鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/05/09(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

312:避難民のマジレスさん[sage]:2020/05/09(土) 01:36:34 ID:Y5LPInQE0 [55/57]
>>310
>かかる者もいるかもしれん。

この場合の原因は、何が推測されますか?
それを克服するには、どう言う方法がありますか?

私の場合ですともう半年以上、毎日5分の4倍以上
数息観を実践しているのですが、果たして感情に
囚われなくなれたのか、良く分かりません。
残念な事に毎日は出来ませんでした。それでも4倍以上
ほぼ毎日続けたのにも関わらず心身の状態が悪いせいなのか
余り楽になった感じがしないのです

313:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 12:37:25 ID:RR9a0lig0 [1/3]
真面目な質問です。

ttp://ta-ichikawa.com/?p=10909
上記のホームページの「仏教」の項目を読んでいただきたい。
概略を述べると、仏教の「自由」という考え方と、欧米のfreedom(フリーダム)の考え方は全く違うのだが、
明治時代の哲学者がFreedomを自由と訳してしまったがゆえに、日本人は憲法に置ける「自由権」なども「我がままし放題」という意味で捉えるようになった。
大乗仏教に置ける自由とは「世間から逃れ山の中で一人暮らして気ままに暮らせる解放感」などを意味しており、「神と従って生きる」という意味合いが強いfreedomとは全く意味が違う。
また、仏教の「平等」という考え方も、「人間にはそれぞれ個性などなく、すべて同じだ」という思想であり、民族や個人の違いを無視する思想である。
この仏教の「平等」の考え方が入ってきたために、「努力や才能を無視して全員を平等に扱え!」という絶対平等主義の考えが強くなり、社会や国家が混乱している。
そもそも仏教は「山陰で暮らす世捨て人」の宗教なのであって、「世捨て人」の価値観で社会が動かされると様々な問題が起きてくる。
現在、日本が衰退に向かっているのも、仏教のある種非現実的な「自由」や「平等」の考え方が俗世に入ってきたからである。
我々日本人には、元々「誠」という新道由来の価値観があった。これは欧米のFreedomの考えに近い考えであり、この考えに基づいて国家運営がなされると国が反映し、仏教の考えで運営すると国が衰退する傾向がある。
ゆえに、早急に、仏教的価値観を相対化し、少なくとも社会運営に関しては神道の価値観でやるできである。

というようなことです。鬼和尚はいかに思いますか?
①仏教に置ける「自由」とは本当に「勝って気ままに生きる」という意味なのか?
②平等とは個性の違いを無視した絶対平等を意味するのか?
③この論者の言っていることはある程度は妥当性があるのか
④妥当性があるとしたらどういう点で、誤っているとしたらどのような点で、仏教と神道はどのように共存していくべきなのか
⑤上記の論者は、「江戸時代時代以前は、仏教は死後の世界を取り持ち、現実の世界は神道という棲み分けがきいていた。その伝統の価値観に戻るべきである」という考えですが
これについてはどう思いますか?

315:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 12:47:59 ID:RR9a0lig0 [2/3]
誤字脱字すみません。

新道→神道です。

正確にはキリスト教の「自由」(フリーダム)とは「イエス・キリストと同じ正しい心で判断したのならば、社会的なルールを無視しても良い」
という考え方のようです。イエスキリストの心とは「仲間同士で助け合う心」です。
このことによって(主に欧米では)先祖のしきたりや官僚主義的な法解釈に囚われることなく、豊かでダイナミックな社会が運営されてきたということは言えると思います。

316:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 12:52:04 ID:RR9a0lig0 [3/3]
個人的には「慈悲がすべてなのじゃ」という鬼和尚のような仏教もある訳で、
恐らく鬼和尚ならば「慈悲から生じた行為ならば法律をやぶってもいいのじゃ」というと思います。
なので、必ずしも、仏教の価値観が、近代社会の原理(愛の原理)と調和しない訳ではないとも思います。

314:避難民のマジレスさん[sage]:2020/05/09(土) 12:41:24 ID:Y5LPInQE0 [56/57]
>>310
見ようとはしないけれど苦しみからは逃れたいと言う場合、どうすれば良いのでしょうか?

数息観を続けていれば、そのような心も自然と変わるでしょうか?

出来ない物は出来ないわけで出来ないことを出来るようになる為には、出来るようになる為の方法が必要なんじゃないかと思うのですが…
いくら自分の意志で見ようとしなければ何も変わらないと言われても、その意志が起きなければ(起こせなければ)どうしたら良いのでしょうか?

320:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/09(土) 22:52:29 ID:1d4drIFg0 [80/81]
>>312 真面目にやっていなければかかることもあるじゃろう。
 真摯に実践することで克服できるのじゃ。
 時間を増やすのではなく、回数を増やすと善いのじゃ。
 朝だけだったのを、朝昼晩と実践するとかのう。

 体が悪いならば西式健康法をやってみるとよいのじゃ。
 心も楽になるじゃろう。

 日記をつけていれば進歩がわかるじゃろう。
 昔の日記を読み返してみるのじゃ。

>>313 一 仏教にはそもそも自由という教えは無いのじゃ。
 自由とか平等とはフランス革命のスローガンとして広まったのじゃ。
 リベルテ、リガルテ、フラテルニテ、自由、平等、博愛なのじゃ。
 そのスローガンと比較するために大乗仏教にも自由があるとか、嘯いているのじゃ。
 無知なのじゃ。

 二 大乗仏教の平等とは憎愛を無くすことなのじゃ。
   万物に慈悲心を起こすことであるから思想ですらないのじゃ。

 三 無知なのじゃ。

 四 悟りを求める者は修行したらよいのじゃ。
    神を信じる者は信じたらよいのじゃ。
    信教の自由なのじゃ。

 五 無知なのじゃ。
    禅は今の世で修業して悟りを求め、日蓮宗は現世利益のために題目をあげたのじゃ。

>>314 そのような者はただ苦を滅したら善いのじゃ。
 変らなくて善いのじゃ。
 その意志が起こらない原因を心の中に探すのじゃ。

 ただひたすらに自分を知ることに努めるのじゃ。
 今苦しいといっても、常に苦しいわけでもないじゃろう。
 苦が無い時間や場所や思いもあるじゃろう。
 親と話すと苦しいとか、独りで居れば苦しくないとかのう。
 それが何か自らの心を見て探すのじゃ。
 そのようにして自分を知るように努めるのじゃ。

317:避難民のマジレスさん[sage]:2020/05/09(土) 15:28:47 ID:Y5LPInQE0 [57/57]
鬼和尚さん

どうにも私が観察に対して消極的なのは厭離に対する疑いからであると気付きました
観察したからって何か感じが変わった経験が無いのです
取り敢えず毎日の数息観の後に手を一分間観察してみようと思います
どれくらいの期間続けたら自分の感じが無くなると思われますか?

318:避難民のマジレスさん[sage]:2020/05/09(土) 18:49:36 ID:h5P9mv0k0 [16/16]
真理に至る道の法を知って修行をする時間と健康な肉体があると言うのは非常に幸運ですか?

法を知らず、仕事や家族や病気に多大な時間を奪われたり、また自ら望んでそれらに時間を費やす者、
たとえば富裕層、社会的成功者、有名人、不健康な習慣、周りに流されてただなんとなく生きている一般市民。
彼らは死ぬときに後悔するでしょうか?

今、この機を逃すと次のチャンスは訪れないのでしょうか?

319:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 20:20:35 ID:iZFExW2s0 [10/10]
>>311
ありがとうございました。空の法に加えて、観察も実践してみます。

321:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/09(土) 23:09:50 ID:1d4drIFg0 [81/81]
>>317 今変ったのじゃ。
 おぬしは自分が観察に消極的なのは疑いがあるからと気付いたのじゃ。
 変った自分に気付いていないのじゃ。
 自分に気付くことで行いも変ったのじゃ。
 観察する気になったのじゃ。
 そのような自分に気付くのじゃ。

 観察が出来ていれば直ぐにでも無くなるじゃろう。
 実践によって確かめるのじゃ。

>>318 そうじゃ、幸運なのじゃ。
 後悔するじゃろう。
 恐れや不安と共に死に行くじゃろう。

 無いじゃろう。
 今のように病が流行ると死は何時でも来る可能性があるとわかるじゃろう。
 今時間のあるうちに少しでも自分を観るとよいのじゃ。

>>319 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

359:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/05/09(土) 18:50:26.11 ID:KMCjL54e
裕福な家庭に生まれてお金の心配をしなくてよかったり、勝ち組と言われるような大企業に就職して出世したりと言うような人たちも
辛くて苦しくて悲しい気持ちを持って生活しているんでしょうか?
老病死の苦があるのはわかります。
みんな親も友達も同僚も自分も老いて病んで死んでいくのは平等です。

しかし、それ以外は精神的には恵まれているのでは?と言う疑問を持ちました。
普通の一般市民なので彼らの生活が想像できないのですが。
裕福に生まれると言うのは徳を積んだ結果なんでしょうか?

361:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/09(土) 23:34:51.20 ID:DvC3gdK1
>>359 そのような者達もやはり辛苦から逃れられないのじゃ。
 例えば芥川龍之介が孤独地獄という小説を書いて居るのじゃ。
 皆で宴をしていてもふとした時に孤独の地獄に居る気持ちになるというのじゃ。
 後に本人も不安で自殺したりしたのじゃ。

 小説家として成功したが心にある孤独や不安から逃れられなかったのじゃ。
 金儲けだけをした者の心境は窺い知れないかもしれんが、このように表現者は自らの心境も表現するからわかるじゃろう。
 どれほど成功して金を持っていてもやはり孤独地獄や不安はあるじゃろう。

 善事をすれば裕福な環境に生まれるのじゃ。
 しかし、それでもこのように孤独や不安からは逃れられないのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1585267583/

495:マジレスさん[]:2020/05/09(土) 06:42:08.77 ID:2SU/OX7V [1/3]
鬼和尚はすし職人になるには十年修業がいると思いますか?

496:マジレスさん[]:2020/05/09(土) 07:05:19.87 ID:2SU/OX7V [2/3]
なんか公明党が大学生二十万配るといってるので
鬼和尚も今すぐ放送大学の学生にならないといけませんか?

497:マジレスさん[]:2020/05/09(土) 07:06:03.02 ID:2SU/OX7V [3/3]
この際鬼和尚も大学生になって充満もらってついでに学位も取るとよいと思いませんか?

498:マジレスさん[sage]:2020/05/09(土) 18:50:54.75 ID:g/KLG6It
性暴力や痴漢、盗撮の被害に遭う人はほとんどの場合、本人に落ち度はないと思うのですが
これらも何らかの報いの表れなんでしょうか?
酔って覚えていない、寝ていて気がつかない、知らないところでばら撒かれている等、
被害に気がついてすらない、と言うパターンもあります。
女性にはつきまとうリスクです。

502:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/05/09(土) 23:17:39.46 ID:JLFjgkHS
>>495 おぬしがいると思えば要るのじゃ。

>>496 おぬしにまかせるのじゃ。

>>498 そのような犯罪がある環境に生まれ育ったことが報いなのじゃ。
 この娑婆世界は楽園ではないからのう。
 チャンスがあるうちに善事を積み、修業に励むと善いのじゃ。
 そうすれば一切皆苦の世界からも抜け出せるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

846:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 00:02:41 ID:rMVuTNcc0 [2/3]
>>844
超要約ありがとうであります。
(´・(ェ)・`)つ

848:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/09(土) 23:57:37 ID:1d4drIFg0 [338/339]
>>849 どういたしまして、またおいでなさい。

845:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 00:01:37 ID:rMVuTNcc0 [1/3]
変化の緊要 

   信念 4

質問者 あなたは、「有る」ものを理解することについて語りながらも、知ることの妥当性を拒否するのです。この理解は、知ることでないのなら、何なのでしょうか。

K 二つは全く違っているのです。知ることはいつも過去に関係してあるし、ゆえにそれはあなたを過去に縛るのです。知るのとは違って、理解は結論ではなく、蓄積ではないのです。あなたは聞いてきたなら、理解したのです。理解は注意です。あなたは完全に注意するとき、理解するのです。それで、恐怖を理解することは、恐怖の終わることなのです。ゆえに、あなたの信念はもはや支配的要因ではないのです。恐怖の理解が支配的なのです。恐怖がないとき、自由があるのです。何が真なのかが見られるのは、そのときだけなのです。「有る」ものが恐怖により歪曲されないとき、「有る」ものは真なのです。それはその言葉ではありません。あなたは真理を言葉で計量できません。愛は言葉ではなく、また信念でもなく、何かあなたが捕捉し「それは私のです」と言えるものでもないのです。愛と美しさなしには、神と呼ばれるものは、全く何でもないのです。
(´・(ェ)・`)つ

847:避難民のマジレスさん[]:2020/05/09(土) 00:03:25 ID:rMVuTNcc0 [3/3]
くまめも18-4

知ることはいつも過去に関係してあり、過去に縛る。理解は結論、蓄積ではない。理解は注意。完全に注意するとき、理解する。
恐怖を理解することは、恐怖の終わること。
ゆえに、信念はもはや支配的要因ではない。恐怖の理解が支配的。恐怖がないとき、自由がある。何が真なのかが見られるのは、そのときだけ。「有る」ものが恐怖により歪曲されないとき、「有る」ものは真。それはその言葉ではない。真理を言葉で計量できない。愛は言葉、信念ではなく、「それは私のです」と言えるものでもない。愛と美しさなしには、神と呼ばれるものは、全く何でもない。

※恐怖に付いての講話は、
>>629 ~ 
>>633
(´・(ェ)・`)b

849:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/05/09(土) 23:59:38 ID:1d4drIFg0 [339/339]
理解とは気付くことなのじゃ。
それは記憶による知識とは違い、常に今ここにあるものごとに気付くことなのじゃ。
常に変化する心を観るには気付くことしかないのじゃ。
知識は過去を記録するものであるから、今ここにある心を観る役には立たないのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました