顎下懸垂器の使用法 樫尾太郎

顎下懸垂器の使用法 
最近、身長器として新聞雑誌で問題になった事態
医学博士 樫尾太郎

念には念を入れ

西先生は健康法の一方法、一療法を発表されるについては非常に慎重であり、理論的によいことでも、ご自分および身近の何人かが実験してみて、絶対に安全であるというものでないと、一般に公表されなかった。

効果の素晴らしいものは危険も伴う。たとえば、断食法も両刃の刀であって、癌や結核といった消耗性の病気や、宿便の多い場合に、奇跡的な効果を現す反面、失敗を招くこともある。そうでなくても、瞑眩反応が強くて慌てることもある。

懸垂器の生い立ち

コメント

タイトルとURLをコピーしました