【仏教】悟りを開いた人のスレ518【天空寺】

【仏教】悟りを開いた人のスレ518【天空寺】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1595242536/

1:神も仏も名無しさん[]:2020/07/20(月) 19:55:36.48 ID:gLxGcLey
悟ったと思う者は、体験、技術、見解などを書く事。

否定されても発狂しない。

罵倒、批判だけのレスはスルー。

修行もすること。(任意)

>>970が次スレを立てる。無理なら以降の有志にお願い

※前スレ

【仏教】悟りを開いた人のスレ517【天空寺】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1595024277/

19:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/20(月) 22:34:33.42 ID:2nvk2hx+ [1/2]
>>1 ご苦労さんなのじゃ。

21:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/20(月) 22:35:01.00 ID:2nvk2hx+ [2/2]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

235:くろ[sage]:2020/07/22(水) 00:28:13.14 ID:wsn2rc4T [1/11]
現量論争面白いと思うが、ド素人の疑問として、
阿頼耶識が、転識して大円鏡智になるのであれば、大円境智にならなければ、
本来と言うか、真如がわからない、見えない、と考える方が普通なのではないだろうか?

はじめから、阿頼耶識が現量であるなら、凡夫の認識は、分別や妄想もあれど、同時に直接知覚もあるということになるのかな?

しかし、また素人知識として、阿頼耶識はカルマの倉庫でもあるのであれば、それは基本的には、
真如的な認識には達しえないのではないだろうか?

だからこそ、転識して大円境智になる、と言うプロセスが必要であるんでないの?

もう一つの疑問は、現量というのは、ほんとに、現代語の直接知覚でいいのか、ということかな。。
そもそも直接知覚、と言う言葉自体、実在論を前提とするもので、実在を認めない唯識を論じるにあたって、
直接知覚、と言う用語で説明できるものなのだろうか?

236:くろ[sage]:2020/07/22(水) 00:41:26.54 ID:wsn2rc4T [2/11]
大山氏の主張は、五感が感受するもの、いわゆる客体も、阿頼耶識が分かれたものであるから、
阿頼耶識は現量である、というもの。

しかし、よく考えると、それは、阿頼耶識⇒客体=現量なのであって、
阿頼耶識=現量とホントに言えるのだろうか?

阿頼耶識が、客体に分化して客体を作り出す側面が、現量とみなせるだけで、
そうではない側面、いわゆる、無意識とか潜在意識と言われる側面は、現量どころか、
現量を見えなくする、主観的な分別や妄想の側面が強いのでは、と思ってしまうが・・・

237:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/22(水) 00:42:19.27 ID:EWxLC9XF [1/2]
↑が大体正しいのじゃ。
そもそも唯識とはものごとは存在せずただ認識あるのみという論なのじゃ。
存在しないものを直接知覚できる筈も無いのじゃ。
できたと思うならばそれは錯覚なのじゃ。

238:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/22(水) 00:43:14.95 ID:EWxLC9XF [2/2]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

239:くろ[sage]:2020/07/22(水) 00:47:33.69 ID:wsn2rc4T [3/11]
もっと簡単に言うと、客体(現量)ならば阿頼耶識である、は言えても、阿頼耶識ならば現量(客体)である、とは言えないのではないだろうか?

243:鹿野園 ◆Bs4PlQ2rjutF []:2020/07/22(水) 01:25:40.81 ID:1adQ21Wt [4/29]
>>237
>そもそも唯識とはものごとは存在せずただ認識あるのみという論なのじゃ。
>存在しないものを直接知覚できる筈も無いのじゃ。
>できたと思うならばそれは錯覚なのじゃ。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ただ認識あるのみ、それが現量な。
そこに言語による分節があると分別(比(非)量)。

馬鹿過ぎw

428:鹿野園 ◆VupYVVGZXxPO [sage]:2020/07/22(水) 22:14:37.56 ID:GQR5qNtD [17/17]
1.漢文
 是無覆無記 触等亦如是
2.読み下し文
 是無覆無記なり。触等も亦た是の如し。
3.翻訳(中公文庫版71p)
 その(アーラヤ識)と一体になって存在している感情は、全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 そうしてその(アーラヤ識そのもの)は(倫理的に)無性であってかつ(根本無知などにも)覆われていないのである。

漢文の文章は非常に短くとも様々な意味がその中に含意されているんですよ。
さて、

>一体となっている感情が
 阿頼耶識が所縁によって見分と相分に分析されて感情になるって事で、両者の関係は非異非同って事です。

>全く平静(なる感情)(捨)であって(楽でもなく苦でもなく)、
 その所縁によって種子から現ぜられた相分である感情が、平静と見分されているんです。
 平静、つまり楽でもなく苦でもなくって事ですが、これは分別をしていない見分が現じられている、則ちこれが現量でしょ?

ここで、現量の定義と照らし合わせると

  直接知覚。現前にある対象の非言語的な認識。
  任運にして無分別なり
  諸分別の行解を離れて任運の境の事相に敵う
  境に任せてこれを縁ずる

上記とまさに合致してると思いますけどね。

上記を要約すると、境に任せてこれを縁じて無分別にして事相に敵うとなるでしょが、阿頼耶識が境に任せて、つまり所縁に依って見分と相分に分析されて、無分別、平静(楽でもなく苦でもなく)であると。

434:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/23(木) 00:00:27.88 ID:UQb/9CaB [1/4]
>>243 それを証明するチベット語の翻訳を書くのじゃ。
 どうせ出来ないのじゃろぅ。
 瞬殺瞬殺。

 そもそも唯識論は仏教ではないから初めから間違いであるがのう。
 野球と野球の解説が同じではないようなものじゃ。

435:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/23(木) 00:00:54.35 ID:UQb/9CaB [2/4]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

663:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/23(木) 23:02:58.67 ID:UQb/9CaB [3/4]
>>428 おぬしが思っているだけじゃ。
それはただの当て推量というものじゃ。
 どこにも阿頼耶識が現量とは書いていないのじゃ。
 おぬしが勝手にそう当て推量しているだけなのじゃ。
 それで納得して他人も説得できると思っているならば、本気で入院を考えたほうがよいのじゃ。
 それで終わりならば結局世親が阿頼耶識は現量と書いたチベット語の翻訳はなかったということじゃな。
 おぬしがやっぱり嘘をついていたという結論じゃな。
 瞬殺瞬殺

 次はおぬしが今の臨済宗は明治に出来た新興宗教というネタでわしを論破瞬殺するとよいのじゃ。

664:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/07/23(木) 23:03:20.70 ID:UQb/9CaB [4/4]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました