鬼和尚 ◆qx3.49AOzA 2020/06/16(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

589:避難民のマジレスさん[]:2020/06/16(火) 19:16:58 ID:A8qaCHnE0 [1/2]
思考や感情をスマホのメモアプリに書き出しています。
また、時間がある時は、なぜその思考や感情が出てきたのかも考えて書くようにしています。
そうすると、不思議とその思考や感情が消えていきます。

これは観察の範疇に入るのでしょうか?
また、このまま続けてもいいものでしょうか?

590:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/16(火) 21:33:20 ID:1d4drIFg0 [145/145]
>>589 それも道具を使った観察といえるじゃろう。
 どんどん続けると善いのじゃ。
 いずれは道具や言葉がなくても観察できるようにするのじゃ。
 そうすれば言葉に出来ないことも観察できるようになるのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

565:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/06/15(月) 22:09:31.04 ID:gp6CwVPE
鬼和尚、
>>561 「生きている間は最後まで自分を知るように勤めるのじゃ 」

これはどういう意味ですか?
長年、自分と付き合ってきていますから、自分の事はよくわかっているつもりです。

569:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/06/16(火) 22:24:20.74 ID:pKsEANFu
>>565 誰もがそう思うじゃろう。
 自分のことは自分が良くわかっていると。
 しかし、実際には何も理解していないのじゃ。

 例えばおぬしは自分の人差し指と薬指のどちらが長いか知らないじゃろう。
 比べてみると人に拠って人差し指が長い者と、薬指が長いものが居るのじゃ。
 それも右手と左手で違ったりするのじゃ。
 見慣れた自分の手でもそのように知らないことがあったりするのじゃ。

 更には自分の孤独や寂しさや怒りや悲しみがどのようにして起こるのかも知らないじゃろう。
 それを理解していたならば、それらは既に滅している筈なのじゃ。
 それらから眼をそらしているから理解できず、滅することも出来ないのじゃ。

 そうであるから人は自分を知り、自分を学び習うことが必要なのじゃ。
 道元も仏法とは自己を習うことと言っているのじゃ。
 自己を習うことで、自己を忘れる忘我も起こるのじゃ。
 速やかに自分を学習する実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1585267583/

942:マジレスさん[sage]:2020/06/16(火) 21:32:52.24 ID:ohUmnVwM
鬼和尚さん 皆さん
いつもありがとうございます。
孤独を感じる時や不安が襲ってくる時、
どう対処されていますか?
深呼吸や般若心経の写経でしょうか。
般若心経以外で写経用のお勧め経典もお教えください。

945:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/16(火) 22:48:53.52 ID:S95Ymz5F [2/2]
>>942 わしにはもはや起こらないのじゃ。
 それから逃げずにただ観察するが善いのじゃ。
 観察するうちに消えていくじゃろう。

 原因から観察できればもはや起こらなくなるのじゃ。
 心の中にそれらの原因を追究してみるのじゃ。

 写経は役に立たないのじゃ。
 経は内容を理解して実践しなければ無意味なのじゃ。

 般若心経ならば孤独も不安も空であると強く念じるが善いのじゃ。
 何度も強く念じれば消えていくじゃろう。
 実践が全てなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3 
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/

870:名無しを整える。[]:2020/06/16(火) 20:27:34.77 ID:IEM66FcE
「神仏習合」批判
82
嘲熊野権現         をあざける
垂跡三山榎本頭 あとをさんざんにたる榎本のほとり
百由旬瀑直飛流 百ゆ旬の滝ただちにひ流し
室郡休道馬不進 室郡いうことを休めよ馬進まずと
徐福精神物外遊       もつ外に遊ぶ

くま訳
熊野権現(神仏習合思想)を嘲る
榎本の領地辺りで、三山に流れ落ちる。
百ゆ旬(7~8百Km?)もあると言う滝が、すごい勢いで流れ落ちるだろう。
奥様方、おしゃべりはやめなさい。馬が進まないではないか。
始皇帝の方士だった徐福のように、浮世離れした話で遊んどるわい。

*本地垂迹(ほんじすいじゃく):本地としての仏・菩薩(ぼさつ)と、垂迹としての神。神仏習合
神仏習合思想の一つで、日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考えである。
*熊野詣:室町期以降、武士や庶民が参詣するようになり、切れ間なく旅人の行列ができた。
*熊野三党(くまのさんとう):紀伊国熊野地方に強い勢力をもった豪族である榎本氏、宇井氏、穂積氏(藤白鈴木氏)の三氏。
*由旬(ゆじゅん):古代インドにおける長さの単位。「くびきにつける」の意で、牛に車をつけて1日引かせる行程のこと。仏教では普通1由旬を約7~8kmと解釈する。
*徐福:秦の始皇帝に仕えた方士。始皇帝の欲、無知に付入り、ペテンにかけた、詐欺師。一国の王になった
*物外遊:俗世間を離れて遊ぶ、

うむ。一休さんの情報収集力、分析力は、頼もしいのである。徐福が、 物外遊していたと見抜いているのである。

(た)君は真面目な人である。
他の苦しみを癒す道、
君には説く力あり。
今の苦が財産さ

(ち)君は真面目な人である。
ちょっぴと背伸びしたりせず、
ありのままの君でいい。
光陰矢の如しだよ。

(つ)君は真面目な人である。
つかの間、邪気吐く快求め、
毒を吐けば吐くほどに、
闇は深まるばかりだよ。
      //
    / /
    /   パカ
   / ∩∧_∧    やぁ!
   / .|(´‐(ェ)‐`)_
  // |   ヽ/     良スレにしよう!
  ” ̄ ̄ ̄”∪( 断辛の詩 3連)

871:これで何度目かw[]:2020/06/16(火) 21:35:14.03 ID:hcWFoDsA [1/4]
>>861
             ,, -──- 、._
        .-“´         \.   唯識の現量と因明学の現量を勘違いして、
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:   他人を現量を知らない呼ばわりとかwwww  
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:   
      :|       (__人__)    |:    
      :l        )  (      l:   どんだけ馬鹿なんだよお前はwwwwwww
      :` 、       `ー’     /:  
       :, -‐ (_).        /   恥ずかしくないの?
          :ヽ   :i |:   
             :/  :⊂ノ|:     中卒ナマポの統失薬中おじさんが自分の事をくま呼ばわりwwww

             ” 精 神 病 院 に 逝 き な さ い ! ”

.

873:名無しを整える。[]:2020/06/16(火) 22:19:12.70 ID:Vf0/cxHs
>>871
うむ。くまは、君の、「勘違いしたままでいいのだ」という、君の見解に付いて、それで、
良いのかい?と、質しているのである。>>848
それで良いのだと君が答えるにしても、それは、違うと答えるにしても、君の「阿頼耶識」
の理解か、「現量」の理解が間違ってる様に、くまには思えるよと指摘したのである。
最初から、仏教用語は、くまは知らないよと、言ってるのである。
>>754のままでは、君は、仏教に限らず、難しいお話を読んでも、聞いても理解できないで、
ありましょう。まず、自分のことを知ることから始めるのです。心を鎮めるのです。

(て)君は真面目な人である。
天地は君のためにある。
罵倒するその思いは、
天地を地獄にするのだよ。

(と)君は真面目な人である。
毒を吐き出す歪顔をすて、
優しい笑顔を作るのです。
口角上げればきっと、ぽかぽかするでしょう。

      //
    / /
    /   パカ
   / ∩∧_∧    やぁ!
   / .|(´‐(ェ)‐`)_
  // |   ヽ / |     良スレにしよう!
  |” ̄ ̄ ̄”∪ |(天途の詩 2連)
  |       |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
875:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA [sage]:2020/06/16(火) 22:37:01.87 ID:Z5m58MMd
熊野神社には徐福が来たという伝説が在るのじゃ。
怪しいがのう。
滝が流れて馬も進めぬ道があるというのじゃ。
観光案内のようじゃのう。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

973:避難民のマジレスさん[]:2020/06/16(火) 19:48:43 ID:2WdNfqJs0 [4/6]
最初と最後の自由  第一部
第一章 導入 4

 あなたは、混乱に、まさに有るものに気づいた瞬間、それから逃避しようとします。経済的、社会的、宗教的な苦しみの解決のための体系をあなたに提供するそれらの党派は、最悪です。なぜなら、そのとき、人ではなく体系が重要になるからです-それが宗教的体系でも、左翼や右翼の体系でも。人ではなく体系が重要になります。哲学、観念が重要になります。そして観念、イデオロギ-のために、あなたは進んで全人類を犠牲にしようとします-それがまさに世界で起きていることです。これはたんに私の解釈だけではありません。あなたは観察するなら、それがまさに起きていることであることを見つけるでしょう。体系が重要になってしまったのです。ゆえに、体系が重要になったので、人は、あなたと私は、意義を失うのです。そして宗教的でも社会的でも、左翼のでも右翼のでも-体系の制御者が権威を身につけ、力を身につけて、ゆえにあなたを、個人を犠牲にするのです。それがまさに起きていることです。
 では、この混乱、この悲惨の原因は何でしょうか。内側にだけでな外側にも、この悲惨、この苦しみ、戦争の-勃発しようとしている第三次世界大戦の-この恐れと予感は、どうして生じたのでしょうか。その原因は何でしょうか。確かにそれは、すべての道徳的、霊的・精神的価値の崩壊と、すべての感覚的価値、手や精神により作られたものごとの価値の讃美を表示しています。私たちが感覚のものごとの価値、精神や手や機械の産物の価値以外の他の価値を持たないとき、何が起きるでしょうか。私たちがものごとの感覚的価値に意義を与えれば与えるほど、混乱が大きくなるのではないでしょうか。またもや、これは私の理論ではありません。あなたは、あなたの価値、あなたの富、あなたの経済的、社会的存在が、手により、または精神により作られたものごとに基づいているということを見出すのに、書物を引用しなくてもいいのです。それで私たちは、感覚的価値において生き、作用し、自分たちの存在をどっぷり浸しているのです-それは、ものごとが、精神のものごと、手と機械のものごとが重要になった、という意味です。そしてものごとが重要になるとき、信念が優越的に意義深くなるのです-それがまさに世界で起きていること、ではないでしょうか。
 こうして、感覚の価値にますます多くの意義を与えることが、混乱をもたらすのです。そして混乱 [の状態] にあると、私たちは、宗教的、経済的でも社会的でも様々な形をとおし、また野心をとおし、力をとおし、真実への探求をとおして、それから逃避しようとします。しかし真実は近いのです。あなたはそれを求めなくてもいいのです。そして真理を求める人は、決してそれを見つけないでしょう。真理は有るものにあります-そしてそれが、その美しさです。しかしあなたは、それを考え出した瞬間、それを求めた瞬間、格闘しはじめます。そして格闘する人は、理解できません。そういうわけで、私たちは静止して、観察して、受動的に気づいていなければならないのです。私たちは、自分たちの生活、自分たちの行動が、いつも破壊の領域の中に、悲しみの領域の中にあるということが、わかります。波のように、混乱と混沌がいつも私たちに襲いかかります。生存の混乱には、間隔がないのです。
 現在、私たちが何をしても、混沌につながるように見えます。悲しみと不幸せにつながるように見えます。あなた自身の生を見つめてください。するとあなたは、自分たちの生活がいつも悲しみのきわにあるということが、わかるでしょう。私たちの仕事、私たちの社会的活動、私たちの政治、戦争を阻止するための国々の様々な集まり、すべてがさらなる戦争を生み出します。破壊が、生活のすぐあとに付いてきます。私たちが何をしても、死につながります。それが、現実に起きていることです。
(´・(ェ)・`)つ

974:避難民のマジレスさん[]:2020/06/16(火) 20:05:56 ID:2WdNfqJs0 [5/6]
くまめも1-1-4

あなたが、混乱から逃避しようとするとき、苦しみの解決のための体系をあなたに提供する党派は、最悪。なぜなら、そのとき、人ではなく体系が重要になるから。
体系の制御者が権威、力を身につけて、ゆえにあなたを、個人を犠牲にする。
この混乱、悲惨の原因は何か。それは、すべての道徳的、霊的・精神的価値の崩壊と、すべての感覚的価値、手や精神により作られたものごとの価値の讃美を表示している。私たちがものごとの感覚的価値に意義を与えるほど、混乱が大きくなる。
私たちは、感覚的価値において生き、作用し、自分たちの存在をどっぷり浸している。-それは、精神のものごと、手と機械のものごとが重要になった、という意味。
そしてものごとが重要になるとき、信念が優越的に意義深くなる。
混乱 の状態にあると、私たちは、宗教的、経済的でも社会的でも様々な形をとおし、また野心をとおし、力をとおし、真実への探求をとおして、それから逃避しようとする。
しかし真実は近い。真理を求める人は、決してそれを見つけない。真理は有るものにある。それが、その美しさ。しかしあなたは、それを考え出した瞬間、それを求めた瞬間、格闘しはじめる。そして格闘する人は、理解できない。私たちは静止して、観察して、受動的に気づいていなければならない。自分たちの生活、行動が、いつも破壊、悲しみの領域の中にあるということが、わかる。
現在、私たちが何をしても、混沌に、悲しみと不幸せにつながるように見える。私たちが何をしても、死につながる。それが世界中で起きていること。
(´・(ェ)・`)

975:避難民のマジレスさん[]:2020/06/16(火) 20:06:53 ID:2WdNfqJs0 [6/6]

うむ。 
真理は、こねくりまわされた観念な中には無い。
ありのままの中から、直接受け取るしかない。と、言うようなことでありますかね。
(´・(ェ)・`)b

976:鬼和尚 ◆qx3.49AOzA[sage]:2020/06/16(火) 22:31:35 ID:1d4drIFg0 [380/380]
↑そのようなものじゃ。
混乱から逃避するために観念の体系が作られ、それがますます混乱を招くのじゃ。
その積み重ねが観念からの離脱を困難にしているのじゃ。
心を静止して、観察して受動的に気付いているとそれに気づくというのじゃ。
そして観念からの厭離も起こるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました