鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/03/16(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

947:避難民のマジレスさん[]:2020/03/16(月) 05:53:32 ID:QoVcSFCc0 [3/3]
寝ている時は誰でも幽体離脱しているのですか?

今日亡くなった祖父に会うゆめを観たのですが、夢を見ているときは、夢の世界がピッタリと自分に取り巻いているので、これが幽体離脱なのか何なのか実感できません。
その世界は眼を開けた瞬間、現世に移り変わっており、「霊体の移行過程」が認識できないのです。月や星に集中すると、霊が月や星に移動すると言うことでしょうか?
もし、そんなことが、覚醒中に出来たならば、霊体を実感できるでしょうが、「単なる脳内幻覚」と区別出来るのでしょうか?
「単なる脳内幻覚」と「霊体験」を区別する方法を教えてください。

948:避難民のマジレスさん[]:2020/03/16(月) 08:30:04 ID:E1/UyVcc0
鬼和尚様

何が起きても、何をしても、何を思っても、見守っている主体がありますが、この主体であり続けるのがサマディ。

この主体をも観るのが悟り。という理解でよろしいでしょうか?よろしくお願いします。

949:蓮恵[sage]:2020/03/16(月) 18:22:26 ID:O0ha5dbA0
鬼和尚様

アートマンですら無と見よとのことですが認識対象や概念に囚われる心の癖があるので、そういった認識対象、概念を寄る辺とすることなかれ

という理解の仕方でよろしいでしょうか

953:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/16(月) 21:58:51 ID:1d4drIFg0 [248/249]
>>947 しているのじゃ。
 霊はないのじゃ。
 意識だけが在るのじゃ。
 星や月に集中すれば肉体だけでない意識も実感できるのじゃ。

 部屋に居ながら外の状況がわかれば幻覚ではないのじゃ。
 外に誰かがいたこともわかるとかのう。
 何度も経験すれば確信するじゃろう。

>>948 サマーデイはその主体が集中の対象と同一化するのじゃ。
 それによって忘れるのじゃ。
 主体を忘れるのがサマーディと言えるのじゃ。

 主体を見れば無我なのじゃ。
 認識をも観れば大悟なのじゃ。
 それまた精進あるのみなのじゃ。

>>949 そうじゃ、全てを無と見るのじゃ。
 なにものにも依拠しなければ全て無になるのじゃ。
 一切無の境地こそがアートマンの実現なのじゃ。
 実践によって確かめるのじゃ。

950:避難民のマジレスさん[sage]:2020/03/16(月) 19:15:42 ID:czRftzgI0 [42/42]
確認させてください。
潜在意識が自分(自我)で、潜在意識の奥底にある意識が真我ということですか?

951:普通の者[]:2020/03/16(月) 21:43:00 ID:LDw7RhVo0 [76/78]
和尚様
いつもご指導ありがとうございます。
マハルシの、私を自覚するという、いわゆる真我探求は、まさに強力なもので、すぐに主体が現れ、私を呑み込もうとします。ですが、頭の皮というか、殻というのでしょうか、ずっと難儀なもので、それが引っ掛かり最後までいけないのです。この皮は少しずつ薄くなってきているので、まさに持久力戦ですね、根気づよく諦めないで行きたいと思います。

952:普通の者[]:2020/03/16(月) 21:44:36 ID:LDw7RhVo0 [77/78]
>>951
しかし、この頭の皮、殻とは一体なんなのでしょうか?

954:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/16(月) 22:02:30 ID:1d4drIFg0 [249/249]
>>950 自我は潜在意識によって支えられているのじゃ。
 それがそのまま自我ではないのじゃ。

 真の我はないのじゃ。
 アートマンすらも無なのじゃ。
 それがわかるまで実践あるのみなのじゃ。

>>951>>952 それは今まで培ってきた記憶の塊なのじゃ。
 自己の観念なのじゃ。
 それを自分と思っているのじゃ。
 たまねぎの皮をむくように少しずつ滅していくのじゃ。
 芯もなくなるまで精進あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】51
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

884:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/03/16(月) 17:04:08.98 ID:IsPrjwUX
鬼和尚、私の姉は「エホバの証人」でエホバを信仰してます。
自分には関係なかったので放っておいたのですが、最近は機関紙を送って
来るようになりました。
私は黙って無視しています(ゴミ箱に入れる)が、どうしたものでしょう?

885:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/03/16(月) 21:08:06.74 ID:R7QauOOx
>>884 エホバを脱会した者の話を印刷して送り返してやると善いのじゃ。
 ネットにはたくさん転がっているのじゃ。
 jpgとかpdfファイルにしてUSBメモリーかSDとかスマホでコンビニで印刷できるのじゃ。
 家に来たら脱会した者の話を聞かせてやると善いのじゃ。
 わしの説法でも善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580459078/

904:マジレスさん[]:2020/03/16(月) 12:43:35.18 ID:M5G2As+u
鬼和尚さんは仏教の哲学的教理
無常、無我、空、縁起
のうち「無我」を
アートマンと解釈していますか?
それとも
アナートマンと解釈していますか?

907:太上天君[]:2020/03/16(月) 18:19:06.72 ID:rDwqYwEV
鬼和尚よ、仏法が説いているものは無か?
無とは何もないことじゃから、仏法は何も説いておらぬということか?

ハキハキ答えよ!!!

はふんはふんおふんおふん。

908:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/03/16(月) 21:12:15.87 ID:jgc1vSJE
>>904 アナートマンとは非アートマンなのじゃ。
 そうであるからどっちにしてもアートマンの法なのじゃ。
 アートマンは認識できないものである故に非でのみ現されるのじゃ。
 ウパニシャッドを読まなければ真のお釈迦様の教えもわからないのじゃ。

>>907 無は説けないのじゃ。
 説けないものが無なのじゃ。
 おぬしの心性を説いているのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

649:避難民のマジレスさん[]:2020/03/16(月) 00:16:25 ID:p0HHSJwQ0 [1/2]
うむ。
集中力をつける訓練、実践になるかなと思ったのでありますが、だめでありましょうか。 
(´・(ェ)・`)つ

652:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/16(月) 21:48:33 ID:1d4drIFg0 [274/275]
>>649 だめではないが、自らの実践こそが大事なのじゃ。
 一つでも自らの心の性質が観られたならば、それだけでも全ての世界の変容は起こるものじゃ。
 心が世界を創っているのであるからのう。
 少しずつでも実践するとよいのじゃ。

650:避難民のマジレスさん[]:2020/03/16(月) 01:50:27 ID:p0HHSJwQ0 [2/2]
変化の緊要

  この世界でどのように生きるのか 4

彼は次の日熱心に戻ってきた。彼の目には探究の明るい光があった。

質問者 もしあなたがよろしければ、私はさらに、私はこの世界にどのように生きるのかというこの疑問に入りたいとと思うのです。私はいま、昨日あなたが説明されたとおりに、理想の全くの非重要さを心と頭で理解します。私はそれと全く長い格闘をしたし、理想の卑小さが分かるに至ったのです。あなたは、理想や逃避がないとき、ただ過去(のみ)、千の昨日のみがあるし、それが「私 me 」を作り上げると言っておられるでしょう。それで、私が「私はこの世界にどのように生きるのだろうか」と訊ねるとき、私は間違った疑問を立てただけではなく、矛盾して言明をもしたのです。というのは、私は世界と「私 me 」を互いに対立しあうように置いたからです。そしてこの矛盾が、私が生きることと呼ぶところです。それで、私はその疑問、「私はこの世界でどのように生きるのだろうか」を訊ねるとき、本当はこの矛盾を改善しよう、それを正当化しよう、それを修正しようとしているのです。なぜなら、それが私の知るすべてであるからです。私は他に何も知らないのです。

K そのときこれが、私たちがいま持つ疑問です - 生きることはいつも過去にあるにちがいないのでしょうか。活動すべては過去から発しなければならないのでしょうか。関係すべては、過去から出てくるものでしょうか。生きることは過去の複雑な記憶なのでしょうか。それが、私たちの知るすべてです - 過去が現在を修正するのです。そして未来は、この過去が現在をとおして作用することから出てくるものなのです。それで、過去と現在と未来はすべて過去なのです。そしてこの過去が、私たちが生きることと呼ぶところです。心は過去ですし、頭脳は過去ですし、感受は過去ですし、これらから来る行為は、知られたもの・ことの肯定的活動です。この過程全体があなたの生ですし、あなたの知る関係と活動のすべてです。それで、あなたはこの世界にどのように生きるのかを訊ねるとき、あなたは監獄の変化を求めているのです。

質問者 私が言うのはそういう意味ではありません。私が言うのはこうです - 私は、私の考えてなす過程は、過去が現在をとおして未来へ働くことであるのが、ごく明らかに分かります。これが私の知るすべてです。それは事実です。そして私は、この構造に変化があるのでないのなら、私はそれに捕らわれるし、私にそれに依ってあることを、悟ります。ここから必然的に疑問が生じます - 私はどのように変化するのでしょうか。

K この世界に健全に生きるには、心と頭の根本的な変化があるのでなければなりません。

質問者 はい。しかし、あなたのいう変化とはどういう意味でしょうか。いかなる私のすることも過去の動きであるのなら、私はどのように変化すべきでしょうか。私はただ私自身を変化させられます。他の誰も私を変化させられません。そして私は、それは、変化するとはどういう意味なのかが、分からないのです。

K それで、「どのように」は方式(という意味)ではなく、理解するための探究という意味であることを心得ると - 疑問「私はこの世界にどのように生きるのか」は、いまや「私はどのように変化するのか」になったのです。変化は何でしょうか。いったい変化はあるのでしょうか。それとも、全的な変化と革命があった後でのみ、いったい変化はあるのかと訊ねられるのでしょうか。この言葉が何を意味するのかを見出すため、再び始めましょう。変化は、有るものから何か違ったものへの動きという含意です。この何か違ったものは単に、対極でしょうか。それともそれは、まるで違った秩序に属しているのでしょうか。それが単に対極であるなら、そのときそれは全く違っていないのです。なぜなら、対極すべては、熱いと寒い、高いと低いのように、相互に相依って存在するからです。対極は、その対極に含まれ、決定されるのです。それはただ比較においてのみ存在します。そして、比較上あるものごとは、同じ性質の違った度量を持つのです。ゆえに、それらは同様です。それで、対極への変化は、全く変化ではないのです。違ったように思われるものへ向かって行くこのことが、たとえ、あなたは本当に何かをしているのだという感じを与えてくれようとも、それは幻想です。

質問者 しばらくこれを消化させてください。

K それでいま、私たちは何に関心を持っているのでしょうか。過去に関係していないまるで新しい秩序の誕生を、私たち自身にもたらすことは、可能でしょうか。過去はこの探究には不適当ですし、卑小です。なぜなら、それは新しい秩序には不適当であるからです。
(´・(ェ)・`)つ

653:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/03/16(月) 21:51:35 ID:1d4drIFg0 [275/275]
過去の記憶からの意志や行動は新しい秩序をもたらしはしないのじゃ。
それもまた過去に属しているものであるからのう。
記憶を繰り返す観念遊戯に陥るばかりなのじゃ。
過去ではなく、まして未来でもない今ここで心の働きが観られたならば、変容は起こるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました