鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/05/14(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

339:避難民のマジレスさん[]:2020/05/14(木) 15:02:57 ID:iZFExW2s0 [12/12]
>>337
ご回答ありがとうございました。

340:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/14(木) 21:59:50 ID:1d4drIFg0 [88/88]
↑どういたしまして、またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

386:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/05/14(木) 14:09:45.59 ID:t8vedZ6F
鬼和尚、こちらのスレで進行中の一休の詩の解説をお願い致しまするm(__)m

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/

388:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/05/14(木) 17:53:13.96 ID:yMFSjhAo [1/2]
世の中の人は覚者か非覚者のどちらかに分類されるとしましょう。

"私は悟った"と言った場合、悟る以前に何かしらの"私"あるという事になります。
それを悟ってない私とした場合、それは"私は悟ってない"って置き換える事ができると思うんですが、やはり、悟ってない以前に何かしらの"私"がある事に他ならないと思うんです。

であれば、その"私"は悟った私でもなくまた、悟ってない私ってなります。

その私って一体なんなんでしょうかね?

389:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/05/14(木) 19:04:29.79 ID:WB6eDDj3
>>382です。
返答くださった方々、ありがとうございました。

390:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/05/14(木) 19:04:44.40 ID:yZc9Poln [1/2]
鬼和尚さん、アスリートは平均寿命が短い→運動すると早死にする、という説と
健康のためには運動は必要である、という説があります
どちらが正解ですか?

前者の理由としては過去の統計で実際そうらしく、また最も平均寿命が長い職業は
「東洋の僧侶」つまり住職さんらしいです
でも、後者の方にもさがせばたくさんの根拠やエビデンスがあります
なんだか混乱してきました
アドバイスください

392:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/14(木) 22:14:26.37 ID:ri/6vbhQ [1/2]
>>386 行って見るのじゃ。

>>388 それを自分で観るのじゃ。
 他人から言葉や知識として教わっても何の意味もないものじゃ。
 自ら観ることで悟りへの門と成るものなのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>389 どういたしまして、またおいでなさい。

>>390 運動しすぎると体に悪いのじゃ。
 適度に運動すると健康に善いのじゃ。
 何でもやりすぎはよくないのじゃ。
 寝すぎとか、座りすぎとか、立ち過ぎもよくないのじゃ。
 何でも適度にやることが健康に善いのじゃ。

391:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/05/14(木) 19:10:32.91 ID:yZc9Poln [2/2]
追加です

「運動直後30分~2時間くらいの間は免疫力が低下している」という説は正しいでしょうか?
運動で負荷をかけた分を修復中なのだからそっちにエネルギーを使っているのですかね
10代の水泳選手が白血病になったり、20代の力士が感染症で死亡しているのは
そういうことが関係してるのですか?

393:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/14(木) 22:17:12.10 ID:ri/6vbhQ [2/2]
>>391 運動をやりすぎていればそれもよくないじゃろう。
 体力の限界までやるような運動は、特に直後では全ての生命維持活動が低下しているじゃろう。
 病とか死んでしまう選手が多いのもそのせいじゃろう。
 やり過ぎないようにするのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1585267583/

530:マジレスさん[sage]:2020/05/13(水) 18:14:59.16 ID:ls4ZaK9O [2/2]
鬼和尚は46にもなって毎晩とっかえひっかえ公費でセフレとセックスする女についてどう思いますか?

552:太上天君[]:2020/05/14(木) 14:26:17.16 ID:SXvs4E9I
鬼和尚よ、はいぎぃ~っおぬしのその言葉も無ということはないのじゃ。
無は言葉ではないのじゃ。無は何でもないのじゃ。
無であるから無といえるじゃと?無は何も言えないのじゃw
無であるから無はいえないのじゃ。

ハキハキ答えよ!!

はふんはふんおふんおふん。

553:マジレスさん[sage]:2020/05/14(木) 17:28:59.47 ID:W2CvTFWb
ある集団がいるとします。
その集団は一つのイベントを作り上げようとしています。
しかし集団のそれぞれの人は思いや目的がバラバラです。
それぞれが自己満足の感情を満たしたいと考えてます。

この場合、イベントを通してそれぞれが自己満足の感情を満たしたらその個人的感情をみんなで共有して
「達成感」「一体感」のようなものを感じて感動したり喜んだりすると思うのですが、これは幻想でしょうか?
観念遊戯というやつに近いなと思うんですが、成長や進歩に繋がるような意味のある現象なんでしょうか?

555:マジレスさん[]:2020/05/14(木) 20:51:37.35 ID:HdZXzfae
鬼和尚は530には答えないのは何故?

557:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/14(木) 22:20:14.67 ID:enE59LgG
>>552 その言葉も無なのじゃ。
 どこまでも無なのじゃ。

>>553 幻想なのじゃ。
 それぞれ金が儲かったとか、名があがったとか、女子と仲良しに成れたとか別々の喜びにひたっていたりするじゃろう。
 自らを知ることが出来たならば、進歩は在るのじゃ。
 そうでなければ進歩は無いのじゃ。
 自分を知るように努めるのじゃ。

>>555 無だからじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 3 
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/

596:名無しを整える。[]:2020/05/06(水) 00:24:50.46 ID:1HxRfGCd
講読会、再開である。(´・(ェ)・`)つ
一休さんの詩がネットで248首集まったので、毎日一首づつ載せるのである。
掲載する詩についての意見を期待するのである。
尚、サイトによって表記が異なる詩や、本当に一休の詩か分からぬものもあるのである。
鬼和尚にも、感想をいただけたらうれしいのである。

あいうえお順である。
1
秋風一夜百千年  『狂雲集』  「あきふうひとやばくせんどし」「しゅうふういちや ひゃくせんねん」「あきかぜひとよ ももちとせ」

599:名無しを整える。[]:2020/05/07(木) 00:46:04.29 ID:4LV47D0v
>>596
一休さん、老いて、愛しいひとと共にある愛おしい時間について詠んだ詩だそうである。
くまの好みの読み方は、しゅんぷういちや・・なので、あいうえお順で1番目になるのは
今日の詩かもしれぬのである。
2
朝露は きえのこりても ありぬべし たれかこの世に のこり はつべき 『水鏡』
この詩は伊勢物語で女が男の冷淡さを詰った詩のようでありますが、『朝露』を命の儚さ
の喩えととれば、いかにも一休さんが詠みそうではありますね。
(´・(ェ)・`)つ

603:名無しを整える。[]:2020/05/08(金) 23:55:32.19 ID:CR8l/2GM
>>601
4
明日ありと思う心にほだされて 今日も空しく日を送りけり 一休

明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは  親鸞

うむ。このことを一休さんも伝えようとしてるのでありますね。
一休さんの詩のほうが凡くの心に沁みるであります。
急いで悟らねばなりますまい。
(´‐(ェ)-`)b

605:名無しを整える。[]:2020/05/09(土) 00:57:43.64 ID:c/0QJZVc
うむ。
よく読むと、全然違うことを言ってるようであります。
親鸞さんは。心があり、時間が有るとしているのに対して、
一休さんは、ありもしない心に縛られて、ありもしない時を過ごしてる夢を見ている自分に気づいているのでありましょう。
(´・(ェ)・`)b

608:名無しを整える。[]:2020/05/09(土) 23:43:27.29 ID:C5avxSl9
>>603
5
阿弥陀仏悟れば即ち去此不遠 迷えば遙か西にこそあれ

瑞巖寺(臨済宗)雲居希膺禅師がの往生要歌の一節であるとの説もある。
浄土真宗のお寺さんもHP等に、一休さんの詩として紹介されているのである。
一休さんは、昔から人気者だたのである。
似た詩をもう一首

6
阿弥陀仏 みなみに在るを 知らずして 西を願うは はかなかりけり

(´・(ェ)・`)つ

612:名無しを整える。[]:2020/05/11(月) 00:05:05.55 ID:MkofY53Q
>>608
7
雨あられ 雪や氷と へだつれど おつればおなじ 谷川のみず  
雨霰雪や氷と隔つらん解くれば同じ谷川の水    『水鏡』
雨あられ雪や氷をそのまゝにとかねどおなじ渓河の水 白隠

(´・(ェ)・`)つ

614:名無しを整える。[]:2020/05/12(火) 00:02:28.42 ID:6eTDuOmp
>>612
8
あら楽や虚空を家と住みなして 心にかかる造作もなし

似た詩
あら楽や 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし 大石内蔵助 辞世

(´・(ェ)・`)つ

617:名無しを整える。[]:2020/05/13(水) 02:50:27.04 ID:LIedWBKI
>>614
9
ありと言えばありとや人のおもふらん こたへてもなき山彦の声

セットで、
10
なしといへばなしとや人のおもふらんこたへもぞする山彦の声

一休咄

(´・(ェ)・`)つ

618:名無しを整える。[]:2020/05/13(水) 23:18:09.87 ID:L2jYpVRD
>>617
11
愛念愛思苦胸次  
詩文忘却無一字  
唯有悟道無道心
今日猶愁沈生死   狂雲集

拙僧はむかし愛欲に溺れて心を苦しめ  
詩文も忘れきって一字も作らなかった
ただ悟りだいばかりで求道心が無かったが  
今でも生死の輪廻に沈んでいるのが悲しい

誰か漢詩の正しい読みかたが分かる賢者は、おらんかね?

(´・(ェ)・`)つ

619:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/14(木) 22:51:51.49 ID:9aBR131u
愛着の念が胸にあって苦しければ、
詩文も忘れてしまうじゃろう。
ただ悟道があって道心無ければ
今日になってもまだ生死に愁い沈むばかりじゃという意味じゃな。。

愛着の念ばかりで詩文も忘れてしまうほどならば、どんなに悟りを求めても無意味というのじゃ。
いつまでも生死の苦に愁い輪廻に沈むばかりなのじゃ。
道心が大事だというのじゃ。
道心とは悟りに必要なことがあれば自ら積極的に学び、日々実践を重ねることなのじゃ。
そのように積極的に学び実践しなければ、悟りもやってこないのじゃ。
精進あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

863:避難民のマジレスさん[]:2020/05/14(木) 02:55:14 ID:6AQRseHA0
変化の緊要

   伝統 2

質問者 あなたのいわれるのは、私が考えていないとき、過去が作動していないとき、私は滅却される。私は存在するのを停止する、という意味なのでしょうか。

K あまりに多くの質問をしないで、私たちが始めたところを考慮しましょう。過去 - 近来のだけではなく有史以前のもの、集合的なもの、人種的なもの、人間的なもの、動物的なもの - から、自由になれるでしょうか。あなたはそのすべてです。あなたはそれから分離してないのです。そしてあなたは、そのすべてを片づけ、新しく生まれられるのかを訊ねています。「あなた ‘you’ 」はそれであるのです。あなたが新しい事物として生まれ変わりたいと願うとき、あなたが想像する新しい事物は、「新しい」という言葉で覆い隠された、古いものの投影です。しかし、下ではあなたは過去なのです。それで、疑問はこうです - 過去は片づけられるのでしょうか。それとも、修正された形態の伝統はいつまでも継続するのでしょうか。変化し、蓄積し、取り除くが、いつも、違った結合での過去でしょうか。過去は原因ですし、現在は結果です。今日は昨日の結果ですが、明日の原因になるのです。この連鎖が思考の道なのです。というのは、思考は過去であるからです。あなたは、今日への昨日のこの動きを止められるのかを訊ねています。過去を検討するため、見つめられるでしょうか。それともそれは全く可能ではないのでしょうか。それを見つめるには、観察者がそれの外側にあるのでなければなりません - しかし、そうではないのです。それでここに、もう一つの主題が生ずるのです。観察者自身が過去であるのなら、そのとき、過去はどのように、観察のため孤立させられるのでしょうか。

質問者 私は何かもの・ことを客観的に見つめられるし・・・

K しかし、あなたは観察者ですが、それ自体を見つめようとしている過去なのです。あなたは、あなたが長年にわたってあらゆる形態の関係において組み立ててイメージとして、あなた自身を客体化できるだけなのです。それで、あなたが客体化する「あなた」は、記憶と想像、過去なのです。あなたは、まるであなたが、見つめている人とは異なった事物であるかのように、あなた自身を見つめようとしています。しかし、あなたは、古い判断、評価づけなどをともなう過去であるのです。過去の行為が、過去の記憶を見つめているのです。ゆえに、過去からの救出は、けっしてないのです。過去による過去の継続的検討は、過去を永続化するのです。これがまさに過去の行為ですし、これが伝統のまさに本質です。
(´・(ェ)・`)つ

864:避難民のマジレスさん[]:2020/05/14(木) 13:09:17 ID:6KoK9UVM0
くまめも2

過去-有史以前の、集合的、人間的、動物的なもの-から、自由になれるか。 あなたは、分離してない。そのすべてを片づけ、新しく生まれられるか。新しい事物として生まれ変わりたいと願うとき、想像する新しい事物は、「新しい」という言葉で覆い隠された、古いものの投影。それで、疑問は、過去は片づけられるか。それとも、修正された形態の伝統はいつまでも継続するか。変化、蓄積し、取り除くが、いつも、違った結合での過去か。過去は原因、現在は結果。今日は昨日の結果、明日の原因。この連鎖が思考の道。というのは、思考は過去であるから。
過去を検討するため、見つめられるか。それを見つめるには、観察者がそれの外側にあるのでなければならないが、そうではない。
それでここに、もう一つの主題が生ずる。観察者自身が過去であるなら、過去はどのように、観察のため孤立させられるのか。あなたは観察者だが、それ自体を見つめようとしている過去。あなたが長年にわたってあらゆる関係において組み立てたイメージとして、自身を客体化できるだけ。あなたが客体化する「あなた」は、記憶と想像、過去。
あなたは、まるであなたが、見つめている人とは異なった事物であるかのように、自身を見つめようとしている。しかし、あなたは、古い判断、評価づけなどをともなう過去。過去の行為が、過去の記憶を見つめている。ゆえに、過去からの救出は、けっしてない。過去による過去の継続的検討は、過去を永続化する。これがまさに過去の行為だし、これが伝統のまさに本質。
(´・(ェ)・`)

865:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/14(木) 22:27:28 ID:1d4drIFg0 [344/344]
自分を観る時に分別を働かせると過去の記憶から観ていることになるのじゃ。
過去の記憶からの価値観や条件付け等から見てしまうのじゃ。
それではやはり観念しか見えないのじゃ。
今ここに在るものとしてありのままに、己を起こす心の働きを感知するのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました