【仏教】悟りを開いた人のスレ479【天空寺】

【仏教】悟りを開いた人のスレ479【天空寺】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1580990048/

1:仏教坐睡民の大山 ◆JBP.OYid8g []:2020/02/06(木) 20:54:08.33 ID:J/6SP6pE [1/3]
悟ったと思う者は、体験、技術、見解などを書く事。
否定されても発狂しない。
罵倒、批判だけのレスはスルー。
修行もすること。(任意)

>>970が次スレを立てる。無理なら以降の有志にお願い。

※前スレ
https://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1580522131/

180:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/07(金) 23:55:40.29 ID:Zb4PVqUu [1/3]
>>1 ご苦労さんなのじゃ。
 臨済宗の金と人材でわしの説法を広めるのじゃ。
 臨済宗の全ては真の大悟徹底したわしのために作られたものとも言えるからのう。
 わっはっはっはっは。

181:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/07(金) 23:56:01.74 ID:Zb4PVqUu [2/3]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

182:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/07(金) 23:56:22.81 ID:Zb4PVqUu [3/3]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

252:坐睡の大山 ◆JBP.OYid8g [sage]:2020/02/08(土) 18:48:40.18 ID:MLfqsE+z [3/9]
スレタイ
 【公開討論】偽僧侶の是非について【鬼和尚vs大山】
テーマ
 僧侶じゃないのに僧侶って騙ったらダメだよな?
僧侶の基準
 得度出家してる事。(条件として一番緩い設定)
判定の基準
 仏法に準拠する常識の範囲
敗者への措置
 宗教板から永久追放(ただし、鬼和尚に限り大山の指定するトリ付きコテハンへの変更、または、御仏に懺悔の上、僧侶と誤解されないコテハンに鬼和尚自身が変更することにより永久追放は免除。理由は反省してもらう為)

282:日本鬼子@2ch覚者 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2020/02/08(土) 22:35:30.31 ID:rwpc4iWU [12/15]
252 坐睡の大山 ◆JBP.OYid8g sage 2020/02/08(土) 18:48:40.18 ID:MLfqsE+z
スレタイ
 【公開討論】偽僧侶の是非について【鬼和尚vs大山】
テーマ
 僧侶じゃないのに僧侶って騙ったらダメだよな?
僧侶の基準
 得度出家してる事。(条件として一番緩い設定)
判定の基準
 仏法に準拠する常識の範囲
敗者への措置
 宗教板から永久追放(ただし、鬼和尚に限り大山の指定するトリ付きコテハンへの変更、または、御仏に懺悔の上、僧侶と誤解されないコテハンに鬼和尚自身が変更することにより永久追放は免除。理由は反省してもらう為)

284:日本鬼子@2ch覚者 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2020/02/08(土) 22:47:36.75 ID:rwpc4iWU [13/15]
鬼和尚は逃げかな?

285:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/08(土) 22:57:34.26 ID:FI+51oPs [1/3]
ここでみんなに注意報じゃ。
最近このスレで討論などを呼びかける愚かな者が居るが、お釈迦様はのそような議論は一切禁じているのじゃ。
討論を呼びかける者は仏教徒ではなく、仏教を実践する者でもないと知るが善いのじゃ。
当然ながら真の仏教徒であり、仏教を実践する賢い者は大悟徹底したわしを筆頭に、そのような愚者はスルーなのじゃ。
哀れな者じゃ。

287:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/08(土) 22:57:55.25 ID:FI+51oPs [2/3]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

288:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/08(土) 22:58:14.38 ID:FI+51oPs [3/3]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

289:ガチのキチガイだっぺw惰眠を貪るウザイ犬山ぁ~♪[]:2020/02/08(土) 22:58:51.08 ID:J0ZO3I8U [8/19]
>>285

(#/__)/ドテ

290:麦 ◆MUGI/AIUgo []:2020/02/08(土) 23:03:58.20 ID:0usrwdQN [3/4]
>>285
∞ノノハ∞
川^〇^ハレ今まで散々ワシがまた論破したとか言っていてwww
逃げる言い訳が遅すぎでしょうwww

306:神も仏も名無しさん[sage]:2020/02/08(土) 23:32:00.56 ID:gFYZi8my [30/32]
>>285

( ´,_ゝ`)プッ

釈迦本人がニガンタ派の所まで出向いてニガンタ・ナータプッタと法論してるのだが?

それに修行僧に論争するなとは行ったが 阿羅漢に何かを禁じた戒律は無いぞ

釈迦と同等の悟りだなんて大法螺吹いて そんな事も知らないのか? 笑

572:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/09(日) 22:18:57.01 ID:6+rzsj2q [1/3]
>>289>>290 論ぜずに論破するのが真の賢者なのじゃ。
 また論破してしまったのう。

>>306 説法と論争の区別もできないようじゃのう。

 戒律は自ら守るものじゃ。
 大迦葉は阿羅漢となり、お釈迦様から年をとったから少しは戒律を緩めてよいと言われたが、
 自ら戒律を守り続けたのじゃ。
 お釈迦様も悟った後に必要は無いのに瞑想を続けたのじゃ。

 それというのも大衆に説く者が自ら実践しなかったり、戒律を守らないならば、教えられた者は誰もそれにならって実践しないからなのじゃ。
 論争によって納得する者は誰も居ないと、偉い人も言っているのじゃ。

573:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/09(日) 22:19:20.74 ID:6+rzsj2q [2/3]
 数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

574:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/09(日) 22:20:15.93 ID:6+rzsj2q [3/3]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

578:宇宙[]:2020/02/09(日) 22:57:18.66 ID:owOcJI22 [6/8]
>>572
>お釈迦様も悟った後に必要は無いのに瞑想を続けたのじゃ。

悟る前は何の必要があって瞑想したのかな?
悟った後、戒律を守るために瞑想する必要がないのに瞑想を続けたのかなあ?
鬼さんは最近瞑想してるの?

579:宇宙[]:2020/02/09(日) 23:00:25.17 ID:owOcJI22 [7/8]
というか、鬼さん今までちゃんと瞑想してたんだろうかw

583:宇宙[]:2020/02/09(日) 23:20:58.23 ID:owOcJI22 [8/8]
鬼さんが本気で数息観や観の行を世間の皆様に拡げて
苦しみから解放してあげたいと思ってる?

もし鬼さんのブログや5ちゃんねるの書き込みを見て
TV局やラジオ番組から出演依頼があったらどうする?

勿論鬼さんなら、出演料は貰わないだろうね。

大きなメディアからの発信で数息観や観の行は広く世間に行き渡り
実践するものも出てくるだろう。

その時メディアを通じて鬼さんは

「わしは仏陀と同じ大悟徹底したのじゃ、

わしは和尚じゃ」って、メディアで名乗れるのかな?

590:神も仏も名無しさん[]:2020/02/10(月) 00:22:55.33 ID:+Ke6tKHh [3/4]
わしは女性はどんなエロい妄想してるか研究するために女性向けエロ本買ったのじゃ

かなりえげつないのじゃ。言葉攻めとかドM調教とかあるのじゃ

男子は女性の夢を叶えるべく努力するのじゃ

ね?鬼和尚(●´ω`●)

594:神も仏も名無しさん[sage]:2020/02/10(月) 01:26:07.31 ID:E7EsxuPs [1/23]
>>572

何も解ってない 笑

ニガンタ・ナータプッタとのやりとりは法論だし 論争でも説法でもない

読まずに空想で言ってるのがバレバレ

涅槃って一回入ったぐらいじゃ解けるのも知らないとかど素人だな?笑

幾ら偉そうに言ってもお前は原始経典なんて一つも読めてないから

涅槃を維持できないからって自殺して無理矢理入涅槃した弟子の話とかも読んでないと見える

詐欺師は引っ込んでな

749:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/10(月) 23:35:16.90 ID:YVZ0sXXV [1/3]
>>578 老病死を超えるために瞑想が必要だったのじゃ。
 続けたのじゃ。
 わしも続けているのじゃ。

>>579 やりまくりなのじゃ。

>>583 テレビもラジオも存在しないのじゃ。
 心が在るのみなのじゃ。

>>590 そうじゃ、やったらよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>594 わしは論争によって納得した者は居ないと書いたのじゃ。
 おぬしが納得しないならばわしの書いた通りなのじゃ。

 わしの言葉に納得したならば、それでよいのじゃ。
 お釈迦様の言うとおり、仏陀の勝利は揺るがないのじゃ。
 わっはっはっはっは。

750:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/10(月) 23:36:27.94 ID:YVZ0sXXV [2/3]
 数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

751:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/10(月) 23:36:51.30 ID:YVZ0sXXV [3/3]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

867:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/11(火) 22:50:00.92 ID:c8i7qkYa [1/3]
世界は常に自らの心の反映である故に、悲惨な世界を見る者は悲惨な自分の心を見ているのじゃ。
それもまた雑念でしかないのじゃ。
自分自身を見ることで、幻想もなくなるのじゃ。
すべてと一つである本質の意識が感じられるからのう。

868:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/11(火) 22:50:22.88 ID:c8i7qkYa [2/3]
 数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

869:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/11(火) 22:50:43.99 ID:c8i7qkYa [3/3]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました