【仏教】悟りを開いた人のスレ422【天空寺】

【仏教】悟りを開いた人のスレ422【天空寺】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1563877316/

1:神も仏も名無しさん[sage]:2019/07/23(火) 19:21:56.20 ID:QqNXMgi4 [1/4]
お気軽に質問等をどうぞ。
罵倒、批判だけのレスはスルー。
悟ったと思う者は、体験、技術、見解などを書く事。
否定されても発狂しない。
修行もする事。(任意)

>>970が次スレを立てる。無理なら以降の有志にお願いする事。

※前スレ
【仏教】悟りを開いた人のスレ421【天空寺】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1563690025/l50

2:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 19:55:23.99 ID:PjgYNsY2 [1/13]
>>1 ご苦労さんなのじゃ。
 いかす行ないじゃ。

3:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 19:55:46.32 ID:PjgYNsY2 [2/13]
 数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

4:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 19:56:21.55 ID:PjgYNsY2 [3/13]
 数息観によって集中力がついてきた者は観の行をするのじゃ。
 その前に観の行の前行である、観察の力と集中力を身につける観察の行をやるのじゃ。
 先ず、目の前に観察の対象となる物を用意するんじゃ。
 木でも花でも何でもいい。そしてそれを見て、細かく観察するのじゃ。
 最初の内は、心の中で言葉にしてもよい。

 例えば花なら花という言葉を使わず、
 「今、目の前にそれがある。それは薄い膜のような物が幾つも重なっている。それは赤い色をしている。
 それはふちが薄く、真中にいくほど厚くなっている。それの真中には細い糸が幾つも出ている・・・」
 などと観察していくのじゃ。

 出来るだけ細かく、普段なら見落としてしまうような事も、可能な限り観察するのじゃ。
 ちっちゃなとげがあるとか、皺がいくつもあるとか。
 次第に慣れてきたら、言葉にせず、目で見るだけで意識に上らせるようにするんじゃ。

 そのようにしていると、たまに雑念が沸くこともある。
 例えば「この花はバラだ。バラのジャムつておいしいのかな。そろそろごはんのじかんだ」
 などといつのまにか、ご飯のことを考えている。これは観察ではない。
 観察とは今、ここに、現にある物だけを見ることじゃ。
 連想や記憶は雑念なのじゃ。

 そのような雑念が沸いてきたら、止の行をしてきたおぬしらは、どうすればいいか判るじゃろう。
 数息観をしていた時と同じく、ただスルーするのじゃ。
 止めようとか、駄目だとか思わず、ただやり過ごして、観察に戻る。
 そうすれば雑念は自然に消えていく。
 このような時に止の行は役立つのじゃ。
 やはり止と観察は二つで一つなのじゃ。

5:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 19:57:07.80 ID:PjgYNsY2 [4/13]
 更にコピペじゃ。

 未だ自我のある者は、更に感覚、感情、思考、分別知、認識などに観察を広げていくのじゃ。
 前にも書いたが、感覚から先の観察は鐘の音などを利用すると、簡単なのじゃ。

 感覚を観察するには鐘の音が鳴ったら、
 「今、鐘の音が鳴った、聞こえている、だんだん音が小さくなるのが判る、今消えた」などと、
 今、感じている感覚を観察するのじゃ。

 その鐘の音によって生じる感情も、「耳が痛くてうざいと思っている・・・」などと観察する。
 思考も「あの鐘は仏壇屋で買ったもっといいのが欲しかったと、考えている・・」などと
 巻き込まれないように注意しながら観察するのじゃ。

 物事を認識し、分別する心の働きは殆ど一つの動きになっている故に、鐘の音を聞いて、
 「これは鐘の音・・・今、鐘の音と分別し認識した」などと、観察するのじゃ。

 このように直接、心と体を認識する方法が、観の行の基本であり、
 最もシンプルでスタンダードなものであると言えよう。
 しかし、この方法はかなりの集中力と観察力が必要となる。
 これをシステム化してやり易くした方法が、縁起の法や、空の法なのじゃ。

6:栄進[]:2019/07/23(火) 19:57:41.57 ID:Pd0kbmz3 [1/25]
鬼和尚さまは、キチガイですか(´・ω・`)?

8:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 19:58:37.29 ID:YForbhRX [1/39]
>>5
空の法って何や?w(^。^)y-~
珍獣www(^。^)y-~

9:甲賀流工作員[]:2019/07/23(火) 19:58:38.23 ID:a0Gn2lsV [2/20]
鬼和尚の肺活量はいくつ?

10:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 19:59:53.36 ID:YForbhRX [2/39]
>>5
空の法を述べてみろw(^。^)y-~

59:神も仏も名無しさん[sage]:2019/07/23(火) 20:55:00.05 ID:UJC/GxsT [1/12]
【鬼和尚天空さんの体験と見解】
わしは金剛経を読んでいる時、観照が起こった。
観照によってわしの自我は消え去った。
そして静寂と安心が起こった。
もはや守るペき自我が無いことにより、緊張と不安が消えたためじゃった。
そして、智慧が湧いた。
自我が消えた故に、自我の歪みを受ける事の無い、平等性智が起こったのじゃ。
わしはその智慧に問うた。
(ここでは言葉を使う必要上わしという主語を使うが、その時の心にわしは無かったと覚えておくのじゃ)
この境地が最後のものであるのか、すると自然に智慧が湧き起こり、答えが湧いて出た。
この境地が最後のものではない、未だ安心と静寂を認識するものが残っている、と。
そこでわしは更に認識するものを観察し、それが実体が無く、空であると観じた。
自我が消えてしまえば認識を破壊するのは容易であった。
空であると観じていると、認識するものが消えた。
そして、認識するものがなくなると、言葉やイメージで表せるものが全て消え去った。
そこにおいてはもはや見る者も、見られるものも、見るという事も無かった。
言葉もイメージも、記憶さえも無かった。
全てが無かった。
そして無でさえも無かった。
今、何年も経ってからでさえ語るべき言葉の無いものじゃった。
わしはそこで全ての技を捨てた。空であると言う観も捨てた。
そこでは為すべきことは無く、為す己が無く、為すという行為さえ無かった。
わしは再び問うた。(本当はもうわしは無いんじゃよ、わかっとるね?)
この境地が最後であるかと、智慧が答えた。
この境地が最後である。何故ならもはや為すべき事も、為すべき者もおらず、為す事も無いのだから。と、智慧が答えた。

60:神も仏も名無しさん[sage]:2019/07/23(火) 20:55:25.49 ID:UJC/GxsT [2/12]
(続き)
そこには智慧があった。平等性智、大円鏡智、妙観察智等の智慧が全てあった。
無為にして坐り続けるわしの前に、一切の神秘が開かれた。
わしは世の一切が平等であり、空間さえも一つの同じ意識を共有しているのを感じる事が出来た。
わしは死の意識を知り、死がもはや無い事を知った。
死は意識の消滅ではなく、変化に過ぎないことを知った。
わしは経典の言葉が理解出来るようになった。お釈迦さまが何を言わんとしていたのか、判るようになったのじゃ。
世界は全て一つの意識で出来ており、それは唯一なるが故に、一つと数える事さえ無いものであった。 

わしは長らく坐っていたようじゃ。
永遠の安らぎである涅槃がそこにはあったのじゃ。 
わしは菩薩の誓いを思い出した。
悟りを得たら、再び地上に返って人々を導くと言う菩薩の誓願が、わしを押し止めた。
わしは定を解き、ここに帰ってきた。
自我は無くなっていた。 
人と話をする為に擬似的自我を作り出したのじゃ。

93:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:25:08.62 ID:PjgYNsY2 [5/13]
>>6 わしは既知の外に居るじゃろう。
 正に既知外じゃ。

>>8 それは南ちゃんじゃろう。
 珍獣南ちゃんじゃな。
 おぬしが書いたのじゃ。
 わしはそうは想わないのじゃ。

>>9 二千ぐらいじゃな。

>>10 天井の無いところで上を見るのじゃ。
 空があるじゃろう。
 よるならば夜空があるじゃろう。
 それが空なのじゃ。

95:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:26:41.85 ID:YForbhRX [21/39]
>>93
「空の法」って何だよ?www(^。^)y-~

98:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:30:21.02 ID:YForbhRX [22/39]
>>93
「縁起の法」も説明してみろ珍獣w(^。^)y-~

100:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:31:24.34 ID:PjgYNsY2 [6/13]
>>95 おぬしは法とは法律と書いていたのじゃ。
 おぬしにとって空の法とは空の法律ということになるじゃろう。
 勝手に空を飛んではいけないとか、ミとファの次に唱えるとかのう。

102:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:32:35.94 ID:YForbhRX [23/39]
>>100
答えになってないぞ?(^。^)y-~
「空の法」を説明してみろって言ってる。

104:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:34:01.04 ID:PjgYNsY2 [7/13]
>>98 おぬしは南ちゃんを珍獣と書いていたのじゃ。
 おぬしは法を法律としていたのじゃ。
 縁起の法律とは実践しない者には真の解脱の道を説くべきではないとかなのじゃ。
 無知なまま死んでいくことだけが愚者の道なのじゃ。
 哀れな者じゃ。

110:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:36:33.49 ID:PjgYNsY2 [8/13]
>>102 おぬしに与えるべき教えはそれだけじゃ。
 実践しない者に真の悟りへの道を説くべきではないからのう。
 空でも見てるとよいのじゃ。
 UFOとかが見えるかもしれんのじゃ。

113:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:37:57.97 ID:YForbhRX [25/39]
>>104
あと、 >>60 はスピだろ(^。^)y-~
お前が大悟なわけ無いわ(^。^)y-~

122:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:43:23.75 ID:PjgYNsY2 [9/13]
>>113 お釈迦様にもそのように告げたバラモンがいるのじゃ。
 自分の教え込まれた観念から抜けられない愚かなバラモンだったからなのじゃ。
 今お釈迦様が目の前に居てもおぬしはその愚かなバラモンのように、このインドの乞食坊主が大悟なわけがないと想うじゃろう。

 本当に賢い者は話すだけで大悟した者がわかるじゃろう。
 少し賢い者は話だけではわからなくとも説かれたことを実践して理解できるのじゃ。
 愚かな者は話しても分からず、自ら実践して確かめもしないからわからないのじゃ。
 永遠に愚かなままなのじゃ。

123:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:43:55.58 ID:YForbhRX [28/39]
>>121
>>59-60 は何処かの改変だろうね(^。^)y-~

127:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:46:08.03 ID:PjgYNsY2 [10/13]
>>123 わしは本物じゃよ。
 モノホンなのじゃ。
 完全にオリジナルの体験なのじゃ。
 そこに体験も体験したものも居ないがのう。
 言葉の習慣として体験とかわしとか書くだけなのじゃ。

 今日はこれまでなのじゃ。

130:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/23(火) 21:48:26.60 ID:YForbhRX [31/39]
>>127
アホがw(^。^)y-~

完全勝利やの(^。^)y-~

137:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:52:07.84 ID:PjgYNsY2 [11/13]
>>130 わしが完全勝利したというのじゃな。
 その通りじゃ。
 おぬしはまともに反論さえ出来なかったのであるからのう。
 潔い態度なのじゃ。
 >>3から読んで修行することを許すのじゃ。

140:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 21:53:23.82 ID:PjgYNsY2 [12/13]
言葉は全て空なのじゃ。
それが空の法なのじゃ。
これまでとか言われて騙されてはいかんのじゃ。
わっはっはっは。

151:仏教棄民の大山[sage]:2019/07/23(火) 21:59:40.48 ID:UkzqBZg1 [8/19]
>>137
逃げんなw

154:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/23(火) 22:01:37.78 ID:PjgYNsY2 [13/13]
鬼子にはおわりなのじゃ。

>>151 おぬしのことも忘れていないのじゃ。

 何を書くのか忘れたのじゃ。
 明日にするかのう。

721:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 22:33:47.44 ID:qhDuITGN [25/53]
>>719
阿頼耶識を空と考えてくれたら大体おけ(^。^)y-~

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1547746581/692

728:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 22:50:47.31 ID:DjHFbmNK [1/20]
>>721 完全に妄想じゃな。
 もしおぬしが真の悟りを得たならばそのような妄想を書いたことを悔やむじゃろう。
 阿頼耶識が徐々に智慧に転じるなどということはありえないのじゃ。
 真の悟りは頓悟でしか起こらないからのう。
 そのような妄想と知ったかぶりと傲慢は捨てるが善いのじゃ。

731:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 22:53:21.04 ID:DjHFbmNK [2/20]
愚かな者の妄想に囚われないようにみんな>>3から読んで実践あるのみなのじゃ。

732:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 22:53:30.89 ID:qhDuITGN [27/53]
140 鬼和尚 ◆GBl7rog7bM sage 2019/07/23(火) 21:53:23.82 ID:PjgYNsY2
言葉は全て空なのじゃ。
それが空の法なのじゃ。
これまでとか言われて騙されてはいかんのじゃ。
わっはっはっは。

734:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 22:55:12.69 ID:DjHFbmNK [3/20]
>>732 わしの言葉にひっかかったことを自慢しているのじゃな。
 そのように言葉にひっかかることでおぬしが悟りを得ておらず、観念に囚われていることを証明しているのじゃ。
 それがそのまま公案なのじゃ。
 またひっかかってしまったのう。
 わっはっはっはっは。

733:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 22:54:37.12 ID:qhDuITGN [28/53]
>>731
やはり鬼和尚は唯識を理解してないの(^。^)y-~

740:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 22:58:47.21 ID:DjHFbmNK [4/20]
>>733 それはおぬしが理解していないからそのように想うのじゃ。
 例えば数学を知っている者は、相手の計算能力を試して数学を知っていることを理解するのじゃ。
 そもそも数学を知らない者は、相手が計算能力をもっているかどうかを試すことすら出来ないのじゃ。
 おぬしもそのように唯識を知らないから相手の知識を試すことすら出来ないのじゃ。
 そろそろしったかぶりはやめたらよいのじゃ。

745:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:02:23.46 ID:DjHFbmNK [5/20]
そもそも阿頼耶識が空とかいう妄言もおかしいのじゃ。
法と論を区別できていないのじゃ。

そもそも阿頼耶識が何かさえわかっていないのじゃ。
お釈迦様はそこにものがないことが空と説かれたのじゃ。
さっきまでそこにあった芋が無ければそれが芋の空なのじゃ。
それだけなのじゃ。
何かが無いことが阿頼耶識であることはありえないのじゃ。
愚か過ぎて言及すら無意味なのじゃ。

749:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:04:37.54 ID:DjHFbmNK [6/20]
 空の法を説く前に注意しておかねばならないのは、空とは概念や思想、哲学、世界観ではなく、悟りを得る為の技術であると言う事じゃ。
 多くの学者や知識人などが空の思想や哲学などと称しているが、それらはことごとく間違いであると言えよう。
 お釈迦様が空を悟ったとか、空を知ったら悟りだとか、勘違いしてはならない。

 「物事が空であるという概念を持ってはならない。概念を破壊するのが空なのだから」
 と、言う言葉は経にも論にも、何度も語られている。
 空は概念に執りつかれている者の概念を破壊して執着を無くさせ、更には自我を解体し、阿頼耶識をも止める作用がある、悟りを得る為には有効な心の技術なのじゃ。
 それによって観照を起こりやすくさせるが、それ自身が悟りなのではない。

 物事を論理的に考えすぎて、一つの概念から離れられない者には適した技術であると言えよう。

 しかし、悟りを得る為の技術の一つに過ぎない故に、無用と思う者には無用である。
 観察する事が出来る者は、そのまま観察だけで悟りを得られる。
 前述のような論理にしがみ付いている者に、有効なる技術なのじゃ。

 一口に空と言ってもいろいろな定義ややり方がある。
 お釈迦様が説いた空はそれほど複雑ではなく、幻や幻術、陽炎のようなものと観よ。と、言う位であったが、龍樹のように縁起と結びつけた者もおる。
 他にも解体により、本性が空であると観るものや、金剛経のように、空という言葉を使わず、ただ概念を破壊する論理を駆使するものもある。

 これらは全て技術であるが故に、各々が自らの経験や各自の性格によって使い分けられてきたから、種類が増えたのじゃ。
 例えば薬が用いる医者や患者の体質によって、違ってくるようなものじゃ。
 肝心なのは、効果がある事だけじゃ。

 それ故にこれから空の法を修行しようという者も、自分に合ったやり方を選択したらいいのじゃ。

752:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:05:42.64 ID:DjHFbmNK [7/20]
 空の法には幾つか種類があるが、代表的なものをやってみるのじゃ。

 一つは般若心経にあるように、全てに無を持って観るものじゃ。
 全ては在るでも無く、無いでもない。 汚れているものでは無く、清いものでもない。増えもせず減りもしない。特徴があるのでも無く、無いのでも無い。
 このようにおよそ考えたり、言葉やイメージとして認識している全てが無であると観るのじゃ。
 疑問が浮かべば、その疑問さえも無であると観る。

 そのようにして修行すれば、空を感得するに至る。
 空を感得するとは、例えばりんごを見ても、それがりんごであるという言葉が浮かばない。
 逆にりんごという言葉を聞いても、りんごのイメージが湧かなくなる。
 そのようであれば、りんごというものの概念が壊れ、阿頼耶識の作用を止めたと言う事になる。
 それが空を感得したと言う事じゃ。

 空を感得したなら、次にはそれを自らの肉体と心に向けるのじゃ。
 肉体が空である、そして心を形成する感覚、感情、思考、分別、認識の全てが空であると観るのじゃ。
 それらのうちのいずれに自我を投射していようと、それが空であり、阿頼耶識の作用を受けつけないが故に、自我は観照され、無に消え行く。
 更に消えた自我を観る認識をも空であると観た時、阿頼耶識は観られたものとして落ちていき、完全なる悟りが得られるであろう。

 これが無による空の実践法である。

754:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:07:00.95 ID:DjHFbmNK [8/20]
 次は解体による空の法じゃ。
 例えば車はタイヤ、車体、エンジン、ハンドルなどで出来ておる。
 それらの一つ一つが車ではなく、それらの他に車がある訳でもない。
 車と言う物の本質はどこにも無く、本性も無く空である。

 同じように自らの肉体も、手が自分ではなく、足が自分ではなく、頭や腹、胸、腰などの一つ一つが自分ではなく、本性や本質が無く、しかもそれらを離れて自分は無い空なるものと観る。
 心も感覚、感情、思考、分別、認識などの一つ一つが自分ではなく、本性や本質が無く、しかもそれらを離れて自分は無い空なるものと観る。

 このように自らを構成する部品の一つ一つ解体し、それらを本質が無く、本性が無い、空なるものと観じていくのが解体による空の法である。
 自分というものに執り付かれ、即物的な価値観を持っている者には、有効なる修行と言えよう。

 他の空の法でも同様であるが、これらの空の法は、集中力を以って繰り返し念じていれば、確実に作用する。
 そのように作られているのが空の法なのじゃ。
 少しやってみて何も起こらないと投げ出してしまうものには、何も起こらない。
 確たる信念を持って修行を続けるのじゃ。

755:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:09:01.78 ID:DjHFbmNK [9/20]
 龍樹などの提唱する縁起と組み合わせた空の法じゃ。
 肉体は食べ物や飲み物などによって存在し、それらが無ければ無くなってしまう。 体は食べ物などの縁によって起こり、縁が無くなれば消えてしまうものじゃ。
 縁に依って起こるものであるから、そこに実体は無く、本性も無い、空なるものであると見なす。

 心も感覚は感覚の対象を縁として起こり、実体が無く、本性も無く、空であり、幻のようなものであると見なす。
 以下、感情と感情の対象、思考と思考の対象、分別と分別の対象、認識と認識の対象について、それらが縁によって起こり、実体が無く、本性も無く、空であり幻のようなものとして観るのじゃ。

 このように心と体に対して、縁によって起こり、実態が無く、本性も無く、空であり幻のようなものと見なすのが、縁起による空の法である。
 これは仏教の縁起を深く信じ、縁起を良く学んだ者にとって、有効なる修行法と言えるだろう。
 しかし、これは縁起と空について、深く知らねばならぬ故に、初学者にとっては少し難しいものがあるかもしれぬ。

758:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:11:20.34 ID:DjHFbmNK [10/20]
 般若心経は他の経と違い、最初に私はこのように聞いたと言う文句が無いのじゃ。
 それは元からお釈迦様の教えではないと言う事を宣言しているのじゃ。
 金剛経とは違う空の法が書かれた経なのじゃ。 

 本来自己を観察するための心身の各要素を、無であり、空であるとみなす事によって執着を消し、自分という観念をも滅する事が出来るのじゃ。
 人によっては観察よりも、この空を観想する智慧の完成の行が、役に立つ事もあるじゃろう。


        般若心経

 観自在菩薩が智慧の完成と言われる行をして、心身の全てを空と観想して、一切の苦厄を脱した。
 舎利子よ、肉体は空と異ならず、空は肉体と異ならない、肉体は即ち空であり、空は即ち肉体である。
 感覚も空であり、空は感覚と異ならない。感覚は即ち空であり、空は即ち感覚である。
 想いも空であり、空は思いと異ならない。思いは即ち空であり、空は即ち思う事である。
 分別も空であり、空は分別と異ならない。分別は即ち空であり、空は即ち分別する事である。
 認識も空であり、空は認識と異ならない。認識は即ち空であり、空は即ち認識する事である。

 舎利子よ、全ての事物を空と観想して、生まれる事は無く、滅する事は無く、汚れる事は無く、清くなる事は無く、増える事は無く、減る事も無いと見よ。
 空と観れば肉体は無であり、感覚も無であり、想いも無であり、分別も無であり、認識も無である。
 眼耳鼻舌身意も無であり、色声香味触法も無であり、眼によって成される界域から意識によって成される界域も無である。

762:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:13:57.14 ID:DjHFbmNK [11/20]
 修行のための法である無明や無明が尽きるという事も無く、老死も無く、老死が尽きる事も無い。
 四諦の苦集滅道も無く、智慧も無く、何かの境地を得る事も無い。
 得るという事も無いのであるから、菩薩達は智慧の完成によって心の妨げを無として、恐怖も無とする事が出来る。
 全ての顛倒や幻想を厭離する事が出来て、涅槃を極めるのである。

 智慧の完成によって無上にして正しい悟りを得るのである。
 故に智慧の完成が一切の苦を除く、真実にして虚しくない偉大な呪文と知るのじゃ。

 故に智慧の完成の呪文も記すのである。
 羯帝羯帝波羅羯帝波羅僧羯帝菩提僧莎訶

 以上のように心身の各要素に、空であるとか無であると観想するのじゃ。
 この空の法が難しいのは、人の特性として空とはどのようなものであるかとか、このようなものではないかと、観念として言葉やイメージで捉えようとするからなのじゃ。
 そのように言葉やイメージによって捉えられず、認識できない状態こそが空なのじゃ。

 もし誰かが空とはこのようなものであると知ったというならば、それは空ではないのじゃ。
 知る事の無いものが空なのじゃ。
 知る事が無く、認識する事も無い、分別の停止した状態を頭の中に実現し、それを心身の各要素に当てはめるのが、智慧の完成と呼ばれる法の正しい使い方と言えるのじゃ。

 何度も何度も繰り返し唱えたり、観想したりすることで空の法は効果を表わすじゃろう。
 心身の認識が無くなり、自然に無我に入るのじゃ。
 更にそれを認識するものさえ空であると想えば悟りも訪れるのじゃ。

763:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:15:07.64 ID:qhDuITGN [38/53]
>>755
一見良くできてるけど、やっぱ出鱈目じゃの(^。^)y-~

>心も感覚は感覚の対象を縁として起こり、実体が無く、本性も無く、空であり、幻のようなものであると見なす

768:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:20:39.86 ID:DjHFbmNK [12/20]
>>763 そのように書いていることでおぬしが唯識を知らず、出鱈目であり、インチキであることを自ら告白しているのじゃ。
 例えば真の悟りを得たお釈迦様がそのような言葉で人を教えたりするじゃろうか?
 そのようなことはありえないのじゃ。
 大悟徹底して真実を知っている故に、他人に出鱈目とかインチキとは言わないのじゃ。
 インチキで出鱈目な者こそ、そのような言葉を使うのじゃ。
 真実を知っているならばそのような言葉を使わず、ただ真実だけを説けばよいのじゃ。
 真実を知らないから暴言しか使えないのじゃ。
 ジャンキーや麦以外はそのような愚人に騙されないのじゃ。

764:[sage]:2019/07/24(水) 23:16:06.44 ID:5yc7pJFr [17/20]
>>762
でも頓悟なのでしょ

771:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:24:38.20 ID:DjHFbmNK [13/20]
>>764 観察して頓悟も出来るのじゃ。
 観察しなければ頓悟も無いのじゃ。
 悟った者とは何かのきっかけで自己が観察できた者なのじゃ。
 それから認識も観察できたのじゃ。
 そうでなければ悟りは起こらないのじゃ。
 禅定であってもやはり最後はカラスの声とか蝉の声とかなにかのきっかけで自己が観察できたから悟りも訪れたのじゃ。

770:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:23:19.00 ID:qhDuITGN [39/53]
>>762
>そのように言葉やイメージによって捉えられず、認識できない状態こそが空なのじゃ。

間違ってるけど掠ってはいる。もうちょっとだぞ?鬼和尚w(^。^)y-~

> もし誰かが空とはこのようなものであると知ったというならば、それは空ではないのじゃ。
> 知る事の無いものが空なのじゃ。
> 知る事が無く、認識する事も無い、分別の停止した状態を頭の中に実現し、それを心身の各要素に当てはめるのが、智慧の完成と呼ばれる法の正しい使い方と言えるのじゃ。

出鱈目

> 何度も何度も繰り返し唱えたり、観想したりすることで空の法は効果を表わすじゃろう。
> 心身の認識が無くなり、自然に無我に入るのじゃ。
> 更にそれを認識するものさえ空であると想えば悟りも訪れるのじゃ。

掠ってはいるw

774:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:27:17.62 ID:DjHFbmNK [14/20]
>>770 間違っても掠ってもいないのじゃ。
 おぬしがそのように妄想しているだけなのじゃ。
 おぬしは唯識も知らず、インチキで、出鱈目であるからその書き込みも無知でインチキの出鱈目なのじゃ。
 知ったかぶりは止めて自らの無知を認めなければ死ぬまで愚かなままなのじゃ。

 お釈迦様はこのように言っておる。

 63、もしも愚者がみずから愚であると考えれば、すなわち賢者である。
 愚者でありながら、しかもみずから賢者だと思う者こそ、「愚者」だと言われる。

 賢者とは自らを愚と知る者であるという。
 なぜならば人がこの世で最もよく知らなければならない事は、自分自身についてなのであるからなのじゃ。

 例えどれほど多くの知識を持っていたとしても、自分自身について正確な事を知らなければ、賢いとはいえないのじゃ。
 自らが愚であると知れば、それが即ち自らについて知り、賢者ともなるのじゃ。

 自らの愚から眼をそむけ、自分が賢いという偽りの言葉とイメージによる観念をもって自分を騙しているならば、どれほど多くの知識が在っても賢者ではないのじゃ。
 自分を偽ってる限り進歩は無く、何処にもいけないのじゃ。

 例えば旅行に出ようとする者が、資金も目的も持たないようなものじゃ。
 そのような者は結局何処にもいけないのじゃ。

 同様に自分を偽っている者は、自らの今の状況を判っていないために、進歩できないのじゃ。
 自分の今の状況を知り、どのようになりたいのかはっきり知ってこそ進歩はあるのじゃ。

779:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:29:19.48 ID:DjHFbmNK [15/20]
 今の自分が愚かな者ならば、愚かであると認め、受け入れて自覚する事で、もはや自分について知る賢者となり、進歩もすることが出来るのじゃ。
 今の自分が弱い者ならば、弱い者と認め、受け入れて自覚する事で強き者ともなるのじゃ。

 今の自分が嘘をつく者であるならば、嘘をつく者であると認め、受け入れて自覚する事で正直な者にもなれるのじゃ。
 今の自分が悪事をする悪人ならば、悪事をする悪人と認め、受け入れて自覚する事で善事をする前人にもなれるのじゃ。

 最初に今の自分の状況を受け入れて自覚する事が大事なのじゃ。
 それは苦を滅する道にも通じるのじゃ。

 今まで劣等感や他人との比較などの観念が原因で、自分を過大に偽っていた者には苦しい事かも知れん。
 しかし、勇気を持ってひとたび自分を受け入れれば、大きな喜びが待っているのじゃ。

 多年にわたり原因がわからず苦しんでいた事も、それで無くなるかもしれん。
 自分を率直に認める効果は、それほどに大きいものじゃ。

 そうであるからお釈迦様も自らの愚を認める者は賢者であると言うのじゃ。
 修行に励む者は、自らを認めて賢者となるのじゃ。

780:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:31:11.08 ID:qhDuITGN [42/53]
>>779
お前は愚かだから経典を盾にし、縋っておるのじゃ(^。^)y-~
恥ずかしいのうw

781:柿猫[]:2019/07/24(水) 23:32:46.93 ID:OwSXa70S [4/7]
>>762
言葉が空であるというのは、
一例で言うと万人が一斉にりんごを思い浮かべたときに、
全く匂いも味も形も触感も同一のりんごを思い浮かべることは出来ないという意味でも、
言葉は空であるという事でしょうか?

馬鹿、とか出鱈目という言葉も、人によってニュアンスが違うと思います。
出鱈目という言葉は喋った人の脳が指令を出しただけで、
鬼和尚さんの文が出鱈目なこととはなんら関係がないですよね。

788:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:40:43.64 ID:DjHFbmNK [16/20]
>>780 そのように書くということはおぬしが恥ずかしいものであるからじゃな。
 確かに知ったかぶりをして、自分より優れた者に見抜かれるのは恥ずかしいことじゃ。

 唯識はそのようなことは主張していないのじゃ。
 阿頼耶識でさえ滅するべきものなのじゃ。
 そうでなくては転識も叶わぬことになるのじゃ。
 唯識を千回でも読んでそこのところをよく確かめてみるのじゃ。
 他人に頼らず自らちゃんと学ぶのじゃ。

>>781 それも空と呼べるじゃろう。
 言葉とその対象が無であるという意味でなのじゃ。

 そうじゃ、出鱈目という観念を持つ者が出鱈目と言うのじゃ。
 自らの観念に囚われているのじゃ。
 それこそ空とすべきなのじゃ。

787:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:39:00.27 ID:qhDuITGN [45/53]
鬼和尚が長文頑張ってコピペしたのを考えると、今日も完全勝利かの?w(^。^)y-~

796:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:43:33.00 ID:DjHFbmNK [17/20]
>>787 今日もわしが完全勝利したという、おぬしの敗北宣言じゃな。
 知ったかぶりのものを論破するのは簡単なことじゃ。
 ただ真実を書けばよいのであるからのう。
 まだ言葉の空も理解できないようじゃのう。
 完全勝利に上乗せ論破なのじゃ。

789:仏教棄民の大山[]:2019/07/24(水) 23:40:55.96 ID:EDDC7W7R [15/23]
>>728
> 阿頼耶識が徐々に智慧に転じるなどということはありえないのじゃ。

転識得智は徐々に起こる事で、一変に全て起こるものではないし、阿頼耶識の全てが大円鏡智になる訳でもないよ。

797:仏教棄民の大山[]:2019/07/24(水) 23:43:48.93 ID:EDDC7W7R [17/23]
>>745
>そもそも阿頼耶識が空とかいう妄言もおかしいのじゃ。

阿頼耶識も有為だから空性だよw

808:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:49:51.31 ID:DjHFbmNK [18/20]
>>789 やっと出たと想ったらなにやら元気が無いのう。
 また再発したのかのう。
 よふかしはよくないのじゃ。

>>797 阿頼耶識も空性じゃろう。
 空法と混同してよいものか、賢いおぬしならばわかるはずであるがのう。
 無理に鬼子を擁護しなくて善いのじゃ。
 自分に同調する者であるからと法を誤魔化すのであれば、仏教など学ばない方が増しなのじゃ。
 罪を作ることになるからのう。

802:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:46:47.67 ID:qhDuITGN [47/53]
>>796
論破されてるのはお前じゃwwww(^。^)y-~

807:仏教棄民の大山[]:2019/07/24(水) 23:48:56.09 ID:EDDC7W7R [20/23]
>>752
>空の法には幾つか種類があるが、代表的なものをやってみるのじゃ。


違うよ。
それは空観(法)だよ。

816:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:54:18.74 ID:DjHFbmNK [19/20]
>>802 それしか書けないならば寝るのじゃ。
 またわしの完全勝利で終わったのう。
 もっと学ぶがよいのじゃ。

>>807 わしは初めから空観の法を説いているのであるがのう。
 やはり読み取れなかったようじゃのう。
 おぬしはディスレクシアをちゃんと対処しなければ、文字でやりとりする掲示板に書くのも無意味なのじゃ。
 しったかぶりと勘違いで瞬殺瞬殺と恥をさらすだけなのじゃ。

811:仏教棄民の大山[]:2019/07/24(水) 23:52:44.46 ID:EDDC7W7R [21/23]
>>754
そういう方法もある事は否定しない。

しかし、言語化する観法は、まぁ、初心者向けで実践者には否定的な見解が多いな。

812:日本鬼子 ◆rlzTxpgv.dqM [sage]:2019/07/24(水) 23:52:44.50 ID:qhDuITGN [48/53]
>>808
阿頼耶識が空って認めてるじゃねーかwww(^。^)y-~

813:仏教棄民の大山[]:2019/07/24(水) 23:53:47.52 ID:EDDC7W7R [22/23]
>>755
>龍樹などの提唱する縁起と組み合わせた空の法じゃ。

龍樹はそんな事言ってないよ。
最終的には縁起も否定してる。

823:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/24(水) 23:57:59.22 ID:DjHFbmNK [20/20]
>>811 わしに賛成じゃな。
 それが向くものも居るのじゃ。

>>812 空性と空法を混同。
 わしの完全勝利。

>>813 そうじゃ、縁起も否定するのが空の法なのじゃ。
 おぬしには空観の法と書くべきじゃったな。
 これもわしに賛同じゃな。
 ジャンキーも賢くなってきたののう。
 そろそろ寝たらよいのじゃ。
 よふかしは脳によくないのじゃ。

わしも寝るのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました