鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2019/07/01(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part14
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1555858441/

443:華祥[]:2019/07/01(月) 11:11:15 ID:b6NixX6Q0 [3/3]

442
ありがとうございます。
実践してみます。

444:避難民のマジレスさん[]:2019/07/01(月) 18:40:50 ID:LABA5HjA0 [44/44]
鬼和尚様

自我が何かを見た状態というのは、潜在意識まで観えている考えてよいですか?
とすれば、自分が囚われている観念なども呼び起こすことができるでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

445:避難民のマジレスさん[sage]:2019/07/01(月) 19:22:57 ID:h5P9mv0k0 [40/40]
他人が不幸になって堕ちていくのをただ見ている、という態度は悪いものでしょうか?
自らの行動によって不幸になっていく人を助けずに見届けるだけで、慈悲はないと思います。
いかなる状況でも助けるべきでしょうか?

あと、不幸で堕ちていく人を参考として観察する必要はありますか?
どんな行動をしたら不幸になって破滅していくのかを他者の姿を通して観察する。
実験に使われるネズミや猿を観察するようなイメージです。
これは冷酷すぎるでしょうか?

446:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/01(月) 22:00:51 ID:1d4drIFg0 [106/106]

443 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

444 そうじゃ、観えたのじゃ。
 観ようとすれば囚われも観えるじゃろう。
 囚われる自分を観るのじゃ。
 そうすれば囚われも消えるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

445 良くも悪くも無いのじゃ。
 慈悲によって助ければ善事なのじゃ。
 善事をしなかったからといってそれが悪事とはならないのじゃ。
 関わりたくなければ助言ぐらいはするとよいのじゃ。

 観察する必要も無いのじゃ。
 自分のしたこととしなかったことを観るのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 74
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1559612483/

831:マジレスさん[sage]:2019/07/01(月) 00:25:14.06 ID:JVBsw3q5
慈悲の経営とは、どういったものですか?
売上を目的とせず、多くの人を助ける事を目的にする、とかですか?

鬼和尚にそう聞いたからといって、
「自分が幸せになりたいから、そのために慈悲を目的にしよう」と思うのは、
下心のある慈悲で、ホンモノではないですよね。。?

自己の存続と幸福ありきで考えてしまうので、完全な慈悲の動機は難しいことと感じます。

832:マジレスさん[]:2019/07/01(月) 01:13:32.82 ID:kS9RXbXn
鬼和尚、この魚拓サイトにある
城谷天翠という方がやっていた(いる?)
魂のクリーニングは、詐欺ですか?
それとも本物の霊能力者ですか?

【魚拓】魂のクリーニング
- 2012年9月20日 15:06 - ウェブ魚拓

837:マジレスさん[sage]:2019/07/01(月) 19:08:35.55 ID:9RAtrG+N
友達が少ない人は寂しい人なんでしょうか?
むしろ逆で、友達が多い人ほど実は寂しい人なのでは?と思うのですが、どうなのでしょう。
世間は絶対に認めないでしょうけど。

また、常に人の渦中にいるのは良くないですか?
ひたすら人と会い続けて人間関係の中で生きるのは危険なのでしょうか。

839:マジレスさん[]:2019/07/01(月) 19:46:04.41 ID:9nwBU9eN [1/2]
いつも人から下に見られる
いくつになっても未熟者として扱われる
みじめな気持ちから這い上がりたくていろいろやってきたけど
俺が理想とする自信と実力に満ち溢れた頼りになる男には遠く及ばない
ずっと人生参加賞努力賞止まり優勝が取れない
女にも愛されずずっと童貞ちんぽは包茎
全てにおいて情けないそれがくやしいくやしいから結果を出して上に上がりたいのに
いつも中途半端で終わる
自分の限界を突破できない限界を無理に超えようとすると全てが破綻する
失敗が増えて余計に物事がうまくいかなくなる
子供の頃にいじめられてた時点で俺の人生はすべて決まっていたのだろうか
みじめなまま一生を終える運命なのだろうか
それを受け入れろと言われても納得がいかない
納得のいかないことを受け入れて物事が丸く収まったことはあっても
俺の中でのもやもやはずっと消えない
それでいいと他人に言われてもそれがバカにされているような気がしてモヤモヤし続ける
力が欲しい実力が欲しい今すぐ何もかもできるすごい男になって
自由を得たい清々しくなりたい。
恥ずかしい人間の烙印を俺の人生から完全に消し去りたい

847:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/07/01(月) 22:35:33.78 ID:e1JTW0iE

831 それは自他共に利益があるように図る経営なのじゃ。
 自分だけが儲けようとしても無意味なのじゃ。
 客も何か得をしなければ取引しないのじゃ。
 自分も儲けなければ潰れてしまうのじゃ。
 自他共に利益があるようにすれば共にいつまでも栄えるのじゃ。
 
 本物ではなくとも続ければ本物になることも在るのじゃ。
 慈悲とは意志によって起こすことも出来るのであるからのう。
 慈悲を行うとよいのじゃ。

832 詐欺なのじゃ。
 一人五万は高すぎなのじゃ。
 本当に神の意志ならばむしろ五万払ってやるじゃろう。

837 友達が多くても寂しいものはいるじゃろう。
 少なくてもさびしい者はいるじゃろう。
 自分が寂しいものと思うものがさびしいものなのじゃ。

 よくないじゃろう。
 一人になって自分を観るとよいのじゃ。

839 旅に出ると善いのじゃ。
 一人でどこまでも行って見るのじゃ。
 ついでに誰も知らないところで住んでみるのじゃ。
 自信に満ち溢れた者になるじゃろう。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

33:避難民のマジレスさん[]:2019/07/01(月) 15:36:55 ID:73lwfNNQ0 [1/2]
ラマナ・マハルシとの対話54

1935年6月16日

アーンドラ・プラデーシュ州から来た年配の学者は、カーヴィヤカンタ・ガナパティ・ムニのアドヴァイタ(不二一元論)に関する解説に疑問を抱いていた。
彼はその本の中で、「ブラフマンはサジャーティーヤ(同種)、ヴィジャーティーヤ(異種)、スワガタ・ベーダ(それ自体の中の一部分)から自由である」という記述を見つけた。
そのような条件はパリナーマ・ヴァーダ(ブラフマンが世界に変容するというサーンキャ哲学の理論)ではなく、ヴィヴァルタ・ヴァーダ(ブラフマンから宇宙は展開し、現象世界は幻影であるというヴェーダーンタ哲学の理論)において満たされるものであり、後者においては「スワガタ・ベーダであるはずです」と彼は主張した。

マハルシ
 ダクシナームールティは、そのようなことは教えませんでした。
 彼はブラフマンがシャクティと関連していたともいなかったとも言いませんでした。
 ただ沈黙のみがあったのです。
 そして弟子たちの疑いは晴らされました。
 この意義は、学ぶべきこと、討論すべきこと、結論を導き出すべきことなど何もないということです。

 誰もが「私は在る」ことを知っています。
 「私」は身体だと見なすことが混乱なのです。
 「絶対なるもの」から「私」が立ち現れ、知性(ブッディ)を生じさせます。
 「私」はその知性を通して身体の大きさと形を見ます。
 それゆえ「ナ・メーダヤー」は、ブラフマンは知性では理解できないということを意味しているのです。

 ブラフマン→アハム(「私ー私」)→ブッディ(知性)

 そのような知性(ブッディ)が、どうして「私」(アハム)を超えてブラフマンを見いだせると言うのでしょうか?
 それは不可能です。
 ただ「私」が身体であるという偽りの観念を克服しなさい。
 誰にとって想念が現れるのかを見いだしなさい。
 もし今ある「私」性が消え去れば、発見は完結するでしょう。
 「私」性が消えた後に残るもの、それが純粋な真我です。
 深い眠りと目覚めを比較してみなさい。
 多様性と身体は目覚めの中にだけ見られます。
 深い眠りの中では、真我は世界と身体の知覚のないまま存在しています。
 そこにはただ幸福だけが在るのです。

 聖典の確言である「アハン・ブラフマースミ」(私はブラフマンである)は、心の様態ではなく境地を表しています。
 マントラを繰り返し唱えても、ブラフマンになることはできません。
 それは、ブラフマンがどこか他のところに存在するのではないという意味です。
 それはあなたの真我なのです。
 真我を見いだしなさい。
 そうすればブラフマンは見つかります。
 ブラフマンがどこか遠いところにあり、そこに達しなければならないと考えて努力してはなりません。

 
その学者は言った。

「想念は執拗に起こるため、『私は在る』(アハム)に達せないのです」

マハルシ
 ブラフマーカーラ・ヴリッティは、心が他の想念に向かわないようにするのを助けます。
 そのような修練、または覚者(サードゥ)との交際が必要となります。
 覚者は既に心を克服し、平安の内にとどまっているため、彼の臨在の内に在ることが助けとなるのです。
 そうでなければ、覚者の仲間になることに意味はありません。

 デーホー・アハム(私は身体である)は限定であり、あらゆる利己的な行為や欲望の根本です。

 ブラフマ・アハム(私はブラフマンである)は限定を超え、慈悲、慈善、愛などの神聖な徳を意味します。

質問者
 グリハスタ(家庭を持つ者)が解脱を求めながら生きていくにはどうすればいいのでしょうか?

マハルシ
 なぜ自分をグリハスタと思いなすのですか?
 たとえあなたがサンニャーシーとなっても、今度は自分がサンニャーシーであるという想念にとらわれてしまうでしょう。
 家庭での生活を続けようと、それを棄てて森へ行こうと、心はあなたにつきまとうでしょう。
 自我が想念の源です。
 自我は身体と世界をつくり出し、「自分はグリハスタである」と考えさせるのです。
 あなたが家を棄てても、それはグリハスタという想いがサンニャーシーという想いに変わり、家庭の環境が森という環境に変わるだけのことでしょう。
 しかし心理的な障害は常にそこにあります。
 新しい環境の中では、障害が勢いを増すことすらあるのです。
 それゆえ、環境を変えても何の助けにもなりません。
 唯一の障害は心です。
 家にいようと森にいようと、心こそが克服されるべきものなのです。
 それが森の中でできるのなら、どうして家の中でできないことがあるでしょう?
 環境を変える必要はありません。
 環境がどうあれ、あなたは今、努力することができるはずです。

34:避難民のマジレスさん[]:2019/07/01(月) 15:45:09 ID:73lwfNNQ0 [2/2]
 あなたの望みにしたがって、環境があなたを手放すことなどけっしてないのです。
 私をごらんなさい。
 私は家を去りました。
 あなた自身を見てごらんなさい。
 あなたは家庭環境を後にしてここに来ました。
 ここに何を見ますか?
 あなたが後にしたものとこれと何か違うでしょうか?
 たとえニルヴィカルパ・サマーディに何年も入っていたとしても、そこから出て来たとき、やはりそこにあなたを束縛していた同じ環境を見ます。
 だからこそ、シャンカラーチャーリャは彼の卓越した作品『ヴィヴェーカ・チューダーマニ』の中で、ニルヴィカルパ・サマーディよりもサハジャ・サマーディを強調したのです。
 人はあらゆる環境の只中にあっても、自然なサマーディの中にいるべきです。
 それは純粋無垢な状態なのです。
 

しばらくの沈黙の後、シュリー・バガヴァーンは言った。

マハルシ
 呼吸の制御は内的なものでも外的なものでもあるでしょう。

 アンタハ・プラーナーヤーマ(内的調息)は以下のとおりです。

 ナーハム・チンター(私は身体ではない)はレーチャカ(呼気)。

 コーハム(私は誰か?)はプーラカ(吸気)。

 ソーハム(私は「彼」だ)はクンバカ(呼吸保持)。

 こうすることで、呼吸は自動的に制御されます。

 バヒル・プラーナーヤーマ(外的調息)は心を制御する力のない者のための方法です。
 しかし覚者との交際(サットサンガ)ほど確実なものはありません。
 覚者との交際を持てない者にとっては、外的な修練が欠かせないでしょう。
 もし覚者との交際において、他の人の目には見えなくとも、覚者が必要な力をあなたに与えたなら、ハタ・ヨーガが指示するとおりのプラーナーヤーマをしなくてもかまいません。
 ジャパ、ディヤーナ、バクティなどを修練したなら、わずかな呼吸制御だけで心の制御はできるでしょう。

 心は御者で、呼吸は馬です。
 プラーナーヤーマは馬を制する手綱です。
 その同じ手綱で御者も制されるのです。

 プラーナーヤーマは少しだけすればよいでしょう。
 呼吸を見つめることも一つの方法です。
 他の活動に注意をそらされていた心は、呼吸を見つめることに専心します。
 それが呼吸を制し、それから心が制御されるのです。

 それができないなら、レーチャカとプーラカを修練する必要はありません。
 呼吸はジャパやディヤーナにおいてしばらくの間保持されることもあるでしょう。
 それもまた良い結果をもたらすでしょう。

*ナ・メーダヤー(『カタ・ウバニシャド』1-2-23)
 学問によっても、知性を通しても、秘教によっても、アートマンに達することはできない。
 それはそれに選ばれた者によって達せられる。
 なぜなら彼がそれを選んだからである。
 選ばれた者に、アートマンは彼の栄光を顕わにするのである。

*ブラフマーカーラ・ヴリッティ
 ブラフマンへの瞑想。
 それ以外のすべての想念を排除して、絶え間なく、ただブラフマンのみに黙想する修練のこと。

35:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/01(月) 23:04:30 ID:1d4drIFg0 [13/13]
ニルヴィカルパ・サマーディは思考や分別を捨てたサマーディなのじゃ。
それはまだ意識的な実践にょって達成されるものじゃ。
止めれば日常の意識に戻るのじゃ。
サハジャ・サマーディは意識しないでも出来る自然なサマーディなのじゃ。
それに至ればアートマンは達成したといえるのじゃ。
マハリシは呼吸法によってもそれに到達できるというのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

649:避難民のマジレスさん[]:2019/06/30(日) 23:26:14 ID:LC3de7YgO [393/394]

646
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)
~SRI H.W.L.POONJA

第2章 サットグル:真のグル ☆Part4(つづき)

Q:「それ」の中に身を沈め、溺れてしまいたいので、私の手を取ってどうかそこへ
連れていって下さい。
   
溺死とは川や海にあなた独りで行くことだが、「私の手を取って、私は溺れたい」
とはどういう意味だ? 私には理解できない、このようにして溺死はできない。とい
うのは、あなたはあなたを沈ませまいとする防御者と一緒にいるからだ。

防御者を持たない人はサンサーラの海に溺れてしまうが、防御者と一緒のあなたは無
事にその海を渡ることができる。しかし、グルの加護を求める人は少ない。

カビールが言うには:
 人間は、このサンサーラの海の中で押し流されて地獄に行く。私は、何人かをこの
流れから引き上げて岸に連れてこようとしているが、多くの人はこの加護を拒否する

さて、尊くて賢いカビールがどうして次のように言ったのか、私には解らない。「人
がこの加護を受け入れないなら、尻を蹴飛ばして流れの一番早い川の真ん中に投げ込
め。」(くすくす笑い)。

カビールは大変物静かな人であったから、その人がこんな事を言うにはよほどの問題
があったに違いない。私の場合は尻を蹴飛ばすかわりに、世間の荒波に押し流されて
いる人のところに行って、私自身一緒に押し流されるのだ。

そして蹴飛ばすかわりに、その人にキスをしてこう提案するのだ。「私たちは押し流
されているので、この流れから抜け出しましょう。私は抜け出すのによい場所を知っ
ている。」そしてその人を世間の荒波から連れ出し、安全な岸まで連れて来る。だか
ら、たとえあなたは押し流されても引っ張り出される。力によってではなく、愛によ
って!!

Q:なぜ私たちは、あなたと一緒にいるというだけでこんなに幸福なのでしょうか?
たとえ、あなたが何も言わなくても人々は目覚めていきます。

真理があるところには引力がある。だから、人々は真理そのものであるその人のとこ
ろに行くのだ。姿ではなく、「それ」が人々を引き付けるのだ。知恵を持った人の姿
は、慈愛に溢れているので人を引き付けるのだ。「それ」がそれが持っているものを
与えたい。だから、人々はやって来て恩恵を得ているのだ。貧しい人には、他の人に
与えるものがない。しかし、王なら一握りの真珠や宝石をあなたに与えることができ
る。

Q: あなたの精神界への遺言は何ですか? あなたがなくなった後、何かが達成され
るのを見たいという野心がありますか?
   
私がここにいないという日は決してやって来ないだろう。あなたは35億年も行ったり
来たりして輪廻を繰り返しているとしても、私は「ここ」に、この場所にいる。永遠
に居続けたこの場所にいる。「それ」が私の住処だ。私は決してどこへも行かないし
、どこにも戻って来ない。

私には遺言など何もない。私がここにいようがいまいが、どんな違いもない。私は誰
にも何も押し付けないので、個人的な遺言や野心や何かが達成されるべきだという欲
望もない。

Q:あなたは肉体を離れた後、どこに行くのですか? 地球に戻ってきますか?
 
もし私が戻って来る為には、私は行かねばならない。もし私が行くなら、私は戻っ
てこなければならない。だから、真理は私が来るのでも、私が行くのでもない。これ
が真理だ。
誰が行くのかね? あなたは真我についてではなく、肉体について話している。真
我はやって来ないし、行きもしない。なぜ、「それ」がどこかに行かねばならないの
かね? 全ては真我の中に含まれているのだから、なぜ行かねばならないのか?

王は王国の全てが彼のものだから、あの家又は宮廷を買いたいという欲望は起こらな
い。だから、あなたが王になったときはどこかに行くという欲望はなくなるだろう。
ただ手を叩いただけで、全ては満たされるのだから。
   
Q:あなたの教えの本質は何ですか。
   
教えることを通じては得ることができない、「それ」について教えたい。私の教えは
教えることができない。全ての教えがそこから湧き上がって来る、その本質について
は教えることはできない。

この本質は全てを超越しているので、教えるとか教えないとかの問題ではない。「そ
れ」は、そこから全ての言葉が湧き上がって来るところの「それ」である。
   
Q:存在の源泉ですか?
   
そこから全てが、言葉も含めて全てがやって来るところだ。
(´・(ェ)・`)つ

651:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/07/01(月) 22:42:48 ID:1d4drIFg0 [243/243]
目覚めた者は常に言葉に出来ないそれを説いているのじゃ。
言葉に出来ないから修行法や比喩などを通じて教えるのじゃ。
修行者がそれに到達したときにのみ、その教えが分かるのじゃ。
それまで実践あるのみなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました