鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2020/01/21(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

597:避難民のマジレスさん[]:2020/01/20(月) 23:21:19 ID:87SUUXN20 [22/22]
591です
返信ありがとうございます。

頑張ってみます。
実践してみます。

どうもありがとうございました。

598:避難民のマジレスさん[]:2020/01/21(火) 18:29:52 ID:LABA5HjA0 [103/103]
>>596 鬼和尚様

593、594です。ご返事ありがとうございました。
今後も精進しようと思います。

599:避難民のマジレスさん[sage]:2020/01/21(火) 19:20:27 ID:d9IAsDGo0
鬼和尚さん

最近また、寝ている時の夢で夢の中にいることに、二回気づきました。
それで、二つ質問させてください。

まず一つ目の夢では、夢の中にいると気づいた時、ブラフマンの法を実践するのを忘れていて、鬼和尚さんに会いに行こうとしてしまいました。
たぶん鬼和尚さんがいると思った大きな寺院が見えた時、横にあるお寺の階段がつい気になってしまい、何故かそちらに行ってしまったら、観光用の吊橋でした。
目が覚めて、せっかく夢の中で夢に気づいたのに失敗してしまった、次はブラフマンの法を忘れないようにしよう、と思いました。
そこで質問なのですが、やはり、夢の中で鬼和尚さんに会いに行くよりも、ブラフマンの法を実践する方が有益ですか?

もう一つの質問は、今朝気づいた二回目の夢の中のことです。
今朝の夢の中では、忘れずに自分の手や体を確認して、大きくしようとすることができました。
しかし、少しは体が大きくなれたのですが、そうなると直ぐに夢が曖昧になってしまいました。
何となく、体をある程度大きくできたら、もう意識だけ体から抜け出ても良いのではないかと思ったのですが、それはしない方が良いでしょうか?
意識だけになって意識を大きくする、という方法についてどう思いますか?

601:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/01/21(火) 22:52:57 ID:1d4drIFg0 [159/162]
>>597 頑張らなくて善いのじゃ。
 全て気楽にやってみるとよいのじゃ。
 旅に出るのもよいのじゃ。
 新しい刺激で脳も蘇るのじゃ。

>>598 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>599 一 法を実践することが大事なのじゃ。
      実践することで進歩していくのじゃ。
     実践がすべてなのじゃ。

 二 それでもよいのじゃ。
    意識だけ大きくしてみるのじゃ。
    いろいろ試してみて自分に合った法を選んで実践していくのじゃ。
    そのようにして進歩していくのじゃ。

600:避難民のマジレスさん[sage]:2020/01/21(火) 20:04:39 ID:h5P9mv0k0 [18/18]
集団と言うのはどうしても争いは起こってしまうものですか?
善良な人間の集まりであっても?

基本的には距離を置くべきなのでしょうか?

602:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/01/21(火) 22:57:01 ID:1d4drIFg0 [160/162]
>>600 起こってしまうのじゃ。
 善良な者は善良であろうとして争うじゃろう。

 お釈迦様の弟子達も争って分裂したのじゃ。
 まして他の集団が争わない筈は無いのじゃ。
 一時的に仲良くしても、三年が限度なのじゃ。

 距離を置くと善いのじゃ。
 真の安心は自らの心の中にしかないと心得るのじゃ。
 そうすれば寂しさから集団の中に入って争うことも無いのじゃ。

603:599[sage]:2020/01/21(火) 23:31:14 ID:iyD3IGB.0
>>601
鬼和尚さん、ありがとうございます。
夢の中で夢に気づいたら、必ずブラフマンの法が実践できるように頭に入れておきます。
次は、意識だけを大きくしてみます。
それができたら、また報告します。
ありがとうございます。

605:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/01/21(火) 23:57:32 ID:1d4drIFg0 [162/162]
>>603 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】51
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

476:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/01/21(火) 20:04:13.29 ID:0MBN8oGh
豆乳ヨーグルトが良いと聞きましたが、市販のものに人工甘味料が入っている場合
むしろ食べない方がいいのでしょうか?

479:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/01/21(火) 22:58:55.35 ID:FMJGWrG/
>>476 そうじゃ、そのようなものは食べないほうが善いのじゃ。
 どのような影響が体にあるのかわからないからのう。

 なるべく自然な材料で作られたものを食べるのじゃ。
 自分で作るか、自分の近くの畑でとれたものが理想なのじゃ。
 なかなか難しいことであるがのう。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】78
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576570254/

611:マジレスさん[sage]:2020/01/21(火) 00:59:51.27 ID:o/z2G1iZ
ありがとうございます。集中力を養おうと思います。

気が昇って幻覚や幻聴が出る場合があるというのは、瞑想中だけの話ですか?
日常生活でも出てくる事があるのですか?
それが起きた時に幻だと区別し自覚は出来ますか?
もし怖い方に入ってしまったらすぐに抜け出す方法はありますか?

霊なども幻覚の一種なのでしょうか?
そういった怖い幻覚を見るのと見ないのとの違いは何でしょうか?怖い方にいかないコツはありますか?

612:マジレスさん[sage]:2020/01/21(火) 01:08:56.71 ID:SMy1E8kq
私は寝入りばなの幻聴や明晰夢の経験はあるので少しは免疫があるかとは思うのですが、それと似ていますか?
それらは一種の瞑想状態なのでしょうか?

金縛りの幻聴や明晰夢が起こった時は観察して見るとよいですか?それともあまり意味はないですか?夢のヨガというのもあるのでしたか?

一時期明晰夢は楽しんでいましたが細部を観察しようとしたりコントロールしようとするとリアルさが低くなり起きてしまったりします。
金縛りの場合は疲れたらすぐなり結構慣れたので入りそうな兆候もわかり、入っても無理やり起きればすぐ外せるようになりました。
特殊な精神状態の域がある気がします。
怖い雰囲気のゾーンと、郷愁のような雰囲気の精神状態のようなものもあります。
ただ日常生活で幻聴などが出てきたら流石に怖いと思います。

616:マジレスさん[sage]:2020/01/21(火) 13:14:45.27 ID:C72wJxVS
鬼和尚さん

ウンコがでません 製造はされてるのでしょうか それとも出荷が遅れているのでしょうか?

626:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/01/21(火) 23:06:00.15 ID:1BWltk1E [1/2]
>>611 瞑想中だけなのじゃ。
 日常ではでないのじゃ。
 もともと瞑想は心をコントロールするものであるから、それもできるのじゃ。

 自覚しようとすればできるのじゃ。
 常にはありえないことであるからのう。
 それが夢幻であると自覚していれば大丈夫なのじゃ。
 執着して囚われればいかんのじゃ。

 霊はあることはあるが、大抵は幻覚なのじゃ。
 それが恐ろしいものになるのは、自らの心に強い恐れがあるからなのじゃ。
 恐れて逃げようとしているものがみえるのじゃ。

 それを平静な心で観察すれば恐れも消えてしまうのじゃ。
 それを自覚していれば何が起ころうと大丈夫なのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>612 それと同じものと思えば善いのじゃ。
 瞑想と同じと言えるのじゃ。

 観察してみると善いのじゃ。
 真実がわかるじゃろう。
 夢のヨーガもあるのじゃ。
 夢を自覚してコントロールしていくのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>616 製造されているのじゃ。
 出荷が遅れているのじゃろう。
 ヨーグルトとか水を多く飲むと善いのじゃ。

618:太上天君[]:2020/01/21(火) 18:27:16.07 ID:FnUdKio6
鬼和尚よ、ぬしゃあ瞑想は一日30時間必要か?
一日3秒ではダメか?一日3秒の瞑想では悟れぬか?
それ以上瞑想を続けると飽きてしまうんでなw

ハキハキ答えよ!!!

ふぉっふぉっふぉっふぉっ。

621:質問小僧[sage]:2020/01/21(火) 20:55:02.17 ID:V6RtuM1o [1/2]
鬼和尚、鬼和尚の様なうんこ製造機になる方法を教えて下さい。

622:質問小僧[sage]:2020/01/21(火) 20:55:59.10 ID:V6RtuM1o [2/2]
鬼和尚、鬼和尚の様な統失になる方法を教えて下さい。

627:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2020/01/21(火) 23:07:21.33 ID:1BWltk1E [2/2]
>>618 三秒ではいかんのじゃ。
 五分は実践するとよいのじゃ。
 実践がすべてなのじゃ。

>>621>>622 わしのブログを読んで実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

499:避難民のマジレスさん[]:2020/01/21(火) 01:20:14 ID:kwG.5zBA0 [7/10]
ラマナ・マハルシとの対話251

物悲しげだが、たいへん高貴で知的な風貌の女性が尋ねた。

「私は以前からあなたのことを、最もやさしく、最も崇高なお方と伺っておりました。
 マハーラージよ。
 私はあなたのダルシャン(聖者に会うこと)を心待ちにしていたのです。
 先月の十四日に、私は一度ここを訪れました。
 しかしあなたの神聖な臨在の内に望むだけとどまることはできませんでした。
 若い女性であるため、多くの人の中に長くはいられず、二、三の単純な質問をして急ぎ足で立ち去ったのです。
 私の暮らす州に、あなたのような聖者はおりません。
 私は欲しいものはすべて手に入れ、幸せに暮らしています。
 しかし私には幸福をもたらす心の平安がありません。
 私はあなたの祝福を求めてここに参りました。
 心の平安が得られることを願っております」

マハルシ
 バクティ(帰依心)があなたの望みを満たすでしょう。

質問者
 どうすれば心の平安を得られるのかが知りたいのです。
 どうぞ助言をお与えください。

マハルシ
 帰依と明け渡しによってです。

質問者
 私は帰依者となるにふさわしいでしょうか?

マハルシ
 誰でも帰依者になることができます。
 霊的な世界はすべての人にとって等しく、老人であれ若者であれ、男性であれ女性であれ、誰一人否定されることはありません。

質問者
 まさしくそのことが知りたかったのです。
 私は若く、主婦(グリヒニ)をしており、家住者としての義務(グリハスタ・ダルマ)を務めなければなりません。
 帰依心とそのような立場は両立できるものなのでしょうか?

マハルシ
 もちろんです。
 あなたとは何でしょうか?
 あなたは身体ではありません。
 あなたは純枠意識なのです。
 グリハスタ・ダルマも世界も純枠意識の上に現れた単なる現象にすぎず、それは影響を受けることなくとどまります。
 あなた自身の真我として在ることを何が妨げていると言うのでしょう?

質問者
 わかります。
 私はすでにマハルシの教えの指針に気づいています。
 それは真我への探究なのです。
 しかしそのような探究が家住者の生活と両立するのかという疑いはまだ残っています。

マハルシ
 真我は常に存在しています。
 それはあなたなのです。
 ただあなただけが存在するのです。
 あなたから離れて存在するものは何もありません。
 それゆえ、両立するかどうかといった疑問は起こらないのです。

質問者
 もう少しはっきりとお伝えします。
 新参者ではありますが、私は自分の不安の原因について告白しなければなりません。
 私は子供に恵まれました。
 その内の一人の男の子は良いブラフマチャーリーでしたが、この二月に他界いたしました。
 私は悲嘆に暮れ、人生に愛想をつかし、霊的人生にすべてを捧げたいと願いました。
 しかし私の主婦としての義務が隠遁生活を送ることを許さないのです。
 それゆえの疑いです。

マハルシ
 隠遁とは真我の内にとどまることを意味します。
 それ以上の何ものでもありません。
 それは一つの環境を離れてもう一つの環境の中に巻き込まれることではなく、また具象的な現実世界を立ち去って、精神的世界の中に巻き込まれることでもありません。

 子供の誕生やその死は、真我の中でのみ見られるのです。

 眠りの状態を想い出してみなさい。
 何か起こっていたことに気づきましたか?
 もしあなたの息子や世界が実在であるなら、それらは眠りの中でもあなたとともに在るのではないでしょうか?
 あなたは眠りの中での自分自身の存在を否定できないはずです。
 そしてあなたが眠りの中で幸せだったことも否定できないはずです。
 その同じ人が今、話をし、疑いを起こしているのです。
 あなたは幸せではないと言います。
 しかし眠りの中では幸せだったのです。
 それでは、眠りの中で感じた幸せを破壊するような何が起こったのでしょうか?
 それは自我の誕生です。
 目覚めの状態の中に新たに登場したのは自我なのです。
 眠りの中に自我はありませんでした。
 自我の誕生は個人の誕生と呼ばれます。
 これ以外に誕生というものはありません。
 何であれ生まれたものは死ぬ運命にあります。
 自我を殺しなさい。
 一度死んだものにとって、もはや死の恐怖はありません。
 自我の死の後でさえ、真我は在り続けます。
 それが至福です。
 それが不死なのです。

500:避難民のマジレスさん[]:2020/01/21(火) 01:22:08 ID:kwG.5zBA0 [8/10]
質問者
 どうすればよいのでしょうか?

マハルシ
 疑いが誰にとって起こるのかを見なさい。
 疑う者とは誰でしょうか?
 考える者とは誰でしょうか?
 それは自我です。
 それをとらえなさい。
 他の想念は死に絶えるでしょう。
 そうすれば、自我は純粋な姿で残ります。
 自我がどこから立ち現れるのかを見いだしなさい。
 それが純粋意識なのです。

質問者
 私には難しく思えます。
 バクティ・マールガ(帰依の道)を進んでもよろしいでしょうか?

マハルシ
 それは個人の気質と資質によります。
 バクティとヴィチャーラ(探究)は同じなのです。

質問者
 私は瞑想を意味していたのです。

マハルシ
 そうです。
 瞑想はある形にするものです。
 それが他の想念を追い払うでしょう。
 神への想いという一つの想念が、他の想念を支配します。
 それが集中です。
 瞑想の対象は、それゆえヴィチャーラの対象と同じものなのです。

質問者
 私たちは神を具象的な姿で見るのでしょうか?

マハルシ
 そうです。
 神は心の中で見られます。
 具象的な姿が見られることもあるでしょう。
 しかしそれもまた帰依者の心の中だけにあるのです。
 神の姿とその現れは帰依者の心によって決定されます。
 しかしそれは最終的なものではありません。
 そこには二元的な感覚があるからです。

 それは夢のヴィジョンのようなものです。
 神が知覚された後、ヴィチャーラ(真我探究)が始まります。
 それが真我実現をもたらします。
 ヴィチャーラは究極的な道なのです。

 もちろん、ヴィチャーラが実践可能なものと感じるのは数人だけかもしれません。
 他の人たちはバクティの方がやさしいと感じるでしょう。

質問者
 ブラントン氏はあなたをロンドンで見たのではありませんか?
 それはただの夢だったのですか?

マハルシ
 そうです。
 彼はヴィジョンを得ました。
 彼は私を心の中で見たのです。

質問者
 彼が見たのはこの具象的な身体だったのではありませんか?

マハルシ
 そうです。
 それでもそれは彼の心の中にあったのです。

質問者
 どうすれば真我に達することができるのでしょうか?

マハルシ
 真我に達するというようなことはないのです。
 もし真我が達せられるようなものなら、それは今ここには存在せず、新たに獲得されるものということです。
 新たに獲得されたものは、やがて失われるでしょう。
 それはつまり一時的なはかないものだということです。
 永遠なるものでなければ、努力して得るだけの価値もありません。
 だからこそ、私は真我に達するということはないと言うのです。 あなたは真我です。
 あなたはすでに「それ」なのです。
 事実は、あなたは自分の至福に満ちた状態に無知だということです。
 無知が起こり、純枠な至福の上に覆いを被せてしまったのです。 私たちが試みるべきことは、この無知を取り除くことだけです。
 この無知は誤った知識で成り立っています。
 誤った知識は真我を身体や心と同一視することで成り立っています。
 この偽りの自己同一化が取り除かれなければなりません。
 そのとき、そこに真我が残るのです。

質問者
 それはどのようにして起こるのでしょうか?

マハルシ
 真我を探究することによってです。

501:避難民のマジレスさん[]:2020/01/21(火) 01:22:44 ID:kwG.5zBA0 [9/10]
質問者
 それが難しいのです。
 私は真我を実現できるでしょうか?
 マハーラージ、どうかお教えください。
 それはあまりにも難しく見えます。

マハルシ
 あなたはすでに真我なのです。
 それゆえ、実現はすべての人にとって共通のものです。
 実現に関しては、それを熱望する人の間にいかなる違いも差もありません。
 「私は実現できるだろうか?」という疑いや「私はまだ実現していない」という感覚自体が障害なのです。
 それらからも自由になりなさい。

質問者
 しかし体験があるべきです。
 体験を得ないかぎり、どうしてそのような悩みから自由になれ
ると言うのでしょう?

マハルシ
 それもまた心の中にあります。
 あなたが自分を身体と同一視したためにそのような悩みは起こるのです。
 この偽りの自己同一化が落とされ無知が消え去れば、真理は顕わになるでしょう。

質問者
 私にはそれが困難に感じられるのです。
 バガヴァーンの弟子の中には、何の困難もなく恩寵を受け、真我実現を達成した人たちがいます。
 私もその恩寵を願っています。
 一人の女性として遠く離れたところで暮らす私には、自分の望むようにマハルシの聖なるサットサンガに加わることができません。
 二度とここに戻ることさえできないかもしれないのです。
 バガヴァーンの恩寵を願っています。
 私がラクナウに帰ったときもバガヴァーンを覚えていたいのです。
 どうぞ私の祈りをかなえてくださいますように。

マハルシ
 あなたはどこに行くと言うのですか?
 どこへも行きはしないのです。
 たとえあなたが身体であると考えたとしても、あなたの身体がラクナウからティルヴァンナーマライまで来たのでしょうか?
 あなたはただ車、あるいは何か他の乗り物に座って運ばれてきただけです。
 そして、ついにあなたはここに到着したと言うのです。
 しかし事実は、あなたは身体ではありません。
 真我が動くことはありません。
 世界が真我の中で動くのであって、あなたはただ「あるがまま」なのです。
 あなたの中には何の変化もありません。
 それゆえ、この場所を離れた後でも、あなたはここに、そこに、そしてすべての場所に存在しています。
 移りゆくのはただ景色だけなのです。

 そして恩寵についてですが、それはあなたの内に在ります。
 恩寵が外側に在るとすれば、それは無益なものでしょう。
 しかし恩寵とは真我なのです。
 あなたが恩寵の影響から外へ出ることはありえません。
 恩寵は常にそこに在るのです。

質問者
 私が言いたかったことは、あなたのお姿を想いだすとき私の心が力を得るように、あなたの側からの受け応えも欲しいのです。
 私一人の努力とともに置き去りにしないでください。
 それは結局か弱いものなのです。

マハルシ
 恩寵とは真我のことです。
 私はすでに言ったはずです。
 もしもあなたがバガヴァーンを覚えているなら、それは真我によってそうするように促されているのです。
 それゆえ、すでにそこには恩寵があるのではないでしょうか?
 あなたの中で恩寵が働いていないときがあるでしょうか?
 あなたがバガヴァーンを覚えていることが恩寵のしるしです。
 それが受け応えであり、あなたへの激励です。
 そしてそれが真我、それが恩寵なのです。
 ですから心配することなどありません。

質問者
 サンサーラの中にとどまっていてさえ、霊的修練をすることはできるのでしょうか?

マハルシ
 もちろん、そうするべきです。

質問者
 サンサーラは障害なのではありませんか?
 聖典は放棄を勧めているのではないでしょうか?

マハルシ
 サンサーラはあなたの心の中だけに存在するのです。
 世界が「私は世界だ」と声を上げたりはしません。
 そうでなければ、それはあなたの眠りの中も含めて、常に存在しているはずです。
 しかし眠りの中に世界は存在しないため、それは一時的なものなのです。
 一時的なものであるため、それは力を持っていません。
 力がないため、それは真我によってたやすく征服されるのです。

 ただ真我だけが永久に存在しています。
 放棄とは真我と非真我との同一化を断ち切ることです。
 無知が消え去るとともに、非真我も存在を消します。
 それが真の放棄なのです。

502:避難民のマジレスさん[]:2020/01/21(火) 01:23:53 ID:kwG.5zBA0 [10/10]
質問者
 それではなぜ、あなたは少年時代に家を去ったのですか?

マハルシ
 それが私のプラーラブダ(運命)だったのです。
 この生における出来事の流れは、プラーラブダによって決定されます。
 私のプラーラブダはこのようなものであり、あなたのプラーラブダはそのようなものだったということです。

質問者
 私もまた放棄すべきなのではないでしょうか?

マハルシ
 もしそれがあなたのプラーラブダであれば、質問は起こらなかったでしょう。

質問者
 つまり、私は世間の中にとどまり、霊的修練を続けるべきなのですね。
 では、私はこの生で真我実現を達成できるでしょうか?

マハルシ
 それはすでに答えました。
 あなたはすでに真我なのです。
 真剣な努力が失敗に終わることはありません。
 成功は間違いないでしょう。

質問者
 マハルシの恩寵が私にも授けられますように!

マハルシは微笑むと「うむ、うむ」と言って祝福を与えた。
こうして会話は終わり、彼女はすぐにラクナウへと立った。

503:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/01/21(火) 23:41:56 ID:1d4drIFg0 [216/216]
子供を亡くして悲しむ者がアートマンを追求しようとしても、それは愛別離苦からの逃避かもしれんのじゃ。
苦が忘れられれば修行もやめてしまうかもしれん。
それでもアートマンは自らと異なるものではないと知識があれば、いつかは探求も叶えられるのじゃ。
己がアートマンであれば、亡くした子供もまたアートマンとして自覚できるのじゃ。
それがマハリシの教えなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました