鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2019/12/06(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

284:避難民のマジレスさん[]:2019/12/05(木) 22:36:33 ID:.mfsomis0
都合が悪くなると「方便」や「主観主義」で乗り切ろうとするが、出来ないことは出来ないとはっきり言うべきだ。

285:避難民のマジレスさん[]:2019/12/06(金) 02:43:57 ID:GYDA1gAA0 [2/2]
>>281
ありがとうございました

286:避難民のマジレスさん[]:2019/12/06(金) 13:13:53 ID:Z5tzt4JY0
鬼和尚、
>>275ですがありがとうございます。

世界はないというのは、私と世界という分別がないため世界はなく、意識だけがあるということですね。
そうなると、「意識から世界が起こる」という表現は間違いで、世界も私も分別のない意識そのものであるということかと理解しました。

ということは、瞑想中に意識が飛んだこともわからない無の状態や、熟睡の状態は、五感と思考がないだけで意識は常に在るということなのでしょうか?
またその状態は最終目的地ではなく、意識の変化の一環なのでしょうか?

289:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/12/06(金) 22:58:10 ID:1d4drIFg0 [77/78]
>>284 他人がそのように見えるならばおぬしがそうであるからかもしれん。
 できないことはできないとはっきりいうとよいのじゃ。

>>285 どういたしまして、またおいでなさい。

>>286 そうじゃ、そのような時にも意識は在るのじゃ。
 記憶できないだけなのじゃ。

 それもまたすべてである意識であるから目的地とも言えるのじゃ。
 観念も記憶もない状態で意識だけがあると気付いたならば悟っているのじゃ。

287:避難民のマジレスさん[]:2019/12/06(金) 18:59:09 ID:LABA5HjA0 [50/50]
鬼和尚様

ブログを書きながら子供でも分かるように、と思って述べるのですが、
子供は自分の心の働きを観ることは難しいのでしょうか?

最近はそういう述べ方もしなくなってできるだけ合理的にと思うのですが、
真剣に心の働きを観察している修行者さんにはそのほうが良いでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

288:避難民のマジレスさん[sage]:2019/12/06(金) 20:09:03 ID:ey6wAwVw0 [11/11]
>>283教えていただきありがとうございました。
私の場合ですが、ほぼ毎朝1年以上15分くらい瞑想をしていたことがありましたが、
おそらくダーラナと呼ばれる段階にも達しなかったようです。
1分もせず、すぐに考え事に一体化してしまってました。

目標のために教えていただきたいのですが、
時間にしてどのくらい、強い意志によって心臓に意識を置くことを続けることができれば、
意思しなくとも自然に集中が続くほどの集中力が得られるのでしょうか?

290:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/12/06(金) 23:04:18 ID:1d4drIFg0 [78/78]
>>287 子供にも大人にも難しいじゃろう。
 一つ一つ丁寧に教えたらよいのじゃ。
 起こっているときには怒っていると観察するとかのう。
 ただひたすらにわかりやすくかくとよいのじゃ。
 伝えることが大事であるからのう。
 実践あるのみなのじゃ。

>>288 時間が長くなると却って集中力は落ちるのじゃ。
 何もしていない者は二分ぐらいしかもたないというのじゃ。
 はじめは五分だけ集中していられるようにするのじゃ。
 五分集中していられたならば十分に伸ばすのじゃ。
 そのようにして少しずつ時間を延ばして行くのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 51 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1573282738/

222:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/12/05(木) 22:32:21.37 ID:XuT+irHr
家族に必要以上にキレられたり人を侮辱するような言動を取られて、腹を立ててしまいました
その怒りは凄いものでした。これからも人にそのような言動を取られれば、怒りたくはないが腹を立てるのを抑えられそうにないのが現実です
相手をまともな人だと思わないか、じぶんがへりくだってプライドを捨てればいいのでしょうか

224:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/12/06(金) 20:41:01.30 ID:uhjk/rDF
私のいる会社は比較的、年齢層が高めの小さな会社でどの課も定年退職間近の人が多いので
若手を雇って仕事の引き継ぎをして後継者を育てていく時期にあります。

ところが、なかなか若手が定着しません。
会社や上司のやり方に反発したり、ちょっと怒られただけでヘソを曲げて辞めていくのです。
会社側やベテランたちは「最近の若いものは」みたいな、お定まりの文句を言っていますが
若手だけが悪いようにも思えないのです。

時代の流れについていこうとせず、変化を受け入れない会社や従業員の体質も問題かなと思うのです。
社長も高齢ですが、その後継者候補さえ何人も辞めています。
このままでいいのか?と、とても不安です。

なにが問題だと思われますか?
たまたま入ってきた若手が根性無しだっただけなのでしょうか?

225:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/12/06(金) 23:20:14.06 ID:bkTJFB5X
>>222 なぜ怒るのか心の中に原因を探すのじゃ。
 家族に愛されたいという期待が覆されたからかもしれん。
 強く執着しているからかもしれん。
 そのような原因から怒りが起こり、原因が無ければ怒りは起こらないと心を観察するのじゃ。
 そうすれば何度でも怒りは消えるのじゃ。

>>224 問題なのじゃ。
 若手が居ない組織はいずれ滅びるしかないのじゃ。
 みんな高齢で死んでいくからのう。

 人材育成のプログラムがないからじゃろう。
 ちゃんとした人材育成のマネジメントシステムを創らなければいかんのじゃ。
 古い社員にも自分の仕事を奪われたくないという恐れがあるのじゃろう。
 そうであるからちゃんとしたシステムで育成運用しなければみんな感情的になってしまうのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】76
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1562558548/

830:マジレスさん (ササクッテロ Spb5-5Y2y [126.35.138.233 [上級国民]])[sage]:2019/12/06(金) 03:43:44.49 ID:Cn99Euuip
>>829
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

見がない?

それは断見だよw

おまえ、どうしようもないなぁw

831:マジレスさん (ワッチョイ 4d67-5Y2y [126.21.243.91 [上級国民]])[]:2019/12/06(金) 04:41:21.33 ID:H8DXJSf+0
>>829
> お釈迦様やわしのように大悟徹底した者には一切の見解が無いから、何を説いても見はないのじゃ。

キチガイw

言葉そのものはお釈迦様だろうが凡夫だろうが、おまえの様なキチガイだろうが縁起性のものだから非常・非断なんだよw
馬鹿もんがw

が、おまえの様に死んでも意識があるとか、その意味性に置いては常見だろ?

程度の低い詭弁を弄して鼻息を荒くするとか、馬鹿が過ぎて噴飯者なんだよwwww

833:太上天君 (ワッチョイ 4d67-MVf8 [126.163.88.45])[]:2019/12/06(金) 19:50:40.48 ID:x6yvpPvk0
鬼和尚よ、ぬしゃあ意識は死んでもあり続けるのか?
ぬしゃあ死んだ後意識は何をエネルギーにして生き続けるのか?
また脳が死んで記憶がなくなってしまったら、意識は死んだ直後、自分が誰だったか忘れてしまうのか?

ハキハキ答えよ!!!

ふぉっふぉっふぉっふぉっ。

834:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM  (ワッチョイ 5a67-WBaP [219.192.74.62])[sage]:2019/12/06(金) 23:33:48.73 ID:GA9iXLEf0
>>830>>831 おぬしが断見をもっているだけなのじゃ。
 おぬしが非常見をもっているだけなのじゃ。
 おぬしが非断見をもっているだけなのじゃ。
 おぬしが縁起見をもっているだけなのじゃ。
 おぬしが常見をもっているだけなのじゃ。

 わしはお釈迦様も不死の境地を説いたと書いたのじゃ。
 それがどのような意味なのか考えてから書くとよいのじゃ。
 便通も良くすれば頭がおかしいのもなおるのじゃ。

 そろそろ腹斬じゃな。

>>833 全てが意識なのじゃ。
 エネルギーとか物とかも無いのじゃ。
 自分など無いのじゃ。
 誰というのも無いのじゃ。
 幻想を覚えていたければいつまでも覚えておけるのじゃ。
 何の意味もないがのう。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1571473656/l50

837:武蔵 ◆Ss4Z2p/EDw [sage]:2019/12/06(金) 12:42:43.33 ID:Mw470aGh
メシが食えることに感謝しろ。目が見えることに感謝しろ。歩けることに感謝しろ。先進国に生まれたことに感謝しろ。娯楽が溢れている環境に感謝しろ。全ての人々に感謝しろ。これ以外に方法は無い

838:マジレスさん[sage]:2019/12/06(金) 14:49:38.01 ID:MShBNEv/ [2/2]
さもはんはかーちゃんに感謝しろよ

鬼和尚は差著李を開いたので永久機関を作れますか?
なにもないところからエネルギーを取り出せますか?

839:質問小僧[sage]:2019/12/06(金) 20:27:36.19 ID:f4NN63ZJ [1/2]
鬼和尚様
重度知的障害者はこの世の社会に一切貢献せずにただ食物を食い便を出し寝ては起きるといった人生を他人に操られたまま死にますが、安楽死させた方が良いという意見もあります。和尚様の見解を教えてください。

840:質問小僧[sage]:2019/12/06(金) 20:31:44.38 ID:f4NN63ZJ [2/2]
鬼和尚様2
己の人生を他人に決める権利はありませんが、己の人生すら考える事のできない知的障害の人達を他人によって生かせ続けるのは周りの人間のエゴではないでしょうか?
自然界であれば淘汰されて死にますが、やはり他人の方に罪があるのではないでしょうか?

841:武蔵 ◆Ss4Z2p/EDw [sage]:2019/12/06(金) 22:29:32.36 ID:XpIbHhGA [1/2]
俺は小学校時代から勉強も運動も頑張ってこなかったので人前で端ばかりかいてきた
成績もいつもわるくて通信簿は1か2しかなかった
小5の担任は俺を嫌tっていた
人前で何かを発表できない俺のことをみて担任は俺を皆の前に立たせて桜井の悪いとこを皆で言い合おうと提案した
クラスのみんなが俺の悪いとこを発表しだした
普段仲良く遊んでた者まで俺の悪いとこをあげていった
その時俺は皆の前で泣き顔だった
それから人前にでると泣き顔になるようになった

842:武蔵 ◆Ss4Z2p/EDw [sage]:2019/12/06(金) 22:33:36.71 ID:XpIbHhGA [2/2]
中学でも高校でも勉強は一切しなかった
勉強も運動も頑張らなかった
同級生に桜井って何が得意なの?と聞かれた
でも高1の時は人に話しかける勇気がなくて10か月ボッチだった
でも俺が中学んときに万引きしてたうわさをききつけて人に話しかけれるようになった
偏差値48の馬鹿高校だったので万引きしてたことは逆に英雄視された
それから徐々に人と仲良くなった
高2の時はとにかく10か月ボッチだtった経験があったので人と話すのが楽しくて楽しくてしょうがなかった
そのおかげで人と話してるときは本当に楽しそうに話した
その姿をみて高2のときにクラス中の女子が俺のことをすきになった
その中には学年1の美女須合さんもいた
普通に須合さんと付き合えた

843:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/12/06(金) 23:29:20.39 ID:GA9iXLEf
>>837 そうじゃ、感謝すると善いのじゃ。

>>838 既に出来ているのじゃ。
 超電動コイルの上で磁石を回すと永久に回るのじゃ。
 冷やすのに金がかかるからやらないだけなのじゃ。

 既に取り出しているのじゃ。
 真空からエネルギーを取り出した実験があったのじや。

>>839>>840 それならば人類も全て環境汚染するだけであるから安楽死させたほうが善いということになるのじゃ。
 それは競争だけに価値観をもった思想なのじゃ。
 競争だけに励めばいずれは人類もAIに滅ぼされるのじゃ。
 人類はAIより無能で役に立たないものであるからのう。

 慈悲こそ真の人類のために役立つ思いなのじゃ。
 慈悲によって弱い者も生かせば人類も生かされるのじゃ。

>>842 ラノベみたいじゃな。
 名前は出してはいかんのじゃ。
 自分の名前も人の名前も出さないようにするのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

385:避難民のマジレスさん[]:2019/12/06(金) 00:17:26 ID:ESRLx5g.0 [3/3]
ラマナ・マハルシとの対話206

アラハバード大学の物理学講師であるB・C・ダース氏が尋ねた。

「知性は人とともに立ち現れ、人とともに消えゆくものなのでしょうか?」

マハルシ
 知性とは誰のものでしょうか?
 それは人のものです。
 知性は単なる道具でしかないのです。

質問者
 そうです。
 それは死後も生き残るのでしょうか?

マハルシ
 なぜ死について考えるのですか?
 眠りにおいて何が起こるか見てみなさい。
 あなたの体験はどのようなものですか?

質問者
 しかし眠りは一過性のものです。
 一方、死は違います。

マハルシ
 眠りは二つの目覚めの状態の中間にあり、死もまた二つの誕生の間に起こります。
 どちらも一過性のものです。

質問者
 私が言いたいのは、魂が肉体を離れたとき、それは知性を連れて行くのかどうかということです。

マハルシ
 魂が身体を離れるということはありません。
 身体が異なるのです。
 それは粗大な身体でなければ、眠りや夢見や白昼夢のときのように微細な要素でできた身体の中にいるでしょう。
 知性は変わりませんが、身体は環境にしたがって異なるのです。

質問者
 魂の身体はアストラル体なのでしょうか?

マハルシ
 今は知性がアストラル体なのです。

質問者
 どうしてそうありえるでしょう?

マハルシ
 どうやらあなたは知性が身体のように限定されることはないと考えているようです。
 しかしそれはある特定の要因の集合体でしかないのです。
 アストラル体がそれ以外の何だと言うのでしょう?

質問者
 しかし知性は一つの鞘なのではありませんか?

マハルシ
 そうです。
 知性なしには鞘も認識されません。
 五つの鞘が存在すると言っているのは誰でしょうか?
 そう告げるのは知性ではないでしょうか?

386:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/12/06(金) 23:37:24 ID:1d4drIFg0 [166/166]
知識を集める者は知性が自分と思うのじゃ。
そうであるから知性が死んだ後もあって欲しいのじゃ。
知性も道具に過ぎないものじゃ。
アートマンを求める役には立つがいずれは捨ててしまう道具でしかないのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました