鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/02/09(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

688:避難民のマジレスさん[]:2020/02/08(土) 22:29:16 ID:0e0CJZH20 [5/5]
鬼和尚様ありがとうございます
修業に精進します

689:避難民のマジレスさん[]:2020/02/09(日) 05:42:51 ID:RgOwT4v.0 [1/2]

下記4点についてご教授頂きたくお願い致します。

1.. >悟りを開くために修業する、という気持ちは思考や感情から発するものではなく意志から発するいうことですね?

2. 意志は魂と同義語、もしくは同義語に近いものですよね?

3. 2. を補足します。魂は死んでも残る、しかし魂だけでは具現化できない。魂は肉体をもって意志を発することが可能となり具現化できる。

4 魂とは霊性と同義語、もしくは同義語に近いものですよね?

690:避難民のマジレスさん[]:2020/02/09(日) 05:51:57 ID:RgOwT4v.0 [2/2]
→食欲が生きるために優先されるからなのじゃ。

欲は生物として生を持続させるための仕組みとして出てくるものですよね?

693:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/02/09(日) 21:28:16 ID:1d4drIFg0 [187/188]
>>688 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>689 一 そうじゃ、意志なのじゃ。
 苦から逃れようとする意志から悟りを求めて修行する気持ちも起こるのじゃ。

 二 魂と名づけられる実体はないが、意識はあると言えるのじゃ。
   それだけがあるのじゃ。
   意志は能力である故にそれとは関係ないのじゃ。

 三 意識は肉体によって意志も持てるのじゃ。

 四 魂も霊性も無いのじゃ。
   ただ意識だけがあると言えるのじゃ。

>>690 食欲とか睡眠欲とかの基本的な欲はそうなのじゃ。
 しかし、謬見による欲も在るのじゃ。
 金銭欲とか名声欲とかなのじゃ。
 孤独や恐れからそのような欲も起こってくるのじゃ。
 観察して確かめるのじゃ。

691:龍閃[sage]:2020/02/09(日) 20:00:23 ID:0WQodg2.0 [7/7]
子供が自己を認識するまえの状態とはなんなのでしょうか。知能の発達野依良治必ず自己を認識するようになる運命なのでしょうか。

692:避難民のマジレスさん[]:2020/02/09(日) 20:02:40 ID:LABA5HjA0 [119/119]
>>687 鬼和尚様

685です。ご返事ありがとうございました。
少しは長くできるようにも工夫してみます。

694:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/02/09(日) 21:30:42 ID:1d4drIFg0 [188/188]
>>691 それは観念のみがある状態なのじゃ。
 成長すればやがて自分という観念も持ってしまうじゃろう。
 そして観念の自分の名前やイメージのために執着が起こってしまうのじゃ。
 観念がある限り、自分という観念も持ってしまうのじゃ。
 それも運命と言えるのじゃ。

>>692 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】51
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

608:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/02/09(日) 14:46:58.69 ID:a5WcVbjF
自分、好かれることにかなり執着があるようなのですが、
そういうこと気にしなくなるにはどうしたらよいでしょうか。

611:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/02/09(日) 15:37:52.04 ID:emVOJAcy
鬼和尚、運送業はまだ続けていますか?
東京には雪が降りましたか?
寒いので体をお大事に!

612:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/09(日) 21:34:53.84 ID:oJj/A08G
>>608 なぜそのように好かれたいのか心の中の原因を探してみるのじゃ。
 好かれなければいやな目に合う環境だったからかもしれん。
 兄弟で親の好意を競っていたからかもしれん。
 そのような原因から好かれることに執着があり、原因が無ければ執着も無かったと心の中を観察するのじゃ。
 そうすれば消えるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>611 続けているのじゃ。
 雪は降っていないのじゃ。
 おぬしも体を大事にするのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580459078/

180:太上天君[]:2020/02/09(日) 20:12:41.48 ID:OMl4rzMf
鬼和尚よ、マグナムは実在するものか?
それともどこにもそんなものはなくて頭の中にだけあるものか?
頭は実在するものか?

ハキハキ答えよ!!!

ふぉっふぉっふぉっふぉっ。

181:マジレスさん[sage]:2020/02/09(日) 20:21:41.39 ID:h6mKP048 [1/4]
>>141
鬼和尚さん

エキノコックスをばら撒いている可能性があるから
今後何か自分の人生に不都合な事が起きても
それはばら撒いた事への罰として受け入れなければ
ならない。不都合な事を変えようとしたり
例えば道で誰かに殴られたとしても警察に被害届を
出してはならないし猫が虐待されていても
何もしてはいけないとそのようにしなければならないと
考えが起きてきます。
これらに気付き客観視できていますが、苦しみがあるので
私は精神病じゃないでしょうか?

182:マジレスさん[sage]:2020/02/09(日) 21:03:55.71 ID:h6mKP048 [2/4]
鬼和尚さん

ばらまいているかどうか分からないのにばらまいている可能性があるから
罰を受けなければならないというのは精神病でしょうか?

186:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/09(日) 21:37:48.06 ID:f5Ox3dKM
>>180 おぬしの頭は頭の中にあるじゃろう。

>>181>>182 自分は精神病かと疑うものは精神病ではないのじゃ。
 客観視できているならば、その考えを異常なものとして退けるが善いのじゃ。
 誰でもおかしなことは考えるが、客観的に観て否定できるならばまともなのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

544:避難民のマジレスさん[]:2020/02/09(日) 00:19:25 ID:kwG.5zBA0 [33/33]
ラマナ・マハルシとの対話270

ネロールの英語講師であるG・V・スッバラーマイアー氏が尋ねた。

「ブラフマンはこれらすべてに浸透しているものです(イェーナ・サルヴァミダン・タタム)。
 しかしそれにもかかわらず、なぜ『バガヴァッド・ギーター』の第十章の中で、シュリー・クリシュナは「神聖な顕現」(ヴィブーティ)を特定して語ったのでしょうか?」

マハルシ
 それを特定付けたのは、礼拝の便宜(ウパーサナ・サウカリャム)から主のヴィブーティについて知りたいと願ったアルジュナの特定の質問への答えだったのです。
 事実は、神はすべてであり、神から離れて存在するものなど何もないのです。

質問者
 個人は衰えた身体(ジールナニ・シャリーラニ)を棄て去り、新しい身体(ナヴァニ・シャリーラニ)を得ると言われています。
 これは幼児の死においても言えることなのでしょうか?

マハルシ
 そもそもあなたは何がジールナニで何がナヴァニかを知りません。
 第二に、ジールナ(衰えた)とナヴァ(新しい)は相対的な用語です。
 王にとって古いものは、乞食にとって新しいものかもしれません。
 真実は、個人とは解脱が起こるまで身体として顕現している状態を意味するのです。

*シュリー・クリシュナは「神聖な顕現」(ヴィブーティ)…

『バガヴァッド・ギーター』の第10章「ヴィブーティ・ヨーガ」においてアルジュナは、「これらすべてを満たしているあなたの『神聖な顕現』(ヴィブーティ)について語ってください。どのようにあなたを知り、あなたに念じればよいのか教えてください」とクリシュナに求める。
クリシュナは「私の顕現は神性であり、その多様性には限りがない。それゆえ、その主要なものをあなたに語ろう。いかなるものでも権威があり、栄光に満ち、生気と活力にあふれたもの、それは私の光輝から生じたものと理解しなさい」と説き、彼のパラマートマンとしての「神聖な顕現」がさまざまな存在を通して現されていることを、その例を挙げて描写した。

545:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/02/09(日) 21:45:08 ID:1d4drIFg0 [235/235]
今ここにある肉体もまた意識の現われなのじゃ。
それがなくなって新しい体になるということもないのじゃ。
個人という観念が無ければ全ては一つなのじゃ。
あるがままの肉体で解脱は得られるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました