鬼和尚 ◆qx3.49AOzA 2020/06/19(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

599:避難民のマジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 01:45:39 ID:Q8NqI3h.0
今年も残すところあと半年

日本における地震災害は如何なものでしょうか?

600:避難民のマジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 03:55:06 ID:cPPZ9klI0 [2/2]
不安の大元は死の不安なのです。
「呼吸が苦しい」と不安を感じるのですが、それは「死ぬかもしれない」と言う不安です。
死の不安は虚無への不安です。
死によって自己が消滅する不安です。
自己が肉体を越えた存在であることが自覚できれば不安はなくなりますが、困難であり、実現出来ません

601:避難民のマジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 18:29:00 ID:vU8cOtPA0 [11/11]
>>598
教えていただきありがとうございました。
思考が起こっても、それに同一化しないならば、思考は観察の邪魔にならないと理解いたしました。
私の場合、思考は自分のように感じていますので、どうしても思考を介した観察になってしまいます。
実践で確かめよとのことですが、教えていただいております数息観を続けていれば、
思考との同一化がなくなるということであっていますでしょうか。

603:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/19(金) 22:22:07 ID:1d4drIFg0 [148/149]
>>599 残りの半年ぐらいはそんなにないじゃろう。
 年末年始は忙しくなるかもしれんがのう。
 気をつけると善いのじゃ。

>>600 そのように考えればできないのじゃ。
 ただありのままに感じるだけでよいのじゃ。
 自分が肉体だけでないことはサマーディに達しただけでも感じることができるのじゃ。

 或いは善い風景に感動した時に、自分を忘れて景色と一体になったと感じるじゃろう。
 その時自己が消滅する恐れは無いじゃろう。
 思考によってそれは気のせいだとか思うことで不安もまた蘇ってくるのじゃ。
 思考に拠ってではなく、感じることで肉体を超えた存在を見出すのじゃ。
 それは数息観等の瞑想に拠っても感じられるようになるじゃろう。
 実践によって確かめるのじゃ。

>>601 同一化がなくなるのは気付きによってなのじゃ。
 数息観はそれに気づき易くなるだけなのじゃ。
 思考が自己とは関係なく起こり消えていく過程が、数息観によって見やすくなるじゃろう。
 実践によって確かめるのじゃ。

602:593[sage]:2020/06/19(金) 20:30:36 ID:wpR6/eqc0
>>598
鬼和尚さん、ありがとうございます。
これは、肉体を自分だと思っているということなのですね。

私は、世界や時間を認識できるこの肉体の機能を自分だと思っていることに気づきました。
さらに、何も見えず何も聞こえず体を動かせなくても、時間が過ぎていくと感じられる機能があれば、自分がいるように感じます。
鬼和尚さんは時間は観念だと教えてくださいましたが、記憶は幻想でも、時間が過ぎていくという感覚が幻想だとはまだ思えません。

もしかしたら、私は死後、時間がなくなっても時間が過ぎていると勘違いし続けるのでしょうか?
自分が死んでも、世界は残っていて時間も進み続ける、と思い込んでいるような気がします。
どんな観察をしたら、時間が過ぎているということ自体も幻想だと気づけるでしょうか?
何かヒントがあれば教えていただけるとありがたいです。

604:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/19(金) 22:26:51 ID:1d4drIFg0 [149/149]
>>602 よい気付きなのじゃ。

 そのようなこともあるじゃろう。
 時間が変化に対する解釈でしかないと気付けばそれも消えるじゃろう。
 見たり聞いたりする対象が無ければ時間もまた存在しないのじゃ。
 変化するものが無いからのう。
 対象があれば存在し、対象が無ければ存在しないものはそれ自体も在るとはいえない幻想なのじゃ。
 それを何度も観察すれば幻想と気付くじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

575:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/06/19(金) 04:10:20.84 ID:GH4kMRCo
>>574
自分の観察ですか、難しいですね。
客観的に観察するにはどうしたらいいのですか?

576:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/06/19(金) 06:00:18.37 ID:OTtVfZXA
>>573
>>574
ありがとうございます。

578:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/06/19(金) 19:34:32.92 ID:P1BLN7/4
地域のつながりが希薄化し、孤独死や自殺問題、子供の虐待が増えています。
大規模災害が起こったとき、孤立していると取り残されて死ぬ可能性も高まります。
ブッタは一人歩めと言いますが、社会生活を営む上ではご近所付き合いなどのつながりというのも大事なのでは?
それでも孤独の方がマシなんでしょうか?

580:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/06/19(金) 22:46:55.02 ID:qL9na2yU
>>575 先ずは数息観等の瞑想をすると善いのじゃ。
 瞑想をすることで心をコントロールできるようになるのじゃ。
 そして対象との間に距離を置き、客観的に観察する事も可能になるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>576 どういたしまして、またおいでなさい。

>>578 ただたんに生きるためには必要じゃろう。

 なんのために生きるのか。
 生きて何をするのか。
 自分とは何かを知るためには孤独も必要じゃろう。
 実践して確かめるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1585267583/

967:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 08:08:12.23 ID:7HU38f0+ [1/4]
鬼和尚は4年前くらいに流行ったやたら健忘症の若い男女の話を覚えていますか?

968:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 08:10:19.38 ID:7HU38f0+ [2/4]
電磁波障害で人間やたらと物忘れひどくなったりするらしいんですよ
濃厚即納出欠高家吊圧不定愁訴などの原因として電磁波があります

969:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 08:44:30.48 ID:i600bxW3
>>986
鬼和尚様
アンカーのナンバーおかしいですよ

970:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 09:47:28.69 ID:xMfvlO9r
すいません、ささいな相談です。
夕方6時から9時に風呂に入っていると
隣の家から、風呂の音がうるせえと
怒鳴られます。
防音して、音量もチェックしました。
こちらは耐えていますが、いずれ切れそうです。
窓を開けて何と言えば良いと思いますか?
対処法をアドバイスください。
元々横の家一家とは仲が悪く、道路でも
喧嘩挑発されています。
今は無視(忍耐)していますが
こちらも切れそうです。

973:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 17:12:33.07 ID:7HU38f0+ [4/4]
鬼和尚はケツから生まれたほも太郎ですか?

978:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/19(金) 22:34:44.68 ID:E4gPvgLc [1/2]
>>967 しらんのじゃ。

>>968 そのようなこともあるかもしれん。
 近づかないようにするのじゃ。

>>23969 そうかもしれん。

>>970 酒とか菓子を持っていって仲良くすると善いのじゃ。
 どんどん飲ますと善いのじゃ。
 そうすれば何も言わなくなるのじゃ。

 今までの拘りを捨てれば容易にできることなのじゃ。
 おぬしにも過去の仕打ちに対する拘りがあるからそのような簡単なことができないのじゃ。
 過去を捨てて今ここから始めるのじゃ。

>>973 おぬしがそうであるからそう思うのかもしれん。
 自分のしりを見てみるのじゃ。 

974:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 19:35:03.84 ID:Jeb9Pp0t
いじめっ子の方がのうのうと生きている気がする。
いじめや暴力、詐欺、略奪、パワハラ、洗脳をコソコソ行って金儲けしてガハハと笑ってる人間や団体に
本当に報いは来るんですか?

976:マジレスさん[sage]:2020/06/19(金) 20:13:49.37 ID:1LdjLSCL
えりぴよさんは舞菜ちゃんのことを本当に愛してちますか?
脳内の幻像を愛しているのでしょうか?
ただの執着でしょうか?

えりぴよさんが舞菜ちゃんとお友達になるとアイドル幻想が遠離解除されるらしいです。
アイドルの舞菜ちゃん状態のままお友達になる事は可能でしょうか?

979:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/19(金) 22:43:39.12 ID:E4gPvgLc [2/2]
>>974 来るじゃろう。
 大体そのような者は寿命も短いものじゃ。
 死んだ後は地獄行きなのじゃ。
 善事を積むとよいのじゃ。

>>976 愛してるじゃろう。
 真の愛じゃ。

 不可能じゃろう。
 結婚引退じゃな。
 最近は女同士でも結婚できるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3 
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/

892:名無しを整える。[]:2020/06/19(金) 00:21:12.53 ID:NZ1LRyto
>>891
うむ。行く先は同じで、戻ってくる選択をする道があるかないかの違いでありますかね?
(´・(ェ)・`)つ

893:名無しを整える。[]:2020/06/19(金) 12:49:28.53 ID:M86mTG3j
>>879
圓悟和尚投機偈を、もう一度、投機偈として、くま訳にチャレンジしてみるのである。

圓悟和尚投機偈曰        に曰く
金鴨香消錦繍帷   金おう香しょうす錦しゅうのとばり 
笙歌叢裡醉扶歸   しょう歌そうり酔うてたすかって帰る
少年一段風流事   少年一段風流の事
只許佳人獨自知   只許す佳人独り自ら知る

くま超訳
瞑想の中で得た、悟りの世界は、目覚めとともに、現世との境の向こう側に消えた。
瞑想の中で、悟りの世界に触れた喜びに支えられて、何とか現世に戻ってきた。
現世のありようもまた、風流なものである。
悟りの中にあることと、現世にあることは、別であり、一つであると知っているのだ。
(´(ェ)`)b

894:名無しを整える。[]:2020/06/19(金) 22:09:12.22 ID:X9gkWHMV
>>890
86
代断頭罪人 二首2/2
或人瞠眼或低頭 或人は眼をみはりあるひはとうをたる
各是波旬之道流 おのおの是れ波旬の道流
多年風月即今剣 多年風月即今の剣
大地山河満目愁     満目の愁ひ

くま訳
或人はかっと目を見開き、或人は力なくうなだれる。
ここにいる者たちは皆、悪魔だが、今や修行者だ。
死を目前にする、この瞬間まで、当たり前に身を包んできた風月に代わり、今はこの剣あるのみ。
大地山河、見渡す限り全てのものが私の死を愁いているようだ。

肝冷斎先生訳(先生のテキストは「長年」ではなく、「乾坤」)
罪人は一人だけではなく、次々に引き出されてきて斬られているぞ。
あるひとはぎらぎらと目を見開いているし、あるひとはしおしおとアタマを下げているが、
みんな波旬=悪魔でありながら、もうこうなっては道流=仏法の求道者というべきであろう。
天も地も風も月も、すべて剣となって逼ってくる。
大地も山も河も目に映るすべては悲しんでいるのだ(おいらが死ぬから)。
これだけ悟ったら楽に死ねる・・・・・・わけにはいかないか。

うむ。「死」は罪人にだけではなく、くまにも、みなにも逼っているのである。
一所懸命、頑張らねばなりますまい。

(ふ)君は、真面目な人である。
踏み出す勇気を持ちましょう。
勇気があれば、なんでもできる。
殻を破ってしまいましょう。

(へ)君は真面目な人なである。
屁をこくような気楽さで、
殻を捨ててしまうんだ。
世界が君を待っている。

(ほ)君は真面目な人である。
ほんの少しの勇気もて。
君待つ世界に出逢うんだ。
宇宙が君を待っている
      //
    / /
    /   パカ
   / ∩∧_∧    やぁ!
   / .|(´(ェ)`) _
  // |   ヽ / | 良スレにしよう!
  |” ̄ ̄ ̄”∪ |(ふへ、ほんとだよの詩 3連)
  |      |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

895:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/19(金) 22:58:45.62 ID:0z5qOSA5
世が乱れようとしている時期であるから一休も処刑を見たのかもしれん。
刑場に引き出されてからもっと真面目にやればよかったと思っても遅いのじゃ。
常に死を思うと善いのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

985:避難民のマジレスさん[]:2020/06/18(木) 23:28:45 ID:KCqMKKeM0 [1/3]
最初と最後の自由  第一部
第二章 私たちは何を求めているのか 1

 私たちのほとんどが求めているのは何でしょうか。私たち各自が欲しいのは何でしょうか。特に、この落ち着きのない世界では、あらゆる人が、何らかの種類の平和、何らかの種類の幸せ、避難所を見つけようとしていますが、確かに、見出すことが重要ではないでしょうか-私たちが求めようとしているのは何なのか、私たちが発見しようとしているのは何なのかを。たぶん、私たちのほとんどは、何らかの種類の幸せ、何らかの種類の平和を求めているのです。騒乱、戦争、競争、闘争で苦しめられている世界で、私たちは何らかの平和がありうる避難所が欲しいのです。それが、私たちのほとんどが欲しいものであると、私は思います。それで私たちは追求し、一人の指導者からもう一人へ、一つの宗教組織からもう一つへ、一人の教師からもう一人へと向かうのです。
 そこで、私たちが求めているのは幸せでしょうか、それとも私たちが求めているのは、そこから私たちが幸せを引き出したいと願うところの何らかの種類の満足なのでしょうか。幸せと満足との間には違いがあります。あなたは幸せを求められるでしょうか。おそらく、満足は見つけられますが、確かに幸せは見つけられません。幸せは派生的です。それは、何か他のものの副産物です。それで、私たちは、何か多大のまじめさ、注意、思考、気づかいを要求するものに、私たちの精神と心を注ぐ前に、見出さなければならないのではないでしょうか-私たちが求めているのは何なのか、それは幸せなのか、満足なのかどうかを。残念ながら、私たちのほとんどは満足を求めていると、私は思います。私たちは満足したいのです。私たちは探求の終わりに充足感を見つけたいのです。
 結局、平和を求めているなら、それはとてもたやすく見つけられます。何らかの種類の大義に、 [一つの] 観念に、盲目的に身を捧げ、そこに避難できます。確かにそれは問題を解決しません。閉鎖的な観念でのたんなる孤立は、葛藤・抗争からの解放ではありません。それで、私たちは見出さなければならないのではないでしょうか-外側とともに内側にも、私たち各自が欲しいのは何なのかを。私たちはその事について明確であるなら、そのときどこへも、どんな教師にも、どんな教会にも、どんな組織にも行かなくていいのです。ゆえに私たちの困難は、自分たちの意図に関して自分たち自身において明確であること、ではないでしょうか。私たちは明確になれるでしょうか。そしてその明確さは、探求をとおし、他の人たち-最高の教師から街角を曲がった教会のふつうの説教師に至るまで-の言うことを見出そうとすることをとおして訪れるでしょうか。あなたは見出すために、誰かのところへ行かなければならないでしょうか。けれどもそれが、私たちのしていることではないでしょうか。私たちは無数の書物を読みます。私たちは多くの会合に出席して議論します。私たちは様々な組織に加わります-それにより、私たちの生の葛藤・抗争の、悲惨さの治療を見つけようとしています。または、私たちはそのすべてをしないとしても、見つけたと思うのです-すなわち私たちは、特定の組織、特定の教師、特定の書物が、私たちを満足させてくれると言うのです。私たちはそのなかに、あらゆる欲しいものを見つけたのです。そしてそこにとどまって、凝結し、閉じこめられるのです。
私たちは、このすべての混乱をとおして、何か永久的なもの、何か永続するもの、何か真実、神、真理と呼ばれるものを、求めていないでしょうか-何でも好きなものです。名前は大事ではありません。言葉は実体ではありません。確かです。それで、言葉に捕らわれないようにしましょう。それは専門の講師に任せておきましょう。私たちのほとんどには、何か永久的なものへの探求があるのではないでしょうか-何か私たちがすがりつけるもの、何か私たちに保証、希望、永続する熱狂、永続する確実性を与えてくれそうなものへの。なぜなら、私たち自身があまりに不確実であるからです。私たちは自分たち自身を知らないのです。私たちは、事実について、書物が言ってきたことについて、たくさん知っています。しかし私たちは自分たち自身では知らないのです。私たちは直接の経験を持っていないのです。
(´・(ェ)・`)つ

986:避難民のマジレスさん[]:2020/06/18(木) 23:58:49 ID:KCqMKKeM0 [2/3]
くまめも1-2-1

苦しめられている世界で、私たちは何らかの平和がありうる避難所が欲しい。
私たちは探求の終わりに充足感を見つけたい。
結局、平和を求めて、何らかの種類の大義に、 一つの観念に、盲目的に身を捧げ、そこに避難することは、問題を解決しない。閉鎖的な観念でのたんなる孤立は、葛藤・抗争からの解放ではない。
それで、私たちは外側とともに内側にも、私たち各自が欲しいのは何なのかを見出さなければならない。私たちはその事について明確であるなら、そのときどこへも、行かなくていい。ゆえに私たちの困難は、自分たちの意図に関して自分たち自身において明確であること。その明確さは、探求をとおし、他の人たちの言うことを見出そうとすることをとおして訪れるか。あなたは見出すために、誰かのところへ行かなければならないのか。
私たちは、特定の組織、教師、書物が、私たちを満足させてくれると言う。そのなかに、あらゆる欲しいものを見つけた。そしてそこにとどまって、凝結し、閉じこめられる。
このすべての混乱をとおして、何か永久的なものへの、何かすがりつけるもの、何か私たちに保証、希望、永続する熱狂、永続する確実性を与えてくれそうなものへの探求がある。なぜなら、私たち自身があまりに不確実であるから。私たちは自分たち自身を知らない。私たちは直接の経験を持っていない。
(´・(ェ)・`)

987:避難民のマジレスさん[]:2020/06/19(金) 00:01:54 ID:KCqMKKeM0 [3/3]
苦からの避難所はない。 
自分の外側にはない。 
自分を知るしかない。
(´・(ェ)・`)b

988:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/19(金) 23:01:44 ID:1d4drIFg0 [383/383]
社会的な組織や団体は闘争と混乱しかもたらさないのじゃ。
孤独と不安から人々はそれらにしがみつき、ますます混乱して行くのじゃ。
そのような組織や団体には真の自己を知る道は無いのじゃ。
組織よりも書物にある言葉よりも今ここにある自分を知ることだけが真の幸福への道なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました