鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/03/24(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part16
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1584893493/

9:避難民のマジレスさん[]:2020/03/24(火) 06:24:07 ID:4uJwclqg0 [1/2]
侍じゃな。
 小商人じゃな。
 金貸しじゃな。
 神官じゃな。
 農民じゃな。
 坊主じゃな。

それぞれ前世も名の知れた人だったのでしょうか?

10:普通の者[]:2020/03/24(火) 17:25:39 ID:b6Ph5d7g0
和尚様
今日気づいたことがあります。日常生活で対象を見ているのに、自分を見ていることに気づいたのです。対象と自分が一つに溶け込んでいることを目の当たりにします。これは、境地が進んだ証なのでしょうか?

11:避難民のマジレスさん[sage]:2020/03/24(火) 19:25:19 ID:h5P9mv0k0
鬼和尚が日経平均への投資をお勧めする理由はなんでしょうか?
緩やかに人口減少が進み、経済減速がしきりに叫ばれている日本に投資するのもリスクに思えてなりません。
それともこれから日本がバブルの時のような大復活をする日がやってくるのでしょうか?

14:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/24(火) 22:03:07 ID:1d4drIFg0 [3/4]
>>9 知られていないのじゃ。
 名も無き庶民なのじゃ。
 善事をしていたから善い環境で大きなことも出来たのじゃ。
 善事を積むとよいのじゃ。

>>10 そうじゃ、自他の境が消えたのじゃ。
 サマーディの境地なのじゃ。
 それにも囚われずに更に精進あるのみなのじゃ。

>>11 日経平均は官民政が組んで上げて行く暗黙の了解があるからなのじゃ。
 アメリカのダウを見習って経済政策の一つになっているのじゃ。
 成長する会社だけを選んで次々に組み替えるから、上がるしかないのじゃ。
 一種の朝三暮四のような経済政策ともいえるが、政策で上げてくれるならば利用して金持ちになると善いのじゃ。

12:蓮恵[sage]:2020/03/24(火) 19:58:32 ID:wCfwUKq.0 [2/2]
>>11

鬼和尚様

文章が長くて、お手数お掛けしました
心銘の解説ありがとうございました

>これはもはや修行の最後に知るべき銘なのじゃ。
>法という筏を捨てるための教えなのじゃ。
>空とか瞑想を極めて最後の境地に行く時に読むと善いのじゃ。

今自分がやっていることは、知識とか作為を使わないということです
イメージとか言葉に囚われないように坐るということです

13:普通の者[]:2020/03/24(火) 21:55:07 ID:LDw7RhVo0 [2/2]
>>7
安倍晋三は、後醍醐天皇ではないかと、感じますが、どうでしょうか?

15:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/24(火) 22:05:06 ID:1d4drIFg0 [4/4]
>>12 善いことじゃ。
 無為にして座り続ければ悟りもやってくるじゃろう。
 精進あるのみなのじゃ。

>>13 違うじゃろう。
 公家面ではあるがのう。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】51
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

968:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/03/24(火) 19:27:02.48 ID:0UueYE+y
辛いものを習慣的に食べると胃がんのリスクが高まると聞きました。
食べ過ぎでなくても、日常的に辛いものを食べるのは避けた方がいいですか?

969:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/03/24(火) 21:44:01.79 ID:XqbZJIc7 [1/2]
鬼和尚は神通力で未来を天眼視できるんじゃないんですかーーー!!!???

971:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/03/24(火) 21:56:20.98 ID:XqbZJIc7 [2/2]
あ、オリンピック延期になったようです・・・鬼和尚ーーーー!!!???

973:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/03/24(火) 22:22:57.76 ID:mXwWrC9R
>>968 そうじゃろう。
 何でもやりすぎはいかんのじゃ。
 中道をいくとよいのじゃ。

>>969 選択の無い未来が見えるのじゃ。
 おぬしの選択で先は変るのじゃ。
 予測を聞いてから別の道を行くことも出来るからのう。

>>971 よかったのじゃ。
 その間に練習するとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

688:避難民のマジレスさん[]:2020/03/24(火) 08:50:24 ID:rR/mf2b.0 [1/2]
変化の緊要

  宗教的な生 1

質問者 私は宗教的な生とは何なのかを知りたいように思うのです。私は幾月もの間、修道院に泊まり、冥想し、修養生活を送り、たいへんに多くを読んできました。私はさまざまな寺院、教会、モスクに行きました。私は単純素朴な害を与えぬ生を送ろうとし、人々や動物を傷つけないようにしてきました。私はヨーガを実践し、禅を研究し、多くの宗教的修養に従ってきました。私はいつも菜食主義者であったし、いまもそうです。おわかりのように、私はいま老いようとしているし、世界のさまざまな地域の聖人のいくらかともともに生きてきました。しかし、なぜだか私は、このすべてはただ本当のものの輪郭のみであると感じます。それで、私たちは今日、あなたにとって宗教的な生とは何なのかを議論できるのかどうかと思うのです。

K ある日一人のサンニャーシが私に会いに来ましたが、彼は悲しんでいました。彼は純潔の誓いを立てて、托鉢僧になるため世間を離れ、村から村へさすらってきたのだと言いましたが、彼の性欲があまりに切迫したので、そのためある朝彼は、性器を外科的に取り除いてもらおうと決意したのでした。何ヶ月もの間、彼は常に痛みがあったのですが、どうにかそれも癒えました。そして、何年もの後で彼は、自分が何をやったのかを十分に悟りました。それで彼は私に会いに来ましたが、その小さな部屋で彼は私に、自分自身を不具にしてしまったが、再び正常に - もちろん物理的にではなく内的に - なるには、いま自分に何ができるのかを訊ねました。性的活動は宗教的な生に逆行すると考えられたから、彼はこういうことをしたのでした。楽しみの世界は本当のサンニャーシはどんな付けを払っても回避しなければならないが、それは世俗的であり、楽しみの世界に属していると考えられました。彼は言いました、「いまここ私はいて、私の男性を剥奪されて、完全に迷った気持ちです。私は自分の性欲に対してあんなに激しく格闘し、それを制御しようとしました。そして究極的にこの恐ろしいことが起きたのです。いま私は何をなすべきなのでしょうか。私がやったことは間違っているのは知っています。私のエネルギーはほとんど去ったし、私は自分の生を暗闇のなか終えるように思われるのです」と。彼は私の手を取りました。私たちはしばしの間、静寂に坐りました。
  これは宗教的生なのでしょうか。楽しみや美しさの拒否は、宗教的生につながる道なのでしょうか。空と丘と人体の美しさを拒否することは、宗教的生につながるでしょうか。しかし、それは、ほとんどの聖者と僧侶が信じているところです。彼らはその信において自分自身を拷問にかけるのです。拷問され歪み歪曲された心はいったい、宗教的生とは何なのかを見出せるのでしょうか。それでも、諸宗教すべてが、真実や神や何と呼ぶともそれへのただ一つの道は、この拷問、この歪曲をとおしてであると主張するのです。彼らはすべて、霊的または宗教的な生と呼ばれるものと世間的生と呼ばれるものとの間に、区別を付けるのです。
  時折の悲しみや謹みの閃きをもってただ楽しみだけのために生きる(人)、生全体が娯楽と享楽とに捧げられている人は、またとても利口で、学識が広く、自らの生を他の人々や自分の思考で満たそうとも、もちろん世間的な人なのです。そして、才能を授かり、それを社会の利益のためや自分の楽しみのために行使する(人)、その才能の充足において名声を博する人 - そういう人もまた確かに世間的なのです。しかし、先入観、偏見に浸かり、それの含意する残忍に全く気づかず、教会や寺院、モスクに行くこと、祈ることもまた、世間的なのです。愛国的で、国家主義的、民族主義的、理想主義的であることは、世間的なのです。自分自身を修道院に閉じこめる(人) - 書物を手にして規則正しい時刻に起きて、読み、祈る - 人もまた確かに世間的なのです。そして、良い仕事をするために外へ出かける人は、社会改革者でも伝道師でも、世間への関心において、政治家と同じです。宗教的生と世間との分割は、世間性のまさに本質です。僧侶、修道者、聖者、改革者 - これらすべての人々の心は、ただ楽しみを与えるものごとに関心を持つだけの人たちの心と、あまり違っていないのです。
(´・(ェ)・`)
(つっく)

689:避難民のマジレスさん[]:2020/03/24(火) 09:01:29 ID:rR/mf2b.0 [2/2]
くまめも4-1

宗教的な生とは何なのか
楽しみや美しさの拒否は、宗教的生につながる道なのか。
それは、ほとんどの聖者と僧侶が信じているところ。
彼らはその信において自分自身を拷問にかける。
拷問され歪み歪曲された心はいったい、宗教的生とは何なのかを見出せるのか。
それでも、諸宗教すべてが、真実や神や何と呼ぶともそれへのただ一つの道は、この拷問、この歪曲をとおしてであると主張する。
彼らはすべて、霊的または宗教的な生と呼ばれるものと世間的生と呼ばれるものとの間に、区別を付ける。

先入観、偏見に浸かり、それの含意する残忍に全く気づかず、教会や寺院、モスクに行くこと、祈ることもまた、世間的。
社会改革者でも伝道師でも、世間への関心において、政治家と同じ。
僧侶、修道者、聖者、改革者 - これらすべての人々の心は、ただ楽しみを与えるものごとに関心を持つだけの人たちの心と、あまり違っていない。
(´・(ェ)・`)

690:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/24(火) 22:30:24 ID:1d4drIFg0 [289/289]
伝統的な宗教団体に所属したとしても、葬式で金儲けをしていたりするのならば俗人と変わりないのじゃ。
外見だけの偽者なのじゃ。
死ぬ時になって自分で自分を騙していたことに気付いて泣くことになるのじゃ。
真の悟りを求める者は少ないものじゃ。
真摯に悟りを求める者が実践することが真の宗教なのじゃ。
悟りを得て不死の境地に至れば永遠に安楽に居られるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました