鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2019/10/17(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part15
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1571060959/

20:避難民のマジレスさん[]:2019/10/16(水) 23:06:33 ID:Fb83vL0k0 [3/4]
>>18
鬼和尚、ありがとうございます。
オートマチックな観察は観照ではなかったのですね…。
私の自我は、私というイメージであるとわかってはいるのですが、イメージを観察しても変化がありませんし、まだ何かはっきりしない自我があるのだろうと思います。
より精進します。

21:避難民のマジレスさん[]:2019/10/16(水) 23:10:18 ID:AFYvgUTk0 [4/5]
どこにも意識をかけないでただ呼吸の数を数えるというのはダメなんですか?やっぱりどこかには意識が当たってないと集中が進まないと思うのですが、鬼和尚は数息観をする際どこにも意識を向けないんですよね、それはどういうことなんでしょうか?

22:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 00:34:49 ID:AFYvgUTk0 [5/5]
鼻に意識を向けるということが難しいです。

何が難しいかというと鼻から息を吸う時は空気が肌に擦れる感覚や熱感があるんでそれらに意識を合わせやすいんですけど、鼻から息を吐く時は肌に空気が擦れる感覚もなく熱感も一切感じない、完全な「無感覚」なんですよね、だから鼻に意識を向けるということが難しいと感じるんですが、鼻から吐く息が無感覚だとしてもその上で注意を鼻に向けるんでしょうか?

23:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 10:23:32 ID:Fb83vL0k0 [4/4]
>>18
鬼和尚、これは観照ではなかったのですね。
自我を観ることが観照…。
その自我は、私の場合は私のイメージという思考であると観察しますが、未だ観照が起きていないということは、まだ気づいていない同一化があるということなのでしょうか?

28:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/10/17(木) 21:40:30 ID:1d4drIFg0 [5/6]
>>20 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>21 それでもよいのじゃ。
 自分のやりやすいようにするのじゃ。
 わしも自分のやりやすいようにしているのじゃ。
 毎日実践あるのみなのじゃ。

>>22 向けなくて善いのじゃ。
 自分のやり易いようにするのじゃ。
 自分に合わせるのじゃ。

>>23 そうじゃ、記憶とか身体等に自己同一化しているのじゃろう。
 それに気づくまで精進あるのみなのじゃ。
 観ているものを観るのじゃ。
 それが全てなのじゃ。

24:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 12:13:00 ID:ge9wvAKA0 [1/2]
>>2
の質問の返答で「この宇宙は慈悲に貫かれており、慈悲とは個人の感情を越えたものだ」とのことでしたが、ならば何故、隕石が衝突したり台風が直撃するのでしょうか?
それは単なる人間中心主義を越えた宇宙規模の慈悲がもたらす「破壊」であり創造なのでしょうか?

25:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 12:18:09 ID:ge9wvAKA0 [2/2]
よく、マハリシが、「自我で何とかしようとするのではなく、真我に任せなさい」とか言うのですが、それは真我が慈悲として在るからでしょうか?真我に任せると言うのは、セレンディピティ(素敵な偶然の出会い)に任せるような生き方を意味してますか?

26:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 17:24:41 ID:LABA5HjA0 [3/3]
>>19 鬼和尚様

17です。ご返事ありがとうございました。
何でも気が付いたこと試してみようと思います。

27:避難民のマジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 18:50:10 ID:czRftzgI0 [2/2]
回答ありがとうございました。更にお願いします

1.認識主体を自我としているならば、認識を乖離、つまり大悟しなければ無我にならないということですか?

2.認識を滅するというのは、認識の主体、行為、客体全てを乖離するという意味ですか?

29:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/10/17(木) 21:48:43 ID:1d4drIFg0 [6/6]
>>24 おぬしがそう観るからなのじゃ。
 全ておぬしが作り上げた世界に在るのじゃ。
 隕石も台風もおぬしが創ったのじゃ。
 観念によって全て在るのじゃ。
 自分に囚われていればそれも無慈悲に思えるのじゃ。

>>25 違うのじゃ。
 偶然を期待するのも己の欲のためじゃろう。
 自分自身の一切の観念を無くした所にアートマンはあるのじゃ。
 自我が無ければ欲も無いのじゃ。

>>26 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>27一  認識主体は観念によって認識できないからそれに自己同一化はできないのじゃ。
      観念によって認識できるものに自己同一化しているのじゃ。

 二 全てが厭離されるのじゃ。
   認識の働きが観られれば厭離は起こるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】50
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1561161133/

866:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/10/17(木) 07:20:33.50 ID:AWanOvuC
慶應大学アメフト部で風呂盗撮の不祥事が起きました。
体育会系の連中なのに堂々とナンパもせず、なぜ陰湿な手口に走るのでしょうか?

慶應に限らず、一部の大学生が集団で性犯罪を犯すケースは後を断ちません。
どうして後先考えず愚かな行動にでてしまうのでしょうか。

871:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/10/17(木) 21:51:27.37 ID:CixFdxwJ
>>866 自己イメージが悪いからなのじゃ。
 自分にはナンパが出来ないと想っているのじゃ。
 それでも本能に動かされて犯罪に走るのじゃ。
 哀れな者達じゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】76
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1562558548/

544:即和尚 (ワッチョイ bf67-V+wO [126.163.95.35])[]:2019/10/17(木) 19:26:24.55 ID:nZGPT30P0 [1/2]
鬼和尚よ、余は即和尚であるぞよ。
鬼和尚よ、余の即和尚という名が羨ましいか?
即和尚の即はソクラテスのソクぢゃ。ぬしゃあソクラテスは「余は何も知らない。だが何も知らないことを知っている」と言って、何でも知ってる者どもより偉くなったのじゃ。世界一の知者になったのじゃぞ。
そこで余は「何も悟っていない。だが何も悟っていないことを悟っている」と言うぞ。だから余はどんな仏陀よりも上なのじゃ。余は世界一の仏陀であるぞよwぬしゃあ悟りについてはこれこそが最終結論じゃぞ!!
悟りについてはこれこそが唯一無二じゃ!!!!!
鬼和尚よ、汝は鬼和尚という名と即和尚という名と、どちらが優れていると考えるかな?
鬼和尚よ?
げらっげらっげらっげらっ。

547:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM  (ワッチョイ 2267-r0zP [219.192.74.62])[sage]:2019/10/17(木) 22:05:06.15 ID:o+ceBqIn0
>>544 わしじゃよ、わっはっはっは。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】76
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1565257712/

952:マジレスさん[sage]:2019/10/16(水) 23:53:55.39 ID:WZL+RjAB [22/22]
鬼和尚さん

ご回答ありがとうございます
不動心が得られれば病も治ってしまうんですね
毎日最低5分365日必ずやり遂げて報告します

954:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 05:14:43.81 ID:GVf42aIL [1/4]
>>948
鬼和尚さん

とはいえ誤解は解いておきたいと思います

>おぬしは誰でも依存はしているものだと書いたのじゃ。
>そして自分だけは依存していないと書いているのじゃ。

私はこのような事は言っていません
言っていると言うのでしたら該当レス番を指摘してください

食事の世話や身の回りの事をやってもらっている部分もあるので
私が親に依存しているというのは事実でしょう
しかし親と同居で働いて居ても精神疾患になっていない人も
大勢いるのに何故私は親と同居が精神疾患の原因になるのか
そこが分かりません

955:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 05:22:13.84 ID:GVf42aIL [2/4]
>>949
鬼和尚さん

あと片親は何年か前に死んでいます
私のような厄介者を世に出してさっさとくたばってしまい
本当に迷惑な奴だったと思いました
残りの片方が死んでも同じように思うだけで後追い自殺なんて
絶対にしない自信があります
死ぬのが怖いから不動心を得てさっさと自殺できればと
考えるような人間が大して愛しても居ない親が死んだくらいで
自殺すると本気で思ってますか?
私にとって親なんて大切でも何でもなくただ生きる為に利用する存在でしか
無いんですよ
そんな風に考えてしまう自分に絶望することはあります
そこまでして死を避けようとする自分
数息観を1年続けて得た不動の心でナマポ申請に行きますか

956:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 05:31:15.03 ID:GVf42aIL [3/4]
ま、自分でも何が言いたいのか分からなくなりましたが
親が死んで自殺なんて有り得ないと思いますが…

私が精神疾患や肉体の病まで作り出すほど
親にしなければならない依存って何なのでしょうか?

それを自分の心に尋ねるのじゃと言われそうですが
鬼和尚さんだって何の根拠も無く発言してるわけじゃないのでしょう?

957:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 05:39:58.61 ID:GVf42aIL [4/4]
鬼和尚さん

私が一人暮らしをせずとも精神疾患を作り出す依存の心を観察出来れば
親と同居でも病は治るのでしょうか?むしろそっちの方こそ重要ですよね?
だって死んだって依存は強まるって言うんですからね
一人暮らしすることで物理的な距離を取ったって心理的距離は変わらず
結局精神障害を作り出す依存は無くならなかったなんてことにも
なりかねませんものね?

959:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 08:49:00.98 ID:Dg3pAKlw [1/2]
>>943
914にあるように自分で、自力で、自我で物事の正誤、善悪をジャッジメントしてしまう事から来る恐れや罪悪感です
世間でも同じように物事の正誤を自分達で決め、裁きあい叩きあっていますよね
鬼和尚さんのいう報い、とその自我の裁きによる罪や罰とどこが違うのでしょうか?
良いところ、悪いところ、とはこの世の序列のことでしょうか
悟りとはそういう期待やこの世の序列からの解放ではないのですか?

倒れている人を助けようとするときに、これで自分は良い境涯に行ける、感謝される、と思ってはやらないのが自然な善意ではないでしょうか、、
結果的に心が暖かくなり人からもいい反応を受け取れるでしょうが、、
とはいっても鬼和尚さんが与え続けているのを見れば鬼和尚さんのいっていることや善意が間違いだとは思っていません

961:マジレスさん[sage]:2019/10/17(木) 09:31:58.86 ID:Dg3pAKlw [2/2]
>>959
付け加えです
自分のに加え微妙な状況で他人に善悪や正誤を裁かれる恐れや罪悪感もです
それにより揺れ動く自分の心の中の善悪判断のジャッジメントですが
これが苦しみの原因になります
多くの人とのつまらない小競り合いから大きな争いまで、こういう自分は悪くない、お前は悪い、の罪悪感の擦り合い、不毛な正しさの証明しあいだったりすると思います
これと本当の鬼和尚さんの勧める善悪の判断はどう違いますか?

963:マジレスさん日付未入力:2019/10/17(木) 12:45:43.64 ID:cFYeU1IX
鬼和尚は佐々木希はどこに行くと思いますか?

965:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/10/17(木) 22:00:17.29 ID:o+ceBqIn
>>952 報告はしなくて善いのじゃ。
 ただ自分が実践すればよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>954 それはおぬしが依存しているからじゃろう。
 依存していない者は病にもならないのじゃ。
 依存したいから自分を病にするのじゃ。
 親の方もおぬしに依存しているから病になれという言動をするのじゃ。
 おぬしの親はよくおぬしがおかしいとか、体が弱いとか言っていたかもしれん。
 共依存なのじゃ。

>>956 孤独とか寂しさから依存するのじゃ。
 孤独からの逃避なのじゃ。
 それを心の中に追求するのじゃ。

>>957 治ることもあるじゃろう。
 そして親から離れると善いのじゃ。
 治らなければやはり親から離れると善いのじゃ。

>>959>>961 自分のジャッジはただの観念なのじゃ。
 そうであるから本来過ちでもないことでも自分を責めたりするのじゃ。
 道路の境界線を踏んだから自分は駄目な奴だと想うとかのう。
 子供の観念遊戯と同じなのじゃ。
 おぬしの心の働きはこのような子供の観念遊戯と全く同じではないか、心を観察して見極めるのじゃ。

 報いは自他を平等に見る智慧から起こるものじゃ。
 他人にしたことが自分に還るだけなのじゃ。
 道路の境界を踏んでも何の報いも無いのじゃ。

>>963 おぬしの寝床ではないのかのう。
 渡部じゃな。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

266:避難民のマジレスさん[]:2019/10/17(木) 00:18:00 ID:5cT9Awlw0 [19/19]
ラマナ・マハルシとの対話157

質問者
 「私」の探究において、探究者はある段階で恩寵が入り込むようにするために、心を否定的な態度に保つよう指導されます。
 しかし否定的な態度がどうして積極的な結果をもたらせると言うのでしょうか?

マハルシ
 真我は常に存在しています。
 それは新たに得られるようなものではないのです。

質問者
 私が尋ねたいのは、恩寵を受けるに値するだけの何が否定的な態度によってもたらされたと言うのでしょうか、ということです。

マハルシ
 あなたはこの質問を恩寵なしに尋ねているのですか?
 恩寵は始まりにも、中間にも、そして終わりにも存在しています。
 恩寵とは真我なのです。
 真我と身体との偽りの自己同一化ゆえ、グルも身体を持っていると見なされています。
 しかしグルの視点から見れば、グルは真我でしかありません。
 真我はただ一つの存在です。
 グルは「ただ真我だけが存在する」と告げます。
 だとすれば、真我があなたのグルではないでしょうか?
 それ以外のどこから恩寵が注がれると言うのでしょう?
 それはただ真我からしかありません。
 真我の現れは恩寵の現れであり、その反対もまた然りです。
 これらの疑いはすべて、誤った観点と自分の外側の物事に結果を期待するために起こります。
 真我の外側に存在するものは何もないのです。

質問者
 私たちの質問は私たちの視点から見たものであり、シュリー・バガヴァーンの答えは彼の視点から見たものです。
 質問は答えを得ただけではなく、知らぬ間に拭い去られたのです。

267:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/10/17(木) 22:12:12 ID:1d4drIFg0 [116/116]
全てが恩寵であるならば、否定的な態度であろうとなかろうと何の違いも無いのじゃ。
積極的な成果は積極的な態度からしか起こらないというのも間違いなのじゃ。
ただ自我に囚われて抜け出せ無い者に、すべてを否定するアートマンの道が示されるのじゃ。
アートマンは積極的な成果ですらないのじゃ。
すべてであるだけなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました