鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/04/29(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

244:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/28(火) 23:28:45 ID:9IUY1DzY0
>>241
なるほど
ありがとうございました

245:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/29(水) 07:51:52 ID:vU8cOtPA0 [4/4]
>>223
その状況になくても、記憶だけで同じ怒りを再現できたら、
それで原因がわかり、この反応をなくすことができるのですね。
教えていただきありがとうございました。

たまに、恥ずかしい記憶が、似た状況からの連想で浮かび上がってきて、
うわっとなるのですがこれは何度でも起こります。
これも意図的に想起を繰り返せば、うわっとならなくなりますか?

248:避難民のマジレスさん[]:2020/04/29(水) 11:18:54 ID:3na2v5nI0 [2/2]
観察によって厭離が起こるのはわかるのですが、心の連鎖反応が滅するのはどういう仕組みなのでしょうか?
観察すること自体が心に影響を及ぼすのでしょうか?

249:避難民のマジレスさん[]:2020/04/29(水) 17:03:34 ID:iZFExW2s0 [3/5]
>>242
235です。お答えいただきありがとうございます。ヨーガの文献の中から研究できそうな主題はないか探してみます。
続けて質問です。
悟りと脳の関係について説明しているサイトを見つけ、なんとなく納得できるような気がしたのですが、こちらのページで述べられていることは正しいでしょうか。
http://breath-awake.com/service.html
よろしくお願いします。

254:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/29(水) 22:15:43 ID:1d4drIFg0 [63/64]
>>244 どういたしまして、またおいでなさい。

>>245 ならなくなるじゃろう。
 それもまた観察できる対象となるからのう。
 実践によって確かめるのじゃ。

>>248 それもまた自己ではないと気付くからなのじゃ。
 心も、心の働きも自分ではないのじゃ。
 自動的に起こる機械と同じなのじゃ。
 それに自己同一化する働きが止まるから滅するのじゃ。
 実践によって確かめるのじゃ。

>>249 正しくないのじゃ。
 真の自己などないのじゃ。
 自己という概念そのものが誤りなのじゃ。
 個体とか個人というものは無いのじゃ。
 すべては一つのつながった意識なのじゃ。

250:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/29(水) 18:43:50 ID:h5P9mv0k0 [11/11]
仏像や地蔵を作ったり、なにか祈祷や念仏などの儀式を行って自然を鎮めることは可能なんですか?
地蔵や祈りにはそんな力はなく、ただ人間の自己満足でしかないのでしょうか?
自分の意識がこの世界を作っているとしても、その意思で自然を制御することは不可能ですか?

251:195[sage]:2020/04/29(水) 18:52:53 ID:1V2365go0
>>243
鬼和尚さん、ありがとうございます。

今ここにいる自分を観察していたら、体があるということは記憶だったことに気づきました。
だから、体の中身という自分のイメージも記憶からできているものなので実在しないのだとわかりました。

でも、体があるという記憶を真実だと思い込んでいる感じがします。
昨日という記憶は実在しなくても、今ここに体があるという記憶は実在している感じです。
これはどうしてなのでしょうか?
さらに何を観察したら良いですか?

252:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/29(水) 19:52:40 ID:Y5LPInQE0 [41/42]
鬼和尚さんは配達の合間に会社には内緒でデイトレードをやってるんですか?

253:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/29(水) 19:55:24 ID:Y5LPInQE0 [42/42]
私も働けるまで回復する事があったらデイトレードで資産を増やしたいのですが
働きながらデイトレードってどうやれば良いのかなぁと思ってお聞きしました

255:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/29(水) 22:29:35 ID:1d4drIFg0 [64/64]
>>250 出来ないのじゃ。
 自己満足なのじゃ。
 不可能なのじゃ。
 作れるのは自らの環境だけなのじゃ。
 それが人の世界なのじゃ。

>>251 それもまた原因があるからなのじゃ。
 体があるという認識の元となった原因を探すのじゃ。
 原因から観察できればそれもまた消えるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

>>252 朝八時半に起きて九時の寄付きから行うのじゃ。
 九時半にはやめて出勤するのじゃ。
 会社には十時につけばよいのじゃ。
 朝が一番値動きが良いからなのじゃ。

 後は大引けが値動きが善いのじゃ。
 昼休みの直前直後が三番目ぐらいなのじゃ。
 その他の時間はあまり動かないからデイトレードには不向きなのじゃ。
 値動きが少ないと買えば下がり、売れば上がるという悪循環に陥ったりするのじゃ。

 朝の値動きが善いときに底値から上がり始めた株を買うと、そのまま元気よく上がり続けることが多いのじゃ。
 それもまたリスクを減らすための時間の使いかたなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

301:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/04/29(水) 17:55:27.48 ID:ufYGlWUO
鬼和尚、私は少し「気」の流れがわかります。
知らない場所に行っても、何か変な感じがする時があります。
そして、その原因を探します。
必ず、原因がわかります。
例をあげます。

・ある保育所に行ったとき、変な感じがしたので原因を探してみると、
 地面の土に砂が多く含まれていたのです。
 近くに川が流れているので、堤防が決壊して水害にあったのではないかと思いました。
 何年か後に大洪水があって、横の堤防が決壊し被害に遭いました。

・車で国道を走っていると、以前から気分の悪い地域があります。
 原因を探したら、土地が狭いし、低いことに気づきました。
 そこには喫茶店があったのですが、すぐ潰れました。 
 その時は道がカーブしてる場所なので車が止まりにくいからだと思っていました。
 数年前に交通事故があり、教え子(当時26歳)が亡くなりました。
 その地域の人や子供を何人か知っていますが、みんな少しひねくれていました。

・上司(女性)の息子(30歳ぐらい)が自死をし、その上司も旦那さんも60代で亡くなりました。
 息子の葬式の時、お悔やみに行ったのですが、大勢の人で特に何も感じませんでした。
 その上司が亡くなったと後で知って、これは変だと思い、行って見ると、
 全く気が流れていません。
 原因は庭に細い公道が通っていて不自然なのです。家は公道より下にあります。
 今は空き家になっています。

他にも色々ありますが、気の流れの良い所では気分がすっきりします。
大体、少し高くて安全な場所です。景色も良いし、木がよく育ちます。

私の感性は本物でしょうか?

302:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/04/29(水) 18:29:04.04 ID:sKACgI2w
>>299
有志を募って建てる以外にはないでしょうか?

>>301
コピペ

303:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/04/29(水) 18:45:30.10 ID:9xVrfvge
瞑想や内面を観ると言う方法以外で彼岸(彼らなりの)を目指すものは全てが失敗に終わるのでしょうか?

現世に理想社会を創ろうとしたりハーレムや神の王国をこの世に建設しようとする者は、彼らなりの「彼岸に到達したい」と言う願望があるはずです。
しかしそれは破滅に向かう行為なのでしょうか?

広大な世界を目指すというより閉じた世界(内部完結)に走りがちなのがいけないのでしょうか。

305:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/04/29(水) 22:42:04.23 ID:FqX9CWhQ
>>301 磁石に手をかざしてみて気が感じられるならば本物なのじゃ。
 感じなければ気のせいなのじゃ。
 試してみると善いのじゃ。

>>302 ただ言論で事件を残すのも善いのじゃ。
 ホームページを作るとか、本を出すとかするのじゃ。
 それだけでもよいのじゃ。

>>303 そうじゃ、自分を見ることが無ければ人生そのものが失敗であったということにもなるのじゃ。
 自らを知ろうとしないで彼岸に行こうとするのは破滅に向かっているのじゃ。
 自分を知ろうとしないことがいかんのじゃ。
 真の彼岸は自らの心の中にあるものじゃ。
 生きている間にそれに少しでも近づくのが、破滅から逃れる唯一の道なのじゃ

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1585267583/

358:太上天君[]:2020/04/29(水) 16:38:23.98 ID:LlzD2Sb/
>>351
鬼和尚よ、はいぎぃ~っぬしゃあ特権階級は現実に存在するのか?
すべては無ではないのか?

ハキハキ答えよ!!!

はふんはふんおふんおふん。

359:マジレスさん[sage]:2020/04/29(水) 18:47:09.13 ID:/AOwe0Iw
鬼和尚。
マンダラ(曼陀羅)って、何を表現しているのですか?
あれは悟りとなにか関係があるんでしょうか?

360:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/04/29(水) 22:33:17.57 ID:oWpQo+8A
>>358 おぬしが書くから存在するのじゃ。
 おぬしに合わせているだけなのじゃ。
 ふんぎぃも存在するのじゃ。

>>359 それは神仏をイメージする時の助けにするための画像なのじゃ。
 サマーディにまでは役に立つものじゃ。
 そこから先には役に立たないのじゃ。
 試してみると善いのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

812:避難民のマジレスさん[]:2020/04/28(火) 23:59:03 ID:8Fv5HEzU0 [1/2]
変化の緊要

   心と頭 1

質問者 人間が自らの存在を異なった諸区画 - 知能と情動 - に分割してきたのは、なぜなのでしょうか。それぞれがもう一つに依らず独自に存在しているように思われます。生におけるこれら二つの駆り立てる力はしばしば矛盾しあっていて、そのため私たちの存在のまさに織地を引き裂くように思われるほどなのです。人間が全的存在として行為できるようにそれらをまとめることは、いつも生の主要な目的の一つでありました。そして、人間のなかのこれら二つのものに加えて、変化する環境たる第三のものがあるのです。それで、人間のなかのこれら二つの矛盾したものはさらにまた、人間自身の外側にあるように見える第三のものと対立しているのです。ここに問題があり、こんなに混乱させ、こんなに矛盾し、こんなに広大であり、そのため知能は、それらをまとめるために神と呼ばれる外側の機関を考案するほどです。そしてこれが、さらにいっそう事態全体を錯綜させるのです。生にはただ一つこの問題があるのです。

K あなたは、あなた自らの言葉に乗せられていくように思われます。これは本当にあなたにとって問題なのでしょうか。それともあなたは、よい議論をするために、それを考案しているのでしょうか。それが議論のためであるなら、そのときそれは本当の内容をもちません。しかし、それが本当の問題であるなら、そのとき私たちはそれに深く入れます。ここで私たちにはとても複雑な状況があるのです - 内がそれ自体を諸区画に分割し、さらにまたそれ自体をその環境から分離するのです。さらにまた、それは環境を - それを社会と呼ぶのですが - 諸階級、人種に、経済的、国家的、民族的、地理的諸集団に分離するのです。これが、世界で現行として起きていることであるように思われるし、私たちはそれを生きることと呼ぶのです。この問題を解決できないので、私たちは超越的存在を考案します。私たち自身と私たちの間に調和と束ねる性質をもたらしてくれるだろうと私たちが願うところの機関です。私たちが宗教と呼ぶこの束ねる性質は、今度はもう一つの分割の要因をもたらすのです。それで、疑問はこうなります - 諸分割がない生きることの完全な調和、知能と心がどちらも全的存在の表現である状態を、何がもたらすのでしょうか。その存在は断片ではないのです。

質問者 私はあなたに同意しますが、しかし、どのようにすればこれはもたらされるのでしょうか。これは、人間がいつもあこがれてきたし、諸宗教すべてと政治的、社会的ユートピアすべてをとおして探し求めてきたものなのです。

K あなたはどうすればを訊ねます。「どうすれば」は最大の誤りです。それが分離的要因なのです。あなたの「どうすれば」と私の「どうすれば」と他の誰かの「どうすれば」があるのです。それで、もしも私たちはけっしてその言葉を用いなかったなら、決定された成果を達成するための方法を探し求めているのではなくて、本当に探究しているでしょう。それで、あなたはこの方法や成果という観念をそっくり片づけられるでしょうか。あなたが成果を定義できるなら、あなたはすでにそれを知っているし、ゆえにそれは自由ではなく、条件づけられてあるのです。私たちが方法を片づけるのなら、そのとき私たちはどちらも、外側の機関を考案せずに調和的全体をもたらすことがいったい可能なのかを、探究する能力があるのです。というのは、外側の機関すべては、環境的であっても、超環境的であっても、ただ問題を増大させるからなのです。
  まず初めに、それ自体を感情、知能、環境とに分割するのは、頭です。外側の機関を考案するのは、頭です。問題を創作するのは、頭です。
(´・(ェ)・`)つ

813:避難民のマジレスさん[]:2020/04/29(水) 00:01:03 ID:8Fv5HEzU0 [2/2]
くまめも1

人間は自らを知能と情動に分割し、人間自身の外側にあるように見える、変化する環境たる第三のもと対立している。さらにまた、環境、社会を、諸階級、人種に、経済的、国家的、民族的、地理的諸集団に分離する。私たちはそれを生きることと呼ぶ。この問題を解決できないので、超越的存在を考案する。自身と私たちの間に調和と束ねる性質をもたらすと願うところの機関、宗教と呼ぶこの束ねる性質は、今度はもう一つの分割の要因をもたらす。諸分割がない生きることの完全な調和、知能と心がどちらも全的存在の表現である状態を、何がもたらすのか。
どうすればと訊ねるのは誤り。それが分離的要因。「どうすれば」という言葉を用いなかったなら、決定された成果を達成するための方法を探し求めているのではなくて、本当に探究している。成果を定義できるなら、すでにそれを知っているし、ゆえにそれは自由ではなく、条件づけられてある。方法を片づけるのなら、問題を増大させる外側の機関無しに調和的全体をもたらすことが可能なのかを、探究する能力がある。それ自体を感情、知能、環境とに分割するのは、外側の機関を考案するのは、問題を創作するのは、頭。
(´・(ェ)・`)

814:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/29(水) 22:59:46 ID:1d4drIFg0 [328/328]
ものごとをさまざまに定義し、分別することが問題を作り出すのじゃ。
それに対して何かをしようとすることが更に問題を多くするのじゃ。
山火事を消そうとして燃料になる木を燃やしたらますます火が燃え広がるようなものじゃ。
思考も分別もただ止めるだけで問題はなくなるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました