鬼和尚 ◆qx3.49AOzA 2020/06/22(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

619:避難民のマジレスさん[]:2020/06/22(月) 05:51:44 ID:Z4z6.GvE0 [2/2]
>>617
ありがとうございます。

すべて幻なので認識する必要もないと思うのですが
そう念じておれば認識が消えますでしょうか?
よろしくお願いします。

620:避難民のマジレスさん[]:2020/06/22(月) 13:47:55 ID:Roj8Jn2E0 [3/3]
>>617

ありがとうございます。
5才になったら一緒にやってみようと思います。

621:崇蓮[sage]:2020/06/22(月) 19:00:36 ID:VloTYRY20
>>618
鬼和尚さま、ご回答ありがとうございます。
「ただひたすらに死を追及」
やってみます。

622:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/22(月) 22:32:16 ID:1d4drIFg0 [153/153]
>>619 それでは消えないじゃろう。
 そのように念じることが認識から起こっているのであるからのう。
 その心の働きから新たな認識が次々に生まれてしまうのじゃ。

 自己を観察し、無我になってから認識を観察すれば消えるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。

>>620 そうじゃ、実践してみるとよいのじゃ。
 またおいでなさい。

>>621 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

589:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/06/21(日) 23:38:27.53 ID:pbrklN5f
             ,, -──- 、._
        .-“´         \.   唯識の現量と因明学の現量を勘違いして、
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:   他人を現量を知らない呼ばわりとかwwww  
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:   
      :|       (__人__)    |:    
      :l        )  (      l:   どんだけ馬鹿なんだよお前はwwwwwww
      :` 、       `ー’     /:  
       :, -‐ (_).        /   恥ずかしくないの?
          :ヽ   :i |:   
             :/  :⊂ノ|:     中卒ナマポの統失薬中おじさんが自分の事をくま呼ばわりwwww

             ” 精 神 病 院 に 逝 き な さ い ! ”

590:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/06/22(月) 12:47:39.68 ID:l2Jn4LKc
>>588
鬼和尚、究極の満足とはどういう状態ですか?

591:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/06/22(月) 19:25:00.97 ID:wXNw98uM
孤独や不安からの逃避を終わらせる方法は?
また、「この行為は逃避である」という判断は何を基準に行えばいいですか?

593:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/06/22(月) 22:50:33.91 ID:KmuKMlAj
>>589 やはりささきえいどうに告げなければならないようじゃのう。
 みんなもこれがうざいと思ったら臨済宗のささきえいどうで検索じゃ。
 見つけたらえいどうにどんどんクレームをいれるとよいのじゃ。
 手下の監督不行き届きであるからのう。
 これも自業自得というものじゃ。

>>590 それはもはや欲するものもなく、欲する自分も無く、観念も無い状態なのじゃ。
 そこまで至ればもはや究極の満足と言えるのじゃ。
 全てを欲さず、全てである状態であるからのう。
 それまで止観の実践あるのみなのじゃ。

>>591 その心の働きを原因から観察する事なのじゃ。
 最後には自己に行き着くじゃろう。
 自分という観念が無い時には孤独や不安が無く、逃避もないと気付けば終わるのじゃ。

 ものごとから眼をそらしたり、考えようとしなかったりするならば逃避なのじゃ。
 そのように観察するとよいのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

243:マジレスさん (ワッチョイ cf35-MkTI [118.241.251.113])[sage]:2020/06/21(日) 15:14:17.45 ID:E4PMfFwx0
スレッド継続乙です。

鬼和尚様
いつもありがとうございます。
貴殿の存在が頼もしく、お守りの様です。
これからも宜しくお願いいたします。

244:マジレスさん (アウアウウー Saa3-MkTI [106.154.98.15])[sage]:2020/06/21(日) 21:59:05.82 ID:T8u6h+XHa
悟った方へ;
部屋に魔除けや精神安定用の品を置きたいのですが
お勧めのアイテム、グッズを教えてください。
キリストの十字架、弥勒菩薩などの仏像、など

246:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM  (ワッチョイ 5267-VNxU [219.192.74.62])[sage]:2020/06/22(月) 22:29:22.77 ID:p+R+1aLS0
>>243 こちらこそよろしくなのじゃ。

>>244 それはおぬしの心が落ち着くものでよいのじゃ。
 20カラットの青いダイヤモンドが善いとか言っても買えないからのう。
 自分のお気に入りのものがあればそれが魔よけなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3 
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/

903:名無しを整える。[]:2020/06/22(月) 20:16:18.17 ID:Je9Ogq74 [1/2]
自分のことを見るんだを。
他人のことはいいんだを。
己に嘘をつかないんだを。
己を、苦しめないんだを。

頭悪くても、恥では、ないんだを。
自分を知らない事は、愧なんだを。
自分に、厳しい人に、なるんだを。
他人を励ませる人に、なるんだを。

心を鎮めるんだを。
諸行無常なんだを。
一切皆苦なんだを。
けど、人生は楽しいんだを。
      //
    / /
    /   パカ
   / ∩∧_∧    やぁ!
   / .|(´‐(ェ)‐`)_
  // |   ヽ /良スレにしよう!
   ” ̄ ̄ ̄”∪(ん(だ)をの詩)>>826改編3連
 |        |/    
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 狂熊集・「真面目な人」に示す、あいうえお46字の歌留多 完 

906:名無しを整える。[]:2020/06/22(月) 20:39:46.01 ID:Je9Ogq74 [2/2]
>>898
嫌味でありましょう。
89
和吊宗祐老僧頌韻 宗祐老僧を弔するじゅの韻を和す

或作僧形或馬牛  或いは僧ぎょうとなり或いは馬牛
曹渓滴水百川流  曹渓のてき水百せんのながれ
南山吟興東蘺菊  南山の吟興東りの菊
花綻三玄三要秋  花はほころぶ    の秋  

くま訳
宗祐老僧の死を悼むの頌の韻を和す
或時は僧のいでたちになり、或時は馬牛(無礼者)
達磨からはじまる禅の正伝は、今は百の川にも別れ流れつづけている。
うむ。南山の吟興は、東蘺の菊だなぁ・・・(て、これは長寿のお祝いの詩ではないのである。)
花綻び春めいてきたが、『三玄三要』の使い方については、お寒い感じである(が、言葉に込められた根本の意味を見つけ出すのだよ)

*馬牛襟裾(-きんきょ):学識のない者、礼儀知らずな者をののしっていう語。「襟裾」:えりとすそということから、衣服のことで、牛や馬が服を着ただけのような人という意味から。
*曹渓:達磨から始まり、六祖慧能により大成し現在に至る、その源をさぐれば、すべて「曹渓」(=慧能)の一滴水から流れ流れて来たものであること。
*南山:「南山の寿」から長寿を祝うことば

*三玄三要(臨済録):玄は黒を表わし、奥の深い状態を指すので、真理、真実を深く極めた人という意味で捉える事ができる。
1、「体中玄」とは、物事の姿や形の中に真実を見つけ出そうということ
2、「句中玄」とは、言葉に込められた根本の意味を見つけ出そうということ
3、「玄中玄」とは、形や言葉に囚われない真実の姿を求めること

*菊を採る東籬(とうり)の下 悠然として南山を見る:陶 淵明(とう えんめい)365- 427年 魏晋南北朝時代、東晋末から南朝宋の文学者の詩の一節。「飲酒」という題でまとめられ
ている二十首の詩中にある。↓

廬(いおり)を結んで人境にあり
しかも車馬の喧(かまびす)しきなし
君に問うぞ能(よ)くしかる
心遠くして地おのずから偏(へん)なればなり
菊を採る東籬の下
悠然として南山を見る

やけい先生HP訳
そこは人里から別に離れた場所ではない。
それでいて生活を落ちつかなくさせるような車馬のうるささは聞こえてこない。
なぜそうかといえば、
自分の心が人間世界から遠く離れているからである。
そこで自分は菊を東の籬(まがき)に採り、悠然たる南山の姿を見て楽しむのだ、

弔する頌の韻を合わせると言って、88の僧牛を89の僧形に変えて、牛を馬牛に変えたのでありますね。念入りな一休さんである。
「句中玄」の活用は、頓智みたいでありますね。
わけありだったのでありましょう。

これで、「あ」は、終了。明日から「う」の詩である。
(´・(ェ)・`)つ

908:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/22(月) 23:42:05.47 ID:QIHdkenq
大拙は三玄三要を甚だ禅的ではないものと語っているのう。
体より句を優先しているからかもしれん。
句よりむしろ体の実践の方が禅では尊ばれるからかもしれん。
玄の中の玄とは結局何も語っていないのと同じであるからかもしれん。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

998:避難民のマジレスさん[]:2020/06/21(日) 23:39:55 ID:0a9GWmog0 [3/3]
>>995
そうなのであります。
集中の瞑想に慣れて、記憶のおもちゃ箱が整理されて、心が鎮まることの安らぎを知ってしまうと、自分の本心をほじくり返して、苦しむことを避けたくなってしまうのでありますが、
実は、そうではないのであります。
本心を知ろうとする、覚悟さえできて、負の思いをしっかりと気づき、見据えることさえできれば、苦は消えてしまうのであります。簡単なことなので、カエルくんにも教えてあげたいのでありますが、難しいようであります。
(´・(ェ)・`)っ

999:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/22(月) 23:26:07 ID:1d4drIFg0 [386/387]
↑そのようなこともあるじゃろう。
 しかし、その境地も永遠のものではないのじゃ。
 死と共に失われてしまうものじゃ。
 永遠の幸福を手に入れるには更なる境地を求めなければならないのじゃ。

 階段を昇るには下の段から離れて上にいかなければならないようなものじゃ。
 永遠に至るまで更に昇り続けるのじゃ。

996:避難民のマジレスさん[]:2020/06/21(日) 23:23:58 ID:0a9GWmog0 [1/3]
最初と最後の自由  第一部
第二章 私たちは何を求めているのか 4

 私たちは、生の最終目的が何であるか、戦争、国家的・民族的敵対、葛藤・抗争、全体的紛糾状態-そのすべてがどういう意味なのかを見出せる前に、自分たち自身をもって始めなければならないのではないでしょうか。それはとても単純に聞こえます。しかし、それは極めて難しいのです。自分自身に付いて行くには、自分の思考がどのように作動するのかを見るには、とてつもなく鋭敏でなければなりません。そのため自分自身の考えることと応答と感情の複雑さに対してますます鋭敏になりはじめるにつれて、自分自身にだけでなく、関係のなかにある他の人に、より大きな気づきを持ちはじめるのです。自分自身を知ることは、行動すなわち関係において自分自身を研究することです。困難は、私たちがあまりに性急であることです。私たちは成功したいのです。私たちは目的に到達したいのです。そのため、学び、観察するための機会を、自分自身に与える時間もまたきっかけもないのです。あるいはまた私たちは色々な活動-生計を立てること、子供たちを育てること-に関与してきたり、また色々な組織の一定の責任を引き受けてきました。私たちは異なった仕方でこんなにも関与してきたので、そのため、観察し、学ぶべき自己反省のための時間がほとんど何もないのです。それでほんとうは、反動の責任は、他の人にではなく、自分自身にかかっているのです。世界中での「グル(導師)」と彼らの体系の追求、あれこれについての最新の書物を読むことなどは、私には全く空しく、全く無効に見えます。というのは、あなたは地球中をさすらうとしても、自分自身に帰って来なければならないからです。そして、私たちのほとんどは、総合的に自分自身に気づいていないので、自分たちの考えること、感じること、行うことの過程を、明確に見はじめることは、極めて難しいのです。
 あなたは自分自身を知れば知るほど、明確になるのです。自己認識には終わりがありません-あなたは達成に至りません。あなたは結論に至りません。それは終わりのない川です。それを学ぶにつれ、それにますます入って行くにつれて、平和を見つけるのです。精神が平静であるときだけ-課された自己修練をとおしてではなく、自己認識をとおして-そのときだけ、その平静さに、その静けさに、真実が生じうるのです。至福がありうるのは、創造的行動がありうるのは、そのときだけです。そして、この理解なしに、この経験なしに、たんに書物を読むこと、講話に出席すること、宣伝をすることは、あまりに幼稚である-あまり意味のないただの活動であるように、私には見えます。ところが、自分自身を理解し、それによりあの創造的幸せ、あの何か精神のものではないものの経験をもたらすことができるなら、そのときおそらく、私たちのまわりの即時の [・当面の] 関係に、そのため私たちの生きている世界に、変化がありうるのです。
(´・(ェ)・`)つ

997:避難民のマジレスさん[]:2020/06/21(日) 23:27:30 ID:0a9GWmog0 [2/3]
くまめも1-2-4
自分の思考がどのように作動するのかを見るには、鋭敏でなければならない。
鋭敏になるにつれて、自分自身にだけでなく、関係のなかにある他の人に、大きな気づきを持ちはじめる。
自分自身を知ることは、行動すなわち関係において自分自身を研究すること。
自己認識には終わりがない。それを学ぶにつれ、平和を見つける。精神が平静であるときだけ、真実が生じうる。至福がありうる。
自分自身を理解し、それによりあの創造的幸せ、あの何か精神のものではないものの経験をもたらすことができるなら、そのときおそらく、私たちのまわりの即時の [・当面の] 関係に、そのため私たちの生きている世界に、変化がありうる。
(´・(ェ)・`)

1000:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/22(月) 23:28:51 ID:1d4drIFg0 [387/387]
世界の全ての意味を知るためには自分自身から始めなければならないのじゃ。
どのような聖者の教えを聞こうと、正しい教えは必ず自分自身を知ること教えられるのじゃ。
それならば今ここで自分自身を知ることに勤めたほうが善いのじゃ。
世界中をさまよって正しい教えを探す必要は無いのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました