鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 2020/07/24(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

812:避難民のマジレスさん[]:2020/07/23(木) 22:19:44 ID:b/R.LjPg0 [18/19]
1.漢文
 是無覆無記 触等亦如是
2.読み下し文
 是無覆無記なり。触等も亦た是の如し。
3.翻訳(中公文庫版71p)
 その(アーラヤ識)と一体になって存在している感情は、全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 そうしてその(アーラヤ識そのもの)は(倫理的に)無性であってかつ(根本無知などにも)覆われていないのである。

漢文の文章は非常に短くとも様々な意味がその中に含意されているんですよ。
さて、

>一体となっている感情が
 阿頼耶識が所縁によって見分と相分に分析されて感情になるって事で、両者の関係は非異非同って事です。

>全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 その所縁によって種子から現ぜられた相分である感情が、平静と見分されているんです。
 平静、つまり楽でもなく苦でもなくって事ですが、これは分別をしていない見分が現じられている、則ちこれが現量でしょ?

ここで、現量の定義と照らし合わせると

  直接知覚。現前にある対象の非言語的な認識。
  任運にして無分別なり
  諸分別の行解を離れて任運の境の事相に敵う
  境に任せてこれを縁ずる

上記とまさに合致してると思いますけどね。

上記を要約すると、境に任せてこれを縁じて無分別にして事相に敵うとなるでしょが、阿頼耶識が境に任せて、つまり所縁に依って見分と相分に分析されて、無分別、平静(楽でもなく苦でもなく)であると。

813:避難民のマジレスさん[]:2020/07/23(木) 22:20:37 ID:b/R.LjPg0 [19/19]
>>810
一文字ごとに三拝して読め、猿w

1.漢文
 是無覆無記 触等亦如是
2.読み下し文
 是無覆無記なり。触等も亦た是の如し。
3.翻訳(中公文庫版71p)
 その(アーラヤ識)と一体になって存在している感情は、全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 そうしてその(アーラヤ識そのもの)は(倫理的に)無性であってかつ(根本無知などにも)覆われていないのである。

漢文の文章は非常に短くとも様々な意味がその中に含意されているんですよ。
さて、

>一体となっている感情が
 阿頼耶識が所縁によって見分と相分に分析されて感情になるって事で、両者の関係は非異非同って事です。

>全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 その所縁によって種子から現ぜられた相分である感情が、平静と見分されているんです。
 平静、つまり楽でもなく苦でもなくって事ですが、これは分別をしていない見分が現じられている、則ちこれが現量でしょ?

ここで、現量の定義と照らし合わせると

  直接知覚。現前にある対象の非言語的な認識。
  任運にして無分別なり
  諸分別の行解を離れて任運の境の事相に敵う
  境に任せてこれを縁ずる

上記とまさに合致してると思いますけどね。

上記を要約すると、境に任せてこれを縁じて無分別にして事相に敵うとなるでしょが、阿頼耶識が境に任せて、つまり所縁に依って見分と相分に分析されて、無分別、平静(楽でもなく苦でもなく)であると。

814:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/23(木) 23:06:02 ID:5j1rgAmk0 [4/4]
>>811
ありがとうございますm(._.)m

815:避難民のマジレスさん[]:2020/07/23(木) 23:41:57 ID:WMlbyn5g0 [6/6]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。

認識が滅したら怖くないですか?
認識が滅したら寝てる時みたいな感じなんでしょうか

818:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/07/24(金) 22:20:57 ID:1d4drIFg0 [204/205]
>>812>>813 おぬしがそう思うということで学者が本を書いたわけではないじゃろう。
 誰が最初にそれを提唱したのかとか。
 その者はどのような根拠でそう嘯いたのかとか。
 ちゃんと調べて書かなければ落第なのじゃ。

>>814 どういたしまして、またおいでなさい。

>>815 そうじゃ、恐れはもうないのじゃ。
 むしろ目覚めた時のような感じなのじゃ。
 今まで自分としてきたものが観念であったと気付くからのう。
 真実に目覚めたのじゃ。
 目覚めたから仏陀、目覚めた者と呼ばれるのじゃ。

816:避難民のマジレスさん[]:2020/07/24(金) 01:02:22 ID:iZFExW2s0 [24/24]
鬼和尚様

連日の質問(相談)で失礼します。
私は現在、立て続けに強い不安やストレスを感じる状況に陥っておりまして、その不安やストレスを感じる度に、胸の真ん中あたりに苦しさ・圧迫感を感じます。この胸の苦しさというのは昔から言われているように胸の辺りに心があるからなのでしょうか。それとも不安やストレスを感じることで、何かしらの自律神経に関するホルモンが分泌されて、心臓が本当に収縮したりして、胸が締め付けられるような感覚になるのでしょうか。
また、この胸の苦しさを感じる状況が長引くにつれて、体調もおかしくなってきているので、この症状を消したいです。苦滅の法を実践するのに、比較的苦の原因がはっきりしている場合でも(誰かに意地悪されたりだとか、締切に追われて休みがないだとか)、潜在意識の根本の原因から観察しないと苦はなくなりませんか。
よろしくお願いいたします。

817:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/24(金) 19:21:23 ID:czRftzgI0 [21/21]
あるようで実体のないものを観念と呼んでいるという理解でいいですか?

819:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/07/24(金) 22:28:46 ID:1d4drIFg0 [205/205]
>>816 今の者にはストレスが原因と説明したほうがよいじゃろう。
 納得するからのう。

 それは精神ではなく神経とか肉体の反応なのじゃ。
 自分の心の中の原因から起こるのではなく、環境のストレスから来るのであるからのう。
 胸の辺りの胸筋を触ってみるのじゃ。
 凝っていたり堅くなっていたり、痛むところが無いか探してみるのじゃ。
 胸筋に凝りがあると心臓も弱ってストレスに弱くなるのじゃ。
 マッサージをしてその凝りや痛みをほぐして腋に向かってさするとよいのじゃ。

 胸椎が歪んでもそれは起こるのじゃ。
 ヨーガとかストレッチでゆがみを直すのじゃ。
 西式健康法の毛管運動とかもやってみるのじゃ。
 そのようにいろいろ試してみるのじゃ。

>>817 そのような理解で善いのじゃ。
 後は実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

833:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/23(木) 23:27:25.10 ID:wI8Jmg/z [2/2]
>>829
鬼和尚様。
経験のない出来事だったので色々考え過ぎていたようです。
おかげで次同じようなことがあっても落ち着いて対処できると思います。

ありがとうございました。

834:鹿野園 ◆VupYVVGZXxPO [sage]:2020/07/23(木) 23:39:03.03 ID:gPlCZrqn [7/7]
>>832
意味不明。
壊れてる。

精神病院に逝きなさいw

835:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/24(金) 02:02:36.81 ID:h+VuMZIe
ネットにつなぐ時間が多いと情報や人の想念が入ってくることにストレスも感じていますが
今更ない状態には戻れません。ネットとはどう付き合うべきだと思いますか?
鬼和尚さんは一日どのくらいネットを見ていますか?

845:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/24(金) 22:50:24.06 ID:QFjyNKXh [1/3]
>>833 そうじゃ、囚われずに進むのじゃ。
 またおいでなさい。

>>834 おぬしのやり方をまねただけなのじゃ。
 誰にもわからない自分だけの論理で勝手に瞬殺したとか書くならば他人の意見はいらない精神異常なのじゃ。

 次は葬式で布施を受け取る宗派は破戒の非仏教であるという論でわしを論破すると善いのじゃ。

>>835 ネット以外でも他人の情報をそのまま信じてはいかんのじゃ。
 全く別の方面からの情報があれば、確からしさが増したとか思うとよいのじゃ。
 そうでなければ全て偽物であり、娯楽と捉えるが善いのじゃ。

 わしは二、三時間位じゃな。

836:810[sage]:2020/07/24(金) 05:56:12.90 ID:c0c45Bnl
>>827
念のため鬼和尚さんのお答えも欲しかったのですが……残念です。
ありがとうございました。

837:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/24(金) 06:44:02.89 ID:xLlq+A76
>>832
僧侶じゃないのに僧侶って嘘つくのは何故ですか?

838:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/07/24(金) 07:45:21.24 ID:83C2j4Xw
お寺とかは殺生出来ないのでシロアリに喰われて倒壊しますか?

846:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/24(金) 22:52:42.77 ID:QFjyNKXh [2/3]
>>836 さらばなのじゃ。

>>837 おぬしが僧侶でもないのに僧侶と嘘をつくのは騙されているからじゃろう。
 明治に出来た新興宗教に騙されているのじゃ。
 つぼとかを買わされているのじゃろう。
 早く逃げると善いのじゃ。

>>838 そうじゃろう。
 倒壊してよいのじゃ。
 真の寺はおぬしの心の中にのみあるのじゃ。

839:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/24(金) 09:59:40.04 ID:UPerTqAV [1/2]
>>829

> 生きている者の眠りの意識と同じなのじゃ。

夢を見ている時といない時で違いはありますか
どちらも死の意識ですか

840:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/24(金) 10:27:20.49 ID:E1p+WA/5
俳優の三浦春馬が30歳の若さで自殺と言う衝撃的な出来事が起きましたが、
彼がなぜ死を選んだのか、その理由はなんだと思われますか?

新興宗教?にハマった母親のいいようにコントロールされていたとか、
芸能界を辞めて人目のつかないところで農業でもしてひっそり暮らしたい、などと話していたという情報もあります。

844:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/24(金) 22:03:35.66 ID:uElUCUHG
>>829
ありがとうございます
言霊の人は偽物だということはわかりましたがアカシックレコードの人もでしょうか?

847:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/24(金) 22:56:39.51 ID:QFjyNKXh [3/3]
>>839 無いのじゃ。
 同じ死の意識なのじゃ。
 幻想の観念のみなのじゃ。

>>840 仕事でストレスがたまっていたのじゃろう。
 それでノイローゼとかうつになったのじゃな。
 おぬしもファンならばイメージで供養すると善いのじゃ。
 夢の中で会えるじゃろう。

>>844 そうじゃ、そのようなものはないのじゃ。
 個人の知識と観念のみなのじゃ。
 それだけでもちゃんと受け容れたならば智慧になるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

478:マジレスさん (ワッチョイ 4767-OmF5 [60.112.200.22 [上級国民]])[]:2020/07/23(木) 23:04:29.21 ID:s2hvxftN0 [6/7]
>>477
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

吹いたwww

お前も そう思ってる だけだろwww

479:マジレスさん (ワッチョイ 4767-OmF5 [60.112.200.22 [上級国民]])[]:2020/07/23(木) 23:05:40.29 ID:s2hvxftN0 [7/7]
現量が後の時代に作られた仏教術語って話はしてるから、その文字そのものがないって云うのは言い訳にならないって言っておいたよなwww

ま、要するにお前は仏教言語のシノニムも読み取れないって事なんだよw

つまり程度が低いのwww

480:マジレスさん (ワッチョイ 3f93-R/Qm [14.10.59.64])[sage]:2020/07/24(金) 10:27:50.45 ID:qcNv0dNI0
鬼和尚。

地下数万メートルの地底で人間は生きられるのでしょうか?
SFなどで「地底人」と言う存在がよく登場するのですが、現実にそのようなものが存在する
確率はどの程度でしょうか?

483:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ 0267-8Xcr [219.192.74.62])[sage]:2020/07/24(金) 22:36:11.53 ID:WJmYDWOD0
>>478>>479 一言の反論も出来ずに瞬殺じゃな。
 程度の低いわしに論破瞬殺されているおぬしはわしより更に程度が低いということじゃな。
 言葉も理解できないのであるから畜生以下じゃな。

 そんなおぬしも臨済宗が明治後に出来た新興宗教ということでわしを瞬殺したのじゃ。
 おぬしの語るとおり臨済宗は新興宗教なのじゃ。
 伝統があるとか思っていたわしが間違いだったのじゃ。
 良かったのう。

 次は葬式をして布施を貰う宗派はお釈迦様の作った戒に違反しているから仏教ですらないという論でわしを論破してみると善いのじゃ。

>>480 ちゃんと施設を作れば生きられるじゃろう。
 そうでなければ熱に強い細菌位しか生きられないのじゃ。

 ほとんど無いのじゃ。
 高温高圧になるから強い細菌しか生きられないのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

839:避難民のマジレスさん[]:2020/07/24(金) 21:09:37 ID:zr.JxX7M0
132   1/2
岐岳和尚龍寶山住院時、     ぎがく和尚龍宝山住院の時、
請御所喝食、          御前喝じきを請ひ、
於看雲亭夜夜酒宴。       看雲亭に於ひて夜々酒宴す。
因一休和尚相看、        因みに一休和尚相看す、
岐岳、問一休和尚曰、      岐岳、一休和尚に問うて曰く、
汝於老僧境界知耶不知。     汝老僧が境界に於いて知るや知らずや。
答曰知。            答へて曰く、知る。
問曰、試挙看。         問うて曰く、試みにこせよ看ん。
答曰、茂陵多病後。猶愛卓文君。 答へて曰く、もりょう多病ののち、猶ほたくぶん君を愛するがごとし。
岳大笑絶倒、随後打曰。     岳大笑絶倒して、しりへに随って打って曰く、
請為老僧題無住榜。       請ふ老僧が為に無住ぼうを題せよ。
休便題曰、           休即ち題して曰く、

龍寶禪翁活眼睛  龍宝の禅翁活眼睛
孤明歴歴磊苴名  孤みょう歴々らその名
黄金詞賦文君恨  黄金の詞賦文君が恨み
師笑茂陵空薄情  師は笑ふもりょうくうはくの情

柳田聖山先生 解説・訳
岐岳和尚、夜々酒盛りをする
応永三十一年(1424)、一休、三十一才の時の事である。
大徳寺二十一世岐岳妙周にまつわる次のような話が伝わっている。
岐岳和尚は崇福寺四十三世のとき、大応国師(南浦紹明)が残していた杖を持って大徳寺にのぼり、大応の後身を自任していた。
竜宝山の住職になると、毎夜のように、方丈の南東にあった看雲亭で若い衆を呼び寄せて酒盛りをしていた。
ある時、一休が呼ばれた。和尚は一休に尋ねた。「おまえはこの老僧の心境が判るか」。一休は答えた。
「判ります」。すると「ためしに言ってみろ」と和尚は問いかけた。「前漢の詩人司馬相如は多年病に悩ん
でいましたが、妻卓文君だけは手放そうとはしませんでした」と一休は応じた。和尚は満足げに笑った。
そこで和尚は一休に、頂相(禅僧の画像)に添え書きの賛を所望した。そこで、一休は次のように書きとどめた。

さすがに大徳寺の老僧の目はきらきらと輝く。
竜宝山歴代の評判は偏に武骨で有名ですが、
黄金百斤を貰って詩文で皇后の失寵を詰るとは
老師も御存じ、相如は粋ではありませんか。

くま訳
龍宝山住院の目が輝く
個々が光り輝き、ごろごろと石の詰まった袋のような人だ
皇后から頼まれて、黄金百斤で、武帝に対する恨みの詩を書いた詩人の話を
聞いて、老師も笑う、武帝は墓に入っても、きっと薄情な人のままであろう。

*孤明歴々:個々それぞれが輝くという意味
*磊(ライ):石がごろごろしているさま。「磊塊」②心が大きいさま。おおらか。
*詩賦(しふ)中国の韻文
*茂陵(もりょう)前漢の武帝の墓
*司馬相如(前179-117)は、前漢の文人で、「子虚賦」が機縁で武帝に召されて宮廷詩人として仕えた。富豪の娘卓文
 君との恋愛話は著名である。
 相如が武帝の皇后陳氏より黄金百斤を貰って、帝の失寵を怨む長門譜を書いた。陳氏は、黄金とともに、 
 相如夫妻に酒を贈ったと伝えられている。

実は、そのころ一休は、画賛を依頼され、何がしかの生活費を稼いでいたとも言われている。
一休さんはこの岐岳の酒宴に集まる僧たちを軽蔑していたのである。明日の詩でそれを詠んでいる。
(´・(ェ)・`)つ

840:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/24(金) 23:02:06 ID:1d4drIFg0 [324/324]
当時の坊主は普通に酒盛りをしていたようじゃのう。
乱世とはいえ酷いものじゃ。
信長に焼かれるのは当然なのじゃ。
今も葬式で金を受け取る破戒僧ばかりであるがのう。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

121:避難民のマジレスさん[]:2020/07/24(金) 00:29:59 ID:MutNoc3w0
くまめも1-9-4
自己から離れて、自己を見つめ自己を解消する実体があるのか。自己を破棄して破壊し、脇へ置く霊的・精神的実体があるのか。
 自己を解消するような要素はあるのか。私たちは自己を角(すみ)に追い込んでいる。あなたは自分自身が角に追い込まれるのを許すなら、何が起きるか。私たちは、時間がなく、自己の [もの] ではない [要素] 、やって来て調停し、自己を破壊してくれるであろうと願う要素-すなわち神と呼ばれるもの-があってほしいと思う。では、精神が構想できるようなものはあるのか。あるかもしれないし、ないかもしれない。それは論点ではない。しかし精神が、自己を破壊するために行動し始めるであろう時間のない霊的 [・精神的] 状態を求めるとき、それは「私」を強めているもう一つの形の経験。あなたが信じているとき、それが現実に起きていること。あなたが真理、神、時間のない状態、不死があることを信じているとき、それは自己を強める過程。自己を破壊しに来るであろうとあなたが感じ信じているものを、自己が投影した。それで霊的 [・精神的]実体として時間のない状態にとどまるというこの観念を投影しておいて、あなたは経験をする。そういう経験は自己を強めるだけ。ゆえにあなたは何をしたのか。あなたはほんとうは自己を破壊したのではなくて、それに違った名前、違った性質を与えただけ。自己はやはりある。なぜなら、あなたがそれを経験したから。こうして私たちの行動は初めから終わりまで同じ行動。ただ私たちがそれは進化している、成長している、ますます美しくなりつつあると思うだけ。しかしあなたは内側で観察するなら、それは同じ行動が続いていて、同じ「私」が違ったラベル、違った名前をもって、違った水準で機能している。
(´・(ェ)・`)

122:避難民のマジレスさん[]:2020/07/24(金) 21:43:32 ID:zr.JxX7M0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部
   第九章 自己とは何か 5

 あなたは、自己の過程全体、ずるがしこい、とてつもない考案、智恵 [ がわかるとき]、同一化をとおし、美徳をとおし、経験をとおし、信念をとおし、知識をとおして、それがいかにそれ自体を覆いかくすかがわかるとき-精神がそれ自体が作った循環、檻のなかで動いていることがわかるとき、何が起きるでしょうか。あなたはそれに気づき、充分に認識するとき、そのときとてつもなく静かではないでしょうか-強制をとおしてではなく、どんな報賞をとおしてでもなく、どんな恐れをとおしてでもなく。あなたは、精神のあらゆる動きがたんに自己を強める形であることを認識するとき、あなたはそれを観察し、わかるとき、行動においてそれに完全に気づくとき、その地点に至るとき-イデオロギ-として、言葉としてではなく、投影された経験をとおしてではなくて、現実にその状態にあるとき-そのとき、精神が全く静かであり、創造する力を持っていないことがわかるでしょう。精神が創造するどんなものも、循環のなか、自己の領域の中にあるのです。精神が創造していないとき、創造があるのです-それは認識できる過程ではありません。
 真実、真理は認識されるべきものではありません。真理が来るには、信念、知識、経験、美徳の追求-このすべては去らなければなりません。美徳の追求を意識している美徳の人は、決して真実を見つけられません。彼はとてもまともな人であるかもしれません。しかしそれは、真理の人、理解する人であるのとは全く異なっているのです。真理の人にとって、真理は生じたのです。美徳の人は正義の人です。正義の人は、何が真理なのかを決して理解できません。なぜなら、彼にとって美徳は自己を覆いかくすこと、自己を強めることであるから、彼は美徳を追求しているからです。彼が「私は無欲でなければならない」と言うとき、彼が経験する無欲の状態は、自己を強めるだけです。そういうわけで世間のものごとにおいてだけでなくて、また信念と知識においても貧しいことがとても重要なのです。世間的な富をもった人や知識と信念の豊かな人は、決して暗闇の他は何も知らないでしょうし、すべての災いと悲惨の中心になるでしょう。しかしあなたと私が個人として、この自己の働き全体がわかるなら、そのとき私たちは愛が何であるかを知るでしょう。それがなんとか世界を変えられるかもしれない唯一の改革であることを、私はあなたに保証します。愛は自己の[もの] ではありません。自己は愛を認識できません。「私は愛している」とあなたは言います。しかしそのとき、まさにそれを言うことこそに、まさにそれを経験することこそに、愛はないのです。しかしあなたが愛を知るとき、自己はないのです。愛があるとき、自己はないのです。
(´・(ェ)・`)つ

123:避難民のマジレスさん[]:2020/07/24(金) 21:47:01 ID:zr.JxX7M0 [2/2]
くまめも1-9-5
自己の過程全体、それがいかにそれ自体を覆いかくすかがわかるとき、そのときとてつもなく静かになる。精神のあらゆる動きがたんに自己を強める形であることを認識するとき、現実にその状態にあるとき、精神が全く静かであり、創造する力を持っていないことがわかる。精神が創造するどんなものも、循環のなか、自己の領域の中にある。精神が創造していないとき、創造がある。それは認識できる過程ではない。
 真理は認識されるべきものではない。真理が来るには、信念、知識、経験、美徳の追求、このすべては去らなければならない。美徳の人、正義の人は、何が真理なのかを決して理解できない。なぜなら、彼にとって美徳は自己を覆いかくすこと、自己を強めることであるから。彼が「私は無欲でなければならない」と言うとき、彼が経験する無欲の状態は、自己を強めるだけ。そういうわけで世間のものごとにおいてだけでなくて、また信念と知識においても貧しいことがとても重要。世間的な富をもった人や知識と信念の豊かな人は、決して暗闇の他は何も知らないし、すべての災いと悲惨の中心になる。しかし個人として、この自己の働き全体がわかるなら、そのとき愛が何であるかを知る。それがなんとか世界を変えられるかもしれない唯一の改革である。愛は自己のものではない。自己は愛を認識できない。「私は愛している」とあなたは言う。しかし、まさにそれを言うことこそに、まさにそれを経験することこそに、愛はない。しかしあなたが愛を知るとき、自己はない。愛があるとき、自己はない。
(´・(ェ)・`)

124:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/24(金) 23:00:40 ID:1d4drIFg0 [34/34]
自己に気付いたならば静寂があるというのじゃ。
真理は認識されるものではなく、真理の人に生じるというのじゃ。
世界を変えられる心の改革とは自己を滅し、愛を知った時であるというのじゃ。
 愛がある時自己は無いからなのじゃ。
それは慈悲なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました