちは今、恐れとは何かを知っているでしょうか。それは、あるがままを受け入れないことではないでしょうか。私たちは「受け入れる」という言葉を理解しなければなりません。私はその言葉を、受け入れるために為される努力という意味で使っているわけではありません。私があるがままを知覚するとき、受け入れるという問いはありません。あるがままを明確に見ないとき、そのとき受け入れの過程を持ち込みます。ゆえに恐れは、あるがままを受け入れないことです。これらすべての反応[反動]、応答、記憶、希望、絶望、挫折の束である [私] 、塞がれた意識の動きの結果である私-その私はどうして[それらを]越えてゆけるでしょうか。精神は、この塞さがりと障害をもたずに意識できるでしょうか。障害がないとき、なんととてつもない喜びがあるかを、私たちは知っています。あなたは、身体が完ぺきに健康であるとき、一定の喜び、幸福があることを知らないでしょうか。精神が完全に自由であり、どんな塞がりもないとき、「私」という認識の中心がないとき、一定の喜びを経験することを、知らないでしょうか。自己が不在であるとき、この状態を経験したことがないでしょうか。確かに私たちは皆 [経験したことが] あるのです。
私がそれを一つの全体として完全に統合的に見つめられるときだけ、理解と、自己からの自由があるのです。そして私は、願望-すなわちまさに思考の表現そのもの-から生まれた活動すべての過程全体を理解するときだけ、それができるのです-正当化せず、非難せず、抑圧せずに、です。というのは、思考は願望と異ならないからです。私はそれを理解できれば、そのとき私は自己の [諸々の] 制限を越えてゆく可能性があるかどうかを知るでしょう。  
(´・(ェ)・`)つ

135:避難民のマジレスさん[]:2020/07/27(月) 21:40:20 ID:hdQ2/nGg0 [2/2]
くまめも10-3
恐れは様々な逃避を見つける。国、社会、観念との同一化。同一化は忘我の過程。私は、「私」を意識しているかぎり、苦痛があり、格闘があり、常なる恐れがある。しかし何かもっと偉大なもの、価値のあるもの、美、生命、真理、信念、知識と自分自分を同一化できるなら、少なくとも一時的に「私」からの逃避がある。ゆえに 同一化は、自己からの逃避。しかし、たとえば、美徳を持とうとすればするほど、ますます自己に強さを与える。恐れは、いつも代用物を見つける。ゆえに格闘を増加させる。代用物と同一化されればされるほど、ますますそれにすがり付く強さが大きくなる。あなたはそのために進んで格闘し、死ぬ準備ができている。なぜならその裏には恐れがあるから。
恐れとは、あるがままを受け入れないこと。私があるがままを知覚するとき、受け入れるという問いはない。あるがままを明確に見ないとき、そのとき受け入れの過程を持ち込む。ゆえに恐れは、あるがままを受け入れないこと。これらすべての反応[反動]、応答、記憶、希望、絶望、挫折の束である [私] 、塞がれた意識の動きの結果である私-その私は、それらを越えてゆけない。精神は、この塞さがりと障害をもたずに意識できるか。障害がないとき、精神が完全に自由であり、どんな塞がりもないとき、「私」という認識の中心がないとき、とてつもない喜びがある。自己が不在であるとき、この状態を経験する。
私がそれを一つの全体として完全に統合的に見つめるときだけ、理解と、自己からの自由がある。そして私は、願望から生まれた活動すべての過程全体を、正当化、非難、抑圧せずに理解するときだけ、それができる。というのは、思考は願望と異ならないから。私はそれを理解できれば、そのとき私は自己の制限を越えてゆく可能性があるかどうかを知る。
(´・(ェ)・`)

137:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/27(月) 23:26:41 ID:1d4drIFg0 [38/38]
恐れから人は国家や組織と同一化するというのじゃ。
それは一時的に恐れを忘れさせてくれるが、更なる悲惨をもたらすものじゃ。
私という認識の主体がなければ喜びと、幸福が在るのじゃ。
それは自己からの認識全体が観られるとき、起こるものじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました