冷え症 甲田光雄

冷え症 

甲田光雄

秋もだんだんと深まって、朝晩めっきり寒くなると、俗にいう「冷え症」の人々は、また嫌な冬がやって来たな、今年の冬はどうして過ごそうか、と頭を悩ます。

冷え症の原因については、いろいろ言われているが未だ明確な結論は出ていない。男の人にももちろん冷え症はあるが、特に女の人に多いのは、婦人科的疾患に由来するものが加わるからである。すなわち、婦人病によって骨盤内臓器に炎症があると、そこに鬱血を生じ、このために下腹部より下肢にかけての血液循環が障害される結果、冷え症が起こる。また、更年期障害の症状の1つとして「冷えのぼせ」が起こるのは、性ホルモンや脳下垂体ホルモン等の内分泌間の平衡状態が破れ、それがまた、自律神経の失調を招来する結果である。

この他に、澱粉の過食とタンパク質の不足による栄養不良も、冷え症の原因だといわれている。これは、澱粉の過剰は脂肪となって体内に蓄積されるが、皮下脂肪が多くなると、中の温度が表面に達しない。そして温かい血液が表面に行きにくいために冷え症となるというのである。また、タンパク質は体内でよく燃えて、熱を出す特殊な性質(特異的力価作用)があるという。

その他、貧血、新陳代謝障害が原因となって、冷え症が起こることもある。

そこで、この冷え症に悩む人々は、それぞれ思い思いの治療をやっている、ホルモン剤の注射をしたり、内服したり、あるいはビタミン剤、特にビタミンEを服用する。ビタミンEは末梢血管の拡張作用があるので、しもやけの治療にも使われている。一方、漢方治療に走り、ハリや灸、果ては温泉療法にいろいろとやっているが、決定的な効果は期待できず、暗中模索している状態である。そして、寒波が襲来するたびに1枚1枚と着重ね、ひどいのはカイロを腹や腰や膝に入れて暖をとっている人をまま見受ける。また、部屋は閉め切って、隙間風が入らぬようにと目張りをして、暖房から出るのを嫌がる。こうして1年1年と、一層冷え症に追い込んでいる人々が多い。

そこで、西医学による冷え症の原因と対策について述べてみよう。

1、宿便の停滞

宿便が停滞すると、その同じ側の脳血管が膨張または破裂し、そのために血管運動神経中枢を圧迫し、次いで二次的に四肢の血管運動神経の麻痺を招来し、四肢の血液循環が障害される結果、冷え症になるのである。したがって、この宿便をまず排除することが、冷え症を根治させることになるのである。3年前の夏になるが、32歳の婦人が不眠と腹痛を訴えて来院した。見るとこの暑いのに足袋を履いている、「奥さんはなかなか礼儀正しく、夏でも足袋を履いておられますね」と言うと「先生、私はとてもひどい冷え症で、夏でも足袋を履かないと、冷えてたまりませんのです」と答えた。診察すると宿便がたくさん溜まっている。便通は4日か、5日に1度しかない。そこで「あなたの不眠も、腹痛も、冷え症も、皆お腹の宿便のためだから、思い切って断食でもして、それを出してしまえば治りますよ」と言ってやったところ、さっそく断食をおこなった。本断食の5日目の朝、腹痛を訴え心配していたが、それから翌日昼にかけて、驚くほど大量の宿便を数回にわたって排出した。これには本人も、よほど面食らったらしく「先生、私のお腹にこんなたくさん便が溜まっていたとは、夢にも思っておりませんでした。お蔭で数年来の頭の重みがいっぺんに取れてしまいました」と心から喜んでくれた。それからというものは、今までの身体の調子とすっかり変わってしまって、夜もぐっすり眠れるようになって、子供が布団からはみ出ていても知らずに朝までぐっすり寝てしまうし、不思議なことに、夏でも冷えて足袋を履かねばならぬくらい困っていた手足がポカポカと温かくなり布団の外へ足を出して寝ても平気になった。これは宿便の排除によって、脳の血管運動神経の中枢の機能が回復し、二次的に四肢の血管運動中枢の麻痺が治った結果、四肢の血液循環が良好になったのである。

しかしまた、こんな例もある。30歳の会社員で内臓下垂症があり、青年時代から胃腸が弱く、特に胃下垂がひどかった。そして、人一倍の寒がりで冷え症で困っていた。早くから西医学を知っていて、この7年来、数回の断食(約1週間位のもの)を繰り返しているが、未だに胃の具合も冷え症もすっかり治らないと訴える状態である。見ると、まだ宿便がたくさん溜まっている。胃下垂その他の内臓下垂も治っていない。足が弱く、特に両足の不揃いが甚だしい。そこで「あなたはどんな食事の摂り方をしているのですか」と問うと「生野菜のよいのはわかっているが、あまり食べません。どうも麺類が好きなものですから、ついウドン、ソバ、パン、ビスケット等を過食してしまうのです」「量はどの位食べるのですか」「多いときにはいっぺんにパンの1斤位は食べてしまいます」「それでは何遍断食をなさっても治らないはずですよ」と注意してあげたのである。

試みに、私が2日ほど純生野菜食をやると、便通もよくなり頭もすっきりと軽い。そこで夜の空き腹にパンを一度に1斤か、クラッカーなら80匁位を食べるとする。翌朝、起きてみると前頭部に、何か皿でもかぶっているような感じである。そして、毎朝決まってある便通が今朝は出ない。「ははあ、便が止まってしまったな」と今までの経験からすぐわかるのである。これは粉食を多量に摂ると、水分の欠乏のために便が止まってしまい、そのため脳の血管が膨張した症状なのである。こんなことを繰り返していると「お前の手は、何と氷のように冷たいではないか」と言われた。10年前に逆戻りしてしまうのである。早速、スイマグを飲んで昼はまた純生野菜食にしておくと、午後に多量の排便があって腹がすっきりし、夕方になって、皿をかぶったような前頭部の重苦しさが取れる。したがって、何遍断食をしても食事の摂り方に誤りがあれば、宿便も出ないし、冷え症も治らぬことになる。

両側の脚の不揃いがひどい人もまた、宿便は出がたいものである、左下腹部のS字状結腸の宿便は、肝臓に関係があるから、冷え症に特に関係が深い。ここの宿便を完全に出すには、左足の故障を治さねばならぬ。左脚が完全に生理的な位置に戻らないと、S字状結腸部が力学的に変形を受けて、いわゆる不到達点(イナプロチャブル・ポイント)が残るからである。したがって両足が揃ってくるだけでも宿便は出てくる場合がある。もちろん、他の西医学の忠実な実践と相まって!

2、足首の故障

足首に故障があると、絶えず微熱が出るので、寒がりやとなり、厚着の習慣をつくりあげることになる。今まで微熱の原因といえば、結核ではないかと思われていたのであるが、最近、慈恵医大の上田教授は微熱の60%は腎盂腎炎によるものであると言っている。これほど多い腎臓の病気が、実は足首の故障が原因なのである。

厚着の習慣がついて皮膚を包むことにより、皮膚の機能が障害され、静脈血の還流が完全におこなわれなくなると、直ちに肝臓に故障を起こす。肝臓の機能不全はまた便秘を助長し、一方、体温の調節がうまくおこなわれにくくなるから、一層寒がりやとなり、冷え症に悩むことになる。このような悪循環の鎖を絶対断ち切らねばならないのである。したがって、西医学の六大法則の毛管運動や扇形運動をやって足首の故障を治し、合掌合蹠で左右の神経を揃えておくことが必要である。尤もこの足首の故障が回復する過程において、甘いものをたくさん食べたりすると、翌朝いっぺんに後戻りしているのに気づくであろうから、食事の摂り方に十分気を付けねばならない。

3、過食、特に甘食とアルコール

我々が過食すると、直ちにアキレス腱を痛めてしまう。これが長く続くと、アキレス腱が縮まって来る。毛管運動の際、足首が直角にならないのですぐわかる。そして、一度にたくさん食べたときは、余剰の栄養はグローミューに一時貯えられるのでグローミュー・チューマー(腫瘍)を起こす。これが一番よく現れるのは膝の悪い側の大腿の前側である。夜過食した翌朝には、はっきりと大腿前側の軽い痛みを感じる。こんな晩は夜中に汗を出しており、翌朝の寒さはまた格別である。特に甘いものを多食して鼻水をトロトロ出した翌日は、皮膚に鳥肌を立てて、眼の縁を赤くして、いかにも寒そうに首を引っ込めて、氷のように冷えた真っ赤な手をこすりながら「寒いですね、寒いですね」を連発することになり、早く春にならんかなあと股火でもしながら考えに耽るのである。したがって、糖分やアルコールの過剰を清算し、体液を塩漬けにすれば、寒さは余程楽にしのげるのである。

以上いろいろと述べたことから、冷え症の対策も大体わかってくる。要するに、西医学を日々忠実に実践することによって、冷え症は根本的に解消するということである。すなわち、六大法則を初め、温冷浴、裸療法、生野菜の摂取、清水および柿茶の飲用、朝食廃止、過食および甘食や酒類を戒め、少し寒くなったからといって厚着をせずに薄着で頑張る、等々を実行することにより宿便が排除され、皮膚機能が正常になり、肝臓が完全に働くようになり、足首にも故障がなくなれば、冷え症などとは縁のない健康体になるのである。

夏の間は平床や温冷浴、裸療法等、楽にできたのであるが、秋になって少し寒くなると、やまてしまう人があるのは残念である。せっかくつくりかけた良い習慣であるから、1つ頑張って続けてもらいたいものである。「何糞」という勇気が必要である。震えながら飲む冷水の味は、また格別だわいと負け惜しみを言う位でよろしい。

しかし、弱い人々では夜冷えて眠れないときには、脚袋や腕袋を使用したり、湯タンポを入れたり、胸部や背部にカラシ泥の湿布をしたりして、一時的な対策を講ずるのも止むを得ないであろうが、いつまでもこれらの世話にならぬよう、西医学の実践に励んでもらいたいものである。

(筆者・八尾市西式医院長)

西式健康法 創始者 西勝造 創刊 「西医学」 1960年12月号 第23巻第6号

コメント

タイトルとURLをコピーしました