鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/04/05(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

83:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/05(日) 05:59:16 ID:f5VQtfqU0 [4/4]
>>77 事実としての前世などは無いのじゃ。
 今のおぬしというものも幻想であるからのう。
 今の幻想が事実としての前世など持っている筈は無いのじゃ。

これに関しては同意見ですが、ではなぜ「前世あて」みたいな幼稚なことをしたんですかね?

84:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/05(日) 19:45:22 ID:czRftzgI0 [3/3]
思考に没頭していてふと我に返った時、思考の内容を覚えているのは、思考している自分を見ている者がいるからですか?

85:避難民のマジレスさん[sage]:2020/04/05(日) 21:00:29 ID:Y5LPInQE0 [13/13]
鬼和尚さん

数息観ですが直前の数が本当にそれなのか分からなくなる
(例えば今数えている数が6だとすると5だったか
本当に5を数えたのか分からなくなる)のは良くないのでしょうか?

それとやはりどうしても色々考えようとしてしまうのですが
どうすれば良いのでしょうか?

86:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/05(日) 21:35:44 ID:1d4drIFg0 [23/23]
>>83 それは人々の不安を鎮めるためなのじゃ。
 おぬしも前世を尋ねたのは不安があるからじゃろう。
 確固とした自分はあるのかとか、
 不変の自分はどこにあるのかとか、
 不安があれば修行も出来ないから教えるのじゃ。
 修行して自ら前世も観られるようになれば幻想と知れるのじゃ。

>>84 者というより機能なのじゃ。
 記憶能力がその思考を記憶していたのじゃ。
 それもまた主体無く起こるものじゃ。
 寝ていても呼吸は自我もなく続いているようなものじゃ。
 自動的な記憶が深い眠りの中以外には常に働いているのじゃ。

>>85 呼吸に集中していればよいのじゃ。
 それは記憶に混乱があるだけなのじゃ。
 続けていればそれもまた自らの性質と知れるのじゃ。

 それもあってよいのじゃ。 
 それに気付いたら数を数えることに集中するのじゃ。
 とめようとしなくて善いのじゃ。
 思考をそのまま流していけば善いのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  52 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1585172010/

111:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/04/05(日) 19:05:15.60 ID:JW3wuy3d
物事を先送りしてしまうクセを直す方法はありますか?
特に緊急を要していない用事などは「いつでもいいや」と思ってしまいます。

ただ、よく観察してみるとそれは絶対にやらなければいけないことではなくて
ヒマならやってもいいと言うレベルの単なる娯楽、自己満足の類だったりします。
そう言うものなら先送りにしておいても別に問題はありませんか?

113:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/04/05(日) 22:16:21.37 ID:V85HwcsV
>>111 やらなくてよいことこそ先にやるべきなのじゃ。
 そうすればやるべきことも出来るようになるのじゃ。
 嫌なこと、やらなくてよいことを先にやるのじゃ。
 そして自分に満足するのじゃ。

 それをやるまで他のことは何もしないようにするのじゃ。
 飲食やトイレもしないようにするのじゃ。
 そうすればやるしかないのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

198:185 (ワッチョイ 0d67-7z+R [126.0.18.133])[]:2020/04/05(日) 09:23:18.55 ID:rumJSQBv0 [1/3]
鬼和尚さん
>主語無く聞かれたことに誰も答えられないのじゃ。

主体なく意志は起こる、とおっしゃるなら
例に出されていた趙州和尚や白隠慧鶴の言葉や行動は
元々、言語論理から逸脱したアナロジーとして受け取るべきでは無いでしょうか?

私はここに以前から「もつれ」を感じています。
このような時、如何でしょう?

199:185 (ワッチョイ 0d67-7z+R [126.0.18.133])[]:2020/04/05(日) 09:30:01.99 ID:rumJSQBv0 [2/3]
これは分かりづらかったら無視し下さい。「もつれ」について論理演算としての私見。

1*1=1,1*0=0,0*1=0,0*0=0としてしまうと対称性がない。
0*0=1ならばXNORである。
<A|=[a ~a], |B>=[b, ~b] とすれば
<A|B>=[ab ~ab, a~b ~a~b]となる。
|D>=<A|B>|C>を考えるなら
d=abc+~ab~c=b(ac+~a~c)
~d=a~bc+~a~b~c==~b(ac+~a~c)

論理演算は「もつれ」。集合論も「もつれ」。自然数論も「もつれ」
哲学・思想・宗教すべて含めて「もつれ」がその主体ではありませんでしょうか?
「もつれ」が同じである事、と同時に、「もつれ」が異なる事
それが「存在」とか「自己同一性」とか「実存」と言うものを
つなげているのでは無いでしょうか?

分かりにくかったら無視して下さい。

200:185 (ワッチョイ 0d67-7z+R [126.0.18.133])[]:2020/04/05(日) 11:50:54.73 ID:rumJSQBv0 [3/3]
先程の>>198に書き損じがありました。『』内を訂正させて頂きます。

鬼和尚さんの>主語無く聞かれたことに誰も答えられないのじゃ。のレスに対して。

主体なく意志は起こる、とおっしゃるなら
例に出されていた趙州和尚や白隠慧鶴の言葉や行動は
元々、言語論理から逸脱したアナロジーとして受け取るべきでは無いでしょうか?
『もはや、そこには主語も目的語も補語も必要とはしないのでは無いでしょうか?』
『言語化出来ぬ自由意志と自主独立性をあえて言語化するのは、一体どういう行動原理なのですか?』

私はここに以前から「もつれ」をブラ、ブラ、ブラ(以下同文)

201:マジレスさん (ワッチョイ 9d93-xTPH [14.10.59.64])[sage]:2020/04/05(日) 19:12:59.99 ID:GTiHcdl20
暇なときに気怠い倦怠感を感じます。
時間はあるのに何もしたくない、けど何もしないともったいない気分になる。
そして、ひたすらねむいです。
なにか行動するのが億劫で、重い腰が上がりません。
このような倦怠感はどうすれば無くせますか?

203:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM  (ワッチョイ da67-5QI3 [219.192.74.62])[sage]:2020/04/05(日) 22:19:10.59 ID:GqN/juYs0
>>200 そうしなければおぬしに理解できないからなのじゃ。
 おぬしのためなのじゃ。
 言語が無くても理解出来るならばそうするのじゃ。
 それも全て方便なのじゃ。

>>201 それは眠いか、疲労しているからかもしれん。
 一度寝ると善いのじゃ。
 或いは自律訓練法などをしてみるのじゃ。
 ただ単にリラックスする音楽とかを聞くのも善いのじゃ。
 一休みするのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

728:避難民のマジレスさん[]:2020/04/05(日) 00:10:35 ID:fBHCYJXA0 [1/3]
>>726
うむ。本当でありますね。
全くいっしょであります。
(´・(ェ)・`)b

731:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/05(日) 22:38:22 ID:1d4drIFg0 [302/303]
>>723 そうじゃ、大悟したものは全て同じ真実が見えているからなのじゃ。

729:避難民のマジレスさん[]:2020/04/05(日) 00:17:06 ID:fBHCYJXA0 [2/3]
変化の緊要

  全体が見えること 1

質問者 あなたのお話を聞くとき、私はあなたが何について話しておられるのかを、言語的にだけではなく、はるかに深い水準で理解するように思われます。私はその一部です。私は私のすべてでもって、あなたの言われることの真理を十分につかみます。私は聞くことが鋭くなるし、花、樹々、あの雪山を見ることこそが、私はそれらの一部であることを、感じさせてくれるのです。この気づきのなか私は葛藤、矛盾を持ちません。それはまるで私が何でもできるかのようですし、私が何をしようとも真実であろうし、葛藤や苦しみをもたらさないのでしょう。しかし、不幸にもその状態は長続きしないのです。おそらくそれは、お話を聞いている間の一、二時間続くのです。私が講話を去るとき、すべて蒸発するし、私はかつていたところに戻るように思われます。私は私自身に気づこうとします。私は、あなたの話を聞くとき私のあった状態を思い出しつづけ、それに至ろうとしつづけ、それに取りすがるし、これは格闘になるのです。あなたは言われました - 「あなたの葛藤に気づきなさい。あなたの葛藤を聞きなさい。あなたの葛藤の原因を見なさい。あなたの葛藤はあなた自身です」と。私は私の葛藤、私の苦しみ、私の悲しみ、私の混乱に気づきます。しかし、この気づきはどちみちこれらのものごとを解消しないのです。反対に、それらに気づくことは、それらに活力と持続を与えるように思われるのです。あなたは、選択なき気づきについて話されますが、それも再び私にもう一つの戦いを生み育てるのです。私は選択と判断と見解に満ちているからです。私はこの気づきを、私の持つ特定の習慣に適用してきましたが、それは去っていないのです。何か葛藤、抗争、緊迫に気づくとき、この同じ気づきは、それがすでに去ってしまったのかどうかを見届けようとしつづけます。そしてこれは、それを思い起こさせるように思われるし、それをけっして振り落とせないのです。

K 気づきは、何かへの参与ではありません。気づきは、内と外のどちらでも観察であり、そこでは方向が止まっているのです。あなたは気づきます。しかし、あなたが気づくもの・ことは、助長されたり養われていないのです。気づきは何かへの集中ではありません。それは、自らが何に気づこうかと選択し、一定の成果をもたらすためそれを分析する意志という行為ではありません。気づきは、葛藤、抗争のような特定の対象に、意図的に焦点を合わせられるとき、それは、集中たる意志の行為です。あなたが集中するとき、すなわち - あなたの精力と思考すべてを、読書をするのでもテレビを見るのでも、あなたの選択した辺境の内に置くときには、その排除のなか、あなたの集中しているもの・ことは、強められるし、養われるのです。それで、ここで私たちは、気づきの本性を理解しなくてはなりません。私たちは、気づきという言葉を用いるとき、何について話しているのかを理解しなくてはなりません。さて、あなたは特定のもの・ことに気づけるのか、その特定のもの・ことを全体の部分として気づけるのかのどちらかです。特定のもの・こと自体はほとんど意味を持ちませんが、しかし、あなたは総体が見えるとき、その特定のもの・ことは、全体と関係があるのです。その関係のなかにのみ、特定のもの・ことは、その正しい意味を持つのです。そればかりが重要にならないし、それは誇張されません。それで、本当の疑問はこうなのです - 生の全的過程が見えるでしょうか。それとも、特定のもの・ことに集中していて、かくして生の広野全体を逃すのでしょうか。広野全体に気づくことはまた、特定のもの・ことを見ることでもあるが、同時にそれの全体への関係を理解することなのです。あなたが怒っていて、その怒りを終わらせることに関心があるのなら、そのときあなたは注意の焦点を怒りに合わせるし、全体はあなたを回避するし、怒りは強められるのです。しかし、怒りは全体に相互に関係しあってあるのです。それで、私たちが全体から特定のもの・ことを分離するとき、特定のもの・ことは、それ自体の問題を生み育てるのです。
(´・(ェ)・`)つ

730:避難民のマジレスさん[]:2020/04/05(日) 00:25:04 ID:fBHCYJXA0 [3/3]
くまめも 1

気づきは、何かへの参与ではない。
気づきは、内と外のどちらでも観察であり、そこでは方向が止まっている。
あなたは気づく。しかし、あなたが気づくもの・ことは、助長されたり養われていない。
気づきは何かへの集中ではない。
それは、自らが何に気づこうかと選択し、一定の成果をもたらすためそれを分析する意志という行為ではない。
あなたが集中するとき、すなわち - あなたの精力と思考すべてを、あなたの選択した辺境の内に置くときには、集中しているもの・ことは、強められるし、養われる。
あなたは、特定のもの・ことに気づけるのか、その特定のもの・ことを全体の部分として気づけるのかのどちらか。
総体が見えるとき、その特定のもの・ことは、全体と関係がある。
その関係のなかにのみ、特定のもの・ことは、その正しい意味を持つ。
生の全的過程が見えるか、特定のもの・ことに集中していて、生の広野全体を逃すのか。
広野全体に気づくことはまた、特定のもの・ことを見ることでもあるが、同時にそれの全体への関係を理解すること。
全体から特定のもの・ことを分離するとき、特定のもの・ことは、それ自体の問題を生み育てる。

732:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/04/05(日) 22:40:12 ID:1d4drIFg0 [303/303]
気付きとは自らの意志で行うことではないのじゃ。
観察の結果として起こるものじゃ。
そこに自我の介入は無いのじゃ。
自らを含む全体性への一瞬の理解が気付きなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました