鬼和尚 ◆qx3.49AOzA 2020/07/03(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

688:sage[]:2020/07/02(木) 22:49:48 ID:ahB5DPsQ0
>656
79番スレ消化するのですか?

689:避難民のマジレスさん[]:2020/07/02(木) 23:24:13 ID:WMlbyn5g0 [4/4]
鬼和尚様

今日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。広く学ぶ…難しそうですがやってみます。

690:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/03(金) 00:53:33 ID:fA7qRAsE0 [4/4]
>>687
ありがとうございました

691:避難民のマジレスさん[sage]:2020/07/03(金) 18:20:04 ID:kIhlc7yw0
八ッ場ダムは大きな地震、災害レベルの地震(つまりダム地震)の原因になりますか?

また日本ではダム地震のポイントはいくつ位有りますか?

692:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/07/03(金) 23:00:30 ID:1d4drIFg0 [171/171]
>>688 そうじゃ、毎日見ているのじゃ。
  相談が無いから書かないだけなのじゃ。

>>689 そうじゃ、どんどん学ぶと善いのじゃ。
 またおいでなさい。

>>690 どういたしまして、またおいでなさい。

>>691 なるじゃろう。
 長期的にはどのダムも地震の原因になるのじゃ。
 今まで無かったところに大きな水源が出来るのであるからのう。

 大きなダムの数と同じ位あるじゃろう。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

662:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/07/02(木) 23:32:49.08 ID:vLYwxIaq
>>660
止まった様には見えませぬが…

トリップ含めたなりすましなんてされたら相談ができません。
困って困って大迷惑です。まさに悪魔の所行。
大困極まりて新しい漢字が創造されてしまう程かつてない危機的状態にデフコン零が発令されてしまうレベルですよ。

670:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/07/03(金) 23:45:41.93 ID:CL4/lw8C
>>662 他のスレでは止まったのじゃ。
 おぬしのおかげなのじゃ。
 孤独なジャンキーはおぬしに相手にされるのが嬉しくてここで書くのじゃ。

 それを否定的に捉えてはいかんのじゃ。
 これは天龍寺が天空寺になる前兆と捉えるのじゃ。
 お釈迦様が迦葉の教団を丸ごと帰依させた如く、天竜寺派全てわしに帰依させるためにジャンキーも頑張っているのじゃ。
 どんどんようどうにクレームをいれるがよいのじゃ。
 弟子が戒を破って他人に迷惑をかけているのに放置とは、それで仏教徒のつもりかとかのう。
 天竜寺派の所業をツィッターとかで広めても善いのじゃ。
 トリもパスワードの一つと解釈すればそれを解析して使用するのはいわゆるハッキング防止法違反じゃないかとかのう。
 犯罪に手を出しているカルト教団を壊滅させて正しいお釈迦様の教えを広めるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

296:マジレスさん (ササクッテロレ Spf9-Xgf1 [126.247.1.39])[sage]:2020/07/02(木) 22:26:13.33 ID:iH0UOZaNp
鬼和尚、結局阿頼耶識は現量だったのですか?

297:マジレスさん (アウアウウー Sa4d-NQCz [106.154.87.227])[sage]:2020/07/03(金) 18:57:51.62 ID:Ea2pr1gIa
悟った人に質問。
次の宗教組織(団体)についての印象(感想)
をお聞かせください。
1 幸福の科学
2 生長の家
3 伊勢神宮
4 カトリックキリスト教
5 プロテスタントキリスト教

299:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM  (ワッチョイ 9267-c9XW [219.192.74.62])[sage]:2020/07/03(金) 22:56:38.22 ID:AI3nLoJP0
>>296 違うのじゃ。
 もし阿頼耶識が現量ならば衆生はそのまま仏陀なのじゃ。
 そもそも唯識の主旨とも違うのじゃ。
それを主張するならば唯識ではなくなるのじゃ。

 学者としては阿頼耶識が現量と語るしかないのじゃろう。
 なぜならば阿頼耶識が現量でないならば全ての知識や言葉は幻想となるのじゃ。
 すると当の学説もまた:戯論であり、幻想となってしまうのじゃ。
 そのような矛盾があるから阿頼耶識だけは現量としたのじゃろう。
 空と語る言葉が空であるという矛盾と同じなのじゃ。

>>297 1 神降ろしじゃな。
     恐山のいたこと同じなのじゃ。

    2 神信仰じゃな。
      一応科学的な解説がついているだけなのじゃ。

   3 もとは神降ろしじゃな。
     国家の宗教と化したのじゃ。

   4 腐敗の激しい一神教じゃな。
     昔は免罪符を売り、今は子供の性虐待で非難されているのじゃ。

   5 カトリックに抵抗するだけでそれぞればらばらの一神教なのじゃ。
     名も知れぬ小さな団体が多すぎて一つの組織ではないのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

104:マジレスさん[sage]:2020/07/01(水) 22:09:34.26 ID:zt4DVh2L
宝くじの高額配当を当てたくなりました
私が勝率を高めるにはどうすれば良いか
千里眼等で教えて下さいお願い致します

108:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/07/04(土) 00:03:22.47 ID:Z5cyy0rk
>>104 先ずは善事を積むと善いのじゃ。
 困っている人に布施をしたりするのじゃ。
 毎日一円とか十円でも善いから続けて布施をすると効果も出るのじゃ。
 収入の一割を常に布施していると大きな運も来るというのじゃ。

 場所の運も在るのじゃ。
 高額当選の多く出た店の場所とかはやはり運も在るのじゃ。

 毎回少しずつ買うのではなく、まとめて一回買うのじゃ。
 千円ずつ年に数回買うのならば、一年に一回一万円買うとかのう。
 そうすれば確率も上がるのじゃ。
 自己責任で実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

785:避難民のマジレスさん[]:2020/07/03(金) 21:39:35 ID:jevFIdqw0
鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3 のつづき。
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/
>>596 から一休さん の詩。

111
僧問岩頭、古帆未掛時如何。 僧 岩頭に問ふていはく、古はん未だ掛けざる時いかん。
頭云、小魚呑大魚。     頭いはく、小魚大魚を呑む。     
僧云、掛後如何。      僧いはく、掛けて後如何。
頭云、後園驢喫草。     頭いはく、ごえんのろくさを喫す。

寒温苦楽愧慙時 寒温苦楽慙愧の時
耳朶元來両片皮 じだ元来両片ぴ
一二三兮三二一 一二三 三二一
南泉信手斬猫兒 南泉手にまかせてみょうじを斬る

肝冷斎先生訳(岩頭古帆の話の部分)
「古い帆を掛けるその前は、どんな状態だったんでしょう?」
古い帆さえまだ掛けられていない時期、というのは要するに何ものもまだ始まっていない、分別以前の世界
とはどういうものなのか、と質問したのであります。
「小さい魚が大きな魚を呑み込んでいたんじゃ」
と教え諭してくれました。

くま訳
修行僧が岩頭に問う。古い帆が、まだ掛けられる前(思慮分別が始まる前)はどうなのでしょうか?
岩頭いわく、小魚が大魚を飲み込むのである。(93の詩 参)
修行僧、更に問う。では、掛けた後(思慮分別が始まった後)はどなのですか?
岩頭いわく、それは、裏庭のロバが草を食むようなものである。

寒い、暑いという事実があり、それを苦しい、楽しいと、分別するようになり、更にそのことを恥ずかしいと思ったりもするのである。
聞く事は、口先のことに過ぎない。
123 321だ。あたりまえのことである。
南泉和尚にこの質問をしたら、猫の子の首をちょん切るだろう。

*岩頭:岩頭全豁(がんとう・ぜんかつ。828~887 95の詩 参)
*後園驢喫草:当然のことを当然にする何の不思議も無いこと。
*耳朶:耳 *両片皮:口
*南泉和尚猫を切る(碧巌録):弟子たちが猫に仏性があるかを激論している、そのバカバカしさに腹を立て、
 子猫を切り殺したらしい。

一休の解説:寒温→帆を掛ける前からある事実
      苦楽、慙愧→掛けた後生じる分別・感情・思い
ここでは、事実と観念の説明に重点を置き、小魚大魚の件(分別以前の世界)は、スルーしたようである。(93の詩 参)           
(´・(ェ)・`)つ

787:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/04(土) 00:38:17 ID:1d4drIFg0 [302/302]
古い帆がかかる前には小魚が大魚を呑み込んでいたというのじゃ。
小魚が大きな魚を呑める筈も無いのじゃ。
それは小さな存在が、全ての存在と同一であったという比喩なのじゃ。
個人の肉体が全ての宇宙を呑み込んでいたとも言えるのじゃ。
梵我一如とも言えるのじゃ。
帆がかけられたら智慧をも失い、ロバのように小さな世界の僅かな草を食べて生きるしかないのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

34:避難民のマジレスさん[]:2020/07/02(木) 23:55:25 ID:ZJ9fzkcg0 [1/2]
最初と最後の自由  第一部
第四章 自己認識 5

 確かに私たちの困難は、私たちのほとんどがこの創造性の感覚を失ってしまったということです。創造的であることは、私たちが絵を書いたり詩を書いたりして有名にならなければならない、という意味ではありません。それは創造性ではありません-それはたんに観念を表現する能力にすぎません-それを公衆は喝采したり無視したりするのです。能力と創造性は混同すべきではありません。能力は創造性ではありません。創造性は全く違った存在の状態なのではないでしょうか。それは、 [そこに] 自己が不在である状態、 [そこでは] 精神がもはや私たちの経験、野心、追求、欲望の焦点ではない状態です。創造性は連続的な状態ではありません。それは瞬間瞬間、新しいのです。それは、[そこに] 「私」、「私の」がなく、思考がどんな特定の経験、野心、達成、目的、動機にも集中していない動きです。創造性-そこにのみ真実がありうるあの存在の状態 、すべてのものごとの創造者-があるのは、自己がないときだけです。しかしその状態は構想したり想像したりできません。それは定式化したりまねたりできません。それはどんな体系をとおしても、どんな哲学をとおしても、どんな修練をとおしても到達できません。反対に、それは、自分自身の総合過程を理解することをとおしてだけ、生じるのです。
 自分自身 [について] の理解は結果、頂上ではありません。それは関係-財産、ものごと、人々、観念と自分の関係-の鏡において、瞬間瞬間、自分自身が見えることです。しかし私たちは、鋭敏であること、気づくことは難しいことがわかります。そして方法に付いていくことにより、 [諸々の] 権威、迷信、満足のいく理論を受け入れることにより、自分たちの精神を鈍らせるほうを好みます。それで私たちの精神は疲れきり、疲労困憊し、無感覚になるのです。そういう精神は創造性の状態にありえません。その創造性の状態は、自己-すなわち認識と蓄積の過程であるもの-が無くなるときだけ来るのです。なぜなら、結局、「私」という意識は認識の中心ですし、認識はたんに経験の蓄積の過程であるからです。しかし私たちは皆、何ものでもないことを恐れています。なぜなら私たちは皆、何ものかでありたいからです。小さい人は大きい人でありたい、不徳な者は徳を持ちたい、弱くて目立たない者は力、地位、権威を渇望します。これが精神の絶えざる活動です。そういう精神は静かでありえないし、ゆえに創造性の状態を決して理解できません。
 私たちのまわりの世界-悲惨、戦争、失業、飢餓、階級分裂、全くの混乱をともなうもの-を変容させるためには、私たち自身に変容がなければなりません。革命は、どんな信念やイデオロギ-に応じてでもなく、私たち自身の中で始まらなければなりません。なぜなら、観念に基づいたり、特定の様式への順応における革命は、そもそも明白に革命ではないからです。自分自身に基本的革命をもたらすには、関係において自分の思考と感情の過程全体を理解しなければなりません。それが私たちの問題すべてにとって唯一の解決です-もっと多くの修練、もっと多くの信念、もっと多くのイデオロギ-、もっと多くの教師たちを持つことではないのです。私たちは蓄積の過程を経ずに、瞬間瞬間、私たち自身をあるがままに理解できるなら、そのときどのように、精神の産物ではない平静、想像されたのでも育成されたのでもない平静が訪れるかということが、わかるでしょう。そしてその平静の状態においてだけ、創造性がありうるのです。
(´・(ェ)・`)つ

35:避難民のマジレスさん[]:2020/07/02(木) 23:58:56 ID:ZJ9fzkcg0 [2/2]
くまめも1-4-5
創造性は全く違った存在の状態。それは、自己が不在である状態、 精神がもはや私たちの経験、野心、追求、達成、目的、動機、欲望の焦点ではない状態。創造性は連続的な状態ではない。それは瞬間瞬間、新しい。それは、そこに「私」、「私の」がない動き。
創造性があるのは、自己がないとき。
それは、自分自身の総合過程の理解をとおしてだけ、生じる。
自分自身の理解は結果、頂上ではない。それは財産、ものごと、人々、観念と自分の関係の鏡において、瞬間瞬間自分自身が見えること。
鋭敏であること、気づくことは難しいので、権威、迷信、満足のいく理論を受け入れることにより、自分たちの精神を鈍らせるほうを好む。創造性の状態は、自己が無くなるときだけ来る。なぜなら、「私」という意識は認識の中心だし、認識はたんに経験の蓄積の過程であるから。しかし私たちは皆、何ものでもないことを恐れてる。何ものかでありたい。そういう精神は静かでありえないし、ゆえに創造性の状態を決して理解できない。
 私たちのまわりの世界を変容させるためには、私たち自身に変容が必要。そのためには、自分の思考と感情の過程全体を理解しなければならない。それが私たちの問題すべてにとって唯一の解決。
蓄積の過程を経ずに、瞬間瞬間、自身をあるがままに理解できるなら、そのとき精神の産物ではない平静、想像されたのでも育成されたのでもない平静が訪れる。その平静の状態においてだけ、創造性がありうる。
(´・(ェ)・`)

36:避難民のマジレスさん[]:2020/07/03(金) 21:45:21 ID:jevFIdqw0 [1/3]
一休さん講読会、↓引越しであります。
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/
(´・(ェ)・`)b

37:避難民のマジレスさん[]:2020/07/03(金) 21:46:08 ID:jevFIdqw0 [2/3]
最初と最後の自由  第一部

   第五章 行動と観念 1

 私は行動 [・作用] の問題を議論したいように思います。これは、初めはむしろ難解で難しいかもしれませんが、それをよく考えることにより、私たちは明確に論点を見ることができるだろうと、私は願っています。なぜなら私たちの存在全体、私たちの生全体が行動の過程であるからです。
 私たちのほとんどは、一連の行動 [のなか]、 見たところ無関係でつながりのない行動のなかで生きています- [それらは] 崩壊、挫折につながっているのです。それは私たち各自に関係する問題です。なぜなら、私たちは行動によって生きていて、行動なしには生はなく、経験はなく、考える [という] ことはないからです。思考は [作用・] 行動です。そしてたんに一つの特定の意識の水準-すなわち外のもの-における [作用・] 行動を追求すること、行動自体の過程全体を理解せずに、たんに外側の行動に捕らわれることは、必然的に私たちを挫折に、悲惨に導くでしょう。
 私たちの生は、一連の [作用・] 行動、または意識の異なった水準での [作用・] 行動の過程です。意識は、経験すること、名づけること、記録することです。すなわち意識は挑戦と応答-すなわち経験-です。それから用語や名づけ、それから記録-すなわち記憶-です。この過程が行動なのではないでしょうか。意識は [作用・] 行動です。そして挑戦、応答なしに、経験、名づけや用語なしに、記録、すなわち記憶なしには、行動はありません。
 さて、 [作用・] 行動は [作用者・] 行動者を造り出します。すなわち行動が結果、目的を視野に持つとき、行動者が生じるのです。行動において結果がないなら、そのとき行動者はありません。しかし [終わりの] 目的や結果が視野にあるなら、そのとき行動は行動者をもたらします。こうして行動者、行動、目的や結果は、統一された過程、単一の過程です-それは、行動が目的を視野に持つとき、生じるのです。結果に向かう行動は意志です。そうでないと意志はないのではないでしょうか。目的を達成したいという欲望が意志をもたらします-それが行動者です-私は達成したい、私は本を書きたい、私は金持ちになりたい、私は絵を描きたい、と。
 私たちはこれら三つの状態-行動者、行動、目的-に慣れ親しんでいます。それは私たちの日常的存在です。私はただあるがままを説明しているだけです。しかし私たちはあるがままを明確に検討し、そのためそれに関して幻影や先入観がなく、偏見がないときだけ、それをどのように変容させるべきかを、理解しはじめるでしょう。そこで経験を構成するこれら三つの状態-行動者、行動、結果-は、確かに、なっていく過程です。そうでないと、なりゆくことはないのではないでしょうか。行動者がないなら、目的に向かう行動がないなら、なりゆく [という] ことはありません。しかし、私たちが知っているような生、私たちの日常の生は、なりゆく過程です。私は貧しいので、目的-すなわち豊かになること-を視野に入れて行動します。私は醜いので、美しくなりたいのです。ゆえに私の生は何かになる過程なのです。あろうとする意志は、意識の異なった水準で、異なった状態でなろうとする意志です-そこには挑戦、応答、名づけ、記録があります。では、このなることは闘争であり、このなることは苦痛であるのではないでしょうか。それは常なる格闘です-私はこれである、私はあれになりたい、と。
 ゆえにそのとき問題はこうです-このなりゆくことのない行動はあるのでしょうか。この苦痛のない、この常なる戦いのない行動はあるのでしょうか。目的がなければ、行動者はありません。なぜなら、目的を視野に持つ行動が行動者を造り出すからです。しかし目的を視野に持たない [行動] 、ゆえに行動者のない-すなわち結果への欲望を持たない行動はありうるのでしょうか。そういう行動はなりゆくことではありません。ゆえに闘争ではありません。経験者と経験のない行動の状態、経験の状態があるのです。これはかなり哲学的に聞こえますが、ほんとうは全く単純です。
(´・(ェ)・`)つ

38:避難民のマジレスさん[]:2020/07/03(金) 21:59:41 ID:jevFIdqw0 [3/3]
くまめも1-5-1
私たちの存在全体、生全体が行動の過程。
行動自体の過程全体を理解せずに、たんに外側の行動に捕らわれることは、必然的に私たちを挫折に、悲惨に導く。
意識は、作用・行動。挑戦、応答、経験、名づけや用語、記憶なしには、行動はない。
作用・行動は作用者・行動者を造り出す。すなわち行動が結果、目的を視野に持つとき、行動者が生じる。行動において結果がないなら、そのとき行動者はない。行動者、行動、目的や結果は、統一された過程、単一の過程。結果に向かう行動は意志。目的を達成したいという欲望が意志をもたらす。
これら三つの状態-行動者、行動、目的-に慣れ親しんでいる。私たちはあるがままを明確に検討し、そのためそれに関して幻影や先入観がなく、偏見がないときだけ、それをどのように変容させるべきかを、理解しはじめる。あろうとする意志は、異なった状態でなろうとする意志。なることは闘争であり、苦痛。
ゆえにそのとき問題は、この苦痛のない、この常なる戦いのない行動はあるのか。目的がなければ、行動者はない。なぜなら、目的を視野に持つ行動が行動者を造り出すから。目的を視野に持たない、ゆえに行動者のない-すなわち結果への欲望を持たない行動はありうるのか。そういう行動は闘争ではない。経験者と経験のない行動の状態、経験の状態がある。これはかなり哲学的に聞こえるが、ほんとうは全く単純。
(´・(ェ)・`)

39:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/07/04(土) 00:21:54 ID:1d4drIFg0 [11/11]
認識は経験の蓄積というのじゃ。
それは記憶に基づいているからなのじゃ。
唯識論と同じなのじゃ。
それをあるがままに理解するのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました