鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2019/06/27(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part14
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1555858441/

425:避難民のマジレスさん[sage]:2019/06/27(木) 05:59:25 ID:czRftzgI0 [20/20]
物事に専念している時、それしか意識にないが、ふと我に返って自分を意識すると前頭葉のや顔の表面の感触がします。
これが自分を忘れたり思い出したりすることという理解でいいでしょうか?

426:避難民のマジレスさん[sage]:2019/06/27(木) 12:59:36 ID:vK7AE9mk0 [1/2]

423
ありがとうございます。

ヴェーダをネットで探すと次の2冊があったのですが、どちらがいいですか。
呪法じゃない方がいいですか。

リグ・ヴェーダ讃歌 (岩波文庫) 文庫 – 1970/5/16
辻 直四郎 (翻訳)

アタルヴァ・ヴェーダ讃歌―古代インドの呪法 (岩波文庫 赤 65-1) 文庫 – 1979/6/18
辻 直四郎 (翻訳)

427:避難民のマジレスさん[sage]:2019/06/27(木) 13:25:38 ID:5K7j.N/U0
自分の心が動いている時
それを見て
心は動いてはいるけど
その動きに影響はされていない
と分かる時
その分かる者を見ればいいのでしょうか

429:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/06/27(木) 21:05:43 ID:1d4drIFg0 [101/102]

425 それは反応なのじゃ。
 反応が自己を忘れたり思い出したりすることということもないのじゃ。
 思い出したときにその反応があると感じるならば既に自分を思い出したりしたことを知っているのじゃ。
 そのように思い出せる自分とは何か、追求していくのじゃ。

426 解脱を説いているのは「ブリハッド・アーラヌカヤ・ウパニシャッド」とかなのじゃ。
 それはお釈迦様の時代に既にあったのじゃ。
 それを探すと善いのじゃ。
 ネットで無料で読めるものもあったのじゃ。
 探してみるとよいのじゃ。

427 そうじゃ、それが分かるということは観ているものがあるからなのじゃ。
 それを観るのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

428:避難民のマジレスさん[]:2019/06/27(木) 18:48:49 ID:LABA5HjA0 [40/40]
鬼和尚様

名前を思い出して、自分のイメージを思い出そうとしたら、
深めのニットをかぶってちょっとカッコつけてる自分が出てきました。

記憶の中の自分が随分とカッコつけてるのがちょっと恥ずかしいのですが、
これを思い出させているものをみれば、観察する者を見たことになりますか?

どうぞよろしくお願いいたします。

430:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/06/27(木) 21:10:42 ID:1d4drIFg0 [102/102]

428 思い出せているものを観ようとしているものを観るのじゃ。
 それが観察者なのじゃ。
 何かをしようとすればそこに自我は起こるのじゃ。
 観察も同じなのじゃ。
 そうであるから観察者を見るようにするのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 50
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1561161133/

31:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/06/26(水) 23:39:18.19 ID:esAZXYn/ [1/3]

29
みんな老後の心配で絆や繋がりと言うしがらみや束縛を作っている面もあるんじゃないですか?弱ったときのためにいろんな備えをする、家族、子を作るなど
実際と言うより心理面の束縛が
自由にポックリ逝ければ老人ホームや介護地獄など存在しません
病院なんかに繋がれるくらいなら、、と不自由になるのを一番恐れてますよ

32:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/06/26(水) 23:43:02.24 ID:esAZXYn/ [2/3]
そのように自在にポックリ逝けるなら恐れのかなりの面が解消します
いろいろ病気の嫌な面を見聞きするじゃないですか。そんなの省略したいですよ
死への苦しい過程など。人の暖かさが、支えがというのも反面それらを仕方なく正当化する束縛にも感じます

33:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2019/06/26(水) 23:44:39.24 ID:esAZXYn/ [3/3]
別に繋がりや暖かさを否定してはいません

36:おさかなくわえた名無しさん[]:2019/06/27(木) 04:02:38.39 ID:b8GA/ew6
鬼和尚、親鸞の言葉「善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」の意味が
わかりません。
本当の事でしょうか?

37:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/06/27(木) 21:08:35.19 ID:wyezScZd

31 みんなという者は存在しないのじゃ。
 おぬしが思うことが全てなのじゃ。
 おぬしが孤独死したいならばするとよいのじゃ。
 したくないならばしなくてよいのじゃ。
 自由なのじゃ。

36 嘘なのじゃ。
 偽経に騙されたのじゃ。
 悪人は地獄行きなのじゃ。
 それが正しい仏教なのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 74
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1559612483/

714:マジレスさん[sage]:2019/06/26(水) 22:47:58.21 ID:ur7pkQwV [3/3]

711
なぜ鬼和尚はまともな返答ができないのですか?

720:マジレスさん[sage]:2019/06/27(木) 09:11:52.34 ID:hRP/wpHj [1/5]
鬼和尚は尻好和尚と改名すべきですね?

737:マジレスさん[sage]:2019/06/27(木) 14:03:55.24 ID:hRP/wpHj [4/5]
鬼和尚は現代にも飛頭蛮はゐると思いますか?

757:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/06/27(木) 21:12:52.66 ID:rQlQQKSu [1/2]

714 むしろし過ぎなのじゃ。

720 そうかもしれん。
 違うかもしれん。
 
737 おぬしの頭を切って飛べばあるじゃろう。
 飛ばなければないじゃろう。
 試してみると善いのじゃ。

751:だいぽん[sage]:2019/06/27(木) 14:49:09.65 ID:fE/WhsmW [1/3]
お話を伺いたいことがあります。仏教に詳しくないが故、知執のような質問なのですが、お許しください。

仏教には「さとりの五十二位」という52のさとりがあり、それを一段一段登っていくものだと伺いました。
この得ていくさとりというのは順番が決まっているモノなのでしょうか。
知るときのされた例えが山登りだったものなので、順番というか経路が決まっているのだろうかというイメージをしてしまったものなので。

758:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2019/06/27(木) 21:26:40.30 ID:rQlQQKSu [2/2]

751 それはうそなのじゃ。
 そのようなものはないのじゃ。
 マハリシのように何も知らずに一日で悟りを得るものも居るのじゃ。
 ただひたすら真摯に自己を追求していれば、何の段階も無く悟りはやってくるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 5
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1560853465/l50

24:避難民のマジレスさん[]:2019/06/26(水) 23:32:20 ID:LC3de7YgO [4/4]

22の対話録と>>23の鬼和尚の解説は、何度も読み返してみるであります。
ありがとうであります。
(´・(ェ)・`)つ

25:避難民のマジレスさん[]:2019/06/27(木) 12:41:24 ID:jfWCoXjM0 [12/12]
ラマナ・マハルシとの対話50

シュリー・バガヴァーンは『プラブッダ・バーラタ』からカビールの言葉を読みあげた。

「水滴が海に溶け入ることは誰もが知っている。
 だが、海が水滴に溶け入ることは誰も知らない」

これが至高の帰依(パラー・バクティ) です。

26:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/06/27(木) 21:39:20 ID:1d4drIFg0 [9/9]

24 そうじゃ、実践してみるとよいのじゃ。

人が神に自分を明け渡したならば、神も人に全てを明け渡すのじゃ。
全て一つであるから人が神にのみ明け渡すと言う事は無いのじゃ。
それでは未だ人と神の区別があることになるからのう。
全てが一つであるから人も神もすべて明け渡されるのじゃ。

鬼和尚の仏教購読会 別館
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/

640:避難民のマジレスさん[]:2019/06/26(水) 23:44:34 ID:LC3de7YgO [388/389]

638
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)
~SRI H.W.L.POONJA

第2章 サットグル:真のグル ☆Part3(つづき)

Q:イエスキリストが生きているのと同じような意味で、ラマナ・マハルシはまだ生きていますか?
   
ラマナ・マハルシは生きている。これは信じることではなく真実だ。何も創造され
なかったし、何も消滅したものもない。全てがいつもここにある。

目覚めた人だけがこれを見ることができる。全ての存在はまだ「ここ」にいる。それ
らは決して消えることはない。どこに行くことができるのだ? それらは「ここ」に
とどまっている。全宇宙の全存在はあなたのハートの中に存在している。他に存在す
るところはない。

  ハートそのものの中に全ては存在し続ける。
  あなたのハート以外に何もない。
  宇宙の中の全てのもの、始まりから終わりまで、山脈から流星まで、
  全てはあなたのハートの中の点にすぎない。
  あなたも「ここ」にいる、全ては常に存在する、これが究極の知識だ。
  創造はない、保存はない、破壊はない。
  創造者が現れる以前からそれはあるがままにあったし、
  あるがままにあり続けるだろう。
  創造者はこのハートの本質から生まれて来るのだ。

(パパジはアメリカからの長い手紙を読んでいる。自由に向けての何年もの葛藤、自由
にもっと近づくために環境を変えようと試みている人の話だ)

私が今読んだ手紙に対する私の意見は、自由でありたいという切望が内から湧き上が
って来ているが、まわりの環境がそれを許さないので環境を変えたということだ。

彼は、真のグルの近くにいて学ぶということをしたことがない。これ以外のことは全
てやり遂げた。そして今は砂漠や僧や尼僧に執着している。あなたはどこでも好きな
ところに住むことができる。山と街になぜ区別をつけるのか、なぜ違いがあるべきな
のか? 違いがあるのは、マインドがあなたを騙しているからだ。

街のど真ん中で静かにしていることはできるが、ヒマラヤの洞窟では静かにしている
ことができないかもしれない。環境のことは忘れてしまいなさい。

  あなたの人生で、愛と平和を知っている人、
  それを手渡してくれる人と一緒にいるのがよい、
  このマスターは、人生の荒波を乗り切ってあなたを運ぶ筏だ。
  筏なしで人生の荒波を越えていくのは簡単ではない。
  山中であろうが家の中であろうが、瞑想で時間を無駄にしないこと。
  その代わり、マスターのところに行きなさい。
  マスターが筏だ、それがあなたの面倒を見てくれる。
  唯一筏があなたを運ぶ、瞑想や努力はあなたをどこへも運ばない。
  この筏がマスターだ、この事を知りなさい。
  時間を無駄にしないこと、彼自身の真我を知っているその人を探しなさい。
  その人は、あなたの全く知らないことを教えることができる。

  今がその時だ、この機会を無駄にしないこと。
  ここでは私は瞑想や修練を教えない。
  ただ、静かにしていなさい。
  一瞬でよい、静かにしていなさい。
  マインドの坩堝をかき混ぜないこと。

一瞬のフィンガースナップで目覚めないのなら、私の前に来てこの公式はあなたには
適さないといいなさい。ここに来て私と顔を突き合わせてごらん。そうすると「静か
に座ったことがないので、愛と平和にあったことがない」ということはできない。こ
の挑戦は全ての人にオープンだ。今日、明日、明後日……。

(´・(ェ)・`)
(つづく)

641:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2019/06/27(木) 21:42:17 ID:1d4drIFg0 [239/239]
クリシュナムルティも通常の集中的な瞑想を否定したのじゃ。
それは逆に心を鈍くさせ、習慣的にさせるからというのじゃ。
心を鎮めることが出来たら、それが真の瞑想になるのじゃ。
そのようにして瞑想する者の居ない瞑想は既にサマーディの領域に達しているのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました