鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2019/07/26(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part14
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1555858441/

564:避難民のマジレスさん[]:2019/07/26(金) 19:06:32 ID:LABA5HjA0 [68/68]
鬼和尚様

気が付かないうちにこだわってしまってるような場合、
そのこだわりに気が付くためにはどうすれば良いでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

565:561[sage]:2019/07/26(金) 19:15:04 ID:B271bJXE0
>>563
鬼和尚さん、ありがとうございます。
もう少し教えてください。

他人や社会への無意識の期待というのは、人間関係や社会関係において基本だと思われている程度のことも含みますか?
例えば、人並みに扱われたいとか、嘘をつかれたくない、という程度のことです。

期待していなければ、人並みに扱われなくても嘘をつかれても、心に苦は生じないのでしょうか?
こういう場合も、苦の原因は自分の心の中にありますか?

566:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/26(金) 23:07:43 ID:1d4drIFg0 [138/138]
>>564 それはただひたすらに真摯に自分を受け入れ、本心を観察していくとわかるのじゃ。
 時には他人に自分が拘っていると想うことを聞くことでわかることもあるじゃろう。
 自分の苦や見たくない心の中をあえて観ることでわかることもあるじゃろう。
 常に真摯に自分を受け入れる心構えがあれば、そのようにしてわかるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

>>565 そのようなことも含むのじゃ。
 社会の常識であるからとかそのようなことさえ含むのじゃ。
 期待していなければ苦は生じないのじゃ。
 苦は自らの心の中の原因から起こるじゃろう。
 よく観察して確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 50
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1561161133/

310:おさかなくわえた名無しさん[]:2019/07/26(金) 11:35:45.75 ID:WIuZmWsk
鬼和尚、私は「うつ」でたくさんの薬を飲んでいます。
これではいけないと思うのですが、どうしようもありません。
今年になって頭痛と高血圧と頻脈で3か月入院しました。
薬の副作用と思います。

今は体がだるく、生活するのに精一杯です。
私はどうすれば良いのでしょうか?

312:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/07/26(金) 16:48:38.14 ID:6WVqAFAS
鬼和尚、クンルンネイゴンのKan.は悟っていますか?
http://kanportal.com/
https://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_profile.php?genre1_code=05&genre2_code=045

それとテレポーテーションするらしいのですが、本物の超能力者でしょうか?
↓の記事の下部に透けてる写真があります。
https://ameblo.jp/blueguppy333/entry-12009515926.htm

314:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/26(金) 23:20:42.42 ID:Eaijxu4t [1/2]
>>310 医者をかえるとよいのじゃ。
 薬に頼らない医者を探すのじゃ。

 整体とかマッサージを受けるのも善いのじゃ。
 保険の利く所ならば安くて済むのじゃ。
 肉体の不調から来るものならば治ったり軽くなったりするのじゃ。

 漢方薬も善いのじゃ。
 保険の利く漢方薬にするとよいのじゃ。
 副作用が少ないのじゃ。
 そのようにいろいろ試して見るのじゃ。

>>312 悟っていないのじゃ。
 嘘じゃろう。
 一度嘘をつくとどんどんおかしなことを言うようになるのじゃ。
 オウムと同じなのじゃ。

313:おさかなくわえた名無しさん[]:2019/07/26(金) 18:55:54.67 ID:UE3ubNhU
鬼和尚、懺悔させてください。勘違いかもしれませんが念のために。
自分は、格好をつけるために自分のイメージする悟った人を演じていたのかもしれません。
例えば、急にじっとしているなど。
いずれ死ぬことを忘れて、このような行為に走るのは逃避の一種でしょうか。
この行為って結構危ういでしょうか。高ぶって自分は悟ったと人に言ってしまわないようにするにはどうすればいいですか。

315:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/26(金) 23:22:41.22 ID:Eaijxu4t [2/2]
>>313 逃避と言えるじゃろう。
 どのような原因でそのようなことをするのか自分の心を追求してみるのじゃ。
 それも心に原因があるから行うのじゃ。
 原因から観察できれば止まるのじゃ。
 常に自分の本心を観ていればおかしなことをすることもなくなるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

99:避難民のマジレスさん[]:2019/07/26(金) 18:51:16 ID:og89HtMo0 [4/4]
ラマナ・マハルシとの対話76

1935年9月29日

K・S・N・アイヤール氏は、「霊的生活と世俗の活動をどう調和させればよいのか、いまだに確信が得られません」と語った。

師はその答えとして、『ヨーガ・ヴァーシシュタ』(原典は数百万もの節から成り、そのうちサンスクリット語の詩句は三万二千句が発見された。『ラグ・ヴァーシシュタ』と呼ばれる六千句に要約されたものが存在し、そのタミル語版はさらに二千五十句に要約されている)からいくつかの詩節を引用した。

質問者
 心を集中させなければ、満足のいく仕事はできません。
 心を霊的な次元に向けながら仕事を続けていくにはどうしたらよいのでしょうか?

マハルシ
 心とは真我から投影され、目覚めの状態に現れたものにすぎません。
 深い眠りの中では、あなたは自分のことを「誰々の息子だ」などとは言いません
 目覚めるとともに「私は誰それだ」と言い始め、「私は世界を認識する」などと言うのです。
 世界はローカにすぎません。
 ローカとはローキャテー・イティ・ローカハ(知覚されたものが世界である)です。
 見られるものがローカ、つまり世界なのです。
 それを見ている目とは何でしょうか?
 それは(目覚めと眠りのたびに)周期的に立ち現れては消えてゆく自我です。
 しかしあなたは常に存在しています。
 それゆえ、自我の彼方に在る「それ」とは意識、つまり真我なのです。

 深い眠りの中では、心は沈み込んでいても破壊されてはいません。
 沈み込んだものは再び現れてきます。
 それは瞑想の中でも起こりえることです。
 しかしひとたび破壊された心が再び現れることはありません。
 ヨーギーの目標は心を破壊することであって、ラヤ(心が一時的に停止した状態)の中に沈ませることではないのです。
 ディヤーナの静寂の中でラヤは継続しますが、それは十分ではありません。
 心を破壊するためには別の修練の補助を得なければならないのです。
 ある人々は取るに足らない考えを抱きながらサマーディに入り、長い時を経た後に同じ想念の流れとともに目を覚ましました。
 その間、世界では何世代もの時が経っていたのです。
 そのようなヨーギーは心を破壊してはいません。
 心の破壊は、心が真我と一つであることを認識することによって為されます。
 たった今でさえ、心は真我から離れては存在しないのです。 

 認識しなさい。
 日々の活動の中でこそ、それを認識するときです。
 活動は自動的に続いて行きます。
 心が活動を促していると考えるのは真理ではありません。
 心は真我から現れた幻影でしかないということを知りなさい。
 こうして心は破壊されるのです。

100:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/26(金) 23:39:47 ID:1d4drIFg0 [36/36]
アートマンを求めることと日常の仕事は矛盾しないのじゃ。
自らがしているとか、誰がしているとかの幻想を持たなければ日常でも実践になるのじゃ。
我が無い状態で心身は最高の効率を発揮できるのじゃ。
忘我のサマーディになるからなのじゃ。
自我のもつ苦悩から離れて行うことは喜びでさえ在るのじゃ。
そのようにして仕事も実践となるのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

712:避難民のマジレスさん[]:2019/07/26(金) 00:44:00 ID:LC3de7YgO [422/422]
>>710
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)
~SRI H.W.L.POONJA

第5章 内在する「自由」への徴候 ☆Part3

冷静さ:一時的なものへの無執着:放棄

  自由というのは理解を超えたもの、
   マインドの動きを超えたものだ。
   だが知的な把握というのは大変重要だ。
   それはどんな対象も
   心の平和を与えることはできないと知ることだ。
   もし、これを知っていたら、
   一時的な対象物に魅力を感じることはない。
   これが冷静さ、放棄だ。

  識別とは真実と真実でないものを見分けることだ。
   自由への欲望は真理への熱情だ。
   放棄は真理でないものへの冷静さだ。
   それは全ての感覚、快楽に対する執着の放棄だ。
   それらが悪いという理由からではない。
   それらは本来一時的、刹那的で幻想だからだ。
   それらはあなたの表面上の踊りにすぎない。

  マインドを放棄しない限り、他の放棄は役に立たない。
   あなたが放棄できる全てのものはマインドで放棄する、
   しかし真我はマインドそのものを放棄する、思考に対して完全に無執着だ、
   真我はあなたを苦しめる全ての思考を放棄する。
   快楽は永続しないと識別することによって放棄が起こる。
   賢人は平和のために全ての思考を拒絶する。

Q:私は自由への道を歩いています。もし、私が全ての執着を絶ったら私は自
由になれるのですか?
私の血縁関係も捨てる必要があるのですか?

あなたがこれらの執着や関係以外のものを望むとき、それらは自然に落ちてい
くだろう。
あなたが捨てるのではなく、砂の壁のようにそれ自体で崩れていく。

全ての関係は子どもが浜辺で作る砂の壁のようなものだ。
あなた自身の真我との関係に比べたらそれ以上値打ちのある関係は存在しない

「それ」との関係は決して捨てることはできない。
真我を見つけ出すのを妨害する関係は永久に拒絶することだ。

事実を言えば、執着というのは存在しない。
眠りに落ちるとき、どのようにして執着が落ちていくか見てごらん。
そこには執着している両親も牧師も教会も何もない。

このようにあなたが真理を探究し始めると、全ての関係は元々存在しないのだ
からそれ自体で落ちていくものだ。
あなたが関係から何かを必要としているので、それは存在しているかのように
見えるだけだ。
あなたは確かに興味がある。
そうして関係を創りだすのだ。
壊れることのない唯一の関係を持ちたいのならあなた自身の真我と恋に落ちる
ことだ。

これがどのようにして平和を見つけるかだ。
あなたはいつも平和に生きているのに、執着のために他の事に巻き込まれ、何
が足元にあるのか見ようともしなかった。
感覚は場所や対象物や人を追いかけて、決してこの空間にやって来ることはな
かった。

そう、親愛なる友よ、今が前進するときだ。
あなたはここサットサンガにいる。
全ての関係性があなたを騙して来た。
「ここ」はあなたを騙したりしない最も相応しい場所だ。

Q:真理はいつも存在しているのなら、どうして真理の認識に時間がかかるの
でしょうか?

いいや、真理の認識には時間がかからない。
真理の認識に時間がかかるのは真理でないものを探しているためだ。
真理に出会うための真剣で正直な欲望が欠けているためだ。

 真理はあなたの前、後、上、下、どこにでも存在する。
しかし、あなたは他の何かが欲しい。
他の人や物が欲しい。

 あなたがこれらの他のものを見ない時、一体何を見るのかね?
即座に「あなたが真理そのものだ」ということを見るだろう。
(´・(ェ)・`)つ

713:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/26(金) 23:34:14 ID:1d4drIFg0 [267/267]
一つ一つの執着を全て捨てる必要は無いのじゃ。
修行の妨げになる執着だけを捨てるが善いのじゃ。
残りの執着は悟りを得れば自然に無くなるのじゃ。
すべてである真理そのものと気付けば一切の執着も必要のないものとして消えていくのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました