鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/02/03(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

660:避難民のマジレスさん[]:2020/02/03(月) 00:09:14 ID:iwOjWFjI0 [2/2]
>>658
ありがとうございました

661:真悟[sage]:2020/02/03(月) 14:19:56 ID:lHt5iewk0
鬼和尚様、いつもは和顔施ができているのですが、今日は度重なるイライラが起き、
家の玄関の目の前でずっと停まっているバイクの人をにらみつけてしまった。

その後はずっと後味が悪かったです。
他人を怒ったり嫌悪したりするということは、自分自身に対して怒ったり嫌悪していることと
同じなんですね。結局自分を傷付ける事になるんですね。

心の中でバイクの人に謝り、鬼和尚や私の信じる神々や、私を信用してくれている人達
を思い浮かべて謝りました。
そうしたら少し自分を許せるようになった気がします。

怒りというのは本当に恐ろしい物だと気づかされました。
これからは怒り対する対策を、今まで以上に徹底強化していきます。

662:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/02/03(月) 22:32:19 ID:1d4drIFg0 [178/178]
>>660 どういたしまして、またおいでなさい。

>>661 それに気付いたのはよいことなのじゃ。
 自分の心が乱れていれば、世界も乱れるのじゃ。
 怒りを捨てて精進あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】51
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

570:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/02/03(月) 20:35:51.69 ID:otqh8Idx
動物の肉を食べないと決めても、それが善行になるわけではないですよね?
この娑婆世界は、なぜこんなにも大量の命が簡単に奪われる残酷な世界なんですか?
もはや神も仏もいないのですか。

娑婆世界からの脱却以外には方法がないんですか?
それが仏のアドバイスですか。

572:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/02/03(月) 21:37:53.25 ID:0k8vQse4
少年ジャンプの人気漫画に「志賀丸太」という人物が登場し、
かつて日本が731部隊で人体実験を行った際の被害者を「丸太」と隠語で呼んでいたからという理由で
韓国人やリベラル勢が作者や出版社に謝罪を要求し始めました。

丸太というのは木材という意味で普通に使われていて、今回の場合もそこからとったとしか思えないのに
難癖をつけて炎上させています。

こういうことって許されるんでしょうか?
旭日旗の問題もそうですが、戦後生まれの韓国の若者たちがこういう事案を作り出し
延々と際限なく戦後生まれの日本人に謝罪や賠償を求め続ける行為について
鬼和尚はどう考えますか?
こういう現象はもう何をしても収まらないんでしょうか?

573:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/03(月) 22:37:34.27 ID:DDo3KW7H
>>570 そうじゃ、慈悲の心で行うのでなければ善事とはいえないのじゃ。
 何かを食べないだけでは習慣になるからのう。

 命もまた幻想であるからなのじゃ。
 神は居ないが仏陀はここにいるのじゃ。
 悟りを得た者が仏陀であるから、お釈迦様と全く同じ大悟徹底したわしが仏なのじゃ。

 他の方法は無いのじゃ。
 それが仏のアドバイスなのじゃ。

>>572 不正なことをしていれば報いが有るじゃろう。
 おぬしが正しい歴史認識を教え続ければ変るじゃろう。
 一人の力でも世界は変るのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】78
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576570254/

984:マジレスさん[sage]:2020/02/03(月) 11:01:46.53 ID:8wJuHO6A
鬼和尚の今月のブログは、
前半は自分にも凄く当て嵌る所がありました。

自己イメージを満足させる事に強い執着と未練があり寄り道してしまいます。

いつも質問ばかりして実践が足りておらず申し訳ない気持ちもあります。

>自らの全てを捨てる意志を持つこともできる、真に自らに合った法、
とは、数息観をして不動心を養い観察することとはまた違うのでしょうか?

>意志とは選択の際に最も力を発揮する故に、意志による法の選択に注意を払うべきなのじゃ。
> 自らの全てを捨てるに足りる信頼できる法を選ぶべきなのじゃ。

ひたすらそれをやり続ける事が出来る位の、自分の性質にあった法を選ぶということでしょうか?

その法とは、鬼和尚に、個々人がそれぞれに合った法を教えて貰い実践するものなのですか?
それとも自分で探したり作ったりするものなのですか?

988:マジレスさん[sage]:2020/02/03(月) 22:10:21.64 ID:GIlJdVy8
前世は人間だったという人が割合としては多いんですか?
街でそこら辺を歩いている人でも前世が猫だったり犬だったり虫だという人も
そこそこの割合で存在しますか?

991:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/02/03(月) 22:42:52.73 ID:/4tXx4Gy
>>984 それがおぬしに合っていて毎日続けるのが苦痛ではないならば、それでよいのじゃ。
 毎日続けるのが苦痛で休んでしまうならば、違うのじゃ。
 毎日楽しく出来るのが自分に合った法なのじゃ。
 それをいろいろ試して自分の心身で確かめるのじゃ。

 わしが教えた法の中からも自ら選ぶが善いのじゃ。
 他の方法も自分で探して試してみるが善いのじゃ。
 オショーもオレンジブック等でさまざまな法を教えているのじゃ。
 ただひたすらに択法求道するがよいのじゃ。

>>988 人であったものが多いのじゃ。
 人であると選択肢も増えるからのう。
 善事をして人に生まれるものが多くなるのじゃ。
 動物や虫は少ないのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

529:避難民のマジレスさん[]:2020/02/03(月) 00:47:59 ID:kwG.5zBA0 [24/25]
ラマナ・マハルシとの対話264

質問者
 バガヴァーンは世界を自分自身の一部として見ているのですか? バガヴァーンはどのように世界を見ているのでしょうか?

マハルシ
 真我だけが存在し、それ以外は何も存在しません。
 しかしながら、無知ゆえにそれは区別されています。
 区別には三種類あります。

(1)同じ種類のもの
(2)異なった種類のもの
(3)それ自体の部分として

 しかし世界は真我に似た別の真我ではありません。
 世界は真我と異なるものではなく、真我の一部分でもありません。

質問者
 世界は真我の上に反映されているものではないのでしょうか?

マハルシ
 反映には、そこに反映するものと反映されるイメージがなければなりません。
 しかし真我はそのような区別を認めないのです。

質問者
 それではバガヴァーンは世界を見ていないのでしょうか?

マハルシ
 バガヴァーンとは誰のことでしょうか?

質問者
 私よりも高等に進歩したジーヴァです。

マハルシ
 もしあなたが自分のジーヴァを理解すれば、他の人のジーヴァも理解するでしょう。

質問者
 議論をしたいのではありません。
 私は学びたいのです。
 どうぞ教えてください。

マハルシ
 あなたが学ぶことを望むなら、議論は避けられません。
 そのようなことは放っておきなさい。
 あなたの眠りを見てごらんなさい。
 眠りの中で、あなたは束縛に気づいていますか?
 眠りの中で、あなたは解放のための手段を探しますか?
 眠りの中で、あなたは身体そのものに気づいていますか?
 束縛の感覚は身体と結びついています。
 さもなければ、束縛というものはなく、縛り付ける縄もなく、縛られる人もいないのです。
 しかしながら、それらはあなたの目覚めの状態に現れます。
 誰にとってそれが現れるのか考えなさい。

質問者
 心にとってです。

マハルシ
 心を見なさい。
 あなたはそれから超然と離れて在るべきです。
 あなたは心ではないのです。
 そうすれば、真我は常に存在していることがわかるでしょう。

530:避難民のマジレスさん[]:2020/02/03(月) 00:48:40 ID:kwG.5zBA0 [25/25]
質問者
 シュリー・バガヴァーンは進化というものを信じていますか?

マハルシ
 進化とは一つの段階から別の段階へと移行することです。
 そこに何の相違も認められないとき、どうして進化が可能でしょう?

質問者
 シュリー・クリシュナはどうして「幾度かの転生を経た後、帰依者は知識を得、そうして私を知るのだ」と言ったのでしょうか?
 そこには段階を昇ってゆく進化の過程があるに違いありません。

マハルシ
 『バガヴァッド・ギーター』はどのように始まっているでしょうか?

 「私も、あなたも、これらの王たちも存在しなかったことはなかった…」

 「それは生まれることもなければ死ぬこともない」

 それゆえ、誕生も死も、あなたが見ているような現在というものも存在しないのです。

 実在は、今までも、今も、これからも存在します。
 それは不変です。

 後にアルジュナは、「いったいどうしてあなたがアーディティヤ以前に生きていたと言えるのでしょうか?」とシュリー・クリシュナに尋ねます。
 誤ってクリシュナを粗大な身体と見なしているアルジュナを見たクリシュナは、彼の視点に合わせて教えを説きます。
 その教えは多様性を目にしている(無知な)人のためのものです。
 実際には、ジニャーニの視点から見れば、彼自身にとっても他の人にとっても、束縛もなければ解脱もないのです。

質問者
 すべての人が解放されていると言うのでしょうか?

マハルシ
 どこにすべての人がいると言うのですか?
 解放というものさえないのです。
 もしそこに束縛があるなら、解放もあるでしょう。
 しかし実際には、束縛など存在しません。
 それゆえ解放もないのです。

質問者
 しかし転生を通して進化していくとすれば、そこには修練が、長年に渡る修練(アビャーサ)があるはずです。

マハルシ
 修練は本来の平和を乱すものを防ぐためだけにあるのです。
 長年に渡るといったようなことなど何もありません。
 たった今、その考えを棄て去りなさい。
 修練をしようとしまいと、あなたはただあなたの自然な状態の中に在るのです。

別の質問者
 もしそうなら、なぜすべての人が真我を実現しないのでしょうか?

マハルシ
 それは同じ質問が形を変えただけです。
 なぜこの質問をするのでしょう?
 修練に関する質問をしているということが、あなたに修練が必要であることを示しているのです。
 ですから、修練をしないさい。

 しかし質問や疑問なしに在ることが、本来の自然な状態です。

 神は人を創造し、人は神を創造しました。
 どちらも単に名前と形の創作者でしかありません。
 事実は、神も人間も創造されたことなどなかったのです。

531:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/02/03(月) 22:59:50 ID:1d4drIFg0 [229/229]
自他の区別があれば世界もあると認識するのじゃ。
自他を共に含容する場がなければならんからのう。
そのようにして万物があるという観念も起こるのじゃ。
自他の観念が無ければすべては一つなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました